「就職エージェント」大手には、多種多様な案件を持って・・

「就職エージェント」大手には、潤沢な案件を取り扱って…

  • 大きな転職エージェントに限って、多数の案件を抱えているといえますが、その反面、転職を希望する競合者も多い可能性が高いです。そのためあなたが、応募したい会社を見つけても、転職エージェントの担当スタッフが無理だと判断すると応募してくれないことも多々ありますし、会社から見て自分より高く評価される人がいれば、そちらの人を優先することもあります。このように大手エージェントでは、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱っておりそこそこ難しいので、発想を変えてもっと規模が小さいエージェントに対し、応募したい企業や案件について相談し、応募できませんか?と尋ねてみると転職希望者のためにアプローチしてくれることもあるので、そのような活用も一つの手でしょう。
  • 転職を行うに際しては、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント・・

  • 求職活動をするとき、ネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)を利用する、という方法もあるのですが、たとえそのようなエージェントに登録し、めでたく職を得ることができたとしても、「失業保険」は給付されません。失業保険は、「ハローワーク」にて正しく手続きしないと給付されないのであとで後悔しないように気をつけておきましょう。他方、「ハローワーク」を通じて斡旋してもらった会社に就職したときは、就業のための準備金として一時金を得ることができます。ネット上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。ただ彼らは、企業から「紹介料」を手にするだけで、失業保険などの手続きはしてもらえません。これについて無視していると、失業中にお金が入ってこなくなるので、就職エージェントの利用を検討される人は特に気をつけましょう。
  • 求人関連の情報誌やサイトを見てみると、ほとんどの場合、…

  • 求人についての情報誌やサイトを見てみると、多くの会社では月にもらえるお金等が記載されています。この部分をチェックする際は、注意深く確認する事が欠かせないです。その額の多い少ないだけを見て判断してはいけません。というのはもしかすると、月収の内訳に「毎月30時間の残業」が条件になっているかもしれません。つまり残業代の金額を入れて金額を多く見せ、応募者を増やそうとするケースも少なくないのです。また「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている会社もあります。こうして応募者を増やそうとする会社には興味を持たないほうが賢明です。
  • 就職活動において、年収は極めて大切なポイントです。

  • 就職活動において、必ず話題になるのが年収です。大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。現実の年収を偽って、多く申告し、転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要となり、たとえ一時的に騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ずウソはバレてしまうからです。ヘタをすると、トラブルになりかねないので、現在の年収を正直に伝え、それに釣り合った希望年収を設定するのが一番良いです。例をあげれば、現在の年収が300万円の方が転職後すぐに500万円となる見込みはよほどのことがない限りありません。たとえば、現在が430万円の年収であれば、希望額は400~450万円と伝えておくべきでしょう。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に入社できたとしても、退職しなければならないという事態になるかもしれません。
  • クールビズ(軽装)の格好で再就職の面接に臨む際には、…

  • クールビズの格好で再就職の面接に臨むときには、ジャケットまでは着ていかなくても大丈夫だと間違いなく言い切ることができるわけです。ですが、ネクタイは着用しておいたほうが印象的に良いイメージを与えるのでお勧めです。ネクタイもジャケットと一緒でなくても良いと認めている企業もあることはあるにはあると思います。ですが、ネクタイだけはクールビズが推奨されていても必ず着用しなければならないと思っている企業が存在します。したがって、クールビズが良いと言われていたとしてもネクタイを必ず着用してから面接に行った方が悪い印象を与えないということは知っておいてください。
  • 求人関連の情報を見る際、例えば、事務系の仕事がしたいから・・

  • 求人誌をチェックする際、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人は、はなから製造業はチェックしない人がいますが、そういった人は、「製造業での求人募集は、現場の製造マンだけ募集している」と誤解しているケースもあります。事実、製造業での求人であっても現場に出る仕事だけでなく経理、総務などのスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「オフィス系」に関する部門もたくさんあります。ただ、製造業の勤め先自体、オフィス街と同じ環境ではないのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人には嫌だと感じる人もいるかもしれませんが、そうした事には自身のエゴをなくすことで素敵な出会いがあったり、良い仕事が得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。
  • 近時は、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようにな・・

