ここ最近は、株・不動産投資をはじめとした不労所得で生活資金を得たり・・

今の時代は株式・不動産投資などの不労所得で生活資金を得たり…

今の時代は株式・不動産投資などの不労所得のほか、自営業や起業を目指す人も増えています。そういったような変化に伴い、「自営業は不安定であぶない」といったこれまでの常識も変わりつつあるようです。高度経済成長期には不安の残る自営業という生き方よりも雇用されて働いているほうが安定していて、人生の「花形」としてまたそれが決まり切ったことであるかのように世の中に認知されていました。しかし、そういった成長期は過ぎ去り、現在は、「成熟期」などと言い表されています。コンピューターの進化とともに、今後は、自動化・機械化がさらに進み多くの仕事で人の手を必要としなくなる時代がやってくる、とも言われています。

転職活動は、企業とのやりとりよりも具体的には「担当面接官」と…

転職とは、企業とのやりとりというよりある意味、「担当面接官」との勝負といえます。面接で良い印象を与えるために、初歩として面接が始まる前に平常心で対応することを心がけましょう。お見合いをするような意識で望むと問題はありません。とくに面接を通じて最も最初にあなたの「人間性」をくまなく見られるので悪い評価になるような身なりは気をつけてぜったいに控えましょう。そして品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて綺麗に整った服装を意識してください。オーラを感じさせることができればいいです。面接官に健康的で魅力がある人物と認識されれば、きっと良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

仮に転職を考えたとしても、あらゆることが首尾よく・・

転職活動をしたとしても、万事首尾よくいくワケではありません。どうせするなら、そう遠くない将来、転職をしなくてはならないなら年齢が若いうちにできるだけ早く行動に移すべきでしょう。平均的に見た場合、30代前半まではかなり有利に働きますが、30代後半~40代になると転職というのはかなり難しくなります。要職を担当している場合、転職の気持ちが強くなっていても今の仕事を続けるということを選択肢に含めておくべきです。ようするに、退社してから転職活動を始めるよりも、現在の会社をやめないまま、堅実な未来を模索しておいた方が堅実です。

ほんの3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず・・

3ヶ月まえに、転職したばかりであるにもかかわらず、入ってすぐに辞めてしまう選択してしまう人が意外と少なくないのです。何故かと考えてみると私の思うところをいうと気持ちも新たに、職場で勤務を始めてみたものの、「自分自身の思っていた職場と堪えられほどかけ離れていた」「ルールに慣れなかった」という感じで退職を決意することが多いようです。可能ならばこのような失敗をしないためには、やはり、情報収集を徹底しなくてはなりません。職場独自のルール、給与システム、など多角的に事前にチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

もしあなたが再就職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」のよう・・

あなたが転職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」において都市部から地方に移り住んだうえで再就職したいと思っている人が、近年増えています。昔と違って求人情報サイトを使用することで地方・郊外の求人もいつでもアクセスできます。郊外や地方での求人情報は、都市部ような選択肢がないのが正直なところといえます。といった問題があるので、求人情報サイトだけを頼りにし過ぎてしまうのは考え物です。転職サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもしっかりチェックしておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」など、行政が主催する転職サポートの有無も確認しておくとよいでしょう。

新しく就いた職場で自身の過去の能力を発揮できれば、即戦力となっ…

新しい環境下でこれまでに身に付けたキャリアが生かせれば、即戦力として一目置かれすぐ職場内に自分の居場所ができ、同時に会社側も、そのような即戦力は常に必要なので、時期さえうまくいけば、容易だといえます。それに加えてかつての職場と似た業界であれば、転職はかなり楽になるでしょう。しかし、即戦力となるスキルがあったとしても大手企業の事務職系や公務員(国家・地方ともに)はいつの世でも中々の競争率となるのは違いないでしょう。

『なるべく早く転職したい!』と考えていて、将来の進路がハッキリしているのな…

『なるべく早く転職をしたい!』と考えていて、自身の意志が強いのであれば、退職したいということを速やかに上司に伝えましょう。なぜかというと、相談という形で話せば言いくるめられる可能性が非常に高いので気をつけましょう。また、実際にわたしが転職をすると話した時には退職するタイミングを伸ばされてしまい、最終的に、およそ半年、予定が伸びてしまいました。退職したいことを最初に直属に上司に話した時は年度末、実際では数ヶ月延びて辞められたのはその年の11月です。本当ならはちょうど年度末を区切りにしたかったのに、色々と理由をつけられ、予定が狂ってしまいました。企業にも人事の采配が必要なのは分かりますが、社員の意見を聞かないまま、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでその会社に対しての心の底から呆れてしまいました。

これから転職活動をされるなら、気になる求人(業界)を見るたび・・

転職活動のとき、良いと思う求人(または業界)があったら、忘れず「〇〇業(気になる業界)、ブラック」とインターネットで検索してみましょう。求人票・転職エージェントの言葉からはまずその業界に関するマイナス面などは知ることは不可能です。もしも、ブラック企業体質な業種であれば、インターネット検索を活用することで一発で現実を知ることができます。そういう現実を知らずに入社した場合、あとになってガッカリしてしまう可能性が高いです。だいたいその求人が出ている理由が、「業務内容が厳しく、スタッフの出入りが激しい」といったケースが少なくないため、目に留まった業種や案件に関しては、注意したほうが賢明です。

転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。

最近の転職については、政治によって状況が変わりつつあるようです。今の安倍政権によって、「アベノミクス」や「三本の矢」といった新たに経済政策を打ち出し、内閣が打ち出した経済政策に連れ立って日銀による「金融政策」と、たがいに作用しあって、財界や企業間では今までとは異なった社会的な変化が増加しつつあります。その作用もあって民間企業サイドでも今度は若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「働き手が足りないこと」が社会問題化しつつあります。また最近では、「外国人の労働者」の割合を今以上に高めていく前提と現内閣は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、日本国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化のなかで、日本国内の雇用・転職事情も大きな影響が出てくるのは確実です。

