最近はネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでな・・

近頃、ネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでな…

  • 近年はネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティング会社も増加しています。あなたに特許を出した経験があるなら、電話が来る可能性が高くなります。彼らは、特許を出願した人に限らず、研究開発で論文を書いた経歴のある人や、メディアで話題になった人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人をターゲットに、電話やメールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。仮にあなたが、ヘッドハンティングと推測されることを言われたときには、心当たりがないか考えてみましょう。ときとして、ヘッドハンティング名目で「登録料」を請求しようとする業者がありますが、そういったものはむろん詐欺なので、注意しておきましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者がお金を払う必要などありません。

    もしあなたが近い将来、転職するのなら、前もって資格を取得することで選択肢が増えます。

  • もしも転職を考えているなら、先に「資格」を取っておくと選択肢が増えます。とくに、仕事をしているあいだに資格を取るのがおすすめです。転職時にあたって幅が広がるので、転職先を探しやすいです。ですので、資格取得は、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階がベストタイミングといえます。もしもあなたが将来のために、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、今の会社を退職後も悔やむことなく前に進めるはずです。さらに、資格を取ることができれば、転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、面接で面接担当者に戦力になると判断してもらえ、今までの職場より待遇アップも期待できます。

    とある古物商のお店で、書類選考に合格したので、相手方から面接日時を告げられました。

  • とある古物商の会社で、書類審査に受かりました。2、3日して相手方から面接の日時を教えてもらいました。当日、時間通りに指定場所まで行ってみると、手違いがあったのか相手の面接の用意が全くできていない状況だとがわかりました。しばらく待たされたのち、責任者らしき人が面接に応じてくれましたが、始めから終わりまで、非常にやる気のなさそうな態度を見せて、グダグダな状態で面接は終わりました。ですが、予定日を過ぎても結果連絡が一切なく、気になったので、私の側から問い合わせると、「郵送で今日送った」と返答されました。心待ちにしていたのですが、届くことはありませんでした。仕方なく改めて問い合わせたところ意味が分からなかったのですが、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、と有無を言わせずに電話を切られました。あまりの対応に呆れ果てて言葉も見つかりませんでしたが、とりあえず採用されなくて良かったと思っています。

    自身のスキルや資格を有効活用しながら、再就職する場…

  • 自身のスキルをふまえて転職活動を考える際は、比較的、再就職がしやすいジャンルとそうではない業界がある事を知っておくことは大切です。すんなりと転職がかなう業界としては、人材不足が社会問題にまでなっている「医療・介護」系がとても有名ですね。医療や介護では、看護師や介護士の資格保有者でなければ働くことができないので、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。こうした業界で働く人が、何かしらの理由によって他のジャンルへ再就職してみたいと思う場合は、注意が必要です。「医療」「介護」ではない業界は、流動性はかなり低くなります。ですので、簡単に考えない事が必要です。異業種への転職される場合は、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを気をつけておきましょう。

    転職の間は、知らず知らずのうちに時間に余裕がある…

  • 転職の間は、つい時間が有り余っている分、気が緩んでしまい、ダラダラと過ごしてしまいがちです。しかしながら、そのような過ごし方を習慣にしてしまうのはかなり危険です。なぜならば、気の緩んだ、だれた生活をしていると、肉体的にだけでなく、「メンタル面」にも悪影響があるからです。ですから、いつの間にか働く意欲を失い、お金に困ってしまうかもしれません。そうなってしまうと、悪いサイクルができてしまい、転職先が見つからなくなります。次の仕事をハッキリ決められないのは、給料を一番に考えてしまうからです。もらえるお金を第一に転職先を探すことになるとやりがいを求めて転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。というワケで、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラダラした生活は、しないように常に意識を持ちましょう。

