今現在の職場や業務内容に対して、ほとんどの人は何かしらの不満点を感じているでしょう。

今の職場や業務内容に対して、大半の人は不満を感じていると思います。

  • 現在のあなたの仕事や職場に関して、不満に感じていることの中に、「自分の持っているスキルや仕事での能力を正しく評価してくれない」さらに、「給料は増えないし、出世する可能性も見いだせない」といった不満を挙げる人が多くいます。気持ちは理解できます。しかし、そんな不満を持つ人の中には自身の本当の才能を実際よりも過大評価していないか、改めて確認する必要があります。そういった人が転職活動をした場合、「自分が活躍できるチャンスがこの求人にはない」と中々就職先が決まらないと言う事に陥りがちです。可能性があるので、注意しなくてはいけません。そういうわけで再就職を円滑に行うためには、自分のキャパシティを知る事が大切です。
  • 転職活動を始めるときに、会社を辞めた後でと思っている人もいるようです・・

  • 転職活動を行う際に、とにかく今勤務している会社を辞職した後でという人もいますが、そういったときにはボーナスの支給日について事前に確認しておきましょう。ボーナスの支給がある会社はいっぱいあるわけですが、社員にボーナスが出る場合には、ボーナスが出る日がもう少しのときには、ボーナスをもらってから会社を去るという方法も得をする方法です。ボーナスと言うものは随分額が大きいので、もらわないと損ということも言えますから、会社を辞めるときにはボーナスの支給日について確認するのを忘れないようにするのが賢い方法です。
  • もし転職前、今勤めている会社の人たちがあなたが退職すると知ってしま・・

  • 転職前、今の会社の人たちがあなたの退職を知ると職場の状況が悪くなる可能性があります。普段から良好な場合であれば、これまで通りに行くこともありますが、意地悪される可能性もあります。さらには、意図的に超過勤務をさせられることもあるので、軽率に「転職します」と口にするのはお勧めしません。上記のトラブルを回避するために、現在の仕事場では、真面目な態度でいましょう。そうしておけば、良い関係のまま最高の形で会社を退職できます。また、円満退職できれば、転職後に、何かあったときに相談できる機会も出来ます。業界や規模に関係なく、どこの会社も、人との縁はとても大事なので、仕事を辞める際のトラブルだけは起こさないようにしたいものです。
  • ここ最近は、株式・不動産投資などといった不労所得で儲けた…

  • 近年では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得や個人経営 といった生き方も増えています。そのような移り変わりもあり、会社勤めだけが世の習いといったこれまでの常識も変わってきています。高度経済成長時代に関しては、先の見えない株式投資や自営業よりも会社勤めの方がずっと安定性があり、人が生きていくうえで正しい進路として、またそれが至極当然のことのように、社会に認知されていました。しかし、そんな時代は終わり、現代は「成熟期」という風にも言い表されています。コンピューターの進化とともに、将来的には自動化・機械化が顕著になり、仕事でも人を不要とする社会になっていく、と言われています。
  • 転職活動は、希望している企業そのものより、どちらかと言えば面接係員と…

  • 転職は、最初の第一歩は希望する企業相手というよりも採用担当の面接官とのやり取りが重要です。しっかり採用してもらうために、ゼッタイに肩の力を抜いて冷静に対応することを心がけましょう。例を挙げるとお見合いをするような意識で望むと良いと思います。とくに面接によって最も最初にあなたの雰囲気や人間性を評価されるので悪い印象を与える態度は注意し避けましょう。なおかつ常識的な社会人らしい清潔感・好感度ある服装(T・P・O)を意識してみてください。あなたの個性を表現できるといいでしょう。魅力的な人物と感じてもらうことができたら、きっと良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。
  • 転職を考える場合、すべての人が満足いく成果をあげられ…

