20代までに転職2回で、今現在は資格を取る目的で「派遣社員」を選択しています。

20代に転職を2度経験して、いまは資格取得のため、派遣社員として企業に採用されました。

  • 20代前半に転職を2度行い、現在、資格取得の勉強をしながら、派遣社員になりました。フルタイム勤務とは違うのでどうしても毎月の収入は過去の仕事よりも少ないです。しかし、心と時間に大きな余裕が出来ています。たまに、学生のときに資格を取得し、仕事できれば良かったのに、とは思います。実際、そういった成功例を間近に見てしまうと余計に羨ましく思ったりもします。以前は、自分に自信がなく、他人と比べてしまい、劣等感を感じていましたが、現在は結婚し、がらりと生活環境もかなり変わり、明確な進路ができて毎日が充実しています。

    転職エージェントに一旦登録すれば、電話やメールで何度も連絡が入ってきます。

  • 転職サイトに登録すれば必ず、しつこく電話やメールをしてきます。初めて利用された人はかなりびっくりすることがよくあります。「転職エージェント」は、利用者の転職をサポートすることがその役割なので、かなり積極的です。中でも特に大手エージェントは、転職を成功させることによって企業から報酬が支払われるシステムのため、転職活動を行っている人の都合よりも企業側を優先的に考えることが多いものです。その上転職エージェントは、成約数を増加させたいがために、内定が取れたすぐ後に、入社を強くすすめてくることが多いです。対抗策として自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、無理に転職しないように注意しておきましょう。

    この前転職のために人材会社へ登録に行きました。

  • 先週新しい仕事を見つけるために人材バンクへ登録をしに行きました。そこで登録カウンセリングをするために出てきた担当の人が見たところ新入社員じゃないかと思う人で、私の説明の2分の1も理解していないように見えました。それにもかかわらず「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「きちんと自分の強みを明確化しておくことが重要でしょう」とか、上から目線で偉そうにしゃべるので非常に不快な気分になりました。カウンセリングを担当する人はそこそこ社会人経験がある方にするべきだと思います。

    派遣会社に登録して働いています。

  • このところ私は派遣会社に登録して働いています。ウェブサイトの中で条件のよい仕事を見つけて問い合わせてみると「その仕事はもうすでに別の方が採用されました」とお断りされ一瞬サイト内からも仕事の情報がなくなってしまうのですが、なぜか翌日にそのページを見ると元通りに掲載されています。これは要するに私ではダメだという意味ですよね。そうであるならば最初から変に隠さない程度ではっきりと言ってくれるといいのですが、なかなかそうもいかないでしょうか。それとも偽りの仕事なのでしょうか?

    転職活動を行っていて面接で「志望動機」「転職理由」の2点は例外なく質問されます。

  • 転職活動を行っていると面接において絶対に質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機については、隠さずに話しても問題ありませんが、これとは異なり「転職理由」をありのまま話すのはキケンです。例をあげれば給与の不満、人間関係に関する問題など、面接官に悪いイメージを持たれやすいものです。もっとも、自分が不利になることをストレートに話す人はほとんどいないと思いますが、転職先の企業はそういった点を気にかけているため、かなり慎重に質問してきます。これに対抗して現職の不満を相手に言わないためには、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。そして、この会社に入ってこんな仕事をしたい、5年後、10年後はこんなことがしたい、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったような話をすり替えてポジティブな印象を与えるのです。

    「シフト制」の業務についてです。

  • 「シフト制」がある仕事についての話です。一定の曜日に入れる人を募集している求人を頻繁に見るのですが、休み方やシフトの出し方についてはあらかじめ確認しておいた方が良いです。それはなぜかというと、私自身、産休で休む人の穴埋めとして、正社員として仕事をすることになったのですが、私のシフトが「土日」固定となるシフトだったのですが、他に誰も来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った女性が土日は休むことなく出勤していたので、私も同じタイプと思われていたようです。なので「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフトを変更してもらわなくてはならず、職場の先輩たちに「日曜日に休みたいのです」と私自身が交渉しないといけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。今思うと「本当におかしな職場だった」としか言いようがありません。

