転職する場合の面接で決まり文句のように投げかけられる質問…

転職をする際で高確率で尋ねられるのは前に働いていた会社を辞職し…

  • 転職をする時に面接でおいてほとんどの人が投げかけられる質問が前の職場を辞めたのはなぜか、という話ですがこのような質問が出た時には話題を前の職場にしない方が安心です。会社を辞めた経緯にスポットを当てると必然的に悪い面を取り込んだ内容になってしまいます。この話の良い進め方は、前の会社を辞職したのはこちらの会社に絶対に入社したい理由があったからといった感じの話にすべきということで、自分が面接している会社に焦点を当てるべきなのです。転職理由でも、そういった内容ならば、悪い面ではなく積極性を前面に押し出した以前の会社を辞めた理由になります。

  • 転職活動を行う場合、いろいろな方向から情報収集されるとは思いますが、…

  • 転職をするにあたっては、いろんな経路で情報を集めるのが通常だと思いますが、転職についての口コミサイトは利用しなければもったいないです。少し前に、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからということで、サイト運営者に対して損害賠償請求をしたケースがありました。会社の都合で退社させられた元社員の報復でそういった口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、裏を返せば、ウソばかりの投稿だったなら、会社としては気にしなくていいようにも思えます。ですが、本当は『クロ』で「周囲に気づかれたら恥になるから、一刻も早く火消ししたい」と思っているのかもしれません。口コミサイトも炎上が原因でアクセス数がアップしたり、サイトの存在感を示せるチャンスになるので黙認していますが、悪い口コミが多いのは、その分入社してからトラブルに遭遇する覚悟をする必要があると捉えておいて問題ないと思います。人もそうですが、本当に善良な企業であれば煙は立ちません。

  • 転職をするために今働いている会社を退社する時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのです…

  • 転職を行う際、現在勤めている会社を辞める時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが、もしもあなた自身が退職届を出して会社を去る、いわゆる自己都合退職の場合は、すぐさま失業保険が出るわけではなく手続きをしてから、失業したことを認められてから3か月経たないともらえない。よく勘違いして退社した日の翌日から3か月経てばもらえると誤解している人がいますが、実際にそのような誤解をしてしまった人が、ハローワーク側に落ち度があると主張してそれが原因でハローワークの保険担当者とトラブルを起こしているのを見たことがあります。念のために付け加えておくと、自分側の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇の場合は、失業が認定されれば直ちに失業保険が給付されます。

  • 大規模な転職エージェントに限って、多数の案件を抱えて…

  • 大手転職エージェントは多種多様な案件を取り扱っているという強みがありますが、一方、競合する転職希望者も大勢います。それゆえに応募希望の会社があっても、転職エージェントの担当スタッフが「転職の望みが薄い」と判断すると応募してもらえない場合もありますし、企業から見て自分より高く評価される人がいると、そのライバルを優先することもあります。要するに大手エージェント運営元は、サイトに未掲載の案件のデータを宝庫として扱い大変難しいので、方針を変えて中小レベルのエージェントに対し、希望する企業や案件に関して相談し、応募できないか相談してみると、自分の利益を考えて働いてくれることもあるので、そういった活用の仕方も良いでしょう。

  • 求職活動においおいて、ネット上で就職斡旋してくれる「エージェント…

  • 就職活動には、インターネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」つまり斡旋を行う会社もありますが、仮にそういったところに登録し、幸運にも就労先が見つかったとしても、失業保険を受け取ることはできないので注意が必要です。ハローワークを通さずに就職が決まったとしても失業保険をもらうことはできないのであとで後悔しないように気をつけておきましょう。一方、ハローワークを通じて斡旋してもらって就職した場合は、就職のための必要なものを揃えるための「一時金」を支給してもらえることになります。ウェブで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険の手続きは管轄外です。このようなことを無視していると、失業中にお金をもらえない状況になるので、そうならないように注意しましょう。

