あなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」におい・・

あなたが再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」など・・

  • 再就職を考える場合に「Uターン」「Iターン」において都市部から地方に移住しつつ、再就職したいと思っている方も少なくありません。昔と違って転職サイトの地域指定をするだけで、国内のどの地域の求人もいつでも閲覧できるようになりました。地方での求人は大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないので、それがマイナスといえます。そのため、求人情報サイトのみに執着するのも考えものです。求人サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」といったサイトもマメにチェックしておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」など、行政が開催する就業サポートの関連情報も見逃さないようにしましょう。
  • 新たな職場で自身のこれまでのキャリアを活かせられれ…

  • 再就職先でそれまでに身に付けたキャリアを生かすことができれば、即戦力として周囲から評価されて、早々に仕事場にも馴染めるはずです。同時に会社側も即戦力は常に必要なので、タイミングさえあえば、難なく採用されるでしょう。加えてかつての業務内容と似ている仕事なら確率はおおいにあります。とは言っても、即戦力となる基準があなたにあっても大手の事務職、公務員(国家・地方ともに)は時代背景に左右されることなく中々の難関となることを覚悟しておきましょう。
  • 『転職をしたい!』という願望があって、その意志が本当に強いものであるなら…

  • 『なるべく早く転職したい!』と思っている人で自身の意志が強いのであれば、辞職したいという旨を速やかに自分の上司に伝えましょう。しかし、このときに相談という形を取ると、もしかすると言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。また、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、ズルズルと長引き結果的に、退職するまでに半年くらい掛かりました。辞職したいことをはじめて直属の上司に相談したのが年度末だったのに、実際では数ヶ月働いて退職が受理されたのが同年の11月です。予定としては、仕事が一段落した年度末いっぱいで辞めたかったです。うまくいきませんでした。やはり企業にも人事の采配が必要なのは分かりますが、スタッフの意見を聞かないまま、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでさすがに困ってしまいました。
  • 将来的に転職活動をするのなら、気になった求人(OR 業界)…

  • 今から転職活動をするのなら、良いと思う求人(もしくは職種)を見つけたら、絶対「〇〇業(気になる職業)、ブラック」とインターネットで調べておきましょう。求人票や転職サイトの担当者から入ってくる言葉からは、業界に関するマイナスにあたる箇所は、アドバイスしてもらえません。もしブラックな面があるならインターネット検索で本来の姿を理解できるでしょう。そのような実態を理解しないまま、入社してしまうと、あとから落胆してしまうおそれがあります。そもそも求人が出ている理由が、「仕事の内容がキツイから入っても続かない」という場合も多くあります。気になった案件について、疑問点を払拭した上で、応募しましょう。
  • 政治により変わりつつある転職を取り囲む状況につい…

  • 社会的な転職を取り囲む状況についてですが、現在の安倍政権下では「アベノミクス」や三本の矢で新たな経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策に連れ立って金融政策ともあいまって財界・民間企業側からも今までとは違う社会的な変化が現れ始めています。そういった変化が加わったことで、民間企業のあいだでも今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による人手不足が大きな社会問題になっています。ここ最近では、「外国人労働者」の比率を増加させ人材確保に務めていくであると安倍政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、国内の転職問題も幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化によって、国内の雇用や転職状況にも、大きな影響が出てくるのは当然のことといえます。
  • 以前は看護婦と言われていた看護師というのはやっぱり女性の割合がとても・・

  • その昔は看護婦と呼んでいた看護師というのは資格として女性の割合が大きい職場です。そして、気力あるいは体力ともにかなり消耗が激しい特徴もあります。したがって職場の対人関係がうまくいかなかったり、自身の結婚・出産といった仕事とプライベートとの両立が取りづらい職業でもあります。実際に、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、職場を替える人がとても多いといいます。人が固定化しづらい環境であるために、人手不足の状況に悩まされています。最近は特に、各医療機関は、看護師を欲する「売り手市場」な状態で、さらに転職に拍車を掛けるスパイラルになっています。
  • 女性の転職については、一昔前とここ最近とでは少し変化が見受けられます。