看護婦と呼ばれていた看護師は務めとしてやっぱり女性比率がとても…

その昔は看護婦と呼んでいた看護師は仕事として歴史的背景から女性のとても多い職です。さらに、気力だけでなく体力へのひどく消耗する職場ともいえます。したがって職場の人間関係の問題や、結婚や出産の後にそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートとの両立が取りづらい仕事でもあります。実際に、そういった問題によって職場を変える人が多いというのも事実です。流動性が高い仕事であるため、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足に悩まされています。最近は特に、各病院は、看護師を欲する「売り手市場」であるため、それが転職増加の原因になっているのでしょう。

女性が転職するに当たり、今現在とセクハラが問題視される前…

女性が再就職するに当たって、数年前と現在と若干、状況に違いがあったりします。かつては面接のなかで会社側から、結婚の予定や出産後の方針などのことに関して、自然に女性に質問していました。しかし、今はそのような内容は、セクハラに該当するかもしれないので質問しない企業、の方が増加傾向にあります。そして、名の知れた大企業ほど、神経質になっています。ただ、面接する側はYES・NO、といった形ではなく、その人の人生観、結婚した後も働きたいのか、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを当然、知っておきたいと思うはずです。あなたの価値観をわかっておいてもらうためにも、自己PRや志望した動機とともに表現することで、企業側にもしっかり伝わり、安心できると思うのです。ということで、たとえ、聞かれていないことでも、あなた自身から気を遣って答えてみることを考えてみてください。

再就職にあたってそれなりの準備はしなければなりません。

転職活動を進めるには、準備は必要です。準備といってもたくさんあるのですが、とくに、目に映る「服装」は、気になっている人も多いと思います。しかし、近年の採用面接では形式ばらない服装が良い会社もあるので、スーツ(正装)で臨まなくても良いケースもあります。会社の創設したての新規の企業などは、フレクシブルな考えなので私服の方が相手に良い印象を与えられます。また、正装ではないので、フランクに話をしやすくなります。そうして、私服だと面接の間に、ファッションの話もしやすくなるため、うまくいけば担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということで、転職活動は企業の「創業年数」に注目してみて、(ベンチャー系の)面接時には私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

20代のうちに転職を2回ほど経験して、現在は資格取得のために…

これまで20代前半までに転職を数回で、今現在は資格の勉強をしながら、派遣社員で働いています。フルタイムの勤務ではないのでやはり手取りは過去の仕事よりも少ないです。しかし、以前より心と時間に大きな余裕が出来ています。学生のときに資格を取得し、仕事すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。実際、そういった成功例を間近に見てしまうと羨ましいと感じてしまいます。前は、自分よりも上手くいっている人と比べ、気分が落ち込むことが多かったのですが、しかし、結婚して随分と生活環境もかなり変わり、そのなかで将来の進む道も定まったのでまいにち充実しています。

転職エージェントは一度登録すると、電話やメールで何回も連絡が入ってきます。

転職エージェントは一度登録すると、呆れるくらい電話やメールをしてきます。これに関して初めて利用した人はとても驚くことが少なくありません。転職エージェントは転職を推進することが仕事だとされるので、大変積極的な姿勢を見せます。中でも特に大手エージェントは、転職を成就へと導くことで企業からお金を受け取るシステムのため、転職したい人の都合よりも企業側を優先的に考えることが多かったりします。また、彼らは、契約数を増やしたいために、内定が取れたその日に、入社を強くすすめてくることが珍しくありません。防御策として自身の希望や意思を明確にしておき、無理に転職しないように気をつけることが大事です。

3日ほど前転職のために人材会社に登録に向かいました。

数日前転職の準備をしようと人材紹介会社に登録に行きました。そのときカウンセリングに出てきた担当の方がどうも入社してから間もない新入社員のようで、私の説明の3分の1も彼は理解ができていない感じ。おまけに「キャリアデザインを変えた方がいいですね」とか「自分の強みは何なのか考える必要があります」等、専門家のように偉そうに言うから非常に嫌な気分になりました。カウンセリング担当者は多少はカウンセリングの経験がある社員にしてほしいものです。

派遣会社で働いています。ウェブサイトでなんとなく条件のよい仕事を…

今、私は派遣会社に登録をしています。ウェブサイトを見ていて気の向くままに条件のよい仕事を発見し応募したい旨を伝えたところ「残念ながらその仕事は、他の方に決まりました」と断られて一時的にサイトからも仕事情報がなくなるのですが、どういうわけか翌日にチェックするとまた載っています。ということは結局私ではよくないのって意味ですよね。そうであるならば初めから変に隠さない程度にはっきりと伝えてほしいのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。あるいはもしかするとダミーのお仕事なのでしょうか?

転職活動をしていれば、面接で間違いなく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をやっていると、面接で絶対に尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機に限っては、隠さずに話しても差し支えないですが、これとは異なり転職理由についてありのままに伝えるのは問題です。転職理由でよくある待遇に納得できないことや、同僚や上司とのあいだのトラブルなど、面接官によいイメージを与えるものではありません。たぶん、自分にとってマイナスになると予想されることを馬鹿正直に話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点に注目しがちなので、慎重に質問をしてきます。これに対抗して悪いイメージを持たれるのを回避する方法として、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。さらに、この企業に入ってこんな仕事をしたい、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、そのために御社を選択しました、と志望動機に話をすり替えるのが正解です。