自分が勤め口を探していたころ何個かの人材紹介会社に登録していました。

私は昔割と多くの人材紹介会社に登録していのだが、その際に思ったこと、そ…

  • キャリアップしたいと思いかなりいくつかの人材紹介会社に登録していました。その際に思ったこと、それは転職のアドバイザーの質においても本当に多様でその多くは不満足を感じる方ばかり。私にとっては人生かかっているのにもっと真剣に向き合ってほしいという想いが積もり、それがきっかけで私はキャリアカウンセラーになりたいと考えるようになりました。キャリアカウンセラーとして働くための資格を取得するのは費用も掛かりました。それに加えて資格取得のための勉強面においてもとてもハードなわけですが、求職中の人に信用される存在になるべく努力しています。

    新卒で入社した会社に別れを告げ、一歩踏み出して転職をしました。

  • 新卒で入社した会社に別れを告げ、一歩踏み出して転職すると決めました。会社を退職する前は、相当に将来が不安でした。でも、新卒採用で入社した会社を退職し、多数の人が転職をしていることを転職活動中に学び、いつの間にか将来への不安が消えました。転職をするとなんだか肩の荷が下りたような感じがして、「自分のやりたいこと」を見つけることが喜びになっていきました。なかには「続けてこそ意味がある」という意見もありますが、それが正しいとは限らないと感じました。私の場合、間違ってなかった、と思っています。

    再就職しようとする時に絶対に準備する履歴書についてですが、…

  • 再就職しようとする時に書く必要がある履歴書や職務経歴書においてですが、基本、パソコンで作るというのが主流となっています。日本国内は履歴書や職務経歴書はパソコンではなく手書きで作るのが一般常識だと捉えられているようですが、それは新卒の就職活動やアルバイトについてであって、実は、転職については履歴書や職務経歴書は100%パソコンで書いたものは駄目と断言することはできないのです。自筆の履歴書を評価する企業もあるようですが、そうではない時がだんだん増えてきますから、パソコンで作られた履歴書や職務経歴書書でもOKな場合は意外にも多くあるのです。

    看護師という職業の人のそれ以外の職業に転職する原因…

  • 看護師という職業の人の他の職業に転職する原因はその人それぞれではないでしょうか。それを見てみると看護師でありながらの転職には「職場に自分と相性の悪い上司・同僚がいる」「結婚してから家事のことがいろいろとあって出産そして子育ておまけに親の介護など、種々の変化によってこれまでのようには働き方が厳しくなってしまった」「給与体系に不満を感じている」といったような理由があるのでしょう。でも、転職を決断する前に、「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、ゆっくり沈着冷静にそして客観的に見つめ直すことも重要です。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考し、決断しておくと間違いありません。

    仕事の面接でいるスーツの色合いについては、新卒の人たちが就職活動の…

  • 職を変える時に必要なスーツの色においては、新卒の学生が就職活動の際にに身に付ける色が無難です。言い換えると、黒や紺色といったようなダークな色味になります。それが、再就職のケースにおいても、ビジネススーツの色はこういったダーク色が大多数を占めていて、他の色のスーツの人はあまり見かけることはありません。それ以外の色と言うと、たまにグレーのスーツを着用している方が若干いるくらいで、ほとんどが紺色や黒色が大多数を占めているので、人事部から見てもそのような色が普通です。ですから、第一印象という点ではおすすめです。

    再就職する時に行われる面接を受けるときにする腕時計については…

  • 再就職の面接のときに着用していく腕時計は、目を惹くような腕時計はやめておいた方が好ましいです。目立つというのは高そうに見えるデザインだったり、それとは真逆で安物の印象を持たれてしまうとか、そういった目を惹くという意味であって両極端で目を惹く、と認識しておきましょう。再就職の面接の際にするべき腕時計というのはポジションとしてはネクタイやスーツと同じようにとらえ平凡なものをつけるほうがベストです。ただし、年齢に見合ったものであるということもとても大切なことで、新卒の頃に着用していた腕時計よりはほんのわずかであっても高級感のあるものにした方が良いと断言できます。

