就職した会社で意地の悪い上司に悩まされ、ついには我慢の限界を超えてその会社を辞め…

昔働いていた会社でのことですが相性の悪い上司に憂鬱な気分にさせら・・

在職していた会社で嫌な感じの上司の存在に頭を抱え、結局耐えきれずにその会社は辞め、別の同業の企業に転職をしました。その会社ではいやらしい上司もおらずきわめて充実した日々が続きましたが、緩やかに業績が落ち込んで、結局はとある会社に経営統合されることとなりました。ところがその統合した会社が驚くなかれ前勤務していた会社で、加えて非常に嫌いだった上司が再び私の上司になることに。こういう悪いめぐり合わせとは、どれほどご縁があるのでしょうか。当たり前ですが新たな転職活動を始めようと思っています。

転職のための採用面接に転職したい会社へ出向きました。

転職における面接にある会社に行ったときのことです。偶然社内の会議室や応接室がすべて他の客でつまっているということで社外で面接担当の人と待ち合わせて面接が行われ、そのまま解散して、面接担当者もそのままそのまま自宅に帰るとのことでしたが、なんと下車する駅が私と同じだったのです。そのため電車の中でも彼と一緒にお話をしながらいっしょに帰ることとなって、緊張がなくなり面接しているよりもお話が弾んで、それが功を奏したのかなんと採用を掴むことができました。

全くの未経験である業種などに転身を行う際は、前職で、自…

今まで経験したことのない業界とかに転業したいときには、前職で育んできた腕前や今までの経験が生きるといった内容の訴えが必要です。初めての分野の場合、未経験の分だけその分野で勤務したことがある方よりも正直、不足することはありますが、自分の持っている力がその場でも生きるということをうまく相手に話せれば、戦えるケースも出てきます。ですから、経験のないジャンルにチャレンジするときには、その分野とこれまでに自分がしてきた仕事とのつながりを可能な限り考えましょう。

今現在のあなたの仕事や職場に関して、大半の人は、少なからず何かしらの不満を感じているでしょう。

今現在の勤め先や仕事内容に対して、多くの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自身のスキルや仕事での能力を正しく評価してくれない」したがって、「報酬アップも、将来的な昇進もまったく期待できない」といった不満を挙げる人がほとんどだと思います。でも、上記のような不満を持っている人のなかには自分自身の実力を過剰評価し過ぎていないか、再確認することが肝心です。過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できる企業や職種なんてない」と中々就職先が決まらないので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。経済的に生活困難に陥る可能性もあります。ですから再就職を円滑に行うためには、自分の能力を冷静に客観視することから始めてみましょう。

新しい仕事を探すのに、勤務先の会社に退社の意向を伝えて…

仕事を変えようとするときに、まずはまず勤務先の会社の退社手続きをしてからという考え方もありますが、そうするときにはボーナスをもらえる日について確かめておきましょう。ボーナスのある企業はそこら中に存在しますがボーナスが支給されるなら、ボーナスが入る日が目前に迫っているのであれば、その後で辞める意向を伝えるというのもおすすめしたい手口です。ボーナスは結構大金なので、手に入れなければ損ということも断言することができますから、退職の際にはボーナスが支給される時期について確実に頭に入れておく方が損をしません。

もし転職することが、今の職場の同僚たちが、あなたの転職を知ってしまう・・

転職することを、今働いている会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと、職場の雰囲気が一変するかもしれません。周囲との付き合い方によっては、問題はないこともありますが、意地悪されるかもしれないと想定しておいたほうが賢明です。ひどいケースでは、残業時間を意図的に増やされてしまうこともあるので、軽々しく「転職します」と周囲に伝えるのはお勧めしません。そのようなトラブルを避けるために、今現在の仕事場では、真面目を装いましょう。注意をしておくことで、良い空気をギリギリまで維持したまま、心置きなく会社を去ることができます。さらに、トラブルなく退職できれば、退職後も、相談できるかもしれません。業界や規模に関係なく、どのような会社も人とのつながりは大事なので、仕事を辞める時のトラブルだけは、できるだけ起こさないようにしたいものです。

近頃、株・不動産投資などといった不労所得を得たり、個人経営 ・起業といった生き方も増えています。

近年では、株・不動産投資といった、不労所得や個人事業・起業といった生き方も増えています。そういった移り変わりに伴い、「雇用されて働く道こそが正義」といった見解も変わりつつあります。高度経済成長時代に関しては、不安の残る株式投資や、個人事業で生きるよりも雇われているほうがずっと堅実であり、人のあるべき形として、またそれが至極当然のことのように、世の中に認知されてはいました。そういった成長期は過ぎ去り、現在のような時代は「成熟期」という風にも言われています。機械化、自動化が進んで社会においては人手が必要なくなると言われています。

転職活動は、希望先転職先の会社企業というより、具体的には「担当面接官」と・・

最短で転職したい場合は企業とのやりとりというより人事や採用担当の面接官とのやり取りが重要です。しっかり採用してもらうために、初歩として面接が始まるときに冷静に対応することを心がけましょう。女性とお見合いをするような意識で望むと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。面接ではまず第一にあなた自身の人間性や人柄を観てもらうわけですから、悪い評価になるような身なりは注意しゼッタイにやめましょう。そして常識的な社会人らしい綺麗に整った服装を意識してください。面接官に企業に適した人材と認識されれば、かならず転職活動はかなり楽になります。