  • 求人関連の広告には、とうぜん多くの企業では月にもらえるお金が明記されています。

  • 求人関連の情報を見てみると、大部分の場合は大部分の株式会社では月の給与がしっかりと記載されていますよね。しかしこの月収の欄をチェックする時には、深く確認する事が大切です。その多い少ないだけでわかってしまってはいけません。何故かというと会社によっては、月収の中に「毎月10時間分の残業」が含まれているおそれもあります。残業代の金額を入れることで魅力的な案件のように見せかけ、募集している場合もあります。さらに「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている所もあります。そういうわけで、このような「不誠実」極まりない案件は、近づかないほうが良いでしょう。

  • 就職活動において、年収は非常に重要な要素です。

  • 就職活動において、必ず話題になるのが年収です。面接において、大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。ここで年収を現実にもらっている額よりも大きく申告し、転職先で高額の年収を得ようと試みても、無駄な努力でしょう。というのは、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、たとえ一時的に信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局はウソはバレてしまうからです。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現在の会社での年収を正確に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定しておくのが無難です。なお、年収300万の人が転職後にいきなり500万円になる可能性はほとんどありえません。もし、現在の年収が430万円としたら、希望額は400~450万円であると伝えておくのが良いでしょう。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、一時的に採用されたとしても、その後、退職しなくてはいけなくなることを招きかねません。

  • クールビズの格好で転職の面接に臨む場合、いくらなんでもジャケット…

  • クールビズで転職の面接を受けに行く際には、さすがにジャケットまでは着込んでいく必要はないとはっきりと断言できますが、ネクタイは着用して面接を受けたほうが好印象を与えてくれます。タイなしでもOKだと考えている会社もある可能性はあるにはありますが、ことネクタイだけは例えクールビズだろうと必ず着用する必要があると思っている企業がまあまああります。という事で、例えクールビズ(軽装)で来るように言われていてもネクタイは必ず着用していった方が悪い印象を与えることがないということを伝えておきます。

  • 求人関連の情報をチェックする時、「デスクワークがしたい」と思う人ほ・・

  • 求人に関する情報を見る場合、「オフィス系の仕事をしたい」という人ほどはなから製造業の項目を読み飛ばしていたりするものです。そういったことをしている人は、「製造業は、現場で製造する仕事だけしか募集してない」と勘違いしていることが少なくありません。現に、製造業の求人募集でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、人事・総務・経理と言った人材や資材、購買、営業管理などの「事務系」に分類される仕事もたくさん存在します。けれども、製造業は往々にしてオフィス街から距離があるので、その点がデメリットに映る人もいるかもしれません。とはいえ、自らの執着をなくすことで思いがけないチャンスにつながる可能性があるかもしれないのです。

  • 近年では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり、…

  • 現在、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件に関する取り締まりが強くなったり、社名の公表がなされるなど損をする流れになってきましたが、まだまだ問題が多いと考えられます。実は、面接で見破る方法があります。はじめに、求人票などの労働条件を事前に調べ、怪しい点について聞いてみましょう。「ブラック企業」と対峙している場合には、求人票の記載が嘘の場合、返答が曖昧になったり、「その場では答えられない」というような逃げるような姿勢になることが多くあります。中でも「給与」「休日」「残業」の箇所については、詳細について聞くと、渋い表情を見せるケースが多いです。それでも食い下がっていくと、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、会社の正体がわかります。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、入社は止めるべきです。

  • 失業することによって得られる失業保険は、失業中であることが給付のため必要ですが・・

  • 失業した際に給付される失業保険は、失業している間もらえるが、永久に給付されるわけではありません。離職時までに働いていた期間によって異なり、90日とか120日とかが決まるのですが、中にはこれを知らずに失業を続ける限りもらえると思い込んで仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて求職活動をしない人もいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから急いで職探しをしたとしてもろくな結果とならない可能性が高いです。転職先の面接官もバカではないので、失業中に何をしていたかに関してはそこそこわかるはずです。ヘタをすると、面接官からそれらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、不合格となるでしょう。

