『なるべく早く転職したい!』と思っていて、自身の意志が本当に強いものであるなら、…

『なるべく早く転職したい!』と思っていて、自身の意志が強いのであれば・・

『今すぐ転職をしたい!』と思っていて、自身の意志が固いならば辞職したいということを速やかに自分の上司に伝えましょう。しかし、ここでは曖昧な表現をすると状況によって言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。そして、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、手を変え人を変え、結果的に、退職するまでに半年くらい掛かりました。退職したいことをはじめて直属の上司に相談したのが年度末で、結果的には数ヶ月働いて辞められたのはその年の11月です。予定では、仕事が一段落した年度末いっぱいで辞めたかったです。大変驚きました。職場側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かないまま、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでその会社に対しての前の職場に対して愛想が尽きました。

今後転職活動をされるなら、気になった求人(OR 業種)…

将来転職活動をするという時は、気になった求人(あるいは業界)があれば、100%「〇〇業(気になる業界)、ブラック」とインターネットで調べておくべきです。求人票や転職サイトの担当者では、その業界に関するマイナスとなる面は、アドバイスはないものと思っていてください。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、インターネット検索でカンタンにおおまかな実態を理解できます。そういうチェックを怠りながら入社すると、のちに落胆してしまう可能性もあります。そもそも求人が頻繁に出ている理由が「仕事がキツイからなかなか人が定着しない」という場合がかなり多くあります。興味をもった案件や業種については、注意したほうが良いでしょう。

昨今の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出つつあります。

政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況について、今の安倍政権では、アベノミクス「三本の矢」など、経済政策が複数、展開されています。内閣が打ち出した経済政策に連れ立って日銀による「金融政策」と相まって、財界・企業間でも今までとは違う変化が巻き起こりつつあります。そのこともあり企業のあいだでも今度は労働人口減による人手不足がクローズアップされています。ちなみに、「外国人の労働者」の総数を現状よりも増やしていく、前提と安倍政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、こうした社会情勢の変化のなかで、日本国内の雇用や転職をとりまく状況も大きな影響が出てくるのは間違いないでしょう。

昔は看護婦と言われていた看護師というのは務めとして女性のすごく多・・

その昔は看護婦と呼ばれていた看護師というのは仕事としてどうしてか女性の割合がたいへん大きい職です。そして、気力それから体力をひどく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。ピリピリした現場になりやすく、職場の環境での人間関係の問題や、結婚や出産などのイベントで仕事と家族との折り合いをつけるのが難しい仕事です。実際に、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職する人が多いのが現状です。過酷な環境ということもあり、看護師は、慢性的な人材不足に変わらず継続しています。というワケで、各病院は、看護師を必要とする「売り手市場」であり、転職の増加を後押しする状況となっています。

女性が転職する際、セクハラが社会問題となっている現代…

女性の再就職については、ここ最近と数年前では若干の違いがあるようです。以前は会社側から「結婚の予定」や「出産後の予定」に関して、ごく一般的なこととして女性に質問していました。しかし、今の社会では、結婚などについては、セクハラに該当するとして質問しない会社が増えています。そしてまた、名の知れた大企業ほど、この手の質問を露骨に避けるようになっています。とはいえ実際、企業側としては、はい・いいえ、といった形ではなく、その人の生き方、結婚した後も働きたいのか、出産後の具体的な予定を当然、知っておきたいと思っているはずです。自分自身の価値観をわかってもらうためにも、自己ピーアールや志望動機と並行して表現することで、相手方にも認識してもらえ、また、疑問も解消できると考えます。ということで、質問されていないことでも、先にあなたから企業にとっては必要な情報と捉え、話していくことを考えてみてください。