    再就職時の採用面接では、小規模業者だったら大体が人事担当者ですが…

  • 転職のときに行われる面接というのは、小企業であれば、おおよそは人事担当者ですが、別の場合もあるようです。実際に今後一緒に仕事をする部署の責任者、という具合に部長や課長などの管理職が面接を担当することも少なくありません。特に、営業職や事務職に転職する際は、資格のみでは判断がしづらいですから、きちっと自身を売り込んでいく事で良い印象を与えることができます。面接官の誰からも「この人は、堂々と自己発言してるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大切です。

    「転職サイト」は、大手が運営しているもののほうが掲載される会社の数も多くなるので、…

  • 転職サイトは有名なサイトであるほど豊富な量の転職情報が掲載されているため、感じがよさそうな2,3の会社を、まずは転職サイトに登録しておいて、希望する勤務地や年収について条件を設定しておき、さらに条件に適合する案件が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと転職情報が集めやすくなります。でも、初めに限っては登録するのが幾分大変なので、登録前に履歴書と職務経歴書をしっかり準備し、それらをテキストアプリに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら、登録を進めると楽になります。登録をする第一回目は時間がやや掛かりますし、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、その後は、新規案件を確認するだけでOKなので、次回以降応募するときのことを考えれば、初回の準備に手を抜かないことを心がけましょう。

    転社を繰り返す日々を止めるためにすることは一つだけです。

  • 転職を繰り返す日々を止めるための対策が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、そう簡単に転職を繰り返しません。現在は、インターネットを使って精神面を鍛えるコツは容易に拾えます。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職とは関係のない行動をすることもメンタル面を鍛えさせてくれます。たとえばズバリ「海外旅行」です。外国は、文化も言語も、日本とは大きく違うため、すべてのことが良い刺激となります。ですから、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。日本に戻ってくると、「自分の視野の狭さ」に驚き、「世間の小ささ」というものをしみじみと感じることができます。その気持ちのまま(転職のための)面接に向かえば、今までの面接とは違って自信満々に自己アピールができるはずです。でも、退職後は精神的に弱っている人が多いので今後のために休暇も必要です。

    転職サイトや転職エージェントといったサービスを通じ・・

  • 転職サイトや転職エージェントを活用して、転職活動を行うことは常識になりつつあります。さらに、もっと確実によい仕事を見つけたいのであれば、それに加えて転職フェアにも積極的に参加してみてはいかがでしょう?多くの企業が一度に集まるので、参加したのなら複数の企業について知ることができ、それだけでなく、常駐するスタッフ(説明員など)から、企業特有の個性を感じられるでしょう。転職フェアに行く際には、面接を受けに行く心構えで企業の人に好印象を与えるように心がけましょう。その結果としてフェアの期間中に自分の能力や人柄が評価されれば、後日応募して面接の本番時に非常に有利となります。

    私たちの社会的環境において、これから着実に簡単な作業・・

  • これから段々とシンプルな仕事は機械化によってそれによってそういう仕事をする人員はどう考えても縮小していきます。というのは、シンプルな労働は機械を稼働させたほうが圧倒的な作業量をこなせるからです。例えば、数量を計測したり、同一の動きを延々と繰り返すことは機械なら何の苦もありません。人と違って文句は言わないし、疲れることがありません。また、ズルもしないし、何より正確ですし、均一化できる強みもあります。付け加えて、「人件費」が発生しないのも違いですね。このような理由から、労働力として生身の人間を使う意味が無いため、機械化が当然の結果といえます。