    長い間接客業で仕事を続けてきたのですが、歳をとるにつれ…

  • 長きにわたって接客関係で仕事を行ってきましたが、年齢的に立ったままで行なわなければいけない仕事は体力的にきつく、座って仕事ができる事務系のお仕事への転職を頭に入れて行動しました。事務が未経験だとけっこう厳しく、それなら接客の経験も活かせる受付兼医療事務を目指そうと思い資格も合格し個人の医院に転職をしました。周囲はベテランの先輩パートさんばかりで人間関係も複雑。夜間のシフトばかり押し付けられて、接客業時代より帰宅も遅いのですが、初めはキャリアを形成しなければいけないと受け入れ頑張ります。

    転職したいと考えている会社で見学などがあれば、すごく参考になります。

  • 転職したい会社で見学しておけば、たいへん勉強になります。会社見学できる会社の中でもとくに、職人さんのいる会社ではスキルを間近で見られるので楽しいものです。しかしながら残念なことに「職人」がいる会社見学ではたいてい見学者には、本当の姿を見せてはくれません。その最たるものが、ずばり、ブルーワーカーなどの業種です。この分野では、癖の強い人が多いので入社した後でないと、実際の姿はわからないものです。なので、見学で知った内容がそのまま仕事現場と決めつけないことがたいへん大切です。また、見学の時に実際に仕事体験させてくれる会社はキケンなのでハッキリ言うと「論外」です。入社していない段階ではケガなどのトラブルに見舞われたとしても、それに対する保証が無いので、進められてもていねいに断ることが大事です。

    就職するため職探しをするときに気を付けて欲しい求人の募集内容は、…

  • 就職活動する際に気を付けて欲しい募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料が高く、拘束時間が長いというものです。こういった案件は、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいるケースがよくあります。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、30時間、45時間という感じで求人の内容に時間の併記があるはずです。これは、毎月これくらいの残業が発生するため、前もって給料形態に残業代を含んでおくという仕組みになります。(注・合法です)『みなし残業代20時間込』とあれば、「記載時間分の残業代を含めると、これだけの給料になります」という意味になるわけです。でも、悪質な求人には『みなし』を記載していない可能性もあるので注意をしておきましょう。

    転職について考えた場合、転職先となる職場における給与ばかりに気を取られる…

  • 転職しようと考えたとき、転職したあとの年収を気にしすぎる人がわりと多いです。とうぜん大部分の方は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給料として手に入れるために励むでしょう。だから年収がいくらかは自分自身の仕事に対する評価という見方もできますから、とうぜん大切なものとして扱うのは無理もありません。しかしながら、ひどく年収というものばかりを気にかけすぎる生き方というのも寂しいものです。年収がさほど期待できない仕事であったとしても精神的な充実を得られることがあるからです。

    もしもあなたが、「転職サイト」であなたの希望条件に合・・

  • あなたが今、「転職サイト」で自分の可能性を広げてくれる働いてみたいと思えるような企業情報をチェックしているのなら、お勧めなのが転職エージェントです。登録は簡単です。エージェントサービスの登録を済まて、そこで紹介してもらえる仕事は、一般的に公開されていないからです。誰もが見られる公開求人とは異なります。なぜなら、比べようがないほどにとても良質といえます。さらには、自分の条件に合ったものを調査しながら紹介してくれます。ですから、かなりの精度で求めていた希望する職種の求人をもらえたりします。仮に、同一の求人に出くわすとしても、あなたがひとりで手当たり次第に探していくことと比べれば、相当に効率的です。ですから試してみる価値はあります。

    派遣で働いています。労働契約法のおかげでやむを得ず、…

  • 派遣として勤務しています。派遣法とか労働契約法のからみで残念ながら長期間勤務していた企業での仕事がもうすぐ終わります。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣の勤務先で正社員のポジションを得た方もいるのですが選ばれた理由としてははっきり言うと仕事の腕とは関係なく派遣先上司へのあしらいがうまい方でそれが採用の決め手となった模様。職務を遂行するスキルよりもおじさんに媚びるスキルの方が肝心なんだねーと派遣仲間の同僚と派遣先の会社で文句を言ってます。

