近頃の転職事情については、政治による変化の兆しが出始めています。

近年の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。

  • 転職を取り囲む状況は、政治による変化の兆しが出始めています。安倍総理による現内閣によって、アベノミクスや三本の矢で経済政策が次々に展開されています。経済政策ともに日銀による「金融政策」と相まって、財界・企業といった民間側からも新時代となる社会的な変化が増加しつつあります。そういった変化が加わったことで、企業サイドでも労働人口減による「人員不足」が社会問題化しつつあります。また最近では、「外国人の労働者」の総数を現状よりも増やしていく、つもりでいると安倍政権は語っています。外国人労働者が増えることによって、国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こういった変化のなかで日本国内の雇用・転職状況も大きな影響が出てくるのは仕方のないことだといえます。
  • 看護婦と呼んでいた看護師は働く者としてやっぱり女性のたいへん多い…

  • その昔は看護婦と言った看護師という仕事は、女性のたいへん多い職です。さらに、気力あるいは体力の大きく消耗が激しい特徴もあります。なので、職場環境での対人関係にトラブルを抱えやすく、自分の結婚や出産などのイベントでそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活との両立が難しい仕事です。実際、上記のような問題に行き詰まり、転職される人が多いというのも事実です。過酷な環境ということもあり、人手不足の状況になっています。つねにそれぞれの医療機関は看護師を必要とする「売り手市場」となっていて、それが転職増加の状態に拍車を掛けています。
  • 女性の再就職は、現在とセクハラが問題視される前では若干の変化があります。

  • 女性の転職に関しては、今とセクハラが問題視される前では少なからず、違いがあるようです。前は会社側から結婚の予定や出産後の考え方について自然に質問されることがほとんどでした。ところが、今ではこういった内容は、「セクハラ」と捉えられ、聞かない会社が一般化しつつあります。そしてまた、世間に名の知れた大企業ほど、タブーとして露骨に避けるようになっています。しかし実際、面接する側としては、YES・NO、で返答するのではなく、その女性の人生観、結婚した後も働きたいのか、出産後の具体的な予定を把握しておきたいとは思っているものです。あなたの将来設計を知っておいてもらうためにも、自己PRや志望の動機とともに言い表すことで、相手方にも認識してもらえ、また、モヤモヤも解消できると考えます。たとえ、質問されていない部分も、あなたの側から企業にとっては必要な情報と捉え、答えてみることを考えてみてください。
  • 転職活動にあたって相応の準備は必須です。

  • 転職活動にあたって相応の準備は必要です。とりわけ目に映る「服装」は、大事な部分だと感じてしまいます。ところが、最近の企業面接については形式ばらない服装がOKな会社があるので、「面接はビジネススーツでなくては」と考えて面接に臨まなくても良いケースもあります。会社の創設間もない企業などは、厳しい規則も作られてないことが多く、がちがちの服装で行くよりも相手先に良い印象をあたえます。正装でないので、フランクに話をしやすい、というメリットもあります。そうして、私服ですと面接時に、ファッションで、相手との話が広がる可能性もありますから、もしかしたら面接担当者に気に入らえるチャンスを作れます。というワケで、今から転職する際は、企業の「創業年数」に注目してみて、(ベンチャー系の)面接の際は正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。
  • 私は20代で転職を2回経験し、現在はいくつか資格を取得するた…

  • これまで20代前半までに転職を数回で、いまは資格取得のため、派遣社員として働いています。フルタイムの勤務とは異なるため、どうしても毎月の収入は安くなりました。前よりも心と時間に大きな余裕が生まれ、満足しています。思い返すと、学生のうちに資格を手に入れて、就職に活かせばよかったという後悔もあります。実際に、そういった人を見る度、少し羨ましさを感じたりもします。前は、うまくいってる人と自分とを比較して、劣等感を感じていましたが、しかし今は、結婚し、生活自体が大きく変化し、以前よりも明確にやりたいことを見つけたので私も新たな目標に向かっています。
  • 転職サイトに登録すれば必ず、電話やメール連絡が執拗に入ります。

