女性が再就職するに当たり、今現在とセクハラが問題視される前で…

女性の再就職において、今日と数年前では少し変化が見受けられます。

  • 女性が再就職するに当たり、一昔前と今現在とは多少の、違ってきている点があります。過去には面接の際に、結婚観や結婚後の予定などについて、ごく普通に女性に質問していました。でも、現代では、「セクハラ」として扱われるのを恐れ、質問をしない企業が一般化しつつあります。特に大企業ほど、NG質問として神経を尖らせているようです。しかしながら、企業側としては、はい・いいえ、の2択でなく、その女性が、結婚した後も働きたいのか、出産後の具体的な予定を把握しておきたいとは思うはずです。自分自身の考えをわかってもらうためにも、自己ピーアールや志望の動機の中に織り交ぜながら言い表すことで、面接官にも認識してもらえ、判断してもらいやすくなると思うわけです。なので、質問されていない箇所についても、先にあなたの方から積極的に答えてみることを考えてみてください。

    転職活動を進めるには、それなりの準備はやらなくてはいけません。

  • 再就職をスムーズに行いたい場合、準備は必須です。なかでも、身だしなみ、に含まれる服装は注意している人は多いでしょう。しかし、最近の面接に関しては、形式ばらない服装がOKな企業も多いので、スーツを着て臨まなくても良い場合があります。とくに会社の創立したての新規の会社などは、お堅いルールもないことが多く、がちがちの服装で行くよりも相手からの印象が良くなります。また、フランクに会話がしやすい、というメリットもあります。さらに私服だと、面接中に、服装の話もしやすくなるため、うまくいけば担当者と仲良くなれる期待ができます。ということで、転職活動は企業の「創立した年」を確認し、(ベンチャー系などの)面接の際は正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

    これまで20代前半までに転職を数回で、現在、資格を手に入れたいので…

  • 20代に転職を2度経験して、今現在は資格の勉強をしながら、「派遣社員」として働いています。フルタイムの勤務ではないのでやはり毎月の収入は以前よりも少ないです。以前より心と時間に大きな余裕が出来ています。たまに、学生のときにいくつか資格を取得し、就職すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。実際に、そういった人を見る度、私もああなりたかったと見えたりもします。以前は、成功している人と自分との違いに落ち込む日もありました。現在は結婚して生活自体がかなり変わり、そのなかで将来の進路も定まったので私も新たな目標に向かっています。

    「転職エージェント」で登録したあとに、何度も電話やメールをしてきます。

  • 「転職エージェント」で登録したあとに、電話・メールが何度も掛かってきます。これについて転職初心者は非常に驚く場合が多いです。転職エージェントは転職を推進することが仕事ですので、積極的に行動します。その中でも大手エージェントは、転職を成就させることで企業からお金をもらえるシステムといえるので、転職活動される人の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが少なくありません。さらに、「転職エージェント」は、契約を急ぎたいあまり、内定が出たその日に、入社するよう後押ししてくることがよくあります。自身の気持ちをハッキリしておき、転職にしくじらないように注意することが重要です。

    先週転職活動の一環として人材紹介会社に登録に行きました。

  • 昨日新しい仕事を見つけるために人材紹介会社に登録に向かいました。そこで登録するときのカウンセリングをしに出てきた担当の方が見たところ入社してから間もない新入社員のようで、私が説明したことの50%も理解ができていない模様。それに加えて「キャリアデザインが全然ですね」とか「もっと自分の強みを知る必要があります」等、一丁前の話を横柄にのたまうのでとっても不愉快でした。カウンセリングをする人はそれなりに社会人の経験がある方にしてほしいと思います。

    今、私は派遣会社を通じて働いています。

  • 派遣会社に登録して働いています。サイト上でなんとなく条件のよい仕事を見つけ確認したところ「そのお仕事はもうすでに別の方が採用されました」という答えられ瞬間的にサイト内からお仕事情報が消えるのですが、なぜか翌日になると再び載っています。それって要するに私ではよくないのだっていう意味ですよね。そうであるならば最初から変に隠さないくらいに正直に伝えてほしいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。あるいはまたもしかすると実際には存在しない仕事なのでしょうか?

