転職をするにあたっては前もって、ハローワークやインターネット上の求人情報を見たり…

転職活動を始めるにあたっては、事前にハローワークや求人雑誌の求人情報を閲覧したりして…

  • 転職を行うとき、まず第一に公式サイト、求人票、パンフレットといったもので関心のある会社を調べるとは思います。ところが、その会社が実際にそのようなところに情報を出す場合には、コンサルタントに相談をしていることが多いです。コンサルタントは、会社の利益にならない情報を隠す達人です。たとえ公開するとしても遠回しな表現に徹します。そういった類の会社や社員に関連する情報については、額面通りではなく、半信半疑で聞き流すべきです。心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、「聞いていた話と違うじゃないか」と気が付くことになることが多いです。悪意ある会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後は、いろいろと文句をつけていかにして辞めさせないようにするか謀略を練っています。このようなブラック企業には注意しましょう。
  • 古来より「石の上にも三年」という教えがあります。

  • 古来より”石の上にも3年”という諺もありますが、1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」が崩壊に向かっている現在では「転職」を経験するのが当たり前の世の中になってまいりました。けれども、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、安易に仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。実際に転職するには適したを図る必要があります。初歩として、現在の職場、仕事の内容について、納得できていないと感じることを約10項目箇条書きしてみてください。こうすることによって、転職に役立ちます。そして、もし未来の展望が拓けたのなら、決断を早めにし、今より良い仕事を手に入れるべくトライしていることも大切です。
  • これから転職される人で次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそう・・

  • 近いうちに転職される人で次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は、できれば「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。この手当てはあなたが勤めている会社でしっかり「雇用保険」を支払っているのなら、手続きをすればだれでももらえます。また、ハローワークで手続きをしてくれます。自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、場合よっては会社都合の退職だったり、残業時間次第ですぐに受け取れることもあります。さらに支給される「失業手当」の金額については、最後に働いた月の給料を基準に支給する額を計算されるため、もし、「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。
  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員になっても1年経ったら好きなタイミングで退職できるわけではないと転職活動によって思い知らされました。私は結婚し、生活が落ちついたら、早く子供がほしかったので、その時がくるまでのあいだ、数年くらい今の会社でそのまま続けられれば良いなと思い就職しました。その為、年収は安かったですがやはり時間的な自由を得たかったので、あえて選択しました。しかしながら、いざ入社してみると一緒に働く方たちはほとんどが派遣社員として10年~15年くらい勤務しているというのです。結論として派遣といえども、すぐに辞められる雰囲気もないと知り、悩みが増えました。
  • 初めて転職を行うとき、気を付けるべきことはなぜ現在の仕事を辞める必要があるのか…

  • 人生で初めて転職をするにあたって、忘れてはいけないのは現職を辞めたい理由をはっきりすることです。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておく必要があります。問題解決が可能な企業を決めましょう。転職活動は、在学中の就職活動とは違って、働きつつ、就職活動をしていくことから、時間と体力が必要になります。したがって理由がはっきりしないまま転職活動を行った場合、途中で挫折してしまう可能性もあります。「ゼッタイに転職したい!」「現状をなんとかしたい!」という強い情熱がないのであれば、転職活動を本格的に始めることはやめておくことをおすすめします。
  • 安定した生活を求めるべく正規の社員になろうとしている・・

  • 安定した人生を手にするべく「正社員」として働くことを念頭に置いている人がかなりいらっしゃるはずです。けれども、役立つスキルを身に着けたりしていくら頑張っても正社員としての転職が実現しないこともあります。非正規雇用者の求人があるのに正規雇用の求人情報に拘り、チャンスを放棄してしまっている人が多いといいます。万一正規雇用での雇い入れが難しい場合は、契約社員の募集も選択肢に加えてみましょう。契約社員や派遣社員募集の企業の中には会社に貢献する度合いが高ければ、2,3年で正規雇用にステップアップができることもあるからです。面接時に「正社員登用」の機会があるかどうかを尋ねておけば、将来のプランも組みやすくなります。
  • 再就職をする際の面接での身なりはクールビズでもOK…

