転職先を決めるとき、言うまでもなくやりがいを考慮することも大切だ…

転職先を探すとき、当然仕事のやりがいアップと共にそれにとどまら・・

  • 転職先を選ぶにあたって、仕事におけるやりがいアップも大切だけど収入のアップも大事なポイントですから「年収比較サイト」というところに登録して前もって研究しています。同一の会社でしかも全く同じ職種、社歴なのに人によって大きく違いがある場合も複数あって、ぶっちゃけた話面接の際質問したことがあります。面接をした人もそのサイトをよく見ていたみたいで「その高い年収で書いてるのは、書いた人も誰であるのか予測できるのですが、多分見栄ををはっているのでしょう。低い方の給料で心づもりしといてください」とのことでした。

  • 楽しみつつ、再就職ができれば、精神的に負担を感じることもないの…

  • 楽しみを見出しながら再就職に向けての転職活動と向き合えれば、精神的な負担も軽減されるので、転職期間中の堕落も避けられるはずです。おまけにメンタル部分が元気なままでいれば、あまり時間をかけることなく転職先も見つけられるはずです。一番の理想は、やはり、ブランクを設けないで新しい職場に飛び込むことが大切です。今ある仕事をしながら、次の職場を探すのがベストです。おまけに、休職期間をなくすことで、現在の仕事を辞めてから、すぐに働けます。こうすることで、職歴にも空白期間ができることがないので、履歴への影響も回避できます。要するに、転職の際に不利になることがないということです。先を見据えて、上手に転職活動を進めてみましょう。

  • 働くのに派遣会社に登録する人が近時は多くなっていますが・・

  • 派遣会社に登録し、働く人が徐々に増加しています。もし、あなたが派遣社員になるつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、そのうちどれだけが自分に入るのかをできるだけ面接時に質問しておいた方が良いです。派遣業は、労働力を欲する企業に人材を派遣し、その見返りに、手数料を天引きするシステムと考えることができますが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっているケースが大半です。半分以上を還元しているのなら、良い会社といえますが、中には開示すらしない派遣会社も多く、酷い会社では、3割しか支払われていなかったというケースも多くあります。面接の際にきちんと答えない会社は、隠ぺい体質である場合が多いので、できる限り違う派遣業者を利用されることをおすすめします。

  • 転職を行うにあたっては、予め、ウェブサイト、求人票、企業パンフレットなど…

  • 転職活動の際は、あらかじめ、インターネット上で求人サイトを見たりして気になる会社をチェックするはずです。しかし、当該会社が情報を公開する際には、コンサルタントに相談をしていることが多いです。コンサルタントは、会社にとって利益にならない情報を隠す能力に長けています。不都合な内容を公表する場合も、表現に神経をとがらせています。その類の会社情報や社員のインタビューについては、馬鹿正直に信じるのではなく、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。もしも耳障りの良い話を鵜呑みにしてしまったら、期待していたことと全く違うとあとで後悔するかもしれません。悪徳会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後、いろんな文句をつけて退社できないようにしようとします。この手のブラック企業には注意しましょう。

  • 日本には”石の上にも3年”という格言があります。

  • 古来より日本には”石の上にも3年”という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。現在の社会では「終身雇用制度」は崩壊に向かっています。「転職」を経験する人が増え、一般的な事柄となってきています。しかしながら、「転職」する人が増えているとはいっても、やたらと仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。実際に転職するには大切なのは適した時期を見計らうことです。ますはじめに、現在の職場、仕事について全般的に、例えば仕事内容や待遇面について不服を強く感じていることを10個程度、メモしてみてください。そうすることで、再就職の次の一手を考えやすくなります。そして、あなたの進みたい道が見えてきたら、手早く、今より良い職を手に入れるべく努力していきましょう。

  • 転職活動を考えている人で、次の仕事をする前にまだ期間があるのなら・・

  • 年内中に転職活動をしていく人で、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は、ぜひ「失業手当」をもらっておいた方がお得です。あなたが勤めている会社でしっかり「雇用保険」を払ってくれている場合は、手続きをすれば必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。もしも自己都合で仕事を辞めた方は失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、状況によっては企業の都合での退職、あるいは残業時間次第では即、受け取ることが出来たりもします。なお、支給される失業手当の金額は会社で最後の勤務月の給料をもとに支給する額を割り出されるので勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって契約期間を迎えた…