再就職を目指そうとしても、全てがうまく進行するとは限りません・・

仮に転職をしようと考えていても万事スムーズに進行する確証はありません。可能であれば、いつか、転職しようと考えているなら若いうちになるべく早く転職を試みるべきでしょう。大半の場合、20代のうちは良い結果が出やすいですが、残念なことに、30代後半~40代になると転職というのはかなり厳しいものと理解しておくべきです。もしも、重要な役職をすでに担当しているのなら、転職に気持ちが傾いたとしても、現在の会社に居残ることも結論として選ぶ答えの中に残しておくべきです。要するに、退職後に転職活動を開始するよりも、今の会社に残った状態で、時間をかけて注意深く行動したほうが良いでしょう。

ついこの間、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず・・

3ヶ月まえに、転職したばかりであるにも関わらず、数ヶ月しかたっていないのに退職を決断する人が思いの外多かったりします。転職先の職場に飛び込んだものの、「自分の理想としていたものとおかしいと思うほどギャップがあって幻滅した」「会社のルールにどうしても慣れなかった」という原因で退職してしまうことが珍しくないといいます。でもこのような、転職における失敗を後悔しないためには、はやり前もっての情報集めは徹底するほかありません。具体的な業務内容、通勤に掛かる時間、など前もって調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

もしもあなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」…

もしあなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」にて都市部から地方に移住した上で転職したい、と興味を持っている人も、実践している人も増えています。この頃は転職サイトを用いれば、国内のどの地域の求人もいつでもアクセスできます。ただ、地方や郊外での求人情報では、募集してる企業や会社の数自体が少ないというのが大きく違うところで、そういった点でマイナスといえます。したがって求人サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。転職サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」のサイトなども頻繁にチェックしておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に開催している就業サポート系のイベントについても注意してみておきましょう。

新しく就いた職場でそれまでに培われてきたスキルを生かすことができれ…

新しい仕事で、過去の能力を活かすことができれば、即戦力と見られて割と早く仕事場で存在感を得られるでしょう。いい人を求人している雇用した側としてもそういった即戦力となる人材は常に必要なので、時期さえうまくいけば、円滑に事が進むでしょう。それに加えてかつての仕事内容と同じ仕事なら転職は非常に容易になります。でも、即戦力となるスキルがあったとしても一流企業の事務系の業務や、公務員はいつの世になっても、相当な難関になることを肝に銘じておきましょう。

『今すぐ転職したい!』と考えていて、自身の意志が本当に強いものであるな・・

『なるべく早く転職したい!』という願望があって、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞めたいということをすぐに上司に言うべきです。このときに相談という形を取ると、場合によって言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。そして、実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、話がこじれて結局、半年ほど予定が伸びてしまいました。退職したいことをはじめに直属の上司に話した時は年度末、数ヶ月働いて退職が受理されたのが同年の11月です。本音を言うと、ちょうど年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、思うようにはいきませんでした。やはり職場側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、スタッフの意見を聞かないまま、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、ほとほと職場に対して失望しました。

これから先、転職活動をするという時は、気になった求人(もしくは職・・

転職活動をされるなら、良いと思う求人(あるいは業種)があれば、逐一、「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネットで検索してみましょう。求人票や転職サイトの担当者からは業界に関するマイナス面について知ることは不可能です。もしも、ブラック企業体質な業界であれば、インターネット検索を通じていとも簡単に現実を知ることができます。そうした面を知らずに入社した場合、直後に落胆してしまう可能性もあります。そもそも求人が出されていた理由が「内容がきつく、人がなかなか定着してくれない」というケースがかなり多いため、興味をもった案件や業種については、注意してください。

昨今の転職事情は、政治によって左右されつつあります。

政治による影響がでつつある転職を取り囲む状況についてですが、内閣総理大臣である安倍総理が主導する現政権によって、「アベノミクス」「三本の矢」など、多くの経済政策が盛り込まれています。経済政策ともに日銀の金融政策と、たがいに作用しあって、財界や企業間でも次の世代の社会的な変化が増加傾向にあります。そういった変化が加わったことで、民間企業のあいだでも今度は労働人口減による人手不足がかなり深刻化しています。ここ何年かの間で「外国人の労働者」の総数を今よりも増やしていく、と現内閣は方針として掲げています。日本国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こういった変化によって、日本国内の雇用や転職をとりまく事情も変化していくのは確実です。

看護婦と呼ばれていた看護師は職業として歴史的背景から…

昔は看護婦ですが看護師というのは仕事として女性比率がかなり高い職場です。加えて、気力・体力の負担が大きい特徴があります。それ故に、職場環境での対人関係のいざこざや、自身の結婚や出産の後にそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活のバランスが難しい職業ともいえます。実際に、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、職場を替える人がとても多いのが現実です。流動性が高い仕事であるため、人手不足の状況に困っています。なので、医療業界は、看護師を求めている「売り手市場」であるため、それが転職希望が後を絶たない状況となっています。

女性の再就職は、セクハラが社会的に問題になる前と今日とで…

女性が転職するに当たって、一昔前とここ最近とでは若干の違いがあったりします。過去には面接の際に、結婚観や出産後の考え方などについて、ごく一般的なこととして質問していました。ところが、最近では、こういった内容は、「セクハラ」の恐れがあるとして、質問しない企業、が増加傾向にあります。そしてまた、世間に名の知れた大きな会社ほど、この手の質問をNG質問として神経を尖らせているようです。とはいえ実際、面接する側はYES・NO、だけでなく、その人の姿勢、結婚したあとどうするか、育休の取得が必要なのかどうかなどを把握しておきたいとは思っているものです。自らの価値観を伝えるためにも、志望の動機や自己ピーアールと一緒に伝えることで、会社側にもしっかり伝わり、判断してもらいやすくなると思うのです。というワケで、たとえ、質問されてない箇所についても、先にあなた自身から気遣いながら答えておくのが良いです。