  • 転職の時に行われる面接時に企業側からクールビズでお越しくださいと伝えられることもあるようです。しかし、なかには、クールビズで伺うのは実際は社会人として常識に欠けるのでは?と思いがちです。クールビズの悩みを心に感じている人たちに申し上げたいのが、クールビズで来ても良いとされたのなら、伝達事項を素直に聞き入れるほうが無難です。色々考えて、暑苦しい最中しっかりとスーツを着ていくと自然ではありませんから、会社側からクールビズでお越しくださいと事前に聞かされたのならクールビズで行く方が好ましいのです。
  • これから転職する場合、「派遣社員」を選択しようと思っている人に…

  • これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方にぜひ注意して欲しいことが複数あります。派遣社員と聞くと「電話対応」「お茶出し」「その他雑用」といった仕事内容をぼんやりと考えた人がおそらく多々ありますよね。はじめは私もそう思ってました。今、勤めている企業に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募した際にも、「業務は電話対応になります」と入社前に派遣会社から伝えてもらっていました。ところが、いざ仕事に就くと、なんと「電話対応」以外に、足りない正社員の業務の穴埋めを任されてしまいました。とくに特別な知識もなく、面接のときの説明とは全く違うので日々全くわからないような内容でしたので、今はとにかく、「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。
  • 好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている人は要注意です。

  • 自分自身の好きなことを仕事にしたいと思っている人は気をつけた方が良いです。私が実際に経験したことなるのですが、私は、食べることが大好きでそれが理由で、前に、料理店で仕事をしていた時期があります。その飲食店での業務内容は、そのお店で任されていた仕事内容は、簡単な盛り付け作業やホール業務です。この業務内容に関しては、嫌とかいったこともなく楽しんで仕事ができていました。けれども、人間関係にすごく疲れてしまいました。そのことが引き金となって職場を離れることにしたのですが、それと同時に、好きだった食べることやその店でメニューとして提供されていた食べ物さえも嫌いになってしまい、同ジャンルの飲食店は今も行けていません。当時の店の匂いを思い出すだけで辛くなります。仕事を始めたばかりの頃は、大好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。自分の得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいと夢見て、実現させることは本当に素敵なことだとは思います。しかし、あなたの「好き」のレベルはどの程度のものなのか、真剣に自分と向き合う必要があります。
  • このように昨今の雇用形態が変化したことに関して、全世代の中で…

  • このように今の時代の会社や企業の雇用形態のめまぐるしい変化において、全世代の中で34歳ぐらいまでの若者の世代は敏感に感じ取っておそらく、将来のキャリアアップのために、色々と考えているのでしょう。ですから、サラリーマンや労働者といった人たちの流動化が進行しているようで、なおさら、この先、世代に関わらず転職の関心度が増加すると考えられます。労働力の「流動化」の影響で仕事を変えることは当然のことと認識されていくでしょう。「終身雇用制度」が普通に実在した頃には、転職者は、それだけで評価が下がりやすい傾向が強い、転職が思うようにいかず、困っていた人もたくさんありました。ところが、時代が変化し今やっている会社のみに執着する意味も必要性も減っているように感じます。
  • 一般的に見て大きな会社は定期採用中心です。ですから、…

  • たいていの場合は大企業では、「定期採用」で人材募集することが普通なので、転職希望者には不向きです。また、郊外~地方となるとその見込みはきびしくなります。例外として、製造業に関して言うと、都市部でない地方の工業団地付近に製造工場を置いている可能性が高いです。また、そういう地方工場では事業分野の拡大に伴って「人員募集」を行っているので、そのチャンスを利用して転職するのも悪くないでしょう。そのためには、地方の工場を転職に考える場合、転職を希望する会社についての情報をあらかじめ得ておきましょう。公式サイトに訪問し、求人の予定がないか、ちょこちょこ確認しておきましょう。
  • 転職活動の最後の問題として、「現職の退職」があげられるのではないでしょうか。