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員になっても1年経ったら好きなタイミングで退職できるわけではないと転職で気付かされました。私は結婚後、生活が落ちついたら、できればすぐに子育てに取り組みたかったので、子供ができる日がくるまでのあいだ、約1年半~2年ほど今の職場で仕事したかったので就職しました。常勤ではなく派遣社員であるために、正規よりも月収は少なめでしたが、やはり家庭の時間を優先するために、あえて選択しました。が、入社してみたら、一緒に働いている人たちは大半のスタッフが派遣社員として10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。派遣といえども、期間が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、この先どうすべきか、とても困惑しています。

  • 初めて転職を行うにあたって、頭に入れておくべきなの・・

  • 生まれてはじめて転職をするにあたって、大切なのはどうして現在の仕事を辞めなければいけないのかをはっきりしておくことだといえるでしょう。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておいた方がいいでしょう。その後問題を解決してくれそうな企業を決定していってください。社会に出てからの転職活動は、新卒の就職活動とは大きく異なり、今の仕事を勤めながら就職活動をすることから、時間と体力が必要だといえます。ゆえに問題の明確化ができていない状態で転職活動をしてしまうと、途中で行き詰まってしまう可能性もあります。どうしても転職したい、現状を変えたいという強固な情熱がないのであれば、転職活動の開始は保留にしておいた方が良いです。

  • 安定した生活を願って正社員として働くことを念頭に置いている人…

  • 安定した暮らしを手にするべく「正社員」になりたいと思っている人はかなり多いと思います。ところが、即戦力として働けるように努力しても、中々正社員としての転職活動が叶えられないこともあるでしょう。契約社員や派遣社員の求人募集は結構あるのに正社員の求人以外はそっちのけで時間だけが経過していく、といったケースが多いようです。万が一あなたが、正社員として望む職場や仕事に転職できない場合には、契約社員の求人募集にも目を通してみましょう。契約社員や派遣社員を募集している企業であっても、実力次第で、数年で非正規雇用から正規雇用への転換を狙えることもあるんです。ですので面接を受ける際に、「正社員登用」のチャンスの有無を質問しておくと良いでしょう。

  • 転職時の面接での身なりは会社側からクールビズ可とと書かれていることもあります・・

  • 再就職の面接での身なりは企業側からクールビズでもOKとと言われる場合がありますが、クールビズで行くのは良くないのでは?と疑う人もいます。そういうことで悩みを持っている人たちに申し上げたいのが、企業側からクールビズでも大丈夫だと言われているのであれば、伝達事項を守った方が堅いです。色々迷ってしまい、汗がでる時期にスーツをしっかりと着ると相手に不自然なイメージを持たれてしまいます。ですから、会社側からクールビズでも大丈夫ですよと伝えられたらクールビズでいくのが望ましいです。

  • 転職の際、「派遣社員」を選択しようと考えている人にぜひチェックしてもらいた…

  • 転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人に注意してもらいたいポイントが何点かあります。派遣社員に関しては、「電話対応」「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」といった仕事をぼんやりとイメージする人がおそらく多いとは思います。本音を言うと私自身もかつてはそう思っていました。今の職場に入るまでは「派遣社員」の募集に応募した際に、「主な業務は電話対応になります」と採用の際に説明を受けてもいたので安心しきっていました。しかし、実際に入社してみると、まさか「電話対応」に加え、欠員した正社員の穴埋め業務をやってくれと言われました。いつも毎回振り回されますし、求人表だけでは、毎日非常に参っています。今はただ「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。

  • 自分自身の大好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている人は注意です。

  • 自分の得意なことや好きな分野の仕事に就きたいと考えている方は注意した方が良いです。これは、私が実際に経験したことなるのですが、私は、食べることが大好きでかつては、飲食店で仕事をしていた時期があります。その飲食店での業務内容は、そのレストランで任されていた仕事内容は、簡単な盛り付けやホール業務でした。この業務内容に関しては、不満もなく楽しんで働いていました。ですが、人間関係のいざこざにすごく悩まされました。ということが引き金になり、職場を離れることになったのですが、その結果、あんなに大好きだった食べること、そしてその店でメニューとして扱われていた食べ物も嫌いになり、その系列の店には今も行けていません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。この仕事を始めた当初、大好きだったことがキライになるとは思いませんでした。趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいと夢をみるのは素敵なことです。その『好き』のレベルはどれくらいなのか、じっくり冷静に自分と向き合う必要があります。