    転職活動を現職と並行している人が多いです。

  • 転職活動を現職と並立して進行させる人が多いです。けれども、仕事を行いつつ求人案件の応募に走ったり、面接に行くのは精神的だけでなく肉体的にも負担がかかるといえるでしょう。また、転職活動時は、今の会社の同僚や上司にその動きを悟られないようにする必要があります。とりあえず応募する、という人がいますが、書類選考が通ってしまい、面接の段になって辞退すれば今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。転職エージェントを利用して応募していた場合は、エージェントに悪いイメージを与えてしまいますし、他方自分でダイレクトに応募したとしても、相手企業からしつこく電話やメールがあることもあります。どちらにせよ貴重な時間を失う結果になるおそれもあるので、行く気のない応募は辞めておきましょう。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを認識しておく必要があります。

    転職を成功させるための会社の面接に関して、多数のひとが思い違いをしているのですが…

  • 転職の際に欠かせない会社の面接に関して、多数のひとが思い違いをしているのですが良い印象を与えたいと必要以上に猫かぶりをすることです。すると残念なことに逆効果になる可能性があります。そうなる前に思い切って面接の際は「休暇」といったような、普通であればかなり質問しづらいことを勇気を持って質問しておくと、最終的に自身のためにもなります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「面接の段階でずけずけとそういった内容を無神経に尋ねたら、最終選考に落とされるのではないか」と危惧するかもしれませんが、けれども、意外なことに、悪い印象を持たれることは結果的には可能性が高いといいます。これらの労働環境やお金に関連する疑問点は、実際には、多くの人が気になっています。それなのに、面接結果に影響するのを恐れ、不採用を恐れて質問できないのが普通です。しかしながら、逆手に取って、「言うことはちゃんと言える人だな」ということで面接官に印象づけられるのです。

    仕事を変えようと考えている時にマークする求人内容について…

  • 転職をする際に注視する求人内容については基準的なものとして書いてある、という可能性も少なくはありません。ですから、記載されている内容は全部正確なことだとは当てにしない方がよろしいでしょう。中でもとりわけ報酬の額などに関しては、社員を平均して出した金額なのか?最低限なのか?最高額の給料なのか?というような評価ができない人のほうが多く自分で適当に解釈してしまうと、後から後悔することになる確率もあり得ます。そのため、募集内容についてはうのみにせずに、そのような件は会社側に直に問い合わせた方がよろしいでしょう。

    転職ならば、むろんやりがいのある仕事をすることも重要だけ…

  • 転職を行うなら、もちろん仕事におけるやりがいアップも重要だけどさらに年収が上がることも大切なポイントになるので「年収サイト」というサイトに登録をして前もって研究しています。同一の会社で加えて全く同じ職種、社歴であるのに人によって非常に幅がある場合も多くて、正直に言うと面接の時質問したことがあります。面接をした方も一緒のサイトをチェックしていたみたいで「高い収入で書いているのは、書いた者も誰だかそこそこは予測がついているんですけどね、多分格好をつけてるんですよ。低い方の給料で心の準備をしておいてください」とのことでした。

    楽しんで再就職に向けての転職活動ができれば、メンタル面での重荷が減るので・・

  • 将来に目を向け、たのしい気持ちでいながら再就職に向けての転職活動と付き合っていけば、精神的な負担を抑えられるので、転職期間中の堕落も避けられます。またメンタルにも健やかな状態であれば、あまり時間をかけることなく転職が出来るでしょう。一番のおすすめは、やはり、スムーズな隙間のない時間で転職先を見付けることです。現在の会社に勤務しながら、次の仕事を見つけるのが良いでしょう。そのうえ、隙間のない探し方をすることで、仕事を辞めた後も直ぐに働けます。こうしていれば、職歴の空白期間をなくせるため、履歴への影響も回避できます。つまり、再就職の際に不利になることがないということです。将来のことを考えながら、円滑に転職活動を進めていきましょう。