  • 転職サイトは一度登録したあとに、電話やメールでの連絡が頻繁に来ます。これについて何も知らずに利用しはじめた人はかなり驚くケースが多いです。「転職エージェント」は、利用者に転職してもらうことが仕事だとされるので、大変積極的な姿勢でいます。とりわけ大手のエージェントは転職させると企業側からお金が支払われる仕組みのため、転職希望者の都合を考えるよりも企業の都合を優先させることがよくあります。転職できそうな会社に入れようとする傾向にあるため、内定がでた直後に、入社を積極的にすすめてくることが多いです。防御策として自身の気持ちや意思をハッキリしておき、転職にしくじらないように気をつけておきましょう。
  • 3日ほど前転職の準備をしようと人材会社に登録に向かいました。

  • 一昨日仕事を探すために人材紹介会社へと登録に出向きました。登録するときのカウンセリングに出てきた担当者が見たところ会社に入って間もない社員のようで、私が説明したことの半分ほども彼はわかっていない感じ。それにもかかわらず「キャリアデザインが甘すぎますね」とか「もっと自分の強みを明確化しいていくことが必要です」とか、一丁前の話を横柄にのたまうから非常に嫌な気分になりました。カウンセリングをする人はいくらか仕事の経験がある方にしてほしいと感じます。
  • このところ私は派遣会社に登録をしています。

  • このところ私は派遣会社に入っています。サイト上で興味を引かれる仕事を探して問い合わせを行ってみると「そのお仕事はすでに別の方の採用が内定しています」と言われ瞬間的にウェブサイト内から仕事の情報が消滅するのですが、その翌日にチェックするとまた情報が掲載されています。ということは結局私だとダメだっていう意味ですよね。そういうことであるならば初めからトラブルにならない程度に正直に伝えてくれれば助かるのですが、そうするのは難しいのでしょう。そうでなければ客寄せのためのダミーのお仕事なのでしょうか?
  • 転職活動を行っていると面接のときに高い確率で質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動をしている際に、面接で「志望動機」「転職理由」の2点は必ず質問されます。これらのうち志望動機に限っては、正直に話してもかまいませんが、「転職理由」を正直に話すのはオススメできません。たとえば報酬に対する不満、人間関係に対する不満など、聞いている側が良い印象を持ってくれることありません。たぶん、過去のマイナス事例をそのまま話す人は少ないとは思いますが、採用担当者はそのような部分に関心を持ちやすいので、慎重に質問をしてきます。これに対抗して現職の不満を回答しないためには、現職の仕事内容は、その内容だけを話します。そのあと、この会社に入ってこんな仕事をしたい、3年後にはこうなっていたい、そのために御社を選びました、と志望動機に話をすり替えてみましょう。
  • シフトのある仕事についての話なのですが、一定の曜日に仕事できる人を募集する求・・

  • シフトの勤務形態がある仕事についての話です。毎週、決まった曜日に仕事できる人を募集する求人を結構見ますが、もし、応募しようと考えているなら休む方法やシフトの提出方法についてはあらかじめチェックしておくべきです。それはなぜかというと、私は以前産休で抜けた人の助っ人として、正社員として入ったのですが、そこでは、「土日」固定のシフトで、新入社員の私以外、誰も現場にいませんでした。前にいた女性が土日は休むことなく出勤していたので、私も出勤できる人として扱われてしまいました。実際「土日」に外せない用事が入ると、シフトを変更してもらわなくてはならず、同じ部署の上司に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と私自身がお願いしなくてはいけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日は一人だけなんて・・・。今思えば本当によく我慢したなと思います。
  • 再就職の際の面接では、零細企業だったらおおよそは、その社内の「人事」担当が面接官になりますが…

  • 転職希望者が受ける面接では、規模の小さい企業であればおおよそは、その社内の「人事」担当者が面接官ですが、それ以外の場合もあるはずです。例を挙げるなら、今後職場でかかわりの深くなる責任者、言い換えれば管理職である部長や課長が面接を担当する可能性も考えられます。中でも営業系や事務系などの部署に転職するのなら、資格などという人の判断をするのが難しいですから、堂々と自分自身をアピールしていくことが必要なのです。面接担当から「この男は、堂々と自己発言してるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことが大切です。
  • 転職サイトはメジャーなサイトの方が掲載される企業も多いため、…

  • 「転職サイト」は、大手企業が運営しているもののほうが、多くの企業が掲載されているため、感じがよさそうな2,3の会社を、まずはウェブサイトに登録して、勤務地や年収などの条件を設定しておき、次に条件に合った案件が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと容易に転職についての情報収集を行うことが可能になります。ですが、最初に限っては登録に苦労するのでサイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を準備して、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。登録をする第一回目は多少時間がかかることから、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、次回以降は新規案件のみ確認するだけでよいので、初回の準備を怠らないことを心がけるのが賢明です。
  • 退職と転職を繰り返さないためにすることは一つだけです。

