転職のための面接を受けに行ったときのことです。

転職の採用面接を受けに希望先の会社へ訪ねました。

  • 転職の採用面接を受けにとある会社に出向いたときのことです。その日に限って会社の部屋が空いていないということで外の会場で人事部の人と待ち合わせて面接をし、当該会場で解散し、面接をした方も会社に帰らず自宅に直接帰るとのことでしたが、ところが自宅からの最寄駅が一緒。そのため電車内でも一緒に会話をしながらいっしょに帰宅することになり、打ち解けて面接しているよりもお話が弾んで、それが奏功したからなのか幸運にも採用をゲットすることができました。
  • 初挑戦となる業種などに転身したいと思っている場合には…

  • 全く経験したことのない分野とかに転職をしようとするときには、以前の職で、自分が身についた力やこれまでやってきたことを生かすことができるといった内容の訴えがいるようになります。その分野の未経験者は未経験の分その分野を経験している人よりも実際のところ、足りない部分はありますが、自らが保持しているスキルがその業界においても十分に発揮することができるということを相手に話せれば、戦えることもあり得ます。ですから、経験したことがない業界に挑戦する場合は、その業種と自分が今までやってきた職務内容とのつながりをできる限り考えましょう。
  • 今の職場・仕事内容について何かしらの不満に思うことがあるはずです。

  • 現在のあなたの仕事や職場に関して、何かしらの不満があるはずです。「自分の持っているスキルや仕事での能力を誠実に評価してもらえない」したがって、「年収アップもないし、レベルアップの見込みもない」といった不満が多くを占めると思います。けれど、気持ちは理解できます。しかし、上記のような不満を持っている人のなかには本人が自分自身の本来の能力を実際よりも「過大評価」している事が少なくないのです。そんな人が転職しようとすると、「自分が活躍できるチャンスがこの企業や職種にはない」と就職するまでの期間が長くなることになりかねません。という事態に陥りがちです。なので転職活動に当たっては自身のキャパシティを把握することが大切です。
  • 転職をしようとするときに、まずは勤務している会社を辞めて…

  • 職を変える際に、まず勤務先の会社の退社手続きをしてからという考え方もありますが、辞めてから転職活動をする際にはボーナスの支給日について事前に確認しておくのが無難です。社員にボーナスを出す企業は山ほど存在しますが、ボーナスがあるのであれば、ボーナスをもらえる日がすぐそこまで迫っているのであれば、ボーナスが支給された後で退職するというのも賢いやり方です。ボーナスはそれなりにたくさん入るので、絶対もらったほうが良いと言えますから、会社を辞めようと思ったら会社がいつボーナスを支給するかについて知っておくほうが賢明なやり方です。
  • 転職することを、今の職場の同僚たちが、あなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、…

  • 転職することが、今の職場の同僚たちが、あなたの転職を知ってしまうと、職場の状況が大きく変わるおそれがあります。働く環境によって意地悪されるかもしれないと想定しておいたほうが賢明です。時には、残業時間を意図的に増やされてしまうことも考えられるので、軽々しく「転職します」と周囲に言うのはお勧めしません。上記のトラブルを避けるために、今の仕事場では、真面目に誠実に振る舞いましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い状態をギリギリまで維持したまま、晴れやかに会社を退職できるはずです。それに、円満退職できれば、転職後、あなたが困ったときに相談できる機会にも恵まれるでしょう。規模などに関係なく、どこの企業も、人とのつながりはとても大切なので、辞める際のトラブルは、できるだけ回避しておきましょう。
  • 近年では、株・不動産投資などといった不労所得で収入を得たり…

  • 現在では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で儲けたり、独立を目指す人も増えています。そういった変化に伴い、「起業することは不安定であぶない」といった見解も変わってきています。高度経済成長時代には、株式投資や、自営業で生きるよりも雇われているほうが安定性にすぐれていました。そのため人生の正しい進路として、またそれが当たり前であるかのように、一般の人々に認知されていた。しかし、そのような時代は終わり、今現在は「成熟期」という風にも表現します。近い将来では、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、社会においては人手が不要となる時代が到来すると言われています。
  • 転職とは、希望している企業そのものよりも、採用担当の面接官との…

  • 転職活動では、企業そのものよりも、どちらかと言えば面接係員との勝負ともいえるでしょう。希望する職種に採用してもらえるように、先ずは面接が始まる前に焦らず、平常心でいるように心がけましょう。例を挙げるとお見合いのような気分でいる、向かうと良いと思います。更に大事なことは面接に進むとまずはじめにあなたの内面的な素質をくまなく見られるので悪い印象を与える言動は気をつけて避けましょう。良識ある社会人らしく面接に適した服装で向かいましょう。オーラを感じさせることができればいいです。企業にとって採用したい人材と感じてもらえれば、かならず自然と良い結果も出やすくなるでしょう。
  • 仮に再就職を目指そうとしても、すべての人が思ったとおりの成果をあげら・・

  • 再就職しようとしても全てが順調にいくという確証はどこにもありません。もしも転職するのなら、どう転んでも転職をしなくてはならないなら若い間に出来るだけ早く考えておくべきでしょう。大半の場合、30代前半まではとても有利ですが、30代後半~40代を迎えてしまうと転職はだんだん厳しくなってしまいます。要職を担当している場合、転職の気持ちが強くなっていても今の会社に籍を置くことも選択項目から除外しないでおきましょう。退社してから転職活動をスタートさせるよりも、現在の会社に籍を置いたままじっくり探すほうが良いでしょう。
  • このあいだ転職したばかりであるにも関わらず、すぐに退職を選択してしまう・・