転職活動では、準備は不可欠です。

再就職する場合、準備は必須です。一言で準備といってもたくさんありますが、とりわけ「ファッション」を誰しも気を遣う部分ではないでしょうか。けれども、ここ数年の、企業面接については形式ばらない服装がOKな企業も多いので、スーツ(正装)で臨まなくても良い場合があります。創業してすぐの企業などは、厳格なルールもないことが多く、私服で面接をしたほうが、相手先に良い印象をあたえます。また、堅いイメージを与えないのでフランクに会話がしやすい、というメリットもあります。また、私服であれば面接時に、ファッションについて、話もしやすいですから、もしかしたら面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということで、これから転職活動をするつもりなら、企業の「創業年数」を確認し、(ベンチャー系などの)面接の際はスーツは着ずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

20代で転職を2回した為、現在は資格を取得したいの・・

20代前半の時点で転職を2回し、そして現在、資格取得の勉強をしながら、派遣社員として働いています。常勤の勤務を選択しなかったのでやはり給料は以前よりも少ないです。ですがその分、前よりも心と時間に大きな余裕が生まれ、満足しています。学生時代にもっと資格を取得し、仕事すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。また、実際、そのような人を見ると羨ましいと感じたりもします。昔は、自分と他人をどうしても比べてしまい、ガッカリすることもありました。今では結婚をキッカケに過去と比べ生活自体が大きく変わり、以前よりも将来の目標も決まり、楽しい毎日を過ごしています。

転職サイトは一度登録したあとに、電話やメールで呆れるくらい連絡が入ってきます。

転職エージェントに一旦登録すると、呆れるくらい電話やメールをしてきます。このことに対して初めて利用した人は大変驚く場合が多いです。転職エージェントは転職を助けることが目的だといえるので、非常に積極的な姿勢でいます。中でも特に大手エージェントは、転職を成就へと導くことで企業側からお金が支払われる仕組みのため、転職希望者の都合うんぬんよりも企業側を優先させることが珍しくありません。さらに、「転職エージェント」は契約件数を増やすために内定を得た瞬間に、入社を強くすすめてくることが珍しくありません。自身の気持ちを明確にしておき、転職に妥協しないように気をつけておきましょう。

昨日転職先を探すために人材紹介会社へ登録に向かいました。

転職のために人材紹介会社に登録に向かいました。そこで登録カウンセリングのために現れた担当の方がどうも入社して間もない新入社員のようで、私が説明している話の3分の1もわかってはいない様子です。しかも「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「もっと強みを明確にしていくべきでしょう」等、大上段から偉そうに言い散らかすから非常に嫌な気落ちになりました。カウンセリング担当者はそれなりに仕事を経験している社員にしてほしいと思います。

このところ私は派遣会社に入っています。

派遣会社に入っています。ウェブサイトの中でなにげなくよさそうな仕事を探し出して問い合わせてみると「そのお仕事はすでに他の方の採用が内定しています」と断られてしまい一瞬サイトからも仕事の情報がなくなるのですが、なぜか翌日になれば再掲載されています。それって結局私ではよくないのっていう意味ですよね。そうであれば初めから変に隠さないくらいに正直に言ってくれるといいのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。あるいはまたもしかすると架空の仕事を載せているのでしょうか?

転職活動をしていれば、面接において絶対に尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動をやっていると、面接時に絶対に質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機については、正直に話しても問題ありませんが、これとは違い「転職理由」を率直に話すのはオススメできません。転職理由でよくある給与の不満、上司や同僚との人間関係など面接担当者によいイメージを与えるものではありません。もっとも、自分が不利になることをストレートに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しやすいので、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の仕事の内容以外のことを話さないように心がけることです。それにプラスして、この会社に入社してこんな貢献をしたい、3年後にはこうなっていたい、そのために御社を選びました、と志望動機にすり替えてしまうのです。

これはシフト制の仕事についての話です。

シフトの業務についてです。決まった曜日に勤務できる人を募集する求人を頻繁に見るのですが、もし、応募しようと考えているなら休む方法の詳細やシフトの出し方については面接の際にチェックしておいたほうが良いです。それはなぜかというと、以前わたしは産休で休む人の代わりに正社員として仕事に就いたのですが、私のシフトがそこでは「土日」固定のシフトで、新入社員の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。産休に入った人が「土曜、日曜」にかならず出られる人だったので、私も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。実際「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフトを変更してもらわなくてはならず、上司に私の代わりに出勤してもらえるように、と私からお願いしなくてはいけませんでした。給料も立場も同じなのに土日は私だけなんて・・・。思い返すとよく我慢したなと思います。