  • 退職と転職を度々しないためにすることはただ一つです。スキルを向上させることもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返すことがなくなります。現在はインターネットがいつでも使えるので、精神面を鍛えるのには良い情報は誰でも知ることができます。また、転職とは全く異なる行動でも、メンタル面を強化することが可能です。その行動とは、海外旅行です。海外に行くと、言葉も文化も大きく異なるので、どんな瞬間も勉強になります。なので、精神的な成長を遂げるにはピッタリの方法といえます。日本に戻ってくると、「自分の視野の狭さ」に驚き、世間はこんなにも狭かったのだということを実感することができます。その気持ちのまま、面接に臨めば、これまでの面接とは違い自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。でも、退職直後は精神的に弱っている人が多いのでその後のために適度に休みましょう。
  • 転職サイトあるいは転職エージェントを活用して、転職活動を行うことは現在では常識といえるかもしれません。

  • 転職サイトや転職エージェントを通じて、転職活動を行う人はかなりいるはずです。だとしても、転職先を見つけるチャンスをもっと増やしたいのであれば、加えて転職フェアにも積極的に参加してみてはいかがでしょう?転職フェアの長所としては、多くの企業が一堂に会するので、参加した際は一度に複数の企業の情報を得ることができ、その上、スタッフの言葉遣いやマナーから、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。仮に、転職フェアに参加する機会があれば、1次面接に挑戦するつもりで自分をアピールする準備をしておきましょう。それが功を奏してフェアに参加している間に、企業側から欲しい人材と思われれば、そのあとの実際の面接時にかなり有利になります。
  • 今後の社会では徐々に単純な仕事は機械で済まされるようにな・・

  • 今後確実に考えなくてもできる労働は機械で済まされるようになり結果的に人員は縮小していきます。なぜかというと単純作業という観点では人間以上に機械で作業するほうが比べられないほど作業量をこなせるからです。例えば、数量を計測したり、同一の手順をずっと繰り返すのは機械にとっては何の苦もありません。当たり前のことながら人と違って泣き言を言わないし、疲れることもないし、インチキをすることもないし、正確にこなしてくれますし、均一化できるのも魅力です。そして、給料が発生しないのも違いですね。というわけで、人間を使う意味がまったくなさすぎます。機械化が注目されているのです。
  • 万が一、転職の決意したなら、周囲にそれを言わずに、転職活動していき、…

  • 万が一あなたが、現職からの転職を意思を固めたなら、周囲にこっそりとそれを告げないように、首尾よく活動していき、現職期間中には、可能な限り社内の人間に悟られないよう淡々と業務をこなしていくのがとても利口です。転職先が決まっていない間、その状態を保っておくと、もし条件に沿う転職先が容易に見付けることができなくても、転職時期を延ばしつつ、現在の職をそれまで通りに継続しても容易にできます。そうではなくて、軽はずみに「転職するつもりでいる」と口を滑らせると、会社の人は、それに合わせて対応します。それに加えて「辞めるつもりです」と口にしたら、会社内では「あの人はもうすぐ退職する」と見なされます。そのようなシチュエーションになってから、転職の気持ちが消えて、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」となっても、会社内の人間は、「一度は辞めようとした人」といった目であなたを見るので、在籍中は、立場が悪くなる思いををする可能性があります。
  • 再就職することで仕事先を一新するということは、自分に見合・・

  • 転職によって勤め先を新しく替えるということは、自分に見合った居心地の良い場所を見つけ出したほうが好ましいということです。あなたにうってつけの仕事にありつくことができるかもしれません。とはいうものの、実際に行動する場合は、相応の努力やスキルがないと、転職自体がままなりません。違う言い方をすると、あなたのスキル次第で天職に恵まれるチャンスも広がる、ということです。今の社会は、「職業選択の自由」が社会通念上として当たり前になっているので、仕事の環境を変えたとしてもトラブルも生じないでしょう。終身雇用制度が崩壊に向かいつつある現在は「価値ある人材が欲しい」が願っている企業もますます増えているので、この好機を有効活用してみてください。