  • 仮に転職しようとしても全てが順調に運ぶ保証はありません。どうせするなら、いつか、しようと考えているならあなたの年齢が若いうちに考えておいたほうが良いです。普通一般的には、30代前半までは良い結果が出やすいですが、30代後半~40代に突入してしまうと転職自体がかなり厳しいものと理解しておくべきです。もしも、管理職など、重要な役職を担当している場合、転職に気持ちが傾いたとしても、会社に残ることも結論として選ぶ答えの中に残しておくべきです。要するに、会社を辞めてから転職活動を始めるよりも、今の会社での業務をこなしつつ、時間をかけて注意深く行動したほうが良いでしょう。
  • ついこの間、転職したというのに、入ってすぐに辞めてしまう人という…

  • 2,3ヶ月まえに、転職したばかりというのに、少ししか仕事もしてないのに退職届を提出する人がけっこう少なくないのです。何故そうかと思うとおそらく気持ちも新たに、良い環境に飛び込んだものの、「自分自身の理想としていた仕事と堪えられほどギャップがあって幻滅した」「納得行かない慣習があってウンザリしている」と考えてしまって退職を決意することが多いといいます。このような、転職先選びでの失敗を避けるためにはまずは転職先の情報収集を徹底しておく必要があります。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、業務におけるルール、昇給システム、など事前にチェックしておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。
  • もしもあなたが転職をする場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」にお…

  • 転職をするとき、「Uターン」「Jターン」など、都市部から地方に移り住んだ上で再就職したい、と感じている人が増加傾向にあり、事実、実践している人も多くいます。今では転職サイトを使えば、地方の求人もいつでも容易にアクセスできます。ですが、地方での求人情報では、大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないのが欠点といえます。なので、求人サイトだけを頼りにし過ぎてしまうのは考え物です。転職サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」などのサイトも定期的に確認しておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」などの行政が開催している就業サポートに関する情報も注意してみておきましょう。
  • 新しく就いた勤め先であなたの過去の能力を活かせられれ…

  • 新たな仕事で今までに培ってきた資格やキャリアを活用できれば、即戦力として周囲から扱われ、割と早く職場にも馴染めるようになるでしょう。人を雇おうとしている会社サイドも、そのような能力がある人材は常に必要なので、採用側が判断しても即戦力となる転職はわけなく採用されるでしょう。加えて今までの業務内容と同じ内容であれば見込みは十分にあります。そういっても、ある程度の能力があるといっても大手の事務系、公務員などは、時代に関係に左右されることなく相当な難関であることは間違いないでしょう。
  • 『転職したい!』と考えていて、自分の意志が本当に強いものであるなら、…

  • 『転職をしたい!』と思っている人でその意志が本当に強いものであるなら、辞職したいということを速やかに上司に伝えましょう。しかし、このときに相談といった形で話を持ちかけると、上司に言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。また、実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、退職を引き伸ばされてしまい、結果的に、退職までに半年ほど掛かってしまいました。辞職することをはじめて直属の上司に相談したのが年度末で、結果的には数ヶ月延びて退職が認められたのは同年の11月です。予定では、ちょうど年度末いっぱいで辞めたかったのに、思ったとおりにはいきませんでした。やっぱり企業サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたので心底前の会社に対しての信頼はなくなりました。
  • これから先、転職活動をするという時は、気になる求人を見るたび・・

  • 今から転職活動をするという時は、気になる求人(業界)を見た際に絶対「〇〇業(気になる業種)、ブラック」とインターネットで検索してみましょう。求人票や転職サイトの担当者の情報では、まずその業界に関するマイナス面などは教えてもらえないのが普通です。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、ネット検索ですぐに実態を知ることができます。そういった面を知らずに入社した場合、あとから落胆してしまう可能性もあります。その求人が出ている理由が「内容がきつく、なかなか人が定着しない」という場合が少なくないのです。気になった案件について、注意してください。
  • 政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況について・・