    転職活動を行っていると面接で「志望動機」「転職理由」の2つは必ず尋ねられます。

  • 転職活動をしていれば、面接においてほぼ例外なく「志望動機」「転職理由」の2点を訊かれます。このうち志望動機に限っては、率直に伝えてもOKですが、これと違って転職理由についてそのまま伝えるのは問題です。給料に関する不満、人間関係に関する問題など、その手の話題をしても、あなたの好感度には繋がりません。たぶん、自分の得にならないことをそのまま話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しがちなので、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。これに対して現職の不満を相手に言わないためには、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。それにプラスして、この会社に入社してこんなことを実現したい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったようにうまく話をすり替えましょう。

    これはシフトの仕事についての話です。

  • シフトがある仕事についての話です。決まった曜日に勤務できる人を募集している求人を頻繁に見るのですが、もしも応募しようと考えているならシフトの出し方や休み方について、確認しておいたほうが良いです。それはなぜかというと、以前に私自身が、産休で抜けた人の代わりに正社員として仕事をすることになったのですが、土日が固定シフトで他の社員は来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った前任の女性が土曜、日曜は必ず出勤していたので、私も同じタイプと思われていたようです。実際土日に休まざるを得ないこともあり、シフト変更の必要があり同じ部署の先輩方に「日曜日に休みたいのです」と自ら交渉しないといけませんでした。給料も立場も同等なのに土日は一人だけなんて・・・。思い出す度、本当によくやってこれたなと思います。

    再就職のための面接では、小規模業者だったらほとんどは「人事」が面接担当になりますが…

  • 転職の際に行われる面接というのは、規模の小さい企業だったらおおよそは、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、状況によっては、人事以外が担当するかもしれません。たとえば、今後共に仕事をする現場の一番偉い人、かいつまんで言えば課長や部長などが面接の場に居合わせる可能性もあるのです。とりわけ、営業や事務などのジャンルでは、資格を通じた人の良し悪しを判断しづらいですから、きちんと自身をアピールしていくことがとても必要であり大事なことです。面接担当から「この男は、堂々と自己発言してるし、それに頼りになりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大事です。

    転職サイトは、大手が運営しているものであるほどたくさんの求人情報が掲載されているため、…

  • 転職サイトは大規模なサイトの方が掲載量も多くなるため、感じがよさそうな2,3の会社を、とりあえずは転職者登録して、希望する勤務地や年収について条件を設定しておき、あとは条件に合う求人情報が自動的に通知されるように設定しておくと情報収集が楽になります。しかしながら、初回だけは登録するのに少々時間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をしっかり準備しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。登録を行う初日は、少々時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、その後は、新着案件のみチェックするだけで大丈夫なので、後のことを考えれば、最初にしっかり準備することを頭に入れておきましょう。

    転職を繰り返さないための方法が一つだけあります。

  • 転社を度々しないための対策は至ってシンプルです。仕事面のスキルアップもそうですが、それとは別に精神的なスキルを磨くと転職を繰り返しません。インターネットでなんでも見られる現在ではメンタル面を強くするヒントはカンタンに知ることができます。また、意外と思われるかもしれませんが、転職とは全く異なる行動でも、精神面を強くすることが可能です。それは、外国に行くことです。海外は、文化、言語、生活様式など、違うことばかりなので、すべてのことが良い刺激となります。ですから、帰って来てから変化があるのです。帰国してみると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、世間はこんなにも狭かったのだということを思い知らされることになります。その気持ちを携え面接に向かえば、これまでとは比べようがないほどに自信満々に自己アピールができるはず。どうしても、退職してすぐは、精神的に弱くなりがちなので、休業期間も必要です。

