派遣社員として働いています。派遣法や労働契約法のおかげ・・

ある会社に派遣されて働いています。

  • 派遣社員として勤務しています。派遣法や労働契約法の関係で不本意ですが長期間働いた企業でのお仕事を終了しなければなりません。同じく派遣で働いている人の中には派遣の就業先で正社員の地位を獲得した方もいるのですがそれははっきり言うと仕事の腕がよいというよりは派遣先上司へのあしらい方が上手な人でそれで採用された様子。仕事ができるかどうかよりもおじさん転がしスキルの方が肝心なんだねーと選考に漏れた他の派遣の同僚と派遣先の会社で文句を言う日々です。

  • 失業保険の給付について、仕事を探していることを理解してもらわなければいけません。

  • 失業保険の給付については、職探しをしていることが条件になります。そうはいっても、「久しぶりに仕事から解放されたし、しばらくは仕事をせずにゆっくりしたい」と思う人が多いとは思います。ですので、本気で就業先を探しているように見せかける方法があるので紹介します。毎月のハローワーク職員との面談は不可避ですが、その場で求人票を閲覧することが少なくともしておきましょう。実際には探す気力がないときは、求人票を熱心に閲覧しているふりをして、ハローワーク職員との面談時、「自分がやっていけそうな仕事が残念なことに見当たりませんでした」と相手に報告し、次に期待しましょう。

  • 以前は、「転職サイト」を活用するより、いつも「ハローワーク」に通っていました。

  • これまでの私は、「転職サイト」で職を探すより、「ハローワーク」で探していました。というのもCMで有名な大手の転職サイトは、いつも都心部の求人情報ばかり掲載されているからです。そのため、求人情報を調べる時は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。やはり、求人募集をするどうしても知名度は低くなりますが、古くから地域に根ざした企業もあり、ピンポイントで見えるのはありがたいです。「どんな求人があるかわからない」と先入観を持っている方もいるはずです。でも、良い求人もありますので数年以内に今の会社を辞めて転職したいのならば、ハローワークに行って相談してみてください。人気の転職サイトのような大量のお知らせやメールが送られてくることもありません。

  • 転職しようと思うなら、年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 転職する企業で、いきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。中でも、初年度はおおむね「試用期間」が入っている会社が多く、自分の場合、やっと手にした職なのに、期待とは裏腹に前職の年収と大方同じだったことがあります。そればかりでなく、仕事もきつく、たいへん責任が伴うもので、はじめの1年は、厳しかったです。そうした体験から初年度はいわば勉強の年と割り切って、なるべく転職するよりも以前からお金をためておくことに尽きると思います。

  • もっと良い企業につきたいと転職をしようとがんばってい・・

  • もっと良い会社の社員になりたいと転職活動をするとき、「1日もはやく、内定がものにしたい」といった気持ちが強くなってきます。とはいえ内定通知を欲しいばかりに、自分自身の能力を高く偽ったり、その逆に自分を安売りしてしまう言動は出来るだけ避けるべきです。大事なのは焦る気持ちをブレーキを掛けて、冷静かつ客観的に自分にピッタリな職場を探すことに意識を向けましょう。これまでの経歴が生きるように、加えて、今後のキャリアアップが見込める職場を賢く選択してみましょう。

  • 会社が原因で心的に自分が苦しくなって転職を考えざるを得ない状況に至ったな・・

  • 仕事のなかで精神的なダメージが蓄積されてしまい、転職しなくてはいけない状況となったなら、そんな時は、相談するのは職場の人でなく家族と相談し、退職するかどうか判断した方が良いです。それは、働くということは当事者であるあなた自身ですが、同時に家族の問題でもあるのです。毎月、納得のいく給料がいいとしても、精神的ダメージを負ってしまうまで働きつづけるのは、良い状態とは言えません。近年は、物質的な豊かさよりも、働く本人が働きやすいことを優先しても良いはずです。ですから気に病むことなく、あなた自身の家族や、自身の心のケアを忘れないようにしましょう。

  • 転職活動においては、履歴書と職務経歴書を必ず準備しなければいけません。

  • 転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書が必須といえるでしょう。ほぼすべての企業は履歴書や職務経歴書に記載されている内容を見て面接するかどうかを判断するため、とにかくこれらの書類が大事なポイントです。ただ穴埋めするだけにとどまらず、内容を充実させることが重要です。「職務経歴書」では、これまでの職務の詳細や、可能な限り自己アピールとなる内容を書きましょう。また、現在の会社で挙げた実績を、例をあげれば売上を従来比○パーセントアップ達成させた、などわかりやすく書くのが望ましいです。もしも、作成が難しいと思うなら、転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、文章をチェックしてもらったりして自分の価値を高められるように活用をはかることも転職を成功させるための有効な方法です。

  • 転職すると高確率で前職は記憶は美化されます。

  • 職を変えた際には、大体の場合、前の会社の仕事はたいていの出来事は美化されます。実のところ今の職に問題があるから、そういった思いを解消するためにどうにか転職を決意したはずなのに、気がつくと、不思議と転職後の会社よりも「前の仕事のほうがマシだった」と思い始めるのです。それというのも至って自然のことで、以前の職場では日々の仕事に慣れ切っていて難なく日常の業務を淡々とこなしていたのが、大きい理由ですが、ところが、「やっぱり退職するんじゃなかった」と本気で後悔するほど、以前の仕事の方が職場環境や人間関係が良い可能性もあるはずです。

