全くの未経験である分野などに転身する際には、前職で、自分が…

経験したことがない業界などに転業を考えるときには、以前の会社で、自・・

  • これまで経験したことがない業種などに転職を行う際は、以前の職場で身についた力やこれまで経験したことを発揮できるというアピールが必要です。初めての業種の場合、経験していない分だけその業種の経験者よりも事実、不足することはありますが、自分が保持している力がその業種でも生きるということを話すことができれば、戦うことができるケースも考えられます。という事で、経験したことがない業界に挑戦する場合は、その業界と今まで自分が経験してきた職務とのつながりを可能な限り見付けましょう。

    今現在の仕事や職場に関して、何かしらの不満点があるはずです。

  • 今の仕事や職場に関して、大半の人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自分の持っているスキルや能力を正当に評価してくれない」または、「報酬はアップしないし、昇進する可能性も見いだせない」といった内容が多いように見受けられます。とはいうものの、その手の悩みを持っている人の一部には、自身の本来の技量を実際よりも過剰評価していることが多かったりします。万が一、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できる求人なんてない」と休職期間が伸びるので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。という事態に陥りがちです。なので転職活動で成果をだすためには、自身のスキルや能力を客観的に見つめることが大切です。

    職を変える際に、とにかく今の会社を退職してからと考える方もいますが、…

  • 転職をしようとするときに、とにかく勤務している会社を辞めてからという人もいますが、完全に今の仕事を辞めてから転職しようとするときにはボーナスがいつもらえるのかを見積もっておきましょう。ボーナスが出る企業は山ほど存在しますが、ボーナスがあるのであれば、ボーナスが出る日まで少ししかないのなら、ボーナスが支給された後で会社を去るというのも賢明な方法です。ボーナスは月々の給与と比べて大きな額なので、もらっておかないともったいないとも明らかなわけですから、会社を辞める決意をしたならいつ頃ボーナスが手に入るのかを最初に調べておいた方が賢いやり方です。

    もしも転職前、今の会社にいる人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、…

  • 転職前、現在の会社の人たちがあなたの転職を知ると職場の空気が一変するかもしれません。労働環境によっては、意地悪されるかもしれないと想定しておいたほうが賢明です。加えて、残業時間を意図的に増やされることもあるので、うかつに「転職します」と周囲に伝えるのはあまり良いとは言えません。そういった状態を避けるために、現在の職場では、いたって真面目に誠実に振る舞いましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い雰囲気のまま会社を辞めることができます。しかも、円満退職で終えられたなら、退職後であっても、何かあったとき、アドバイスをもらえるような良好な関係性を持っておくことができます。規模や業種に関係なく、どういった会社であっても、人との縁は大事なので、辞める際のトラブルは、可能な限り回避してください。

    昨今では、株・不動産投資といった、不労所得、もしく…

  • 近頃、株・不動産投資をはじめとした不労所得で儲けたり、起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そういった社会的変化に伴い、「自営業は不安定であぶない」というわけではなくなってきているようです。高度経済成長の頃に関しては、どう転ぶかわからない個人事業といった稼ぎ方よりも会社勤めの方が堅実であり、人が生きていくうえで正しい道として、またそれが当たり前であるかのように、一般常識化していました。しかし、そういった社会全体が安定成長する時代は終わり、現代は「成熟期」という風にも呼ばれます。将来は、機械化、自動化が進んで仕事で、人の力を不要とする社会になる、とも言われています。

    最短で転職したい場合は希望する企業そのもの、というより…

  • 転職活動といえば、企業そのものというより、どっちかというと「担当面接官」とのやり取りが肝心です。面接で成果を出すためにも、ゼッタイに面接が始まる前に冷静に対応することを心がけましょう。たとえばお見合いするかのような姿勢でいる望むと良いと思います。また面接がはじまると最も初めにあなたの中身を観てもらうわけですから、悪い評価になるような身なりは気をつけて控えましょう。常識的な社会人らしい面接に適した服装を意識しましょう。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。企業にとって魅力的な人材と思ってもらえれば、かならず転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。

