就労中は可能であれば、周囲が気づかないように、(自身の転職活動では…

在職中はできたら、悟られないよう、(自身の転職活動・・

  • 在職期間中なら、極力周りの人間にバレないよう(自身の例ですが)就労期間中に転業の意図のみをはじめのうちに周りの人に話してみました。でも、それから、求人誌を色々と探してみたのですが、予想に反して転職先もタイミングさえも何も煮詰まっていないままあっという間に時間がムダになるだけでした。その一方で、会社の方も仕事の引き継ぎ予定や手続き、退職日などが続々と確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、転職先を見付ける」という、お粗末な状況になってしまいました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経験したあとで、次の就職先を再度探しました。

    昔働いていた会社でのことですがパワーハラスメントを行う上…

  • 勤務していた会社で意地の悪い上司に悩みを持ち、ついにやっていくのは難しいと判断してその会社を退職し、同業者の別の企業に職を変えました。その会社では人間関係も良好で充実した毎日でしたが、じわじわと会社の収益が少なくなり、経営統合されました。偶然にも経営統合したのは驚くなかれ前にいた会社で、まったく反りが合わない上司がもう一度私の上司となることに。まったく困ったことになりましたが、どれほどご縁があるのでしょうか。もちろん新しい転職活動を開始するつもりです。

    転職の採用面接を受けにとある会社に行きました。

  • 転職のための面接に出向きました。偶然その会社にある部屋が空きがないというわけで会社外で面接官と待ち合わせで採用面接を行い、そのまま解散して、面接をした方もそのままそのまま帰宅するとのことでしたが、驚くことに自宅最寄駅が同じ。ですから電車内でも面接官と一緒に会話をしながら帰宅することになって、結果として緊張が解けて面接しているよりも話が弾んで、それが奏功したからなのか無事に採用を獲得することができました。

    全く経験したことがない業界などに転業を考えるときには…

  • 初挑戦の業種などに転身したいと考えている場合には、前の会社で培ってきた腕前やこれまで経験したことを発揮できるといった内容の訴えがいるようになります。働いたことのないジャンルの場合、経験していない分その分野で働いたことがある人よりも不利になりますけど、自らが保持している力がその業種でも発揮することができるということをうまく相手に伝えれば、勝負になるケースは多々出てきます。それゆえ、未経験であるジャンルに挑戦する場合は、その分野と自分がこれまでやってきた仕事との関係性を必ず発見しましょう。

    今現在のあなたの職場や業務の中身について大半の人は少なからず不満を感じていると思います。

  • 今現在の自身の職場や業務について不服に思っていることの中に、「自分の能力(スキル)を誠実に評価してもらえない」よって、「報酬は上がらず、将来的な昇格も期待できない」といった不満を挙げる人がほとんどだと思います。でも、気持ちは理解できます。しかし、そんな不満を持つ人の中には自身の持っている器量を「過大評価」し過ぎていないか、改めて確認することが大切です。もしも、過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をすると、「自分を生かせる企業や職種がない」と再就職先がまったく見つからないことになりかねません。という事態を招く可能性があります。なので転職を円滑に行うためには、実際の自分のキャパシティを把握することが大切です。

    転職をするのに、まず現在働いている会社を完全に辞めて…

  • 転職をするのに、まず会社を辞めた後でと考える人もいるようですが、その場合には会社がいつボーナスを出すかを事前に確認しておくのが無難です。社員にボーナスを出す会社はそこら中にありますが、ボーナスが支給されるなら、ボーナスが入る時期が近いときには、ボーナスを手に入れてから退職届を提出するという考えも賢い方法です。ボーナスは月々の給与と比べて大きな額なので、もらわなきゃ損ということも考えることもできるでしょうから、辞職する際には会社がいつボーナスを支給するかについて最初に調べておいた方が損をしません。

    もしも再就職の前に、今働いている会社の同僚たちがそのことを知ってしまうと…

  • もしも転職前、今の職場の同僚たちが、あなたの転職を知ると職場の空気が一変することがあります。周りとの付き合い方によっては、問題はないこともありますが、意地悪される可能性もあります。さらには、残業時間を増やされる仕打ちも考えられるので、うかつに「転職します」と周囲に伝えるのはあまり良いとは言えません。上記トラブルを避けるために、在籍中は、真面目に振る舞いましょう。誠実な態度を見せることで、良い雰囲気のまま最高の形で会社を去ることができます。さらには、トラブルなく退職できれば、転職後にも、何かあったときに相談できる機会にも恵まれるでしょう。規模や業界に関係なく、どのような会社であっても、人とのつながりが重視されるので、仕事を辞める際のトラブルは、できるだけ回避しておきましょう。

    近年では、株式・不動産投資などといった不労所得で生活資金を得たり…

  • ここ最近は、株・不動産投資などの不労所得のほかに個人事業・起業といった生き方も増えています。そういった変化に伴い、雇用されて働くことが世の習いといった見解も変わってきています。高度経済成長時代に関しては、どう転ぶかわからない個人事業よりも雇われているほうが安定性にすぐれていました。人生の「花形」としてまたそれが決まり切ったことであるかのように広く世の中に浸透していました。そんな時代は過ぎ去り、時代は変わって「成熟期」などというらしいです。将来は、機械化、自動化が進んで仕事でも人がいらなくなっていく時代です。