    派遣会社に登録して仕事をしている人が近時は増える傾向にあります。

  • 派遣会社を通して働く人が過去の規制緩和以降、増えています。派遣社員として働く場合は、派遣先の会社から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、トータルのお金(または比率)、自分に入るのかを極力面接の際に質問しておくべきです。派遣業は、労働力を必要とする企業に人材を派遣し、その対価としてお金を手数料を徴収するシステムといえますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースが多いです。5割以上を労働者に還元しているのであるなら、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらしない派遣業者も多く、ひどいものだと3割しか支払われていなかったということも少なくありません。面接時に、真摯に返答してくれない派遣業者は、隠ぺい体質であると考えることもできるので、なるたけ違う派遣会社のもとで登録すべきです。

    転職をする際は、あらかじめ、インターネット上で求人サイトを閲覧したり・・

  • 転職活動を始める場合、はじめに、公式ホームページ、求人票、パンフレットなどで興味のある会社をチェックするでしょう。ところが、その会社がその会社が情報を世間に出す際には、コンサルタントからアドバイスを受けていることが少なくありません。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す特徴があります。不都合な内容を公表する際も、遠回しな表現に徹します。その種のそのような会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などは、疑いながら読むべきでしょう。心地よいフレーズを鵜呑みにしてしまったら、「こんなはずじゃない!」と後々、後悔するおそれがあります。悪意ある会社は、素直な人間を取り込み、その後、様々な文句をつけて辞めさせないように謀っています。ブラック企業では、このようなことがかなりあります。

    日本には”石の上にも3年”という人生において役に立つ教えがあります。

  • 昔から日本には”石の上にも3年”という教えがあります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともにその背景を裏付けるかのように「転職」を経験するのが当たり前になりつつあります。しかしながら、「転職」が誰にとっても身近な存在になったからといっても、安易に仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。実際に再就職するつもりなら、適した時期を図る必要があります。初歩として、今やっている職場、や仕事内容について、何が不満なのか、何が不適なのかを10個前後、箇条書きしてみてください。其れによって転職に役立ちます。そして、未来の展望が拓けたのなら、先るだけ迅速に、良い職を手に入れられるように取り組むことが大切です。

    今年中に転職活動をする人のなかで、次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は…

  • 転職活動をする人のなかで、次の仕事をする前に期間があるのなら、「失業手当」をもらっておきましょう。これはあなたが勤めている会社がきちんと「雇用保険」を支払っているのなら、誰でも失業手当を受け取ることができます。手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、働いている企業の都合の退職、残業時間の内容次第で即、受け取ることが出来たりもします。もらえる「失業手当」の金額については、会社で最後の勤務月の近々の給料を基準に支給する額を算出されるため、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

    派遣社員だからといって1年ごとに自分の好きなタイミングで退職できるものではない・・

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって1年経ったら好きな時にすぐ退職できるわけではないことを実際に転職活動したことで学びました。新婚し、生活に慣れたらすぐにでも子供を授かりたかったので、その時が訪れるまでのあいだ、数年くらい現在の職場でそのまま仕事出来たらいいなと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員であるために、月収は少なかったですが、ですが家庭の時間のために、この道を選択しました。しかしながら、入社してみると一緒に働く方たちはみなさん派遣社員として10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。派遣だからといって、契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気などなく、ちょっと困っています。

    人生で初めて転職を行うにあたって、忘れてはいけない・・

  • 人生で初めて転職をするのであれば、気を付けなければいけないのはなぜ現在の仕事を辞める必要があるのかについてハッキリしておく必要があります。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておくべきでしょう。問題解消が見込める企業を選んでいってください。社会に出てからの転職活動は、大学等での就職活動とは性質が大きく異なり、現在の仕事を継続しながら就職活動をすることから、時間と体力が必要でしょう。明確な理由がないままに転職活動を開始した場合、途中で行き詰まる可能性が高くなります。絶対に転職したい、現状に変化を加えたいという熱い気持ちがないのであれば、転職活動を本格的に始めることはやめておくのが無難です。