    仮に転職を目指そうとしても、全てが首尾よく運ぶとは限りません…

  • 仮に転職しようとしても全てが順調に運ぶというわけではありません。可能であれば、そのうちに転職しようと思っているなら若い間にできるだけ早く変えるべきです。ほとんどの場合、30代前半までは良い展開を期待できますが、残念なことに、30代後半~40代に至ってからの転職というのは相当に厳しいといえます。もしも、要職に就いているのなら、転職したいと思い立っても、思いとどまることも結論として選ぶ答えの中に残しておくべきです。要するに、退職届を提出後に転職活動するよりも、今の会社での業務をこなしつつ、時間をかけて慎重に探すほうが失敗しなくて済みます。

    2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わら…

  • ほんの3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというのに、何ヶ月もたっていないのに退職届を提出する人がずいぶん多いといいます。何故そうなるのかと考えてみると私の考えでは気持ちも新たに、新たな仕事環境を見つけたというのに、「自分自身の考えていた職場環境とけっこうかけ離れていた」「会社のルールに慣れなかった」という原因で退職を決意するのじゃあないかと思います。可能ならこういった転職における失敗を避けるためにはとにかく事前の情報収集を徹底しておく必要があります。徹底して行うべきなのです。職場独自のルール、給与システム、などあれこれチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

    転職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」にお・・

  • 仮にあなたが転職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において大都会から地方に移住しつつ、再就職したいと興味を持っている人も、実践している人も増えています。この頃は求人情報サイトを見れば、地方・郊外の求人も閲覧できるようになっています。ただ、郊外や地方での求人情報は、どうしても選択肢が限られてくるのが痛いところでもあります。ですので、求人サイトだけに頼り切ると機会損失が大きくなるので要注意。求人情報サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」などのサイトも定期的にチェックしておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」などの行政が主催している就業サポートの有無もチェックすると良いでしょう。

    新たな職場でそれまでの能力を最大限に活用できれば、即戦力として高く評価され…

  • 新たな仕事でこれまでに身に付けた能力をフル活用できれば、即戦力として周囲から認識され、早々に職場にも馴染めるようになるでしょう。同時に会社側もそのような人材は常に必要なので、タイミングがうまく合えば難なく採用されるでしょう。更にかつての仕事内容と似た仕事なら転職は非常にカンタンになるでしょう。ですが、即戦力となる基準があなたにあっても大手企業の事務系の仕事や、公職については、時代・景気に関係なく相当な競争率ですから、楽観視は禁物です。

    『今すぐ転職したい!』と思っている人のなかで、自分の意志が本当に強いものであるなら・・

  • 『転職したい!』と考えていて、自身の意志が本当に強いものであるなら、辞めたいという旨を速やかに上司に伝えるべきです。なぜかというと、そのときに曖昧な表現をしてしまうと、場合によって言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。そして、実際に私もそういった経験があり、スンナリと受理されずに最終的に、退職するまでに半年くらい掛かりました。辞職したいことをはじめに、直属の上司へと相談したのが年度末で、実際では数ヶ月働いて退職出来たのはこの年の11月です。本当は、年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、あれこれと理由を付けられて、かなり伸びてしまいました。やはり人事の采配等もありますでしょうが、社員のを希望を聞かないまま、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、かなり以前にも増して呆れてしまいました。

    将来転職活動をされるなら、良いと思う求人(業種)を見つけた…

  • 今から転職活動をするのなら、気になった求人(OR 業界)があれば、100%「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネットで検索したほうがいいです。求人票・転職エージェントからはまずその業界のマイナス部分について教えてはもらえません。ネットで調べれば簡易的なネット検索によってカンタンに多くの事例に触れられるはずです。そういうチェックを怠りながら仕事を始めてしまうと、あとからしっぺ返しを食らう可能性が高いです。だいたいその求人募集が出ている理由が「仕事の内容がキツイから入っても続かない」といった場合がかなり多いため、目に留まった業種や案件に関しては、疑問点を払拭した上で、応募することを心がけましょう。