  • 最近の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。内閣総理大臣である安倍総理による現政権によって、アベノミクス「三本の矢」といった経済政策が続々打ち出されています。日銀の金融政策との相乗効果によって、財界や企業間では今までとは違う変化が出つつあります。そういった変化を受けたことで、民間企業の側でも労働人口減による「人材不足」が深刻な社会問題になっています。ちなみに「外国人の労働者」の割合を現状よりも増加させていく、前提と現政権は宣言しています。日本国内の転職問題についても幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化のなかで、国内の雇用や転職をとりまく事情も変化していくのは間違いありません。
  • 以前は看護婦と言った看護師というのは職業としてどうして・・

  • その昔は看護婦と言われていた看護師は働く者としてやっぱり女性の割合が大きい職です。あまり知られていないかもしれませんが気力それに体力ともに消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。したがって職場環境での対人関係の問題や、自分の結婚や出産といったそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのが取りづらい仕事ともいえます。実際、上記のような問題に行き詰まり、転職する人が多いのが現状です。流動性が高い仕事であるため、看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足に陥っています。なので、各医療機関は、看護師を欲する「売り手市場」であり、それが転職希望者が後を絶たない原因になっているのでしょう。
  • 女性が再就職する場合、数年前と現在とでは若干の変化があるといいます。

  • 女性が転職する際、セクハラが社会問題となっている現代では若干、状況に違いがあったりします。過去には面接の際に、結婚観や出産後の仕事に関して、女性に質問していました。ですが、今はこういった内容は、「セクハラ」として扱われるのを恐れ、質問しない企業、の方が増加傾向にあります。そして、名の知れた大きな会社の場合は、NG質問として神経質になっているといいます。けれども実際、企業側としては、はい・いいえ、だけでなく、その女性の姿勢、結婚した後は退職するのか、出産後の具体的な予定を当然、知っておきたいと思っている事でしょう。自らの将来設計をわかっておいてもらうためにも、志望の動機や自己ピーアールと併せて表現することで、会社側にも認識してもらえ、安心できると思います。ですから、たとえ、質問されていないことでも、あなたの方から率先して話をしてみると良いでしょう。
  • 再就職する場合、相応の準備は必要です。

  • 転職活動には、それなりの準備はしなければなりません。その中でも目に映る「ファッション」は、気になるところだと思います。けれど、近年の面接に関しては、形式ばらない服装を許可している会社もあるので、「面接はビジネススーツでなくては」と考えて出向かなくても良いケースもあります。とくに会社の創設してすぐの会社などは、厳格な規則もないことが多く、私服で行ったほうが、相手からの印象が良くなります。さらに、ざっくばらんに会話できるメリットも。そうして、私服ですと面接中に、洋服について、話題が広がることがあるので、うまくいけば担当者へのアピールにもなります。ということで、今後、転職する際は、企業の「創業年数」に注目してみて、(ベンチャー系企業相手の)面接の際は正装はせずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。
  • 20代までに転職2回で、現在、資格の勉強をしながら・・

  • 20代のうちに転職を2回ほど経験して、そして現在、資格をゲットするべく「派遣社員」で勤務しています。フルタイムの勤務を選択しなかったのでどうしても手取りは安くなりました。しかし、心と時間的な余裕ができました。学生の頃に資格を取り、就職できたらムダがなかったのにな、とは思います。また、資格を活かして働いている方に会うと少し羨ましさを見えてしまいます。これまで、自分と他人を比べてしまい、何度か劣等感を感じることもありました。しかし、結婚してから、随分と生活そのものが大きく変化し、その中で仕事や将来の夢も定まったので、私も新たな目標に向かっています。
  • 転職エージェントに一旦登録すれば、呆れるくらい電話やメールをしてきます。

  • 転職サイトに一旦登録すると、電話やメール連絡が呆れるくらい入ります。このことに対して転職初心者は結構驚く場合が多々あります。転職エージェントは転職をサポートすることが仕事なので、非常に積極的です。中でも大手エージェントは、転職を完了させることによって企業からお金をもらえるシステムといえるので、転職活動をしている人の都合よりも企業側を優先させることが多かったりします。加えて、彼らは、契約数を増加させたいがために、内定が取れたすぐ後に、入社するよう後押ししてくることが珍しくありません。防御策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、無理に転職しないように気を付けなければいけません。