看護師という職業は、女性比率がとても高い職種です。

昔は看護婦と呼んでいた看護師は働く者として女性比率がたいへん…

  • その昔は看護婦という名前だった看護師というのは職業として歴史的にも女性の割合がかなり高い職場です。加えて、気力それに体力の負担が大きい特徴があります。であるがゆえに、職場の対人関係のいざこざや、自分の結婚・出産といったそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活との両立がかなり取りづらい仕事といえます。実際に、上記のような点に行き詰まり、転職される人が多いのが現状です。過酷な労働環環境であるために、看護師は、人材不足な状態になっています。つねに医療業界は、看護師が足りない「売り手市場」となっていて、それが転職増加のスパイラルになっています。
  • 女性が転職する際、今日と数年前では若干の違いがあるようです。

  • 女性の再就職において、今とセクハラが問題視される前では多少の変化があるといいます。以前は面接の際に、結婚と出産についての考え方などについて、女性たちに質問していました。ですが、現在の流れとしては、こういったデリケートな内容は、「セクハラ」として扱われるのを恐れ、質問されないことが多くなってきています。名の知れた大きな会社ほど、タブーとして扱われています。しかし、会社側は、はい・いいえ、の2択ではなく、その人の姿勢、結婚した後も働きたい、出産後の細かい予定を漠然とは知っておきたいとは思うはずです。あなたの価値観を伝えるためにも、志望動機や自己ピーアールとともに伝えることで、面接官にも考えが伝わり、判断してもらいやすくなると思うわけです。なので、質問されていない箇所も先にあなた自身から気遣いつつ、答えておくのが良いです。
  • 転職をスムーズに行いたい場合、然るべき準備はやらなくてはいけません。

  • 再就職をスムーズに行いたい場合、準備は必要です。準備といってもたくさんあるのですが、とりわけ「服装」を重要だと感じてしまいます。ですが、現在の企業面接では形式ばらない服装が良い会社もあるので、きっちりスーツを着て出向かなくても良いケースもあります。会社の創立して間もない企業などは、考え方が柔軟で私服で面接を受けたほうが、印象が良くなります。さらに、正装でないので、ざっくばらんに話をしやすいのもメリットといえます。そうして、私服だと面接中、服装で、相手との話が広がる可能性もあります。ですから、もしかしたら担当者に気に入らえるチャンスを作れます。今後、転職は会社の「設立した年」を確認し、(ベンチャー系企業の)面接の際は私服で勝負してみるのもアリかもしれません。
  • 私はこれまでに20代で転職を2回した為、現在、資格を取る・・

  • これまで20代前半で転職を数回した為、現在、資格を手に入れたいので「派遣社員」として働いています。常勤の勤務とは違うので給料が以前よりも少なくなりました。しかし、以前より心と時間に余裕ができました。思い返すと、学生のときにいくつか資格を取得し、仕事に活かしたかったという思いもあります。実際に、そういった人を見る度、羨ましいと思います。以前は、成功している人と自分との違いにガックリしていましたが、今では結婚してから、がらりと生活環境が大きく変わり、以前よりも明確にやりたいことを見つけたので自ずと生活が充実するようになりました。
  • 転職エージェントに登録した場合、電話やメールでの連絡が執拗に来ます。

  • 転職サイトは一度登録すると、電話やメールでの連絡が何回も来ます。そのため初めて利用した人はとてもビックリされると思います。「転職エージェント」は、利用者に転職してもらうことが業務なので、本当に積極的な姿勢を見せます。中でも特に大手のエージェントは成就させると企業から報酬が支払われる仕組みといえるので、転職希望者の都合うんぬんよりも企業側を優先させることが珍しくありません。「転職エージェント」は契約件数を増やすために内定が出た瞬間に、「入社されてはどうでしょうか?」と説得の連絡を入れてくることが多いです。自身の気持ちや意思を明確にしておき、無理に転職することがないように気を付けなければいけません。
  • 先日転職先を探すために人材バンクに登録に行きました。