  • 現在、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件違反の取り締まりが強くなったり、悪質な会社が公開されるなど、厳罰化の方向に動いていますが、完全には程遠いというのが現状です。面接で見破る方法があります。まずは求人票などで労働条件をチェックし、それぞれの項目についていろいろと質問してみることです。相手が「ブラック企業」な場合、記載情報に「ウソ」だったら返答が曖昧になります。「その場ではハッキリとは答えられない」と逃げ腰になることが多いです。特に「給与」「休日」「残業」の箇所については、質問を続けていく中で、困った表情を見せる可能性大です。それでもめげずに尋ねていくと、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたような態度になってくるので、そこで相手のウソを確信できます。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、少しでもおかしいと感じたら、入社を止めるのが無難でしょう。
  • 失業者が受け取れる失業保険は、失業のあいだが給付の条件ですが・・

  • 失業した人に給付される失業保険は、失業のあいだが給付の条件ですが、いつまでも受け取れるワケではなく、「期間」があります。離職時までに働いていた期間によって違い、90日とか120日とか設定されるのですが、世の中にはこれを知らずに失業中である限り給付されると思い込んで失業保険が給付されるからと遊び続けている人もいますが、給付期限があと1ヶ月、という段階で気づいてから慌てて就職先を見つけようとしても良い結果につながらない可能性が高いのです。転職候補となる会社の面接官もアホウではないので、失業中に遊び惚けていなかったのかについてだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。状況によっては、面接の時に失業中の行動を根掘り葉掘り聞かれることもあります。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、不合格となるおそれもあるので要注意です。
  • 数年前は求人情報に必要とする人材の「性別」まで当然のように記載されていました。

  • 数年前の求人誌には、雇用主が求める人材の「性別」までもれなく明記されていました。ところが今では、男女雇用機会均等法が施行され、雇用時、男女差別がしてはいけないルールが決まり、応募条件に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。とはいうものの、求人情報を出す企業は、性別関係なく等しく雇用のチャンスを与えてくれるとは限りません。実際問題、男性欲しいジャンルに女性が募集にやってきたり、その反対に女性が欲しいのに、男性が来てしまったり、といったトラブルも他人事ではありません。もしも、「女性が活躍している職場です」と記載される案件の場合は、雇用主が「女性」を必要としている、と考えるとトラブルを避けられます。
  • 転職を視野に入れているなら労を惜しまずに多様な企業を定期的にチェックすること…

  • 転職を予定しているのなら、多様な会社の採用情報の詳細を日常的にチェックすることが、転身した後の見る目に大いに役立ちます。あなたが今現在の仕事に何かしらの不満があるケースでは、転職活動する際に、どの会社もいいように映ってしまいます。そういった状況下では、どの企業を選択していいのか判断できなくなり、どんな企業でも飛びついてしまうのです。したがって、最終的には直ぐに退職しなくてはならなくなるので、前もって会社を見る目を養っておいたほうが良いのです。方法としては、転職したい会社の雇用に関する情報だけ見るのではなく、会社の取引している会社を見る事です。良い企業は、取引している会社の情報を公開していますし、反対にそういった会社ではない場合、傾向としては宣伝に力を入れてるといえますから求人チェック時に見ておきましょう。また、企業によっては、個人グループに入っているものもあるので、グループの名前を調べて、内容を確認してみてください。
  • 満足できる転職を希望しているのなら、前もって行動をするようにしなくてはいけません。

  • 転職することを成功させるためには、あらかじめ、情報を集めることが必須です。ですから最近はどんな中小企業といえどもHPに企業の紹介を書いているというのが多いから、ネットで知りたい情報をチェックしておくとまたその会社についてわからない点を整理しておくと転職に役立ちます。さらに公式サイト以外にも「転職サイト」を利用するのも良いかもしれません。さらに、インターネット以外の方法として、転職を考えている希望の職場を自分の目で見て判断するのも大事です。
  • 友人による紹介で転職の先を見つける人もいます。

