ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考に受かりました。すぐ・・

ある古物商の社員募集にて、書類審査を通過しました。そ・・

  • とある古物商の求人に応募し、書類選考をクリアしました。その後担当者から面接の日時を指定してもらいました。ですが、当日、指定場所へ行ってみると、どうしてか相手が面接準備を一切していないことに気づきました。待たされたのち、責任者らしき人が面接中も半ば聞きというか、始終面倒くさそうな態度を見せて何とか面接を終えました。けれども、約束の日を過ぎても、採用結果はまったく告げられず、自ら問い合わせると、「郵送で今日送った」と言われましたがしばらく待ちましたが、しかし、これも未達でそんなわけでもう一度問い合わせたところ、なんと、「残念ですが不採用です」、とその直後、電話を切られてしまいました。あまりのことに呆れ果ててしまいましたが、ハッキリ言って、不採用で良かったと思っています。

    あなたが持つ現在のスキルや資格をふまえて転職活動したいと思っているなら、…

  • 今ある自分のスキルを武器に就職活動を考える場合に、転職がしやすい業界と、そのスキルが不必要な、転職が難しいジャンルがある事を知っておくことは大切です。再就職しやすい業界は、人材不足が社会問題にまでなっている「医療・介護」の分野が代表でしょう。医療や介護の業種では看護師、介護士は「資格」を必要で、ハードルの高いジャンルといえます。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていて様々な理由により、他の業界に転職したいと考えているのなら、簡単に決めてしまわないほうが無難です。他の業界では流動性はかなり低くなります。簡単に考えない事が必要です。再就職される場合は、異業種では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを理解しておきましょう。

    転職期間ではどうしても、時間に余裕があるため、気が緩んでしまい、…

  • 転職期間ではどうしても、時間が有り余っているため、気が緩んでしまい、緊張感がなくなり、ダラダラと過ごしてしまいがちです。だとしても、そんな過ごし方は避けたほうが賢明です。というのも、気の緩んだ、だらけてしまった生活を続けると、「心」も不健全な状態になるからです。そのうち、働く意欲が湧かず、お金に困ることにもなるでしょう。こうして、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、転職をしたい会社が決められません。次の仕事が決められなくなるのは、給料を一番に考えるためです。もらえるお金を第一に考えざるを得なくなるとやりたかった仕事を求めて転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ということで、お金に縛られない生活をしていく上で、だらけきった生活は、しないように常に意識を持ちましょう。

    長いこと接客業でお勤めしてきましたが、年齢を重ねるに…

  • 長きにわたって接客業で勤務していたのですが、加齢が原因か立ったまま行う仕事は体力的にハードで、座って仕事を続けられる事務系のお仕事へ転職することを第一目標として行動を起こしました。事務の経験がなければなかなか採用してもらえず、それなら接客経験も活かすことができる受付兼医療事務を目指そうと思い資格試験にも合格し個人の医院に転職することができました。周囲は超ベテランの先輩パートさんだらけで人間関係もややこしい。夜間のシフトばかり押し付けられて、接客の仕事をしていた時よりも帰宅する時間も遅いわけですが、初めはキャリア形成の時だと思って仕事を続けます。

    転職したいと考えている会社で見学などがあると非常に参考になります。

  • 転職したいと考えている会社で会社見学などがあるとすごく参考になります。会社見学できる会社の中でもとくに、「職人」のいる会社なら、スキルを近くで見られるため、気持ちが高ぶります。でも、残念ながら「職人」がいる会社見学は、見学者にはほとんどの場合、普段の働き方を見せないのが特徴です。典型的なのは、ブルーワーカーなどの業種です。個人のクセが強い業種であるため、入社するまで本来の働き方が出ません。なので、見学で触れた内容がそのまま仕事現場とは思わないことがとても賢明です。加えて、見学時に実際に仕事を体験させてくれる会社はキケンなので正直言って、気を付けるべきです。入社していない段階ではもしトラブルが発生しても保障などありません。スタッフから勧められても丁寧に断るようにしましょう。

