”石の上にも3年”という諺もありますが、現在、「終身雇用制度」が崩壊に向かっている現在で…

日本には古来より「石の上にも三年」という教訓があります。

  • 日本には”石の上にも3年”という教訓があります。現在の社会では「終身雇用制度」が崩壊に向かっている現在では「転職」を経験するのが当たり前になりつつあります。とはいえ、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、簡単に仕事を変えようとする行為はとても危険なことです。実際に再就職したいなら、時期というのも有るでしょう。初歩として、現在の職場、や仕事内容について、不服点を少なくとも5、できれば10個ほど、箇条書きしてみてください。其れによって転職を決断することです、そして、もし将来の進むべき道が見えてきたら、尻込みせず、今より良い職を手に入れるべくがんばりましょう。
  • 年内中に転職される人で次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合・・

  • 転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合は、可能ならば「失業手当」をもらっておいた方がお得です。失業手当は会社が雇用保険を払っているところであれば、手続きをすれば誰でも失業手当を受け取ることができます。また、手続きについては「ハローワーク」で行う必要があります。もしも自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、勤めている企業の都合の退職、残業時間の内容次第ですぐもらえる場合があります。「失業手当」の額は、会社で最後に働いた月の直近の給料を軸に失業手当の金額を算出されるため、企業に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想的なのは繁忙期の後に辞めたほうがいいです。
  • 派遣社員というものは、自身の好きなタイミングで辞められるワケではないと…

  • 派遣社員であったとしても、契約期間を過ぎたら好きなタイミングで辞められるわけではないと転職したことで実感しました。私は結婚した後、落ち着いたら早く子供を持ちたかったので、子供ができる日が来るまでのあいだ、だいたい1年半~2年くらい現在の部署で継続で仕事したかったので就職しました。常勤ではなく派遣社員であったために、正社員より収入は少なかったですが、ですが時間的な自由を優先するために、あえて選択しました。ですが、いざ入社してみると一緒に働く方たちはみなさん派遣社員として10年~15年ほど勤務しているというのです。なので派遣社員を選択したとしても、契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気もないと知り、これが今の悩みになっています。
  • 最初に転職をする場合、心がけるべきことはなぜ現在の仕事を去るのか…

  • 初めて転職を行うとき、忘れてはいけないのはなぜ今の仕事を去らなければいけないのかについてクリアにしておくことだと考えられます。その理由が根本問題なので、必ずやっておく必要があります。そして問題を解消できる企業を選択してください。社会人の転職活動は、新卒の就職活動とは大きく異なり、今の仕事を行いながら就職活動をやっていくので、時間的な余裕と、気力体力が必要になります。そのため理由を明確にせず転職を試みた場合、途中で挫折したり、息切れしてしまいます。何がなんでも転職したい、現状に変化を加えたいという感じの強固な気持ちがない間は、転職活動をスタートするのは待っておいたほうが良いでしょう。
  • 安定的な暮らしを欲しがり正社員を目指す人は相当数います。

  • 安定を求めて正規の社員として働こうと思っている人はかなりいらっしゃる、というのが現実です。にもかかわらず、頑張っていても、正社員としての転職が叶わないこともあるでしょう。契約社員や派遣社員の求人情報があっても、正社員の求人情報以外は気にも留めずもやもやした日々を過ごしている人は結構多いようです。しかしあなたが、中々正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、契約社員や派遣社員の募集も見てみましょう。契約社員の募集を掛けている企業でも、働き手の活躍の度合いによって数年で正規雇用にステップアップが図れることもあるからです。ですから採用面接時に、こういった可能性を質問しても人生設計にも役立ちます。
  • 転職の時にする面接では企業側からクールビズで良いとと事前に連絡が来る場合もあります。しか・・

  • 転職をする際の面接での身なりは企業側からクールビズでもOKとと記載されているケースもあるようですが、なかには、クールビズで伺うのは良くない印象になるのでは?と疑う人もいます。クールビズについての迷いを懐に抱えている方々にアドバイスしておきたいのは、クールビズでも良いとされている面接なのであれば、伝えられていることをそのまま守った方が安心できます。色々考えすぎてしまい、暑苦しい最中きちっとしたスーツの格好をしていくと暑苦しいと思われますから、企業側からクールビズで良いと言われたらクールビズで良いのです。
  • これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」で考えている・・

