転職活動をする際、いろんな手段で情報を集めるのが通常だと思いますが、…

転職活動を行うとき、いろんな方法で情報を得ることが多いと思いますが、…

  • 転職活動をするにあたっては、様々な経路で情報を得るのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトの利用を強くおすすめします。過去に、悪い口コミをサイトに載せられたと言ってサイト運営者に対して損害賠償請求をした事例がありました。辞めた(辞めさせられた)社員の報復としてその手の口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、異なる視点から見れば、ウソの書き込みだったなら、書かれた会社側が気にする必要もないはずです。しかし、現実は『クロ』で「周囲に気づかれたら恥になるから、潰そう」と考えているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上することで注目されるので黙認しますが、悪い内容の口コミがかなり多いということは、それだけトラブルが発生する可能性が高くなる、と判断して良いでしょう。何より、本当に善良な会社であればトラブルなんて起こりません。

  • 転職するにあたり、今勤務している会社辞める時に失業保険についての手続きを行う必要がありますが…

  • 転職に先立ち現在働いている会社を辞める時に失業保険についての手続きをしなければいけませんが、仮にあなたのほうから退職届を書いて退社する、いわゆる依願退職の場合は、直ちに失業保険が出るのではなく手続きしたのち、失業したことがきちんと認められてから、3ヶ月経ないといけないのです。そのため、会社を辞めた翌日から3か月経てば給付されると思い込んでいる人がいますが、この規則について誤解している人が、3か月経ったのにもらえないのはおかしいと主張してそれが原因となりハローワークのスタッフともめ事を起こしているのを見たことがあります。ちなみに、自分側の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇のケースでは、、失業認定を受けてすぐに失業保険を受け取ることができます。

  • 就職エージェントの大手に限って、多数の案件があるといえますが、…

  • 大きな転職エージェントほど、いろんな案件を取り扱っているというメリットがありますが、反面、転職希望のライバルも多くなります。それゆえあなたが、気になる企業を見つけても、あなたの担当者が「転職できる見込みがない」と判断すると応募してもらえない可能性もありますし、会社から見て自分より高く評価される人がいると、そのライバルを優先しやすいのです。つまり大手のエージェントは、サイト未掲載の案件をデータ宝庫として扱っており応募しがたいので、方針を変えて比較的規模の小さなエージェントに対し、応募したい企業や案件について相談し、応募できないものでしょうか?と相談すると自分の利益を考えてアプローチしてくれることもあるので、そのような活用も良いかもしれません。

  • 新しい職を探す際、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント…

  • 新しい職を探す際、ネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」を使う手もありますが、仮にそのようなところに登録したことの結果として就職することができた場合でも、失業保険の給付を受けることはできません。ハローワーク以外の機関を使って就業しても失業保険とは無関係なので注意しなければいけません。一方、ハローワークを通じて斡旋された会社に就職したときは、就業のための準備金として一時金が支払われます。インターネット上の斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険の手続きは取ってくれません。知らないでいると、失業中にお金がもらえないことになるので注意が必要です。

  • 求人についての情報誌やサイトを見てみると、とうぜんたいていの職場では…

  • 求人関連の情報を見てみると、まともな企業では月の収入が記載されているはずです。でもこの月収の欄を確認する時には、注意深く確認する事が大切です。数値だけで判断してはいけません。そのわけは案件によっては、月収の額の内訳で「毎月30時間の残業」が含まれているかもしれません。つまり残業代の金額をあえて含めることで好条件であるかのように見せ、人材を募集していることも珍しくありません。また「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている会社もあります。こうして可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

  • 就職活動において、年収は極めて大事なポイントです。

  • 就職活動において、年収を無視することは不可能です。面接では、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。年収を実際もらっている額よりも大きく申告し、転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄でしょう。なぜかといえば、源泉徴収票が必要となるため、たとえ一時的に信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局は後からバレてしまいます。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現在の年収を正確に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが賢い選択となります。年収300万の人が転職後すぐに500万円となる見込みはよほどのことがない限りありません。現在の年収が430万円であれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが良いです。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなって、入社できたのをそのまますぐに退職しなくてはいけなくなるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。

  • クールビズ(軽装)の格好で再就職の面接にチャレンジする場…

  • クールビズ(軽装)スタイルで再就職の面接を受けに行く際には、いくらなんでジャケットまでは着用していくことはないと言い切ることができるわけですが、ネクタイはつけている方が悪い印象を与えることがありません。ネクタイもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと認める企業も存在する確率もありますが、ことネクタイにおいてはクールビズであろうと着用するべきだと思っているところがいくつか存在するわけです。という事で、例えクールビズで来るように言われていてもネクタイに関しては着用いく方が安全だということは知っておいてほしいです。

  • 求人関連の情報をチェックする際、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほど…

  • 求人を見るとき、例えば、「事務系の仕事をしたい」と考えている人ほど製造業を見ようとしないものです。そのような人のほとんどは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と早合点していることが少なくありません。事実、製造業の求人であっても製造マンだけでなく経理、総務などの人材募集から、資材、購買、営業管理のような「オフィス系」に類する役職もかなり存在します。けれども、製造業の職場はビジネス街のような雰囲気はないのが正直なところです。ですから、仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そういった部分がイヤと感じる人もいるでしょう。とはいえ、自身のこだわりを捨てることによって素晴らしい人との出会いによって、将来をより良いものにしてくれる可能性もあるのです。

