転職を行うにあたり、現在勤めている会社を退社する・・

転職の際に今務めている会社を辞める時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが…

転職を予定しているのなら今勤務している会社辞める時に「失業保険」給付のための手続きをしておく必要があるのですが、あなたの都合で退職願を提出して会社を去る、いわゆる「依願退職」の場合には即座に失業保険が出るのではなく手続きをした後で失業が確認されてから3か月経つこことが必要なのです。よく間違って退社の1日後から3か月経過すれば給付されると思い込んでいる人がいますが、実際にこの間違いを犯した人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると言い張ってそれが原因となりハローワークの職員と口喧嘩をしているのを見たことがあります。ちなみに、労働者側の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職するときは、失業認定されて直ちに失業保険をもらえます。

大規模な転職エージェントほど、潤沢な案件を抱えてい…

転職エージェントは大規模であるほど、潤沢な案件を扱っているという長所がありますが、一方、転職希望登録者もたくさんいます。そのためあなたが、応募したい会社を見つけても、あなたの担当者が可能性が低いと判断すれば応募してくれないこともかなりありますし、企業から見てあなたよりも有能だと評価されるライバルがいれば、その人を優先することも考えられます。大手のエージェントは、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱っており応募しがたいので、策略を変えて少し規模の小さいエージェントに対し、希望する会社や案件に関して相談し、応募できないものでしょうか?と相談すると自分の利益を考えてアプローチしてくれることもあるので、そういった感じで利用してみるのも一つの手だと思います。

転職する際に、ウェブ上で就職を斡旋してくれる業者(エージェン…

就職活動をするにあたっては、ネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」を利用するケースもあるでしょうが、もしもそこに登録し、幸運にも職を得ることができた場合でも、失業保険を受け取ることはできないので要注意です。ハローワーク以外の機関を使って就職が決まったとしても失業保険とは無関係なのであとで後悔しないように気をつけておきましょう。一方、「ハローワーク」を通じて斡旋してもらった会社に就職できた場合は、就職に備える準備金として、「一時金」を得られたりもします。ネットで集客している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険の手続きは管轄外です。知っておかないと失業中に給付金を手に入れなくなる事態になるので、就職エージェントの利用を検討される人は特に気をつけましょう。

求人広告には、とうぜん多くの株式会社では月の給与が記載されているはずです。

求人についての情報を見てみると、大部分の場合は大部分の企業では月収がしっかりと記載されていますよね。この部分を頭に入れる際は、注意して確認する事が欠かせないです。額の多い少ないだけを見て判断しないほうが良いです。実は企業によっては、月収の金額の中身が「毎月15時間の残業」が含まれているおそれもあります。残業代を入れることで金額が高く見えるようにしているケースも考えられるのです。そのほか、「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている所もあったります。そういうわけで、そういった応募者を増やそうとする会社にははじめから相手にしないほうが無難です。

就職活動において、年収は非常に重要な要素です。

転職活動で話題にあがるのが「年収」です。面接時には、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき年収を現実にもらっている額よりも大きく申告し、高額な年収を獲得しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、たとえ一度は騙せたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局は後からバレてしまいます。最悪の場合、トラブルを引き起こすこともあるので、現在の会社での年収を水増しせずに申告し、それに釣り合う希望年収額を設定するのが賢い選択となります。今の年収が400万円の人が、転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほぼあり得ません。現在の年収が430万円としたら、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくことをおすすめします。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなって、一時的に採用されたとしても、退職に追いやられる事態になるかもしれません。

クールビズのスタイルで再就職の面接を受けに行くときには・・

クールビズの格好をして再就職の面接を受けに行くときには、やっぱりジャケットまでは着なくても良いと間違いなく言い切ることができるわけです。ですが、ネクタイはして行った方が安心です。ネクタイに関してもジャケットと一緒でなくても大丈夫だとしている会社も存在することはあると思います。ですが、ネクタイにおいては例えクールビズでも着用しなければならないと考えているところがそこそこ存在するわけです。という事で、例えクールビズが指定されていてもネクタイに関しては着用いく方が悪い印象を与えないということは知っておいてください。

求人情報をチェックする時、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思っている人…

求人に係る情報を見る場合、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほど、製造業をあまりチェックしていませんが、そんな人は「製造業は現場で製造する求人募集しかやっていないだろう」と勘違いしているケースもあります。製造業の求人募集でも、経理、総務などのスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「事務系」に分類される仕事も相当数あります。ただ、製造業がある場所はオフィス街からやや離れたエリアにかまえていることが多いです。そのため、仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、嫌だと言う人もいるかもしれませんが、とはいえ、自分のこだわりを捨てることによって素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、視野に入れてみてください。

現在、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり…

現在、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件についての取り締まりが厳しくなったり、社名が公開されるなど、厳罰を処するようになってきましたが、完全には程遠いと考えられます。実は、面接で見破る方法があります。はじめに、求人票などで労働条件を見えておき、それらをもとに堂々と質問してみることです。おおよそブラック企業であれば、求人票の記載が嘘の場合、不自然な返答になったり、「その場では答えられない」みたいな逃げようとすることが多いです。「休日」「給与」「残業」では、質問責めすると、渋い表情を見せることが多くあります。それでも質問を止めずにいると、ふてくされたような態度を見せ始めるため、そこで相手のウソを確信できます。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、何か違和感を感じたら、他の会社をあたったほうが良いと思います。