  • 転職の際、「派遣社員」を選択しようと思っている人にチェックしてもらいたい箇所がいくつかあります。なんとなく派遣業務については、「データ入力」「お茶出し」「電話対応」「その他雑用」などの仕事をなんとなく連想する人が多々ありますよね。本音を言うと私もまさにそう思っていました。現在勤めている企業に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募した際に、電話応対と聞いていました。説明を受けました。ですが、業務に掛かると、「電話対応」だけでなく、欠員した正社員の穴埋め役を指示されました。いつも毎回、あれこれ要求されますし、入社前の説明とは全く違うので日々非常に参っています。現在は、ひたすら「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。
  • 自分の趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きた…

  • 好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている方は注意です。これは、私が体験したことなのですが、私の場合、もともと食べることが大好きでそれが高じて、前に、飲食の世界(レストラン)で働いてもいました。そのお店での業務は、そのレストランで私が担当していた業務内容は、簡単な盛り付けやホール業務でした。この仕事内容に関しては、不満もありませんでしたし楽しんで仕事ができていました。けれども、人間関係のいざこざで嫌になってしまいました。そのことが引き金になって、職場を去ったのですが、その影響からか、食べること、またそのレストランでメニューとして提供されていた食べ物も嫌になってしまい、同ジャンルの飲食店には現在も行く勇気がありません。当時の店の匂いを思い出すだけで辛くなります。仕事を始めたばかりの頃は、大好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。大好きな分野の仕事に就きたいと夢をみるのは本当に素敵なことですが、ですが、「好き」は、どのくらいすごいのか、じっくり自分に問いただした上で行動するべきです。
  • このように昨今の雇用事情が大きく変わったことに際して・・

  • このように今現在の企業の労働背景が大きく変化したことに当たって、34歳ぐらいまでの若者の世代が特にチェックし、気にかけているようです。大方、自身の将来を見据えた動きなのでしょう。このため、サラリーマン・労働者の労働力の「流動化」が年々大きくなっているので、よりこの先、世代に関わらず転職への関心度が強くなるでしょう。そういったことから、転身することは当たり前になり、まして、今までは「転職」というとそのことで評価が下がるとも言われて実際に転職するのが難しい時代でもあったのです。ところが、社会が変化し現在の会社のみに執着する必要も減少しているように感じられます。
  • 大きな会社は「定期採用」で人材を確保するため、転職で入る事はとても難しいものです。

  • 一般的に大きな会社の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから、転職で入りたい人にはかなり厳しい条件といえます。加えて、都心を離れるとそのチャンスがずっと低くなるでしょう。とはいえ製造業の企業の場合には、都市部でない地方の工業団地の近所に工場展開している事も多々あります。また、そのような工場なら、事業分野の拡大時等に人員募集をする事が結構あります。このタイミングを利用して転職するのも悪くないでしょう。そのためには、地方の工場に転職しようと思うなら、転職を希望する企業の情報をはじめましょう。その企業のホームページをチェックし、求人がないかしょっちゅう確認すると良いでしょう。
  • 転職活動を行う上での最後の問題として、現在勤めている企業からの退職があげられます。

  • 転職活動をする上での最後の難問として、今勤めている会社の退職があげられます。転職先から採用の内定をもらえても、現在、所属している会社があなたを引き留めることもよくあります。そうなった場合、絶対に退職をあきらめない、という強い気持ちでいることを大事です。仮に会社に残るように説得されて、残ったとしても一時辞めたいと思った会社には、そんなに長居はできないはずです。会社の規定を確認し、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を用意しましょう。そのあとに、決定権のある上司と相談し、「退職に関する交渉は、一切拒否します」とハッキリと伝えましょう。円満退社という形をとることも転職活動で大切な要素となります。
  • 転職時、重要視されるのが間違いなく「面接」になります。