  • 近時は、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり…

  • 現在、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件に関する取り締まりが厳しくなったり、悪質な企業は公開されたりと、不利益を被る流れができてきましたが、完全には至っていないと思われます。そこで、面接で見破る必要が生じます。ともかく、求人票等に書かれている労働条件を確認し、それらを使って聞いてみることです。相手が「ブラック企業」だった場合、記載情報に「ウソ」だったら返答が曖昧になります。「その場ではハッキリとは答えられない」と逃げ腰になります。とりわけ「休日」「残業」「給与」に関しては、詳しく聞いていくと、渋い表情を見せる場合が多くあります。それでもめげずに尋ねていくと、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、ブラック企業だということに気づきます。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、少しでもおかしいと感じたら、それ以上関係を持たないことが無難だと思います。

  • 失業時にもらえる「失業保険」は、失業中でなければもらえませんが・・

  • 失業者が受け取れる失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが、この給付には、しっかり「期間」があります。失業時までに働いていた期間に応じて異なり、3ヶ月、あるいは1年と決められるのですが、中にはこの事実を知らない人がいたりします。永久にもらえるものと勘違いして失業保険で食べていけばいいと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから急いで職を探し始めても好条件の仕事を探すのは困難です。会社の面接官もバカでは無いので、失業中に遊び惚けていなかったのか位はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。ヘタをすると、面接時に失業中何をしていたのか根掘り葉掘り聞かれます。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、不合格となるおそれもあるので要注意です。

  • かつては求人情報に必要とする人材の「性別」まで書かれていました。

  • 何年か前までの求人誌に必要とする人材の「性別」までもれなく記載されていました。しかしながら、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、男女の求人や、採用での差別をあってはならないという決まりになり、応募条件内に男女の性別を記載しないようになりました。とはいえ、募集情報を出す企業側は、男性・女性どちらでも等しく採用するとは限らないのです。そのため、男手が必要なのに、女性の応募が殺到したり、女手が必要なのに男性がエントリーしてきたり、といった問題も他人事ではないのです。たとえば、「女性が活躍する職場です」の記載がある場合、雇用主が働き手は女性を必要としている、と読むのがトラブルを避けられます。

  • 転身を念頭に置いているなら多くの会社の採用情報の詳細…

  • 転職を近いうちにするつもりなら、様々な企業の採用情報を定期的にチェックしておくと再就職した後の見る目に大いに役立ちます。あなたが今現在の仕事に不満足だと感じている場合、転職活動する際、どこの企業もいいように見えます。そのようになると、どこを選択するべきか、迷いが出てしまい判断を間違えてしまいかねません。そうすると、最終的には早々に退職の道に進んでしまうので、事前に正しい判断ができる目を養っておくべきなのです。企業の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、会社の取引している会社を見る事です。透明性ある良い企業は、取引している会社の情報を公開していますし、反対にそういった会社ではない場合、宣伝ばかりなのでよく見ておきましょう。さらに、企業によっては、個人グループに入っているケースもあるので、グループの名前を調べて、内容を確認してみてください。

  • 後悔しない転職するとを目指すのなら、事前の徹底した情報を集めることが不可欠です。

  • 転職することを成功させるためには、前もって意味のある情報収集をしておきましょう。そうしようと思うのなら今は企業の名前を聞いたことのない小規模な会社にもかかわらず公式サイトを開設しているケースが多いため、インターネットの機能を駆使して自分が気になる点をチェックしておくとそれとその会社のなんだろうと思う点等を解消しておくと転職の助けになってくれます。それと公式サイトに加え、「転職サイト」をチェックしておくのもお勧めです。実際に何よりも転職の候補している職場を自分自身で見てチェックしてみることも大切です。

  • 友人・知人からの紹介によって転職先を見付ける人がいます。

  • 知っている人からの紹介によって転職の先を探す人もいるでしょう。…が、転職の先の労働環境、その他の労働条件に関する情報について、知っている人からの口コミ情報のみで過剰に信じるとあとで問題になるおそれがあります。というのは一人の個人による口コミ情報はどうしても伝える側の主観が入ってしまうからです。友人にしたら良い働く場所だったとしても、あなたの価値観に照らし合わせたときには、ストレスフルな場合があります。その逆も然りです。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミを過剰に信用しないように、最後は自身の決断を信じるしかありません。

  • 就労中はできるだけバレないよう(私のときは)在職期間中・・

  • 就労期間中は、極力周りの人間にバレないように(私の場合)就労期間中に転職の意図のみを早い時期に会社内で仄めかしてみました。けれども、その後に転職情報を色々と見たものの、思いとは裏腹に働く先も転職するタイミングも無計画なまま煮詰まっていないままダラダラ時間だけが経過してしまいました。一方の社内では仕事の引き継ぎや手続き、退職予定日などが段々と確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で転職先を探していく」という、お粗末な状況になってしまいました。実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経験したあとで、次の就業先を探すことになりました。

  • 勤務していた会社で怒りっぽい上司に悩みを抱えて、耐えることができなくなって退職…

  • 勤めていた会社でパワハラを行う上司に困惑してしまい、ついには我慢ができなくなり退職し、他の同業の会社に行くことにしました。そこでは上との関係も良好で勤務することができ本当に満足のいく毎日でしたが、時が経つにつれて会社の売上が悪化して、とうとうある会社に経営統合されることとなりました。偶然にもその経営統合した先の会社がなんと前に働いていた会社で、それどころか転職のきっかけとなった上司がまた私の上司となることになりました。どれほど縁があるのでしょう。当然ながら新しい転職活動を始めようと思っています。

  • 転職のための面接に出向いたときのことです。

  • 転職における面接に赴いたときのことです会社で部屋がすべて他の客でつまっているということで外部の会場で面接官と待ち合わせて面接を行い、そのまま解散して、面接官もそのまま直接帰宅するとのことでしたが、驚くことに自宅最寄駅が私と一緒。結局は電車の中においても一緒に話しながらいっしょに帰宅することとなり、結果として緊張が解け面接しているよりもお話が弾み、それが功を奏したからなのか何事もなく採用を勝ち取りました。