失業した人に給付される失業保険は、失業中でなければもらえませんが、…

失業時の助けになる「失業保険」は、もらうためには失業中であることが必要ですが、延々と受け取れるワケではなく、「期間」があります。それまでに働いていた期間に応じて3ヶ月、あるいは1年と決められるのですが、なんとこの現実を理解していない人がいます。失業を続ける限りもらえると思い込んで失業保険で食べていけばいいと考えて遊び続けている人もいますが、給付期間が終わる段になってやっと期間制限があることを知り急いで就職先を探しても好条件の仕事を見つけるのは至難の業です。面接に応じる担当者もバカではないので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」といった点は大半は相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いでしょう。状況次第では、面接担当者からそういった質問を矢継ぎ早にされることもあります。返答に詰まったり、自身を良く見せようとバレバレの嘘をついてしまうと、受かりません。

何年か前までは求人情報には、性別が書かれていました。

数年前は求人誌では、雇用側の希望する「性別」がもれなく記載されていました。ですが今現在では、「男女雇用機会均等法」ができたことによって、男女の求人や、採用での差別をないようにしないといけないルールが決まり、求人情報のなかに男女の性別を記載しないようになりました。そうはいうものの、求人を出す側としては、実際のところどちらが希望と言う想いがあるはずです。現実問題として、実は男性を希望のジャンルに女性の採用希望者がやってきたり、女性希望の企業に男性が応募してくる、といったような問題が起こりうる可能性があります。例として、「女性が活躍している職場です」と記載があれば、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と解釈しておいたほうがトラブルを回避できます。

転業を予定しているのなら、こまめに多種多様な企業の情報の詳…

転職を検討しているのなら、多くの会社の採用情報を日常的に調べたり比較したりしておくと就職先の判断がしやすくなります。あなたが今の仕事に不満足だと感じているケースでは、転職活動を開始したとき、どの会社もいいように見えます。そうなってしまうと、どの会社に決めればよいのか判断が難しくなり、会社選びをしくじってしまう恐れがあります。すると、一瞬で退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、会社の良しあしを見極める目を養っておくのがベストです。方法としては、会社の雇用面だけを見るのではなく、その企業の「取引先」を見るのがオススメです。良い企業は、取引先を公開していますし、逆にそうでない会社は、広告宣伝ばかりしている傾向が強いので、求人チェック時に見ておきましょう。そのうえ、会社によっては、個人グループに入っているものもあったりするので、グループ名で調べ、確認しておくのも手です。

転職することを成功させたいのなら、計画的な行動をしなくてはいけません。

転職を成功させたいのなら、あらかじめ、行動するようにしましょう。そうしようと思うのならインターネットを見ると会社の名前を知られていない小さな企業だとしても公式サイトを開設している企業が当たり前になっているので、ネット検索であれこれをチェックしておくとそれとその会社の疑問などを解消しておくと転職に役立ちます。また、公式サイトのほかに、「転職サイト」にログインするのも良いかもしれません。また、インターネット以外の手段として、希望している職場を自分の目で見て判断してみましょう。

友人・知人からの紹介によって転職先を見つける人もいます。

知人の紹介をキッカケにして転職先を見付ける人がいます。しかしながら、転職をした先の労働環境やそれから労働条件といった部分について知っている人からの口コミ情報を過剰に信じると後々問題になるおそれがあります。言うまでもなく、一人の個人による口コミ情報は主観的な色合いが強く、客観性に乏しいためです。紹介した人にしたら良い職場に思えても、、自身には、ストレスだらけの環境、、、という可能性があります。でもその逆も然りです。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミだけで判断せず、自分の目でチェックしておくようにしましょう。

在職中はできたら、周囲にバレないよう(私のときは)雇用期間…

雇用期間にあるときは、できるだけバレないように(私の経験談ですが)雇用期間中に転社する意図だけ、活動初期の段階で周りの人に言ってみたことがありました。けれど、その後求人情報を探してみたものの、思いとは裏腹に就職先や仕事を変えるタイミングも何一つ煮詰まっていないままいつの間にか時間だけが経過してしまいました。そしてその一方、当時所属していた会社の方は、仕事の引き継ぎ予定や手続き、自身の退職日などが決定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で転職先を探していく」という、本末転倒な状況で会社を去ることになりました。実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経験したのち、次の就業先を見付けなくてはなりませんでした。

勤めていた会社で反りが合わない上司に神経を使い、その…

初めて働いた会社で嫌な感じの上司の存在に悩みを持ち、その結果我慢することができなくなり退職し、ある他の同業の企業に転職をしました。新しい会社では気分よく勤務することができてきわめて満足のいく毎日でしたが、緩やかに業績が悪化し、ある会社に経営統合されることになりました。ところがその経営統合した先の会社がなんと以前働いていた会社で、その上ものすごく嫌いだった上司がもう一度私の上司となることになりました。まったく困ったことになりましたが、本当に縁があります。言うまでもありませんが再度の転職活動を始動しています。

転職における採用面接にとある会社に行きました。

転職時の採用面接にとある会社に伺いました。その日に限って会社にある会議室が空きがないということで社外のとある場所で面接官と待ち合わせで面接を行って、その場所で解散し、面接をした方も会社に帰らず直接帰宅するとのことでしたが、ところが自宅からの最寄駅が同じ。ですから電車の中でも一緒に話をしながら帰ることになって、そのためお互いリラックスして面接の時よりも話が弾み、それが良かったからなのかなんと採用を勝ち取りました。

これまで経験したことがない業界などに転職したい場合に…

全くの初挑戦となる業種などに職を変えようとするときには、以前の職場で、自分が培ってきた腕前やこれまでの経験を発揮することができるという訴えがいるようになります。未経験のジャンルの場合、その分だけそのジャンルで経験してきた人たちよりも正直、不利になりますけど、自らが保持している能力がその業界でも十分に生かすことができるということをしっかりと相手に言えば、戦うことができる場合も考えられます。そういった訳で、経験したことがない分野に挑む場合は、その分野と今まで自分が経験してきた仕事との関係を探し出してみましょう。