  • 今現在の企業の雇用に対する考え方の慌ただしい変化に関して、社会人の…

  • 近年の会社や企業の労働環境の目まぐるしい変移をにおいて、若い世代が特に注目しているようです。おそらくは、自身のキャリアアップと転職とを視野にいれているのでしょう。このため、働き手といった労働力の「流動化」が顕著となっているので、さらに今後、益々若い世代の転職への関心が強くなっていくのだと思われます。「流動化」の影響により、転職はあなたの身近なものとなるのは間違いありません。「終身雇用制度」が機能していた時代には、「転職」をする人は、経歴にマイナス評価がつく、と言われて転職が思い通りにいかない人も多くありました。ところが、社会的な変化とともに現在やっている会社のみに執着する意味も必要性も薄れてきています。

  • 大半は大きな会社の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですか・・

  • たいていの場合は大きな会社は「定期採用」で人材を確保するため、転職希望者には向いていません。そして、市外地でとなると転職のチャンスがずっと低くなりそうです。例外として、製造業の企業に関して言うと、都市部でない地方の工業団地の近所に製造の拠点としていることも多々あります。さらに、そういう地方の工場は、事業拡大などの節目に「人員募集」を積極的に行うので、そういった機会に転職を検討してもいいかもしれません。地方の工場に転職したい場合、転職を希望する企業についての下調べから事前に仕入れておきましょう。その企業のHPをチェックし、求人予定の予定はあるか、こまめにチェックしておくと間違いがありません。

  • 転職活動の最後の問題として、「現在勤務している企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

  • 転職活動を行う際の最後に残る厄介な難問として、今勤務している企業からの退職があります。転職がうまくいったとしても、現在勤務中の企業があなたを引き留めに掛かるかもしれません。そのようなケースでは、困難に負けずに退職する、という強い気持ちを維持することが大切でしょう。もしも引き留められて、残ったとしても一時辞めたいと思った会社は、遅かれ早かれ関係が終わることになります。会社の規定を良く調べ、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を作成しておきましょう。そうして、決定権のある上司と談判し、退職を考え直すことは絶対にありませんと、遠慮せずに伝えます。「円満退社」で去ることも転職活動において大事な要素となってきます。

  • 転職活動において、重要視されるのが「面接」です。

  • 再就職をする場合、重要なのがまぎれもなく「面接」である。普通一般的な面接の際は面接担当者が当人に対して転職を決意した経緯や仕事の意気込みなどいろいろな質問が飛んできますが、そして、面接終了の直前に今度は、転職希望をする人からの逆質問に切り替わるのが普通です。面接官側が、「弊社について何か疑問に思うことはありませんか?」と。と尋ねられた際に面接者本人が緊張して急なことなので戸惑う事もありまよすね。そうならないためにも、面接の前には面接担当者からの問いに際し、(あなたからの質問を)いくつか考えておくのもいいかもしれません。よく考えてみれば疑問や不安に思うことはいくつもあるはずです。ぜひ、やってみてください。

  • 転職先を探している期間は、自分の好きなことに打ち込むほか、…

  • 転職期間中には、自分の好きなことに時間を費やすほか、体力の向上を意識しておくと良いと思います。仕事が決まり、いざ仕事復帰した時に、趣味に興じていたことで知らないうちに集中力が養われているのです。さらに体力アップが図れていることで、他の社員たちと比べると疲れにくいということを自ずと認識することができます。というワケで、退職して次の仕事を始めるまでは興味のあるなことに力を入れることと、体力を維持させるように努力をしておくのがベストです。仕事が決まり、職場で同様の趣味を持つ人と知り合えたなら、すぐに仲良くなれるので、気になったことにとことん時間を費やすのも転職期間の自由な時間の使い方です。