  • 女性が転職するに当たって、一昔前と今とで若干の違いがあったりします。一昔前は、「結婚の予定」や「出産後の予定」などに関して、ごく普通に女性に質問していました。でも、現在の流れとしては、そのような内容は、セクハラに該当する恐れがあるとして、聞くのを避ける会社が増えています。また、名の知れた大きな会社ほど、この手の質問には神経を尖らせているようです。でも実際、面接する側は〇か×かの2択ではなく、その女性の人生観結婚後・出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを知っておきたいとは思っています。あなたの人生設計をわかってもらうためにも、志望動機や自己ピーアールとともに言い表すことで、企業側のモヤモヤも解消できると思うわけです。ですから、質問されてない箇所についても、こちら側から気を遣って答えておくのが良いです。
  • 転職をスムーズに行いたい場合、準備は不可欠です。

  • 再就職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備は必要です。一言で準備といってもたくさんありますが、その中でも目に映る「ファッション」は、誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。けれども、ここ最近の、面接に関しては、私服がOKな会社も多いので、スーツを着込んで赴く必要がないケースもあります。とくに会社の設立したての新規の会社などは、厳しい規則も作られてないことが多く、私服で面接をした方が、良いイメージを持ってもらえます。正装でないので、ざっくばらんに会話がしやすい、というメリットもあります。そして私服なら、時には面接時に服装について、話題が広がることがあります。ですから、もしかしたら担当者に気に入らえるチャンスを作れます。転職活動をする際は、企業の「創業年数」を確認し、(ベンチャー系などの)面接の際は私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。
  • 20代前半の時点で転職を2回し、そして今、資格取得のた…

  • 20代前半で転職を2回した為、現在は資格をゲットするべく「派遣社員」で勤務しています。フルタイム勤務とは異なるため、毎月の収入は安くなりました。ですがその分、以前より心と時間に余裕が生まれ、満足しています。思い返すと、学生時代にもっと資格を取得し、仕事に活かしたかったという思いもあります。やはり、資格を活かしている人を見ると自分もこうなりたかったと思ったりもします。前までの私は、自分と他人を比べてしまい、ガッカリする毎日でしたが、しかし今では、結婚してから、過去と比べ生活環境も大きく変化し、そのなかで将来の進む道も定まったのでしあわせな生活を送れるようになりました。
  • 転職サイトでは、登録後、しつこく電話やメールをしてきます。

  • 「転職エージェント」は一度登録したあとに、電話・メールが嫌になるぐらい掛かってきます。初めて利用された人は結構びっくりするケースが多いです。「転職エージェント」は、利用者の転職をサポートすることが目的とされるので、本当に積極的です。特に大手エージェントは、転職を成功させると企業側からお金が支払われる仕組みといえるので、転職希望者の都合うんぬんよりも企業の都合を優先的に考えることが少なくありません。転職エージェントは、成約数を増加させたいがために、内定が取れたすぐ後に、「入社されてはどうでしょうか?」と半ば強引に説得してきます。防御策として自身の気持ちを明確にしておき、妥協した形の転職とならないように心がけましょう。
  • 3日ほど前新しい仕事先を見つけようと人材会社へ登録に向かいました。

  • 一昨日仕事を探すために人材紹介会社へ登録に足を運びました。そのとき登録するときのカウンセリングに現れた担当者が見たところ新入社員じゃないかと思う人で、私が話したことの半分ほどもその社員はわかっていない感じでした。それに加えて「キャリアデザインが全然ですね」とか「きちんと強みと弱みを明確化するべきでしょう」等、ベテランのように横柄に言うのでとても嫌な気分になりました。カウンセリングを担当する人はそこそこカウンセリングのスキルがある社員にするべきだと思います。
  • 今、私は派遣会社に入っています。