    仮にあなたが、転身を決意したなら、徹底して社内の人間に・・

  • 現職からの転身を決意したのなら、徹底的に周りの人にはその意思を知られないように、首尾よく転職活動を進めていき、転身先が決まらないうちは、可能な限り周りの人に悟られないよう通常通りに業務をこなしていくのがたいへん堅実です。転職先が決まっていない間、その点を自覚しておくと、もし仮に希望に知った転職先をすんなり見つからなくても、転職時期を見合わせながら、今の職を継続してもトラブルがありません。そうではなくて、ついうっかり「転職するつもりでいる」と口を滑らせると、同僚はその言葉を受けた対応をします。また周囲に「辞めるつもりです」と言ってしまうと社内では「あの人はもうじき転職する」と広まります。そうなると、転職したい思いが消えて、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」となっても、周りの人は、「一度は仕事を辞めようとした人」という目であなたを見るため、仕事を続けている間、身の置き所がないと感じることもあるでしょう。

    転職で仕事先を一新するということは、自分自身に合う新たな就職…

  • 転職することで仕事先を一新するということは、自分に合う勤め先を見つけたいものです。職場を変えれば向いている仕事に出会う可能性もあります。けれども、良い面ばかりでなく相応の努力やスキルを持っていないと、転職自体がままなりません。別の言い方をすると、自分自身が価値ある人材になれば、天職に恵まれることも可能、ということです。現代は、職業選択の自由が普通に常識として認識されているので、天職の道を選んだとしても偏見を持たれて、肩身が狭い思いをすることもありません。終身雇用制度がなくなりつつある今は、「即戦力になる人材が欲しい」と思っている企業も増加傾向にあるので、今の良い時期をうまく利用してみるのも良いでしょう。

    こういう転職というのは従兄からの話です。

  • こういう転職というのは兄の友達の話です。始めに新卒として入社第一志望であった憧れのA社の最終面接で不採用となり、それから後やむを得ず他の会社に就業しました。その後約1年半経過した頃に派遣の求人のサイトの中で奇遇にもA社の紹介予定派遣の仕事を発見し、いてもたってもいられなくなって当時働いていた会社をすぐに退職し、A社で派遣の就業を開始、思い切った行動ですね。必死のパッチで頑張ってその後無事にA社で正社員になり、現在においては仕事のやりがいを感じつつ明るく働いています。

    これから転職することをするのなら、現在の仕事・業務の何に不満を感じているの…

  • そのうち転職することをするのなら、直近の業務や業務の何に対して不満を感じているのかを明確化する事が必要です。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。元々不満が限界に達しているから転職したいと考えているのは分かります。しかし「しっかりと現在の業務の客観的に考えた問題な点を挙げる」ことを多くの人はやっていません。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。そのあと、転職を叶えたあと、「今より何が不便になるか」を想像してみましょう。現状の問題が全て解消されるとは限りません。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職してからのモチベーションの低下は抑えることはできると思います。

    どうもスマホは便利でネット上では、「転職のためのサイト」に類するもの…

  • 近頃スマホを使えばわかるけどネット上には、いわゆる「転職に役に立つサイト」に類するものがそこらじゅうに存在します。自身にあった転職先を見つけたいなら、なんといっても情報を収集することです。こんな「転職サイト」をきっちり使いこなすことで、効率的かつ満足度の高い転職先探しが可能です。更新頻度が高く、さらには客観的なデータもしっかり掲載される優良な「転職サイト」がある一方、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、注意しておきましょう。はじめは、信用に値するサイトかどうかを見極めることが大事ですから類似サイトと比較しながらチェックしてみましょう。

    派遣社員として働くことになりました。

  • 派遣でのお仕事が決定しました。勤務初日に営業を担当している方と会社の近くのコンビニエンスストアで待ち合わせをしたところ、彼が約束をした店の前にいないので中にいるのかもしれないと思ってコンビニの中に入ってみると、彼は大胆にも雑誌売り場の前に座り込んで女性の裸が載ったグラビアページを開けて読んでいるところを発見!こんな人が自分を担当するなんて願い下げだと感じて、挨拶もせず店を出て即座に派遣会社に辞退の連絡を入れました。