    転職エージェントや転職サイトなどを用いて、転職活動する人は少なくありません。

  • 転職サイトおよび転職エージェントを活用して、転職活動を行う人はますます増えています。さらに、転職先を見つけるチャンスをもっと増やしたいのであれば、それに並行して転職フェアに参加するのがおすすめです。転職フェアでは、多くの企業が同時に参加するので、一度足を運べばいろんな企業の情報を得ることができ、それにとどまらず、その場で説明しているスタッフさんから、企業の雰囲気を感じられるはずです。これから、転職フェアに参加する機会があった場合、面接に行く心構えで自身をしっかりアピールしていきましょう。フェアでの交流を通じて、企業側に必要な人材と思わせることができれば、後日応募して面接の本番時にとても有利となるはずです。

    将来的に、社会では着々と簡単な作業は機械化が進み、最終的に・・

  • 将来、今以上に思考を必要としない仕事は機械に差し替えられていきその移り変わりによって必要な人手は縮小していきます。なぜなら、単純労働については、人間よりも機械で進めたほうが比べられないほど能力が高いからです。例えば、数をカウントしたり、同じ動作を延々と繰り返すことは、機械にとっては何の苦もありません。当たり前のことながら人間とは違って泣き言も言わない、ペースが変わらないし、不正をすることもないし、正確だし均一化できるのも魅力です。さらには人と違って、賃金が発生しないのも大きな違いといえます。このような観点から生身の人間を使う意味が到底なさすぎます。ですから機械化されるのは無理もありません。

    一度、とらばーゆの決意したなら、完全に周囲に内密にその気持ちがばれないよう・・

  • 万が一あなたが、現職からの転職を思い立ったのなら、あくまで周りにその気持ちを言わないように、活動を進めていき、現職期間中には、なるだけ周りの人間に知られないようにいつもと同じように振舞うのが堅実です。現職中、その状態を保っておくと、最悪の場合条件にあう働き先がうまくいかなくても、転職を先送りにしつつ、現在の仕事を継続しても容易にできます。でもついつい「転職するつもりでいる」と言ってしまうと、周囲の人は、その言葉を受けた対応をします。おまけに社内の人間に「辞めるつもりです」と一言でもいえば、周りからは「あの人はもうじき退職する」と広まります。そのような状況になってから、転職する気持ちが薄れ、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」となっても、周りの人間には、「一度は退職しようとした人」とあなたを見て、仕事中ずっと、身の置き所がないと感じるおそれもあります。

    再就職して職場を一新するということは、自分自身に適…

  • 再就職で職場を新しく換えるということは、自分に見合った新たな就職先を選んだほうが良いです。職場や勤務先を変えることで、向いている仕事に就くことができるかもしれません。とはいえ、楽しいことばかりではなく、相応の努力やスキルが必須となります。言い換えると、自分の価値をあげることで、天職に恵まれる可能性がある、ということです。今の時代は職業選択の自由が権利として受け入れられているので、仕事の環境を変えたとしても特にトラブルになることはないでしょう。終身雇用制度が崩壊に向かいつつある昨今、「即戦力になる人材が欲しい」と感じている企業も多くなっているので、今の良い時期を有効活用してみてください。

    兄の友達から聞いた話です。始めに新卒時の就職でどうしても勤めたかっ…

  • 知り合いから聞いた話です。始めに新卒時になにがなんでも勤めたかった憧れのA社で行われた最終の面接で不採用になり、ですから仕方なく他の会社に入りました。その後1年経た頃に派遣の求人サイトでA社の紹介予定派遣の求人を発見し、我慢できなくなって当時の会社を即退職し、A社での派遣の勤務を開始、勇気がありますね。懸命に頑張ってその先問題なくA社で正社員登用されて、今では仕事のやりがいを持ちつついきいき勤めています。

    そのうちでも転職活動をするに当たっては、今いる仕事・・・

  • 来週からでも転職しようと思うのなら、今の職場の何に対して不満を感じているのかを明確にしておく必要があります。当然と思われますが、意外とそうでもないのです。そもそも不満があるからこそ、転職しようと思われているはずです。が、「きちんと現在の職場・業務の客観的に考えた不満な点を挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職における後悔を減らせます。そして、仮に転職した場合、「どういった事がマイナスになるだろうか」を明確化してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職後の急激なモチベーションのダウンを防ぎやすく、成功することが可能です。