  • 一昔前の求人誌では、募集要項の中に「性別」まで、記載されていました。

  • 一昔前の求人誌に雇用側が必要とする「性別」について、きちんと書かれていました。ところが今では、1985年に男女雇用機会均等法ができたことによって、雇用する際、男女差別がしてはいけない事が決まり、募集要項内に男女の文字を見ることはなくなりました。そのような変化があったのですが、募集情報を出す側は、男性・女性どちらでも平等に雇用するとは限りません。なので、男性欲しい業種に女性が募集にやってきたり、女性希望の企業に男性が応募してきたり、といった感じのトラブルが多々発生しています。たとえば、「女性が活躍できる職場です」と記載があれば、雇用主が働き手は女性を必要としている、と捉えておいたほうが良いです。

  • 転業を視野に入れているなら様々な会社の採用情報の詳・・

  • 転身を念頭に置いているなら多種多様な企業を普段からチェックすることが、転業した後の見る目にとても役立ちます。現在の職場にやりがいを感じられないと思っているケースでは、転職活動する際、どんな会社でもいいように見えます。そのような状況下では、どの企業に決めればよいのか、わからなくなり、選択をしくじりかねません。そのため、短期間で退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくべきなのです。会社の雇用に関する情報だけ見る以外に、転職したい会社の取引先を見る事です。透明性ある会社は、取引している会社の情報を公開していますし、そうでは無い会社は宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、その点もチェックしてみましょう。そのうえ、会社によっては、個人グループに入っていたりもするので、グループ名をチェックして、内容を確認してみてください。

  • 転職することをスムーズなものにするには、前もって情報収集をしておきましょう。

  • 良い転職先を見つけるためには、前もって情報を集めることをしておきましょう。それには近頃は中小零細企業の意地でかHPに会社のことを書いているケースが普通だから、ネットを使って自分が気になる点をチェックしておくとまたその企業のわからないことなどを解消しておくと転職の助けになってくれます。公式サイトに加え、「転職サイト」の情報に目を通しておくと有りだと思います。ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。何より転職を考えている希望の職場を自分の目で見て確かめてみるのも意味があります。

  • 友人や知人からの紹介を通じて転職先を探す人もいるでしょう。

  • 知っている人からの紹介によって転職先を探すこともあるでしょう。ただし、転職をした先の労働環境、労働条件などを知人からの口コミ情報のみで信用しすぎるとあとで面倒なことになることが多いです。なぜなら、そういう口コミというのは、客観性に乏しいからです。紹介者にとって、良い働く場所だとしても、自分には、イライラするだけの環境だってあるのです。ということで、職場環境については口コミだけに頼らずに、最終的には自分の目でしっかりチェックしてみてください。

  • 就労中には、できたら、周りの人間にバレないよう(ちなみに私自身のと…

  • 就労であるのなら、出来るだけ会社内の人に悟られないよう、(自身の場合)雇用中に転業したいという考えだけをはじめの時期に社内で仄めかして反応を見ました。でも、それから、求人サイトをあれこれ見ていったものの、働く先もタイミングさえも何も決まらずあっという間に時間が過ぎてしまいました。挙句の果てにはその一方、会社の側は、仕事の引き継ぎや手続き、私の退職予定日などが確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、本末転倒な状況になってしまいました。結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経たあと、次の就業先を探すハメになりました。

  • 就職した会社でパワハラを行う上司に心をすり減らし、ついに・・

  • 昔務めていた会社でパワハラを行う上司に嫌な気分にさせられ、その結果やっていくのは難しいと判断してその会社を退職し、ある他の同業の企業に転職しました。そこでは上との関係も良好で働くことができきわめて満足のいく日々でしたが、時が経つにつれて会社の業績が悪くなって、結局はとある会社に経営統合されることとなったのです。そしてその統合した先の会社がなんと前働いていた会社で、しかもすごく嫌いだった上司が再び私の上司となることになりました。こういう悪いめぐり合わせとは、どうしてこんな縁があるのでしょうか。当然ながら新たな転職活動を始めるつもりです。