後悔しない転職するとを目指すのなら、行動する前に情報収集が必須です。

満足できる転職するを希望しているのなら、最初に徹底した情報を収集することが不可欠です。

  • 後悔しない転職を目指すのなら、事前の行動するようにしましょう。昨今は名前も知らないような小さな会社だって公式サイトを開いているところが多いので、インターネット検索で自分が気になる点を手に入れるとそれとその企業について疑問等をチェックしておくと良いでしょう。また、公式サイトに加え、転職サイトなどを上手く利用することもお勧めです。さらに、インターネット以外の方法として、転職の候補している職場を自ら判断するのも大事です。
  • 人の紹介で転職の先を見付ける人がいます。

  • 人からの紹介を通じて転職の先を探すこともあるでしょう。ですが、転職をした先の労働環境、その他の労働条件といったポイントを友人からの口コミを判断するのは後々問題になることが多いです。口コミの中でもそういう口コミ情報というものは客観性に乏しいからです。要するに知人にとって、今よりずっとベターな職場環境であっても、あなた自身には、イマイチな可能性だってあるのです。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミだけに頼らずに、最終的には自分の目でチェックしておくようにしましょう。
  • 在職期間中なら、なるべく周囲が気づかないように、(私の経験談で・・

  • 雇用期間にあるときは、なるべく周りの人間にバレないよう(自身の経験談ですが)在職期間中に転身したいという気持ちのみを早期に社内の人間に話したことがあります。でも、その後求人サイトを必死に色々と探してみたのですが、思いとは裏腹に就職するタイミングも計画も立てずに決まらず知らぬ間に時間だけが経過してしまいました。挙句の果てには一方、会社のほうは、仕事の引き継ぎや手続き、自身の退職予定日などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」といった、本末転倒な事態になってしまいました。予定は噛み合うこともなく、失職期間を経て次の就業先を探す流れになりました。
  • 昔務めていた会社で感じの悪い上司に悩みを持ち、その結果…

  • 昔務めていた会社で感じの悪い上司の存在に悩まされて、とうとう我慢できずに退職し、他の同業の会社に働き先を変えました。そこでは気分よく働くことができ非常に満足した日々でしたが、徐々に会社の売り上げが少なくなりついにはとある会社に経営統合されることになったのです。偶然にもその統合した会社がなんと前に勤務していた会社で、おまけに大嫌いだった上司がもう一度私の上司となることになりました。本当に縁があります。言うまでもありませんが新規の転職活動をスタートしています。
  • 転職時の採用面接に転職したい会社へ出向いたときのことです。

  • 転職のための面接を受けに出向いたときのことです。会社内の面接をする部屋が空いていないというわけで会社の外で人事部の方と待ち合わせて採用面接が行われて、その場で解散し、面接をした方もそのまま自宅直帰されるとのことでしたが、ところが下車する駅が私と一緒だったのです。それで電車の中においてもずっとおしゃべりをしながら帰ることになって、その結果緊張がなくなって面接しているよりもお話が弾んで、それが功を奏したからなのか問題なく採用も掴み取ることができました。
  • 全く経験したことがない業種などに転業したいと思っている場合には…

  • 初挑戦の分野などに転業したいと思っている場合には、以前の職で身に付けた腕前や経験したことを発揮できるという内容の自己アピールが必要です。未経験の人はそれだけその分野で経験してきた人たちよりも足りない部分はありますが、自分自身の持っている力がその分野でも十分に生かすことができるということを話すことができれば、戦うことができる場合もあります。以上のことを踏まえ未経験である業種に挑むときには、その業種と今まで自分が経験してきた職務とのつながりを可能な限り見付けましょう。
  • 今現在の自身の仕事や業務に関して、不満に感じていることの中に、…

  • 現在の勤め先や仕事内容に対して、不服に感じていることの中に、「自分の持っている能力(スキル)を正当に評価されていない」ゆえに、「月給は増えないし、将来的な昇進もまったく期待できない」といった不満が多いように感じられます。ですが、気持ちは分かりますが、そういった不満を持った人のなかには自分の本来の技量を実際よりも「過大評価」しているケースが多いものです。もしも、過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をすると、「自分が活躍できるチャンスがこの求人にはない」と転職するまでの空白がながくなるおそれがあります。可能性も少なくありません。転職を効率的にしていくためにも、自身のスキルや能力を客観的に見つめることが大切です。
  • 転職を考え始めたときに、まずは現在働いている会社を完全に辞めて・・

  • 転職活動を行う際に、今の会社を辞職してからという考えを持つ人もいますが、そうならばボーナスがいつもらえるのかを事前に調べておくのが無難です。ボーナスがもらえる企業は多く存在しますが、社員にボーナスが支給される場合には、ボーナスをもらえる時期まで数か月しかないなら、支給日を過ぎてから辞職するというのもおすすめです。ボーナスはってかなり額が大きいので、もらっておかないと損をすると言えますから、退職をする際にはいつまで待てばボーナスが入ってくるのかをまず第一に確かめておくと賢明な方法です。
  • もし転職することを、現在の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、…

  • 転職することが、現在の会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと、職場の雰囲気が一変するかもしれません。労働環境によっては、問題はないこともありますが、意地悪されるかもしれないと想定しておいたほうが賢明です。時には、残業時間を意図的に増やされてしまうこともあるので、むやみに転職のことを周囲に言うのは考えものです。なので、回避するために現在の仕事場では、いたって真面目に振る舞いましょう。注意をしておくことで、良い雰囲気を最後まで保ちつつ、気持ちよく会社を退職できるはずです。さらに、何の問題もなく円満退職で終えられたなら、退職後であっても、困ったときにアドバイスをもらえるかもしれません。規模や業界に関係なく、どこの企業も、人との縁は大事なので、会社を辞める前のトラブルは、可能な限り控えましょう。
  • 近年では、株・不動産投資などといった不労所得のほか…