  • 再就職する場合の面接でかなり高い確率で聞かれるのが辞・・

  • 再就職をする際に面接で決まっているかのように投げかけられる質問が会社を辞めた理由についてですが、この質問に答える際には辞めた会社に話題の中心を当てない方がベストです。退職した経緯が話の中心になるとどうしても良くない面を伴った面接に進んでしまいますから。どのように話せばいいかと言えば、前の会社を退職したのはこの職場にどうしても入りたかった理由があるという感じの話にすべきということで、今、自分が入りたい会社に話を向けるべきです。そのような内容ならば、マイナスではなく好印象の前職を辞めた理由に聞こえます。

  • 転職活動を始めるとき、いろいろな方面から情報収集されるかと思いますが…

  • 転職活動を開始するにあたって、いろんな経路で情報を集めることが多いと思いますが、転職についての口コミサイトは非常に有益です。以前、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたということで、サイト運営者に対して損害賠償請求をしたケースがありました。会社の都合で退社した元社員の腹いせとしてその種の口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、別の角度から見れば、書き込みの内容が真実でなければ、会社としては気にする必要はないはずです。または、実際は『クロ』で「真実が書かれているので、なんとか火消ししたい」と思っているのかもしれません。口コミサイトも炎上によってアクセス数がアップしたり、サイトの存在感を示せるチャンスになるので黙認していますが、悪い口コミが多いと言う事はその分トラブルが発生するリスクが高い地雷企業であると考えるべきでしょう。そもそも、いい会社にはトラブルなんて起こりません。

  • 転職するにあたって、現在勤めている会社を退社する時…

  • 転職するにあたり、失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、もしも自らの希望によって退職願を書いて退社する、いわゆる「依願退職」であった場合は失業保険をすぐさま受け取れません。手続きをした後で失業が確認されてから3ヶ月経たないと受け取れないのです。よく勘違いして会社を辞めた翌日から3か月経過すればもらえると思っている人がいますが、実際にそのような誤解をしてしまった人が、本当はもらえるはずだと思い込んでその結果ハローワークの職員さんと揉めているのを過去に見たことがあります。念のため、自分側の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたときには、失業が認定されれば直ちに失業保険が給付となります。

  • 転職エージェントは大規模であるほど、潤沢な案件を抱えて・・

  • 転職エージェントは大規模なものに限って、多数の案件があるといえますが、他方、競合する転職希望者もたくさんいます。それゆえあなたが、気になる案件を探し出したとしても、転職エージェントのスタッフ側が無理だと判断すると応募してくれないことも多々ありますし、企業から見て自分より高く評価される人がいると、そのライバルを優先しやすいのです。大手エージェントの場合は、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱い応募することが困難なので、策略を変えて中小規模のエージェントたちに対し、応募したい会社や案件について相談し、応募できないものでしょうか?と尋ねてみると転職希望者のために行動してくれることもあるので、そういった風に活用してみるのも一つの手でしょう。

  • 転職を行うに際しては、ネットでのエージェントすなわち斡旋を行う会社が存在しますが・・

  • 転職をするに際しては、ウェブ上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)を利用することもありますが、仮にそういった業者に登録したことの結果として仕事が見つかった場合でも、失業保険を受け取ることはできないので気を付けましょう。ハローワーク以外の機関を利用して就職が決まったとしても失業保険とは無関係なのであとで後悔しないように気をつけておきましょう。これと異なり、「ハローワーク」主導で斡旋された会社に就業した場合は、就職のための準備金として、一時金を得ることができます。インターネット上の斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険の手続きは管轄外です。知らない場合は、失業中にお金を受け取れなくなるので、そうならないように気を付けましょう。

  • 求人関連の情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合は…

  • 求人関連の情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合はまともな株式会社では月の収入が記載されているはずです。でもこの月収の項目を確認する時には、深く確認する事が必要です。その多い少ないだけで判断しないほうが無難です。企業によっては、月収の内訳に「毎月15時間分の残業」が含まれているかもしれません。残業代の金額を入れて魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしている場合もあります。また、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている可能性が考えられたりします。だから、その手の表記された数字どおりとなる見込みがない会社にははじめから相手にしないほうが無難です。

  • 就職活動において、年収を無視することは不可能です。

  • 就職活動において、年収は絶対に無視できません。面接では、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。実際の年収より多く言って、多額の年収を確保しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜなら、源泉徴収票が必要となるため、仮に一度は信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ずウソがバレてしまうのです。最悪、転職先とのトラブルにもなりかねないので、現在の会社での年収を正確に相手に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定しておくのが無難です。例をあげれば、現在の年収が400万円の方が、転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほとんどありえません。仮に、今、430万円の年収であるのなら、希望額は400~450万円と伝えておくのが良いです。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなり、せっかく入社したのにすぐに退職せざるを得なくなることもあるので、気をつけましょう。

  • クールビズの格好をして転職の面接に臨むときには、いくらなんでもジャケットは…

  • クールビズ(軽装)で再就職の面接会場に行こうとする場合、ジャケットまでは着用しなくても大丈夫だと間違いなく言えます。ですが、ネクタイは着用しているほうが悪い印象を与えることがありません。ネクタイもジャケット同様になしで良いと考える企業も存在する可能性はあるにはあります。ですが、ネクタイは例えクールビズだろうと必ず着用しなければならないと考える企業がまあまああります。という訳で、クールビズの恰好でもネクタイはしていった方がベストであるということを伝えておきます。

  • 求人関連の情報をチェックする場合、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思っている人ほ…

  • 求人に関する情報をチェックする際、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人は、はなから製造業の項目を読み飛ばしていたりするものです。そういったことをしている人は、「製造業は製造マンの求人だけだ」と間違って解釈している場合もあります。製造業での求人であっても経理、総務といった従業員募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「オフィス系」に分類されるお仕事もかなり存在します。しかし、製造業の勤務場所自体、オフィス街から外れたエリアにあるので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そういった部分がイヤと感じる人もいるでしょう。とはいえ、自分のこだわりを捨ててみることで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。