  • 2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、すぐに退職を決断する人が意外とよく見受けられます。それは私の考えでは心機一転、新たな仕事で勤務を始めてみたものの、「自分の想像していたものとだいぶ違っていた」「こんなはずではなかった」ということで退職してしまうのじゃあないかと思います。このような、転職に関しての失敗を避けるためにはとにかく事前の情報集めを徹底する、に尽きます。具体的な業務内容、給与体系、など多角的に前もってチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。
  • あなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Iターン」におい…

  • 転職を考える場合に「Uターン」「Jターン」において都市部から郊外・地方に移住したうえで転職したい、と感じている人が増加傾向にあり、事実、実践している人も多くいます。今のネット社会では転職サイトを見れば、郊外や地方の求人も容易に知ることができますが、ただ残念なことに、地方での求人は都市部ような選択肢がないのが一般的です。したがって求人情報サイトを利用するのは当たり前ですが、転職サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」といったサイトも見逃さずにチェックしておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」など、行政が主催する就業サポートに関する情報も確認しておくとよいでしょう。
  • あたらしい職場で今までに身に付けた能力を最大限に活用できれ…

  • 転職先で今までの実力を発揮できれば、即戦力となって割と早く職場での信頼を勝ち得ることができるはずです。また会社側も、そのような能力がある人材は常に必要なので、採用側が判断しても即戦力となる転職は円滑に事が進むでしょう。しかも、かつての業務内容と似ている業務内容なら転職は非常に容易になります。但し、即戦力となる基準があなたにあっても一流企業の事務系、公務員(国家・地方ともに)といったジャンルは、今も昔も相当な競争率であることは間違いないでしょう。
  • 『転職をしたい!』と思っている人のなかで、その意志が本当に強いものであるなら…

  • 『転職をしたい!』と考えていて、自分の意志が本当に強いものであるなら、辞めたいということをすぐに上司にそのことを伝えるべきです。なぜかというと、このときに相談という形を取ると、場合によって必ず言いくるめられます。そして、実際にわたしが転職をすると話した時には話がこじれて結局、半年ほど予定が伸びてしまいました。退職する旨をはじめて直属の上司に話した時は年度末、結果的には数ヶ月働いて辞められたのはその年の11月です。希望では年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、スムーズにはいきませんでした。職場としても人事的な都合もあるとは思いますが、社員の意見を聞かないまま、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたので非常に会社や上司に対して信頼はなくなりました。
  • 今後転職活動をするのなら、良いと思う求人(OR 職…

  • 転職活動のとき、気になった求人(あるいは業種)を見つけたら、絶対「〇〇業、ブラック」とインターネットでチェックしておきましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントからはその業界に関するマイナスとなる面は、教えてもらうことは不可能です。ネットで調べれば簡易的なネット検索によってすぐに本来の姿を理解できるでしょう。そういった実態を理解しないまま、会社に入ると、のちにガッカリしてしまう可能性が高いです。だいたいその求人募集が出ている理由が「内容がきつく、人の出入りが激しい」という場合も多いので、気に入った案件や業種については、しっかりチェックしてから応募することを心がけましょう。
  • 転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。

  • 最近の転職については、政治によって状況が変わりつつあるようです。安倍総理が主導する現内閣によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった形で新たな経済政策が複数、展開されています。経済政策に連れ立って日銀主導の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界や民間企業間では今までとは違う変化が具現化されてきています。その余波を受け、民間企業の側でも若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「人員不足」が社会では多いな問題として取り上げられています。将来的に「外国人労働者」の総数を増やしていくつもりでいると現内閣は方針として掲げています。外国人労働者の増加に伴い、転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした社会的変化のなかで国内の雇用・転職事情も大きく変わっていくはずです。
  • 看護婦と言われていた看護師は働く者として歴史的背景か・・

  • 看護婦と言われていた看護師は資格として女性比率がたいへん高い職種です。あまり知られていないかもしれませんが気力や体力を大きく消耗する職場ともいえます。それ故に、職場の環境での人間関係がうまくいかなかったり、結婚や出産などのイベントでそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活との両立がかなり難しい仕事でもあります。実際、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職希望者が多いのが現状です。流動性が高い仕事であるため、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足になっています。なので、各医療機関は、看護師を募集する「売り手市場」であるため、それが転職希望者が後を絶たないスパイラルになっています。
  • 女性が転職する場合、今日と一昔前では多少の変化が見受けられます。

  • 女性の再就職において、数年前と今日とでは少し違いがあるようです。過去には面接の際に、結婚の予定や出産後の考え方などに関して、質問していました。ところが、今では結婚などについては、「セクハラ」にあたるとして、聞かない企業が増えています。また、特に大企業の場合は、この手の質問には神経を尖らせているようです。しかしながら、面接する側としては、はい・いいえ、だけでなく、その女性の姿勢結婚後・出産後の細かい予定を当然、把握しておきたいとは思うはずです。自身の価値観をわかってもらうためにも、志望動機や自己ピーアールと混ぜながら表現することで、面接官も考えがわかり、判断してもらいやすくなると考えます。ですから、聞かれていない部分も、あなたが先んじて配慮し、話をしてみると良いでしょう。
  • 転職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備は不可欠です。

  • 転職活動する場合、それなりの準備は必須です。特に「服装」を誰しも気を遣う部分ではないでしょうか。…が、ここ最近の、企業面接については私服がOKなところも多いので、きっちりスーツを着て赴く必要がない場合もあります。会社の創立してすぐの会社などは、お堅いマニュアルもないことが多く、スーツでいかないほうが相手に良い印象を与えられます。また、正装ではないので、ざっくばらんに話をしやすい、というメリットもあります。さらに私服であれば、面接の間に、服装で、相手との話が広がる可能性もあるため、担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということから、今から転職する際は、企業の「設立した年」に注目してみて、(ベンチャー系企業の)面接時には正装はせずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。