  • 友人からの紹介を通じて転職する先を探すこともあるでしょう。そうはいっても労働環境やそれに労働時間などの大切な部分を友人からの口コミだけを判断するのはあとでトラブルになるおそれがあります。言うまでもなく、そういう口コミというのは、主観が入ってしまうからです。要するに知人の立場では働きやすい良い職場環境だとしても、自分には、イライラするだけの可能性もあります。またその逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけで判断せず、自身の目でチェックしておくようにしましょう。
  • 就労期間中は、可能なかぎり周囲にバレないように(私の場…

  • 雇用中には、状況が許す限り、周囲が気づかないように、(自身の例ですが)就労期間中に転業したいという意図だけを活動初期に会社内で仄めかして反応を見ました。しかし、その後に求人情報を探していたのですが、結局転職先のあても、時期などすら何一つ決まらないまま、あっという間に時間が過ぎてしまいました。そしてその傍ら、社内では仕事の引き継ぎ、諸々の手続き、自身の退職予定日などが段々と確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経験し、次の就業先を探す流れになりました。
  • 働いていた会社で嫌な感じの上司の存在に困ってしま…

  • 初めて働いた会社で怒りっぽい上司に嫌な気分にさせられ、結局我慢の限界を超えてその会社を退職し、同じ畑の他社に転職しました。新しい会社では上司が温厚で非常に充実した日々が続きましたが、少しずつ業績が落ち込み、最後にはとある会社に経営統合されることとなりました。その統合した会社が驚くなかれ前勤務していた会社で、それどころか大変嫌いだった上司が再び私の上司となることに。こういう悪いめぐり合わせとは、どうしてこんな縁があるのでしょうか。言うまでもなく再度の転職活動を始動しています。
  • 転職の面接を受けるため出向きました。

  • 転職の採用面接を受けるため伺ったときのことです。たまたま会社にある部屋が空いていないというわけで外のとある場所で面接官との待ち合わせをして採用面接を行い、当該会場で解散し、面接担当者も会社に寄ることなく自宅直帰されるとのことでしたが、ビックリしたのは下車する駅が私と一緒だったのです。それで電車内でも彼とずっと世間話をしながら帰宅することとなって、結果として緊張が解けて面接よりお話が弾んで、それが奏功したからなのか何事もなく採用を掴み取ることができました。
  • 全くの未経験である業界などに転職したいと思っている場合には・・

  • これまで経験したことがない分野などに転職したい場合には、前職で身についた力や今までの経験が生きるといった内容のアピールが必要になります。働いたことのないジャンルの場合、未経験の分その分野で今まで働いてきた人たちよりも損にはなりますが、自らが保持しているスキルがその業界でも十分に生かすことができるということをうまく話せれば、勝負になることも多くあります。したがって、未経験のジャンルにチャレンジする場合は、その業界と自分が今までやってきた職務内容とのつながりを見付けましょう。
  • 現在の自らの勤め先や仕事内容に対して、何かしらの不満点があるはずです。

  • 今のあなたの仕事や業務に関して、多くの人は不満を感じていると思います。「自身の持っている能力(スキル)を正しく評価されていない」ゆえに、「給料は変わらないし、昇進も出来ない」といった点を挙げる人がほとんどだと思います。とはいえ、気持ちは理解できます。しかし、そのような悩みが強すぎる人の場合、自分自身の手腕を「過大評価」し過ぎていないか、再確認することが不可欠です。仮に、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できるチャンスがこの求人にはない」と仕事をしない期間が長くなるおそれがあるので、要注意です。可能性も少なくありません。ですから転職で成果をだすためには、自身のキャパシティを今一度、厳しく評価してみることから始めてみましょう。