  • 派遣の会社に登録しています。サイトで気になる仕事を見つけ問い合わせを行ってみると「その仕事はもう別の方で話が進んでいます」とお断りされて一瞬サイト上からも仕事の情報が消滅するのですが、翌日に閲覧すると元に戻っています。ということは要するに私ではよくないのだって意味ですよね。それなら初めからカドが立たないくらいに正直に言ってくれれば助かるのですが、なかなかそうもいかないのでしょうか。あるいはもしかして存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?
  • 転職活動をしていて面接で「志望動機」「転職理由」の2点は絶対に質問されます。

  • 転職活動をしていると、面接において高い確率で聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま伝えてもOKですが、これとは違い転職理由についてそのまま伝えるのは賢明ではありません。転職理由でよくある給料に対する不満、人間関係の問題など、面接担当者に好印象を持ってもらえるものではありません。たぶん、自分が不利になることをそのまま話す人は極めて稀だと思いますが、転職先となる企業は、そのような部分を重要視している傾向があるため、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。現職の不満を相手に言わないためには、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。それにプラスして、この企業に入ってこんな仕事をしたい、「3年後にはこうしている、5年までに〇〇を叶える」、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったように未来志向な志望動機に変えていきましょう。
  • 「シフト制」のある仕事についての話なのですが、毎週、同じ曜・・

  • 「シフト制」の仕事についての話なのですが、毎週、特定の曜日に勤務できる人を募集している求人をよく見ますが、もしも応募しようと思っているなら休む方法の詳細やシフトの出し方については面接時に確認しておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、私は過去、産休で休む人の助っ人として、正社員として勤めることになったのですが、そこでは「土曜、日曜」固定のシフトで、新入社員の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。産休に入った女性が土曜、日曜は必ず出勤していたので、私もそのような人と思われていたようです。実際「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフトを変更してもらわなくてはならず、上の人に私の代わりに出勤してもらえるように、とお願いをしに行かなければいけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・今思えば「本当によく耐えた」と自分でも驚きです。
  • 転職時の面接では、中小企業だったら概ねは人事担当者です・・

  • 転職の際に行われる面接というのは、小企業クラスの場合おおよそは「人事」が面接担当ですが、別のケースもあるようです。実際、これから一緒に仕事をする一番偉い人、一言でいえば課長や部長などが面接の場にいることも珍しくありません。その中でも事務・営業の場合は、資格などで判断がしづらいので、自発的に自分自身を売り込んでいくことが求められます。面接担当者たちから「この男は、堂々と自己発言してるし、それにやれそうな感じだな」と思わせ、覚えていてもらうことが大切です。
  • 転職サイトはメジャーなサイトであるほど掲載される会社も豊富なため・・

  • 転職サイトは大規模なサイトの方が豊富な量の転職情報が掲載されているため、2~3社ほどメンバー登録した上で、勤務地や年収などの条件を設定しておき、加えて条件に合う求人情報が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと転職についての情報収集が簡単になります。しかしながら、最初は登録するのが非常に大変なので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、それらをテキストアプリに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら、登録を進めると楽になります。登録をする第一回目は時間がやや必要ですし、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、次回以降は、新規案件を確認するだけでOKなので、後々のためにも、初めの準備をしっかり行うことを頭に入れておきましょう。
  • 転社を度々しないためにすることは一つだけです。

  • 転職を繰り返さないために、ひとつだけ対策が必要です。スキルアップもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、そう簡単に転職を繰り返しません。今ではネットを用いてメンタル面を強くするヒントは満載になっています。さらには、転職とは全然違う行動によっても、メンタル面を強くすることができます。その行動とは、ズバリ海外旅行です。海外は、文化も言葉も日本のそれとは全く異なるので、大きな刺激を常に得られます。ですから、精神的な成長を遂げるにはピッタリの策といえます。帰国すると、自分のこれまでの視野の狭さに気づき、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちを携え、面接に臨めば、これまでとは違って自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。どうしても、退職間もないあいだは、精神面がもろくなっている人も多いのでその後のために休暇も必要です。