    現実に失業保険の給付を受けるためには、仕事を見つけようとしていることを理解してもらわなければいけません。

  • 失業保険の給付については、仕事を探していることの証明が必要になりますが、だとしても、現実的には「会社を辞めたことだし、しばらくは働かずにゆっくりしたい」と考えるのが本音でしょう。ですので、心から求職活動をしているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。毎月のハローワーク職員との面談は当然のこととして、その場で「求人票」を確認することを必ず行う必要があります。本気になって探す気持ちが出ないときは、「求人票」だけ目を通して、(ハローワークスタッフとの)面談時に「続けられそうな仕事が今回はありませんでした」と話して、次の機会を狙えば良いです。

    これまでの私は、職探しは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」に通っていました。

  • 以前の私は、職探しをするときは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を使っていました。というのは、有名な「転職サイト」は、構造上、都心部にある企業の求人しかないからです。そのため、転職するときにはいつも「ハローワーク」を使っていました。やっぱり、掲載されているいくらか企業や給料といった条件は見劣りしますが、古くから地域に密着した企業も多くあり、ピンポイントで見えるのはありがたいです。ハローワークというと、なんだか地味な感じがするというイメージがある方もいるかと思いますが、以外にも、有名な転職サイトには掲載されない求人があるので、この先転職予定の方は、お近くのハローワークに1度行って、確認してみるのもアリだと思います。転職サイトのようにたくさんの電話・メールが頻繁に送られてくる心配もありません。

    転職先にて、すぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。

  • 転職した場所では、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いです。初年度は大体「試用期間」を含んでいる企業も多いです。自分の転職して新たな仕事をした時は、なんとか新しい職を見つけることができたのに、予想と異なり以前いた会社での年収と見たところイコールで変わりませんでした。加えて、業務内容は多忙を極め、立場上、責任重大で最初の1年は、本当に苦労しました。そういった実体験から初年度は、仕事を覚える期間として捉え、可能なかぎり転職するよりも前からお金をためておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

    もっと良い職場がいいと転職を希望する人の大半は「ちょっとでもはやく、…

  • いい会社に入りたいと転職をする活動をする人とは「1日も早く、内定(採用通知)がものにしたい」といった気持ちが強くなってきます。が、採用通知が得たいあまり、自分のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、あるいはその逆に自分を過小評価にしかならないマネはできるだけ避けるべきです。焦ってしまう気持ちを抑え、冷静になりつつ、自分にふさわしい職場を探すことに集中しましょう。これまでの経歴を生かしつつ、さらに、今後のキャリアアップが期待できる職場を賢く見極めていきましょう。

    職場環境のせいで回復が難しいほど精神的なダメージが増・・

  • 仕事をするにあたって回復が難しいほど精神的につらくなり、転職を考えざるを得ない状況にまで悪化したなら、そんな時は、会社(の関係者)と相談する以上に、身内と話し合い、会社を辞めるかどうかの判断をしてみましょう。それは、仕事をするということは当事者であるあなたのためでもありますが、同時に身内の問題でもあります。毎月、どれだけ報酬がいいとしても精神的に追い込まれるまで無理して働くのは健全とはいえません。近年は、物質的なことよりも、働く当人が働きやすいことを優先する生き方が尊重される社会です。あなたの身内とともに、あなた自らの心身をいたわりましょう。

    転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書を準備することが必須になってきます。

  • 転職活動の際には「履歴書」「職務経歴書」を用意しなくてはいけません。大半の会社が履歴書と職務経歴書に書かれている内容を判断材料にして面接するかどうかを判断するため、ともかくこの2枚の書類の作成が重要といえるでしょう。ただ必要事項を埋めるだけにとどまらず、記載内容を魅力的なものにすることも大切です。「職務経歴書」では、今まで経験してきた職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を書いておきましょう。さらに、過去以外にも、現職で挙げた実績も価値があります。前年比の売上を○パーセントアップを達成した、などわかりやすく書くのが望ましいです。作成に行き詰まったら、「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、文章をチェックしてもらったりして自分の価値が高まるように、利用することもよい転職をするための有効な手段だといえます。