  • この頃では、株・不動産投資といった、不労所得のほかに個人経営 や起業で頑張っている人も増えています。そういった移り変わりに伴い、「会社員以外は不安定だしキケン」といった見解も変わりつつあります。高度経済成長期には将来的に不安定な株式投資、個人事業といった稼ぎ方よりも雇われているほうがずっと将来が安定していて、人のあるべき形として、またそれが当たり前であるかのように、世の中に認識されていました。しかし、そんな時代は終わり、現在は、「成熟期」といった名称で付けられています。将来的には、機械化、自動化が進んで仕事においても人が不要な社会になる、といいます。
  • 転職活動といえば、希望する企業とのやりとりというより…

  • 転職活動では、希望している企業そのものより、人事や採用担当の面接官とのやり取りが重要といってもいいでしょう。採用担当の面接係員に良い印象を与えるために、先ずは面接が始まるときに冷静に対応することを心がけましょう。例を挙げるとお見合いのようなつもりでいる望むと良いかもしれません。更に大事なことは面接がはじまるとまず第一にあなたの人となりを判定してもらうので悪い印象を与える行動は気をつけて避けましょう。品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて面接に適した綺麗な服装で望みましょう。オーラを感じさせることができればいいです。魅力的な人物として、面接官に認めてもらえたなら、きっと自ずと良い結果を出せるはずです。
  • 仮に転職活動をはじめたとしても万事順調にいくと言い切ることはできません。

  • 仮に転職を目指そうとしても、万事うまく進行する確証はどこにもありません。どうせするなら、可能なら歳がいかないうちに出来るだけ早く転職を試みるべきです。一般的には、30代前半までは有利な展開を期待できますが、30代後半~40代を迎えてからの転職活動は、たいへん厳しくなります。役職を担当している場合、転職に気持ちが傾いたとしても、思いとどまることも選択肢に入れておくべきです。ようするに、退職してから転職活動を行うのでなく、現在の仕事は続けながら慎重に未来を構築していったほうが良いでしょう。
  • 2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりなのに、わずかしかたっていないの…

  • 数ヶ月ほどまえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、慣れもしないあいだに退職してしまうケースが意外と多いものです。何故そうなるのかと思うと私の思うところをいうと自分に合った職場を見つけたというのに、「自分自身の考えていた職場とおかしいと思うほど違っていた」「職場の雰囲気に馴染めない」と考えてしまって退職を決意することが多いといいます。でもこういった転職における失敗を避けるためにははやり事前の情報収集をまじめにやっておかなくてはなりません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、通勤に掛かる時間、昇給システム、など事前に調べておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。
  • もしもあなたが転職をする場合、「Uターン」「Iターン」な…

  • もしもあなたが再就職を考えたとき、「Uターン」「Iターン」など、都会から郊外・地方に移住したうえで再就職したい、と考える人が増加傾向にあります。一昔前とは違い転職サイトを使用することで地方での求人情報もいつでも容易にアクセスできます。けれども、地方や郊外での求人については、どうしても選択肢が限られてくるので、それがマイナスといえます。そのため、求人情報サイトだけに頼りすぎると機会損失が大きくなるので注意が必要です。転職サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトも見逃さずにチェックしておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった機関が開催する転職サポートの情報も見ておくと間違いがありません。
  • 再就職先でこれまでに培われてきた実力を活かせられれ…

  • あたらしい職場でそれまでに培われてきた能力を活かすことができれば、即戦力として高く評価されて、早々に職場にも馴染めるようになるでしょう。いい人を求人している会社側も、即戦力となる人材は常に必要なので、タイミングさえ問題なければ、容易だといえます。更に今までの業務内容と似た仕事内容なら見込みはおおいにあります。しかし、まずまずの実力があるといっても大手の事務系の仕事や、公務員(国家・地方ともに)といったジャンルは、時代背景に左右されることなくかなりの難関になることを肝に銘じておきましょう。
  • 『今すぐ転職をしたい!』と考えていて、その意志が抑えられないくらい強いものであるな・・

  • 『今すぐ転職したい!』と考えていて、自身の意志が強いのであれば、速やかに自分の上司にその旨を伝えましょう。ただし、そのときに曖昧な表現をしてしまうと、もしかすると言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。また、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、ズルズルと長引きおよそ半年、予定が伸びてしまいました。辞職したいことを最初に直属に上司に話した時は年度末、結果的には数ヶ月延びて辞められたのはその年の11月です。予定では、仕事が一段落した年度末を契機にやめようとおもったのに、あれこれと理由を付けられて、かなり伸びてしまいました。やっぱり企業サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、スタッフの要望を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、心底なんだかガッカリしました。
  • あなたが転職活動をされているのなら、気になる求人(または職種…

  • 転職活動の最中、気になる求人(OR 職種)を見つけたら、100%「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネットで検索し目を通しておくべきです。求人票・転職エージェントの情報では、業界に関するマイナスとなる面は、教えてもらうことは不可能です。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、簡易的なネット検索によって瞬時に本来の姿を理解できるでしょう。そういう面を知らずに仕事を始めてしまうと、あとからしっぺ返しを食らうおそれがあります。そもそもその求人が出ている理由が、「仕事がキツイからなかなか人が定着しない」という場合が少なくないため、目に留まった案件・業種については、納得できるまでチェックして応募するようにしましょう。