    転職活動に特に注意が必要な求人の募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのに給料が高く…

  • 転職活動時に注意したほうがよい求人は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料がよく、拘束される時間が長めのものです。こういった求人の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいるケースがたいへん多いです。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ30時間や45時間という風に(時間は例えです)求人の記載内容に時間が併記されているものです。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、はじめから給料に残業代を組み込む、といったものです。(この仕組みは合法です)もし『みなし残業代25時間込』と記載があれば、「記載時間分の残業代も含めてこれだけの給料です」という話になるわけです。が、悪質な求人は、『みなし』をわざと記載していない可能性もあるのでよく気を付けてください。

    転職というものについて考えた場合、転職先となる職場にお…

  • 転職をする場合、その職場の年収について気にしすぎる人がどうも多いように思います。大部分の方はだから生活費を給料として得るために仕事をしているのはずです。年収がどれだけかは自身がどれほど評価してもらえているか、という見方もできるから、大切に思うのは至極当然です。とはいえ、年収に固執しすぎるのも考えものです。収入に直結しない仕事であっても精神的な充実を得られることが少なくないからです。

    新たなことにチャレンジしたいと考え、転職サイトを活用・・

  • あなたが現在、「転職サイト」を利用して自身の希望条件にマッチした将来性のある企業を探しているならば、「転職エージェント」は必ず活用しておきましょう。必要情報を入力し、エージェントサービスの登録のあと、紹介してくれる求人というのは、一般的に公開されていないからです。誰でも見ることのできる公開求人とは異なります。なにせ、比べようがないほどにかなり良質といえます。そればかりか、あなたの希望にフィットしたものを調査しながら紹介してくれます。そのおかげで、良質な案件を求めていた職種の求人にめぐり逢えることが多々あります。もし仮に同じ求人に行きつくとしても、あなたが自分で最初から調べる手間を考えれば、とても効率がいいし、たいへん確実です。

    派遣で勤務しています。派遣法とか労働契約法の関係で残念な…

  • 派遣というかたちで働いています。労働契約法により残念なことに長期間働いた就業先での仕事がもうすぐ終了します。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣先の会社で直接雇用の契約を獲得した人もいるのですがそれはぶっちゃけると仕事の腕とは関係なく派遣先上司の扱い方が得意な人でお引き立てがあった気配。テクニカルスキルよりもおじさん転がしスキルの方が大事なのかなーと選考に漏れた他の派遣の同僚と派遣先の職場で愚痴る日々です。

    失業保険の給付に関して、仕事を探しているという証明が必要となります。

  • きちんと失業保険の給付を受けるためには、仕事を見つけようとしていることが条件になります。しかしながら、実際は「久しぶりに仕事から解放されたし、しばらくは自由に過ごしたい」と思うのが本音でしょう。そこで、ちゃんと働き先を探しているように思わせる方法があるので紹介します。月一回のハローワーク職員との面談はパスできませんが、その場にて、求人票の閲覧は必ず行ってください。実際には探したくないときは、求人票を熱心に閲覧している芝居をして、ハローワーク職員との面談時、「納得できる条件の仕事や自分にあう仕事や、希望していた仕事が意に反して今回はありませんでした」と言って、次の機会を探すというやり方もあります。

    今までの私は、「転職サイト」に頼るより主に「ハローワーク」が中心でした。

  • これまで私は、求人情報は「転職サイト」よりも、私はハローワーク派でした。理由は、大きな「転職サイト」は、特性上、都心部での求人情報がメインになっているためです。これまでの新しい職場を探す時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。もちろん、求人募集をしているいくらか知名度は低くなってしまいますが、地域に密着した企業も多くあり、安心して面接に進むことができます。「ハローワークって地味な雰囲気がある」と思われている方もいるかと思いますが、でも、理想に近い企業が掲載されているかもしれないので、この先転職予定の方は、ハローワークへ行って相談してみてください。有名な転職サイトのようにこれでもかというくらいの電話・メールが頻繁に送られてくる心配もありません。