  • 転職活動をする際の最後の難関として、現在勤務している会社の退職があげられます。転職先の会社から採用の内定をゲットしたとしても、現職の会社が退職を引き留めようとするかもしれません。そのような場合は、何としても退職する、という強い気持ちをもつことが大事といえます。たとえ引き留められて、一時的にとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社には、最終的には愛着もなくなってきます。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を書いておきましょう。それから、決定権のある上司と談判し、「退職に関する交渉は、一切拒否します」と遠慮せずに伝えます。「円満退社」をすることも就職活動において大事なポイントになってきます。
  • 転職する際、比較的重要視されるのが「面接」というものです。

  • 転職をする場合、比較的重要視されるのが「面接」です。普通の面接の際は面接担当者が応募者に対し、転職理由など色々なことを質問されると思います。そして、面接を終えるあたりで次は、転職希望者から、面接担当者へ不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。面接担当者から「何か弊社に関して疑問に思うことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。と尋ねられた際に緊張状態で、戸惑う事もありまよすね。そうならないためにも、面接の前には面接担当者からの問いに際し、答えを考えておきましょう。冷静になればいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。
  • 転職期間では、趣味に時間を費やすほか、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れ・・

  • 転職期間では、趣味に没頭したり、体力を損なわない生活が良いでしょう。会社が決まり、仕事復帰した際に、趣味に集中していたおかげで知らないうちに集中する力が身に付きます。加えて、体力アップしているために、その場の社員さんと比較すると疲れない身体になっている、と自覚します。そのため、退職して次の仕事を始めるまでは自分の好きなことに打ち込むことと、体力を落とさないようにしておくのがおすすめです。転職が決まり、その職場にてあなたと共通の趣味の人と出会えれば、親しくなれるきっかけになるので、時間がなくてできなかったことに挑戦してみるのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。
  • 現代はインターネットの就職斡旋エージェントの中でビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社をよく見かけるようになりました。

  • 今日はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社も増えてきました。特許を取った経験のある人は、連絡が来ることが期待できます。彼らは、特許を取った人のほかに、「研究開発論文」を発表した人や、雑誌で紹介された人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人を対象に、電話やメールを用いてコンタクトを図り、ヘッドハンティングするネタにしています。もしもあなたが、ヘッドハンティングっぽい連絡をもらったならそのキッカケを考えてみましょう。たまに、ヘッドハンディングのように見せかけて、登録料を請求する会社もあるらしいですが、その手の会社は確実に嘘なので、注意しましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者がお金を支払う必要はありません。
  • もし転職される場合は、事前に資格を取得することで有利に事が運びます。

  • もし転職を考えているなら、あらかじめ資格を取得することで有利になります。また、現在の仕事をしているあいだに資格を取得すると、転職活動の際でそれを生かせるので、新しい仕事を見つけやすくなります。であるため、在職期間中に資格取得をするのが良いといえます。もしあなたが未来を考え、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、仕事を辞めた後も後悔することなく前に進めるはずです。それに、資格を持つことによって、転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接で「即戦力」と判断され、以前の職場より待遇も良くなる可能性が高いです。
  • とある古物商の求人にて、書類選考に合格しました。す…

  • とある古物商のお店で、書類選考をパスしました。2、3日して担当者から、面接日時を教えてもらいました。しかし、当日、指定された場所へ行ってみると、どうしてか相手が、面接準備を一切していないと知りました。しばらく待って、所長と思しき人が面接担当をしてくれたのですが、呆れるほどけだるい表情を見せ、何とか面接が終了しました。けれど、予定日を過ぎているのに、合否結果すらなく、しびれを切らし、私の側から問い合わせると、「郵送で今日、送付しました」と返答されました。しばらく待ちましたが、ですが、これも来ず、そんなわけでもう一度電話した結果、どういったわけか、「今回はご縁がなかったということで」とその直後、電話が切られてしまいました。あまりのことに呆れて言葉を失いましたが、とりあえず不採用で良かったと感謝しています。