    転職とは、希望する企業相手というよりも具体的には「担当面接官」と・・

  • 転職は、最初の第一歩は希望する企業そのもの、というよりもどっちかというと「担当面接官」とのやり取りが肝心といえます。面接で満足いく結果を出すために、第一歩として面接の時間になる前に冷静に対応することを心がけましょう。素敵な女性とお見合いをする、といった気持ちでいる向かうと良いと思います。とくに面接内ではまず第一にあなた自身の「人間性」を観てもらうわけですから、悪い印象を与える言動は注意し控えましょう。社会人らしい整った服装で向かいましょう。オーラを感じさせることができればいいです。魅力的な人物として、面接官に認めてもらえたなら、転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。

    再就職を目指そうとしても、何もかもが順調にいくとは言い切れません。

  • 仮に転職を目指そうとしても、何もかもが首尾よく運ぶ確証はありません。可能であれば、どっちにしても転職をしなくてはならないなら状況が許す限り早いうちに行動に移すほうが良いでしょう。一般的には、20代のうちは良い成果があがりやすいですが、残念なことに、30代後半~40代を迎えてしまうと転職はたいへん厳しいといえます。もしも、管理職など、要職を担当している場合、転職に気持ちが傾いたとしても、今の仕事を続けるということを選択項目の一つには入れておくべきです。会社を辞めてから転職活動を行うよりも、現在の会社をやめないまま、堅実な未来を模索しておいた方が失敗しなくて済みます。

    少し前に転職したばかりだというのに、あっという間に辞めてしまうケースが…

  • 数ヶ月ほどまえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、数ヶ月しかたっていないのに退職届を提出する人がわりと少なくないのです。何故そうなるのかと考えてみるとおそらく心機一転、新たな会社を見つけたものの、「自分自身の思っていたものとだいぶかけ離れていた」「職場の雰囲気に馴染めない」ということで別の仕事を探すことが珍しくないといいます。でもこのような、転職先選びでの失敗を後悔しないためには、はやり情報収集を徹底しておく必要があります。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、具体的な業務内容、給与体系、などいろいろ事前にチェックしておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。

    もしもあなたが転職をするとき、「Uターン」「Jターン」のよう・・

  • あなたが再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都市部から地方に移って転職したいと考える人が増加傾向にあります。昔と違って求人情報サイトを使えば、地方や郊外での求人情報にも閲覧できるようになっています。郊外や地方での求人情報は、都市部ような選択肢がないので、それがマイナスといえます。そのため、求人情報サイトを利用するのは当然ですが、求人サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもしっかり確認してみてください。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に開催している転職サポートのイベントにも確認しておくとよいでしょう。

    新しく就いた職場でこれまでに培ってきた資格やキャリアをフル活用できれ・・

  • 再就職した会社で今までに身に付けた能力を活用できれば、即戦力として認識され、割と早く職場で存在感を得られるでしょう。同時に会社側としても、大いに助かると言うものです。時期さえあえば、うまく事が運びやすいといえます。しかも、かつての業務内容と似たような業種であれば、確率はおおいにあります。そういっても、即戦力となる能力があったとしても一流企業の事務系、公務員(国家・地方ともに)などは、いつの時代も、相当な競争率であることは間違いないでしょう。

    『今すぐ転職したい!』と考えていて、自分の意志が強いのであれば、…

  • 『なるべく早く転職したい!』と考えていて、その意志が強いのであれば、辞めたいという旨をすぐに上司に言うべきです。ですが、相談という形で話せば言いくるめられるおそれがあるので要注意です。また、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、退職を引き伸ばされてしまい、結果的に、退職までに半年ほど掛かってしまいました。辞めたいということをはじめに、直属の上司へと相談したのが年度末で、数ヶ月働いて退職が受理されたのが同年の11月です。予定としては、ちょうど年度末を契機にやめようとおもったのに、希望通りには進みませんでした。やはり人事の采配等もありますでしょうが、スタッフの要望を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、かなり職場に対して呆れてしまいました。

    転職活動のとき、良いと思う求人(あるいは業界)を見た際…

  • 今から転職活動をされるなら、良いと思う求人(OR 業界)があったら、きちんと「〇〇業、ブラック、デメリット」とインターネットで検索し目を通しておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントでは、まずその業界に関するマイナス要素について、知ることができる確率は低いです。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、簡易的なネット検索によってカンタンにおおまかな実態を理解できます。そうしたチェックを怠りながら入社した場合、後々にガッカリしてしまうおそれがあります。そもそも求人が出ている理由が、「仕事の内容がキツイから人が定着してくれない」というケースも多くあります。目に留まった業種について、注意したほうがいいです。

    転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。

  • 政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況について、今の安倍政権では、アベノミクス「三本の矢」など、新たな経済に関係する政策が打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策に連れ立って日銀主導の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界や民間企業間でもあたらしい明るい動向が著しく現れてきています。その変化を受け、企業のあいだでも労働人口減による「人員不足」がとても大きな社会問題となっています。最近では「外国人労働者」の数を現状以上に高めていくつもりでいると現政権は語っています。外国人労働者の増加に伴い、国内の転職問題についても幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化のなかで、日本国内の雇用や転職といった事情にも、大きな影響が出てくるのは仕方のないことだといえます。

    昔は看護婦と呼ばれていた看護師という仕事は、やっ…

  • 昔は看護婦と呼ばれていた看護師というのは働く者として女性比率がかなり大きい職場です。知られていると思いますが気力あるいは体力のひどく消耗が激しい傾向にあります。であるがゆえに、職場の環境での対人関係にトラブルを抱えやすく、自身の結婚・出産といったそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートとの両立が難しい仕事といえます。実際、そういった問題によって転職する人が多いというのも事実です。色々と過酷な環境であるために、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足に悩まされています。なので、各病院は、看護師を募集する「売り手市場」となっていて、さらに転職に拍車を掛ける状況となっています。