  • この前人材会社に登録に向かいました。そのとき登録するときのカウンセリングの時に出てきた担当者の雰囲気がどうも社会人経験の少ない社員のようで、こちらが説明していることの3分の1も理解できてない感じでした。さらに悪いことに「キャリアデザインが甘いですね」とか「もっと強みを明確にしていく必要があります」等、何もかもわかっているかのように偉そうにのたまうので非常にイラつきました。カウンセリングを担当させるのはいくらかカウンセリングの経験がある社員にしてほしいです。
  • 今、私は派遣会社に登録しています。

  • 派遣会社で働いています。サイトを見ていてふと興味を引かれる仕事を発見して問い合わせをしてみると「その仕事はすでに他の方で話が進んでいます」と断られ一瞬サイトからもお仕事情報がなくなるのですが、どういうわけか翌日には再びその求人募集が掲載されています。ということは結局私ではよくないのってことですよね。そうであるならば最初からカドが立たないようにはっきりと言ってほしいのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。はたまたもしかしてダミーの仕事なのでしょうか?
  • 転職活動中に、面接で必ず聞かれるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動中に、面接のときに「志望動機」「転職理由」の2点について、必ず尋ねられます。このうち志望動機については、隠さずに話してもかまいませんが、これとは違い転職理由について正直に話すのはよくありません。たとえば給与が納得できないことや、同僚や上司とのトラブルなど、採用担当者によいイメージを持ってもらえるものではありません。もっとも、自分の得にならないことを何も考えずに話す人は非常に少ないと思いますが、転職先の企業はそういった点を気にかけているため、慎重に質問をしてきます。不満を言うのを回避する方法として、現職の仕事内容は、その内容だけを話します。それにプラスして、「入社後、〇〇をしていくつもりです」、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、その希望が叶うのは御社しかありません、と志望動機にすり替えてしまうのです。
  • これはシフト制の仕事に関する話なのですが、決まった…

  • これはシフトの仕事についてです。毎週、決まった曜日に仕事できる人を募集している求人をけっこう見るのですが、もし、応募しようと考えているなら休み方やシフトの提出方法を面接時にたずねておいた方が良いです。それはどうしてかというと、私自身、出産のため抜けた人の助っ人として、正社員として入ったのですが、私のシフトがそこでは「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、他の社員は誰一人現場にいませんでした。産休に入った女性が土日は必ず出勤できる人だったので、私も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。ですから「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフトを変更してもらう必要があり、上司に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と私からお願いしなくてはいけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日は一人だけなんて・・・。冷静に考えると、本当によく我慢してやってこれたと思います。
  • 再就職の際の面接では、中小企業であれば概ねそこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが…

  • 再就職の際に行われる面接というのは、中小企業であれば、ほとんど、その社内の「人事」担当者が面接官になりますが、別の場合もあります。実際に今後職場でかかわりの深くなる作業部署の責任者、簡単に言えば課長・部長などの中間管理職が面接を担当する可能性もあります。特に、営業系や事務系などの部署に転職する場合は、資格を通じた人の評価が難しいので堂々と自分自身を売り込んでいくことがとても重要になります。担当者から「この人はしっかり主張できるし、それに良い戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことが大事です。
  • 「転職サイト」は、大手のほうが案件が多いので、興味のある2,3の会社・・

  • 転職サイトはメジャーなサイトの方がたくさんの転職情報が掲載されているため、2~3社程度、サイト登録して、希望する勤務地や収入についてチェックを入れて、あとは条件に合う案件が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと楽に転職についての情報収集を行うことができるようになります。ただ、初回に限っては登録するのが幾分大変なので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、それらをテキストアプリに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら、登録を進めると楽になります。登録を行う初回時、時間が少し掛かりますし、案件の検索と応募だけでも大変ですが、次回以降は、新着情報だけチェックすれば良いので、後の応募を考えれば、最初の段階できちんと準備することを、心がけるのが賢明です。
  • 転社を度々しないための術が一つだけあります。