  • 転職時、比較的要となるのが間違いなく「面接」です。ふつうの面接の際は面接担当者が当人に対して転職理由などこれまでのキャリアといったことを尋ねてくると思います。そしてほぼ100%、面接終了の直前に次は、面接希望者側からの疑問点などを質問できるわけです。面接官側が、「弊社で働くことについて何か疑問に感じることはありませんか?」と。こんな時は、緊張しすぎて何も聞けないこともあるかもしれません。こんな場面に備えて、事前に面接担当者からの問いに対する、質問の内容を考えておくのもいいかもしれません。実際に仕事を始める前の段階であっても、いくつも疑問点は浮かぶはずです。ぜひ、やってみてください。
  • 転職先を探している間は、自分の好きなことに時間を費やすほ…

  • 転職期間中には、趣味に時間を費やすほか、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れると良いと思います。仕事が決まり、いざ仕事を再開したときに、趣味に集中していたおかげで気付かないうちに集中力が養われます。さらに体力アップしていることで他の社員さんよりも疲れない体になっているということを認識することができます。なので、休職中は趣味に没頭することと、体力をアップさせる努力をしておくのがおすすめです。もしも、その職場にて同様の趣味の人と知り合えたなら、友達になれるキッカケにもなります。ですから、気になったことにとことん時間を費やすのも転職期間中の時間の有効活用となります。
  • 近頃はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく…

  • 現代はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングを専門に行う会社も増加しています。もしもあなたが特許を出願したことがあるなら、連絡が来やすくなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許権を獲得した人に加えて、研究開発で論文を世に出したことのある人や、新聞で紹介された人など、何かしらの「功績」を残した人を対象に、電話やメールを用いて接触し、ヘッドハンティングのネタにしています。仮に、あなたがヘッドハンティングと考えられる誘いを受けたときには、過去を振り返って、きっかけを考えるべきです。そんなにはないことですが、ヘッドハンティング名目として、登録料を要求しようとする会社もあるらしいですが、そういったものは例外なく嘘であるので騙されないように気を付けましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者がお金を出すことはまずありません。
  • もしもあなたが転職を考えているのなら、前もって資格を取るのがおすすめです。

  • もしもあなたが転職される場合は、前もって「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。とくに、仕事を続けているうちに、資格取得しておけば、転職の際にあたって幅が広がるので、新しい仕事を探すのも楽になります。そのため、資格取得は、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が一番最適です。もしあなたが再就職を考えているなら、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、仕事を辞めた後も前向きな姿勢で転職に挑むことができます。それに加えて、資格を手に入れることで転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接の際、面接官に戦力として使えるとみなされ、これまでより待遇アップも期待できます。
  • とある古物商の求人にて、書類審査に合格しました。すぐ・・

  • とある古物商のお店で、書類選考に合格しました。すぐに相手方から面接の日時を教えてもらいました。しかし、当日行ってみるとどうしてか相手が、面接準備を一切していないとわかりました。しばらく待つと、所長らしき人物が面接担当をしてくれましたが、始めから終わりまで、非常にけだるい表情を見せ、やっとのことで面接を終えました。だが、予定日を過ぎても結果連絡がまったくなく、もう待ちきれなくなり、私から問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と言われました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未達なのでもう一度電話した結果、意味が分からなかったのですが、「今回はご縁がなかったということで」とこちらが話す隙もないまま電話が切られてしまいました。私は呆れ果ててしまいましたが、不採用で良かったと感じています。
  • 自分のスキルや資格をふまえて転職活動をするつもりな…

  • 自分のスキルや資格を活かして再就職する場合は、転職がしやすい業界と、比較的、転職が難しい業種がある事を大まかに知っておきましょう。再就職がカンタンといわれる業種は、人手不足が問題視されている「医療・介護」の分野が最たる例です。医療・介護は、看護師、介護士の「資格」が必要で、ハードルの高いジャンルといえます。でも現在、「医療・介護」の仕事をしていて、とある事情によって異業種に転職する事を考える場合、安易に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」ではない業界は、スタッフの流動性はかなり低くなります。安易に考えないことが重要です。再就職を実際に行う際は、異業種では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと気をつけましょう。