    転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。

  • 政治によって変化の兆しが出始めている転職事情ですが、内閣総理大臣である安倍総理が舵取りを行う現政権下では、「アベノミクス」「三本の矢」といった新たに経済政策を打ち出し、経済政策に連れ立って金融政策との相乗効果によって、財界・企業ともに次世代の社会的な変化が現れ始めています。その変化を受け、民間企業の側でも今度は若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる人手不足が社会では多いな問題として取り上げられています。ちなみに、「外国人の労働者」の割合を現状よりも増加させていく、前提と安倍政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、日本国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化のなかで、日本国内の雇用や転職事情にも、大きく変わっていくはずです。

    その昔は看護婦と言われていた看護師は務めとして女性比率がたいへん大・・

  • 以前は看護婦と呼んでいた看護師という仕事は、やはり女性比率が大きい職です。そして、気力それに体力ともに消耗が激しい特徴もあります。であるがゆえに、人間関係の問題や、結婚や出産によってそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活との両立がかなり取りづらい仕事でもあります。実際に、上記のような点に行き詰まり、転職する人が多いのが現状です。人が固定化しづらい環境であるために、看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足に悩まされています。つねに各病院は、看護師を必要とする「売り手市場」であるため、さらに転職に拍車を掛けるスパイラルになっています。

    女性の転職については、一昔前と現在とでは若干の変化があります。

  • 女性が転職するに当たって、近年と一昔前では若干、違いがあるようです。前までは面接の場で、未婚者なら結婚の予定に関して、ごく普通に質問されることがありました。しかし、最近の動向としては、セクハラに該当するとして聞かない会社が一般化しつつあります。そしてまた、名の知れた大きな会社ほど、この手の質問に神経質になっています。しかしながら実際、企業側としては、はい・いいえ、だけでなく、その人の価値観、結婚した後も働きたい、出産後は時短で働きたいなどを把握しておきたいとは思うはずです。自身の人生設計を理解してもらうためにも、志望の動機や自己PRとともに話すことで面接官にもしっかり伝わり、安心してもらえると考えられます。ですので、たとえ、聞かれてない箇所についても、こちらから気遣いつつ、答えておくのが良いです。

    転職活動では、準備は必要です。

  • 転職活動にあたって然るべき準備は不可欠です。そのなかでも、「ファッション」を気になっても仕方がないと思います。でも、ここ数年の、採用面接では私服がOKな企業があるので、しっかりスーツを着て面接に行く必要がないケースもあります。とくに会社の創設したての新規の企業などは、厳格な規則もないことが多く、がちがちの服装で行くよりも相手に良い印象を与えられます。加えて、ざっくばらんに会話がしやすくなります。また、私服であれば面接の際に、服装について、盛り上がる可能性もあります。ですから、もしかしたら担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということで、これから転職活動をするつもりなら、企業の「創立した年」を事前確認し、(ベンチャー系企業の)面接時には私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

    20代前半に転職を2度行い、そして今、いくつか資格を取得するため、…

  • 私は20代で転職を2回経験し、いまは複数の資格をとるために、「派遣社員」で勤務しています。常勤での勤務ではないため、どうしても毎月の収入が少なくなってしまいました。しかし、以前より心と時間に余裕が生まれ、満足しています。学生時にもっと資格を取得し、就職できたらムダがなかったのにな、とは思います。また、資格を活かしている人を見るとなんだか羨ましく思います。前は、自分に自信がなく、他人と比べてしまい、落ち込むこともありました。今では結婚を経験し、私の生活自体が大きく変わり、そのなかで将来の進路も定まったので自分の人生に満足できるようになりました。