万が一あなたが、転身の決めたのなら、完全に周りに内…

もしも、転業の決めたのなら、同僚にはひそかにその意思がばれないよう…

  • 万一現職からの転身を決断したのであれば、周囲の人間には内密にその気持ちを悟られないように、活動を進め、転身先が決まらないうちは、徹底して周囲に気づかれないように普通に仕事をするのがもっとも利口です。その点を認識していれば、もしも条件に沿う転職先がうまくいかなくても、転職を見合わせながら、今の職を残っても何ら問題がありません。そうではなくて、後先考えず「転職するつもりでいる」と口を滑らせてしまうと、社内の人間は、その言葉に合わせた態度をとるようになります。それに会社内で「辞めるつもりです」と言ったが最後、周囲には「あの人はもうすぐ辞める」と見なされます。そういった状況のあとで、転職したい思いが消えて、「やっぱり退職しないことにしました」と心境が変わっても、「一度は退職しようとした人」といった目であなたを見るので、立場が悪くなる思いををするリスクもあるでしょう。
  • 転職することで仕事先を一新するということは、自分自身に適す…

  • 転職することで職場を新しく換えるということは、自身に見合った自分にあった職場に就職したいものです。職種を変えることで、向いている仕事に出会う可能性もあります。とはいうものの、現実に行動する際は、相応の努力を持っていないと、転職自体が難しいです。言い換えると、あなたの才能次第で、「天職」に近い転職に巡り会えることも可能、ということです。現代は、「職業選択の自由」が社会的に普通に認められていて、転職を選択しても偏見を持たれてしまうおそれもありません。この様な情勢下では、今現在では「優秀な人材が欲しい」と願う企業も増えているため、この好機を生かしていきましょう。
  • こういう転職という話は兄の友達の話です。

  • 兄の話です。始めに新卒の時になにがなんでも入社したかった憧れのA社で行われた入社試験で、最終面接までいきながら内定を得られず、後に違う会社に就労しました。それから数年過ぎた後派遣の求人サイトをチェックしていた時A社の紹介予定派遣の求人を見つけることができ、じっとしていられなくなって当時の会社を即座に辞めて、A社で派遣の勤務を開始、真面目に頑張ってその結果憧れのA社で正社員として採用されて、今となっては仕事のやりがいを持ちつつ楽しそうに働いています。
  • これから転職しようと思うのなら、現在の仕事や業務の何に不満があるのかを…

  • いよいよ転職しようと考えるのなら、今現在の職場・業務での納得いかない部分、不満に思う部分を明確にしておいた方が良いです。当然と思われますが、意外とできてないです。もともと不平が大きいから転職しようと思われているはずです。が、「よく考えて今の仕事の客観的に考えた問題なことを挙げる」ことが出来ている人は少ないものです。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。その次に仮に転職した場合、「どういった事がマイナスになるだろうか」を想像してみましょう。転職できたとしても、職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職したあとのモチベーションの急激な低下は未然に防ぐことが可能です。
  • 世の中は変化していてスマートフォンを見ればネットのエリアには…

  • 近頃はスマートフォンを見ればインターネットの世界では、いわゆる「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものがかなりの数存在しています。その数限りないサイトから自分自身の目的に合った転職先を見つけるためには、なんといっても情報を集めることです。サイトをしっかり使いこなすことで、効率的かつ満足度の高い転職先探しができます。更新頻度が高く、さらには正しいレビューなども載っている「転職サイト」がある一方、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。はじめは、実際に信用していいサイトであるかを見極めることがポイントとなりますからよそと比較しながらチェックしてみてください。
  • 派遣の仕事が決まりました。お仕事開始の初日に派遣会社で営業を担当している…

  • 派遣でのお仕事が決定しました。就業初日に派遣会社で営業を担当している方と派遣先の近くにあるコンビニで合流すると約束をしていたのですが、なぜか約束をした店の前にいないので店内にいるのではないかと考えお店の中に入ってみたら、担当者は雑誌コーナーに座り込んで成人向けのグラビアページを開けて読んでいるではないですか。こんな担当者の仕事なんてやってられないだと感じ、声もかけずにこっそりとお店を出て速攻派遣会社へ辞退の連絡を入れました。
  • 転職時には、面接をすることになりますよね。

  • 転職時の面接で人事から「転職の理由は何ですか?」とほぼ確実に訊かれるはずです。この時、いかなる訳があったにせよ、過去の職場の「人間関係」「労働環境」についての愚痴やトラブルを絡めた答えは、極力口にするのは避けましょう。もしも、こういった話をしてしまうと、採用のチャンスを逃してしまうことになります。ですから面接時は、「ポジティブ」な姿勢を見せつづけることが正解なため、実際の理由とは違っていても、「新しい職場では自身のキャリアをしっかり生かし、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」といった未来に目を向ける形が担当者の心証はよくなります。
  • 生まれて初めて失業保険をもらうケースでは、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている…

  • 初めて失業保険を受ける際に、何もしなくても給付されると考えている人がかなりいますが、それは正しくありません。本当は、失業保険の給付を希望通りにもらい続けるためには、求職活動を続けていることが条件で、それに加えて、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。月ごとに担当者に就職活動の状況をきちんと説明して真摯に仕事を探していることを理解してもらえれば翌月、保険が下りる仕組みになっています。また、本気で仕事を探そうとしていないという心証を与えたり、月に一度の職員との面談を欠席したときは、問答無用で給付を一時的に止められたり、ときには以降の給与資格をなくしかねないので、そうならないよう十分気を付けましょう。
  • 再就職での面接などの時にもし名刺を手渡されとした・・