  • 転職を繰り返す日々を止めるための対策は至ってシンプルです。仕事面のスキルアップもそうですが、それとは別に精神的なスキルを磨くとそう簡単に転職を繰り返しません。今ではインターネットを用いてメンタル面を鍛えるのには良い情報は容易に拾えます。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職とは無関係な「とある行動」によってもメンタル面を鍛えることが可能です。それは、外国に行くことです。海外に旅行に行くと言語、生活様式、文化など、違うことばかりなので、どの瞬間も勉強になります。なので、精神的な成長を遂げるにはピッタリの策といえます。帰国してみると、自分のこれまでの視野の狭さに驚き、「世間の小ささ」というものをしみじみと実感することができます。この状態で(転職のための)面接を行えば、今までとは格段に違い自信満々に自己アピールができるはずです。しかし、退職間もないあいだは、精神的にまいっている人も多いので気力が回復したと思えるまで、しっかり休みましょう。
  • 転職エージェント、そして転職サイトを利用して、転職活動をする人はますます増えています。

  • 転職エージェント、そして転職サイトを利用して、転職活動するといった方法は最近人気です。とはいっても、もっと確実によい仕事を見つけたいのであれば、それに加えて転職フェアに参加することをおすすめします。転職フェアは、多くの企業が一堂に会するイベントです。参加されれば一度に複数の企業の情報を得ることができ、それだけでなく、説明担当の企業スタッフから、それぞれの企業の「雰囲気」を感じられるはずです。これから、転職フェアに参加する場合には、1次面接を受けるつもりで自分をアピールする準備をしておきましょう。それによってフェアでの交流を通じて、企業側の担当者に気に入られれば、後日応募して本格的な面接時にかなり有利なはずです。
  • 将来的に、徐々にシンプルな仕事は機械化が進み、結果として…

  • これから、私たちの社会的環境において徐々に短絡的な作業は機械で処理されるようになっていき、明らかに人手はどうしても縮小させられてしまいます。どうしてかというと、単純労働の場合は、人の手を借りるよりも機械を稼働させたほうが圧倒的にすぐれているからです。数をカウントしたり、同じ動きを延々と繰り返すことは、機械には何の苦もありません。当たり前のことながら人と違って言い訳することもないし、疲れないし、ズルもしないし、早いし均一化できる強みもあります。おまけに人と違って給与が発生しないのもメリットといえます。このような理由から、生身の人間を使う意味が到底無いことが明白で、機械に移行していくのも無理もありません。
  • もしあなたが、現職からの転業の決めたのであれば、社内の人間…

  • 例えば、現職からの転業の思い立ったのなら、まったく周囲の人にはこっそりとその意思がばれないように、うまく転職活動していき、現職中は可能なだけ会社内の人に知られないようにいつもどおり業務をこなすのが正解です。働いている間、これを徹底することで、たとえ希望に沿う転職先をすんなり見つからなくても、転職の予定を先延ばしにしながら現在の仕事をそれまで通りに続けることもできます。でもついつい「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、社内の人は、その言葉に合わせて対応し出します。それどころか周囲に「辞めるつもりです」と言った場合、社内では「あの人は退職する人」と受け止められます。そのようなシチュエーションになってから、「やっぱり退職しないことにしました」となっても、周囲の人たちには、「一度は辞めようとした人」という目であなたを見るため、在籍しているあいだ、肩身の狭いと感じるおそれもあります。
  • 転職することで仕事先を一新するということは、自分自身に適…

  • 再就職することで仕事先を新しく替えるということは、自分自身に見合う理想に近い場所を選んだほうが良いです。仕事を変えれば、うってつけの仕事に出会う可能性もあります。ただ、実際に行動するとなると、それ相応の労力やスキルがないと、転職自体が難しいです。違う言い方をすると、あなたの才能次第で、「天職」に巡り会える、ということなのです。現在の社会では「職業選択の自由」が一般敵に広く認識されているので、転職を決断しても特に困難なことはないでしょう。組織と人との関係が薄まりつつある現代は「とにかく良い人材が欲しい」が願っている企業も増えているため、この好機を狙って転職を考えてみましょう。
  • こういう転職ができたという話は友達の話です。

  • これは兄の友達の話です。新卒時になにがなんでも働きたかった最終目標であるA社で行われた最終の面接で不採用になって、その先仕方なく他の会社に就職しました。1年経たぐらいに派遣の求人のサイトにおいてA社の紹介予定派遣の求人を見つけ、どうにかしたくなって当時働いていた会社を即座に退職し、A社で派遣の勤務を開始、思い切った行動ですね。必死に頑張ってのちになんとかA社で正社員登用されて、今となっては仕事に誇りを持ちながら元気に働いています。