転職希望者が受ける面接では、中小企業であれば、ほとんどは「人事」が面接担当になります・・

再就職の際に必ず受けることになる面接では、小規模業者であればおおよそは「人事」が面接担当ですが、それ以外の場合もあります。実際、仕事をすることになる作業部署の責任者、かいつまんで言えば課長や部長などの管理職クラスが面接を担当する可能性も考えられます。その中でも事務系・営業系といった部署に転職する場合は、資格を通じた見極めが難しいので、結局のところ自分という人物を売り込んでいく事で良い印象を与えることができます。面接官から「この男は、きちんと自己アピールできるし、それにやれそうな感じだな」と思わせ、自分という人間を印象付けることが大事になります。

転職サイトは知名度の高いサイトの方が掲載される案件がたくさんあるた・・

転職サイトは大手サイトの方が豊富な量の案件が掲載されているため、関心のある2,3の会社を、とりあえず転職サイトに登録した上で、希望する勤務地や年収について条件を設定しておき、さらに条件に合った求人情報が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと情報が集めやすいです。ですが、初めに限っては登録が多少面倒なのでサイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をしっかり準備しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。登録を行う初日は、少々時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、その後は、新着の求人情報だけチェックすればいいので、次回以降応募するときのことを考えれば、初回にしっかりと準備することを心がけるのが無難です。

転職を繰り返す日々を止めるためには、コツが要ります。

転社を繰り返さないための方法が一つだけあります。スキルアップもそうですが、メンタル面で成長できれば、転職を繰り返すことがなくなります。現在はインターネットがいつでも使えるので、精神面を鍛えるのには良い情報は誰でもカンタンに拾えます。そして、転職とは関係なさそうなことでも、メンタル面を強くすることができます。たとえばズバリ「海外旅行」です。海外旅行に行くと、文化、生活様式、言語など、違うことばかりなので、大きな刺激を常に得られます。ですから、精神的成長を果たしたい人にはピッタリの修行といえます。帰国してみると、「自分の見せている世界はこんなに小さいのか」と気づき、「世間の小ささ」というものをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま転職先を探し直ぐに面接に行くと、これまでの面接とは比べ物にならないほどに自信に満ち溢れた態度を示すことができます。どうしても、退職して間もない頃はメンタルが弱気になりやすいので、その後のために休暇も必要です。

転職エージェントや転職サイトなどを活用し、転職活動を行う人はかなりいるはずです。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを活用し、転職活動を行う人はかなりいるはずです。でも、転職のチャンスを高めたいのなら、並行して転職フェアも利用してみてはいかがでしょう?転職フェアでは、多くの企業が一堂に会しており、そこに足を運べば多くの企業について知ることができ、そして、説明担当の企業スタッフから、その企業がどんな雰囲気なのかある程度わかります。これから、転職フェアに参加する機会があれば、1次面接を受けるつもりでしっかりとした準備をしておくことがおすすめです。その結果フェアに参加している間に、自分の魅力が企業に伝われば、それからあとの本格的な面接時に非常に有利となるからです。

これからの社会ではみるみるうちに短絡的な仕事は機械化が進み・・

近い将来、労働力という観点においてどんどん考えなくてもできる仕事は機械化によってその結果、必要な労働力はどうしても減少させられてしまいます。その理由は、考えなくてもできる労働は人間よりも機械を稼働させたほうが比べられないほど利便性にすぐれているからです。数をカウントしたり、同一の作業を反復したりすることは機械には何の苦もありません。当たり前のことながら人間とは違って文句も言わず、肉体的な疲れもないし、横着をすることもないし、正確な作業ですし、均一化できるメリットもあります。さらに、賃金を渡さなくてもいいのがメリットといえます。ですので、労働力として人を使う理由がなさすぎます。機械に置き代わるのも自然の流れなのです。