  • 転職の面接などの場面でもし面接担当者に名刺を差し出されたとしたら、同じように自分も名刺を渡すべきであるのかどうかとどちらが正解かわからない場合ほとんどの場合は渡す必要はないと覚えておきましょう。面接に関して言えば仕事の延長上のことではなくて、就職活動の一部であるわけですから、ほとんどは名刺をやりとりする場ではないのです。それに、あなたは会社の人間としてその場にいるのではなく、あなたの問題でこの場にいるわけです。という事で、もしも相手から名刺を差し出されても、こちらにおいては、ただもらうだけで大丈夫で、相手の方に渡す必要性はまったくないと推測できます。
  • 今やっている転職活動で「今までにこのような種類の仕事をしまし…

  • 今がんばっている転職する活動時、「自分は経験としてこういった職場の仕事を長く続けてきました」「過去の会社の仕事によって、このような技術を身につけました」と自分自身の経歴をしっかりアピールする人はしばしば目にします。しかし、転職先となるその環境下で「可能ならばこういうような仕事をしたい」「私があげたような業務ならぜひ参加したい」と未来の姿を話して自身をアピールしていくほうがよっぽど効果があります。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。
  • 転職をするための活動を成功させるには、まず必ず自分の…

  • 転職の活動中はとにかく、まず何よりも自分の心が慌てないということを忘れないようにしましょう。まだ会社を辞めないで転職の活動を行う場合はそれほど気にしなくても良いですが、退職をした後にするのであれば、人というものは気持ちが焦りがちになってしまいます。ですので、気持ちを落ち着けながら活動するように意識しましょう。自分がやってみたい業務や、自分が働いてみたい職場のイメージをハッキリさせておきましょう。実際の職場におけるそれらが合致しているか否か、しっかり、冷静に見極めることが重要なのです。しっかり考えることで転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。
  • 自分が求職中のころかなり多くの人材紹介会社に登録していのだが、…

  • 自らが求職中のころいくつかの人材紹介会社に登録していのだが、その時に感じたこと、それは転職アドバイザーのレベルにおいても本当に色々で大方十分だと感じる対応をしてくれない人ばっかり。こちら側は人生がかかっているのにもっと真摯に向かい合ってほしいという想いが膨れ上がりました。それが引き金となり自分がキャリアカウンセラーになりたいと考えるようになりました。キャリアカウンセラーとして働くための資格取得のためには出費も増えたし勉強もハードなわけですが、就職活動中の人たちに頼みとされる人になるべく頑張っています。
  • 新卒採用で入社した会社を退職し悩みましたが、転職すると決めました。

  • 新卒採用で入社した会社に別れを告げ、悩んだ結果、転職しました。はじめは1人で悩んでいましたが、しかし、新卒で入った会社を数年で辞めて、多数の人が転職をしていることを自身の転職活動で知り、自然と漠然とした不安が消え、ほっとしました。また1回転職したことでなにか精神的にも余裕がでてきて、自分に適した仕事を探すことが出来て毎日が楽しくなりました。いまだ「続けてこその仕事」という転職に対してマイナスな意見もありますが、私の転職活動は転職を決断して良かったです。
  • 転職の時に必ず準備する履歴書や職務経歴書について・・

  • 転職の際に書かなければいけない履歴書や職務経歴書などにおいてですが、ほとんどは自筆ではなく、パソコンで作るというのが多いです。日本国内では履歴書や職務経歴書についてはパソコンを使ったものではなくペンを使って準備するのが当然だと思われることもありますが、それは新卒の人たちに関する就活やアルバイトやパートの時の履歴書であって、転職をする時に関しては100%手書きでないといけないとまでは断言できません。手書きの履歴書をベストとするところもあるようですが、そうじゃないところがどんどん多くなってきているので、パソコンで作ったものでも良い場合は意外にも大量にあるのです。
  • 看護師という仕事の人のそれと違う職業に「転職しよう」と思う理由は…

  • 看護師という仕事の人のそれと違う職業に転職に至る原因は、人によりけりです。考えてみると看護師の転職するには「職場環境に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚してからライフスタイルの変化によって子育てそれに親の介護など、いろいろな環境の変化など、これまでと同じようには仕事が難しい」「今の収入面で不満を感じている」など多種多様の理由が抱えているのかもしれません。しかし、転職を実際に決断するまえに、「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、頭を冷やしてじっくりとそして客観的に見つめ直すことも大切です。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考してみる必要は大いにあるものです。そのうえで決断してみてください。
  • 転職の面接で着用するビジネススーツのカラーについては、…

  • 転職時の面接でいるビジネススーツの色合いについては、新卒の方が就活の時に準じた色が安全です。ですので、紺色や黒色の暗い感じの色になるわけです。それは再就職の場面であっても、着用していくスーツの色味は新卒の就活の時のような落ち着いたカラーが大方を占め黒色や紺色以外の色の人はほとんど見ることはありません。その他の色で言えば、まれにグレー系のスーツを着用している方が若干いるくらいで、全体的には紺色や黒色のビジネススーツが圧倒的に多いのです。ですから、人事から見ても黒や紺のスーツが普通のように感じます。ですから、第一印象という点ではおすすめしたいのです。
  • 再就職時の面接でする腕時計についてですが、目立つ時計はしないほうが…

  • 再就職する際に行われる面接のときにする腕時計ですが、目立つタイプの時計はつけないほうが安全といえます。この場合の目立つというのは高級ブランドの腕時計とか、というだけではありません。真逆でチープなものの印象を与えるとか、そういった目立つということで真反対なことで目を惹く、ということで認識しておきましょう。転職の面接のときに着用する腕時計についてはポジションとしてはネクタイやスーツのとらえかたと同様に、ふさわしいものをするほうが確実だと言えます。けれども、年齢に見合った腕時計であるということも重要で、新卒の時に面接でしていたものよりはほんの少しでも高い腕時計にした方が好ましいと言えます。