    新しい仕事に就きたいと考えているのなら、いきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 職場を変えたいと思っているのなら、年収に関して高望みはしないほうが無難です。中でも、入社したはじめの年は、ほとんどの場合「試用期間」が含まれているというのが多数で、自身の転職して新たな仕事をした時は、やっとのことで手にした仕事なのに、予想に反して前職の年収とあんまり同じということがありました。それにプラスして、業務は多忙を極め、責任が伴うものだったので、1年目を越すのもたいへん労力を伴いました。そういった経験から初年度は、勉強に充てる年と捉えておき、できる限り転職するよりも以前から貯金をしておくべき、と思います。

    もっと良い企業がいいと転職で活動している人とは「ちょっとでも早…

  • もっと良い企業につきたいと転職をする活動をしている人とは「1秒でもはやく、内定(採用通知)がものにしたい」と考えるものです。ですが、そのために吉報ほしさのばかりに、自分の能力を必要以上に大きく見せたり、その逆に過小評価するかのような行動は出来るだけ避けておきましょう。そうではなくて、焦ってしまう気持ちをブレーキを掛けて、冷静に客観視しつつ、自分にピッタリな職場を探すことに意識を向けましょう。これまでの経験が活かせるように、自分のライフスタイルにも合った転職先を賢く見極めていきましょう。

    職場環境が原因で精神的な負担が増え、転職を考えざるを得ない状況にまで悪化したな・・

  • 働いていることで心的につらくなり、転職せざるを得ない状況になったのなら、そんな時は、相談するのは職場の人にするよりも家族と相談し、転職するかどうかを決めたほうがいいです。それは、働くということは当事者であるあなたのためでもあります。が、しかし同時に家族の問題でもあります。毎月、どれだけ高い給料をもらっていたからといって、精神がダメージを負うほど我慢して働くのは好ましい状態とは言えません。現代は、物質的な豊かさよりも、働く本人が働きやすいことを優先で前提にしても良いはずです。ですからあまり気にせず、あなたの身内とともに、あなたの心と体のケアを忘れないようにしましょう。

    転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書が必須です。

  • 転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書が大切です。多数の会社は履歴書と職務経歴書に書かれている内容を考慮して面接するかどうかを判断するため、この2点を作成しましょう。単に必要事項を埋めるだけでなく、記載内容を充実させることも重要です。職務経歴書には、自分の職務の詳細な内容、可能な限り自分のできることを書きましょう。また、現在の仕事で挙げた実績を、例をあげれば売上を従来比○パーセントアップ達成させた、などわかりやすく記しましょう。初めてで難しい場合は「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、上手な文章を引き出したりして自己ブランディングのために活用をはかることも満足のいく転職をするための有効な手段です。

    転職後は、高い確率で前の会社の仕事の記憶は美化されます。

  • 職を変えた際には、高確率でそれまでの仕事での多くの出来事は美化されます。本当のところ今の職に納得できない点があるから、それを払拭するためにやっと退職を決め、再就職したはずにもかかわらず、時の流れとともに転職後の会社よりも「前の仕事のほうが心地良かった」と感じるのです。それというのは無理はなく、以前の職では業務に慣れていて今よりも苦労なくやるべき業務が消化できていたのももっとも根底にあると思います。とはいえ「やっぱり転職なんてしないほうが良かった」と心底悔やむほど、以前の職場の方が報酬も人間関係が良い場合があります。

    転職で面接でほぼ100%聞きだされることが会社を退職…

  • 転職で面接で行くと必ずと言っていいほど問いかけられるのが前に働いていた会社を辞職した原因です。この質問に答える時には話の内容を退職した会社にしない方が賢明です。前職を辞めるに至った経緯を的に絞り話が進むとほぼ確実にマイナス要素を含んだ内容になってしまいますから。どういう風に話せばいいかと言えば、どうして前の職場を退職したのかという事をこの職場にぜひとも入りたかった理由があるといった話の中身に持っていくということで、自己アピールもかねて自分が入りたい会社の方に話の内容を傾けていきましょう。そのような内容ならば、悪い面ではなく良い印象を与えることができる辞職の事情にすることが可能です。