昨日転職のために人材バンクへ登録に向かいました。

数日前転職の準備をしようと人材会社に登録に行きました。

先日転職先を探すために人材紹介会社へと登録に出向きました。そのときカウンセリングのために現れた担当者が見たところ入社してから間もない新入社員で、私の説明の5割も彼は理解できてない感じでした。それなのに「キャリアデザインが甘いですね」とか「きちんとと自分の強みと弱みを理解しておく必要性があります」等、一丁前の話を偉そうに話すので大変嫌な気分になりました。カウンセリングをする人はある程度能力のある方に、してほしいものです。

派遣会社に登録して仕事をしています。

派遣会社に登録しています。インターネットサイトで何の気なしに気になる仕事を発見して問い合わせてみると「そのお仕事はすでに別の方でお話が進んでいます」とお断りされ瞬間的にサイトの中から仕事の情報が見えなくなるのですが、なぜか次の日になるとまた載っています。これって要するに私ではダメだって意味ですよね。それであるならば初めから変に隠さない程度ではっきりと言ってくれれば助かるのですが、なかなかそうもいかないのでしょうか。あるいはもしかして存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?

転職活動をやっていると、面接で例外なく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしている際に、面接のときにほぼ例外なく「志望動機」「転職理由」の2点を訊かれます。このうち「志望動機」は、そのまま話しても大丈夫ですが、これと違って転職理由についてストレートに話すのは得策ではありません。たとえば給料・待遇に対する不満、上司や同僚との人間関係など面接担当者によいイメージを与えるものではありません。たぶん、自分の得にならないことをそのまま話す人は極めて稀だと思いますが、転職先企業はその点を重要視しているため、かなり慎重に質問してきます。これに対抗して現職の不満を言わないように答えるには、現職の仕事内容以外のことは話さないことです。それにプラスして、この企業に入ってこんな貢献をしたい、5年以内にこんなゴールを達成したい、そのために御社に応募しました、とうまく話をすり替えましょう。

これはシフトの仕事に関する話です。

これはシフト制の仕事についてです。一定の曜日に仕事できる人を募集する求人をよく見ますが、もし、応募しようと思っているなら休む方法の詳細やシフトの提出方法については面接時に確認しておいた方が良いです。それはどうしてかというと、私は以前産休で抜けた人の助っ人として、正社員として仕事をすることになったのですが、そこでは、「土日」固定のシフトで、他に誰も来ず、新入社員の私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った人が土日は必ず出勤できる人だったので、私もそのような人と思われていたようです。なので「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフトを変わってもらうときは、同じ部署の上司に「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と自らお願いをしに行かなければいけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。思い返してみると「よく耐えたな」と。

転職のための採用面接では、小企業クラスの場合そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが…

転職のための面接では、小規模業者であれば大体が「人事」が面接官ですが、場合によっては違うこともあります。具体的には、これから仕事をすることになる責任者、簡単に言えば役職クラスである課長や部長が面接を担当することも少なくありません。とりわけ、事務・営業に転職する場合は資格などという判断がしづらいですから、きちっと自身をアピールしていくことが必要であり大事なことです。面接担当者から「この人はしっかり自己主張するし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことが大切です。

転職サイトはメジャーなサイトの方が多くの転職情報が掲載されているた…

転職サイトは知名度の高いサイトであるほど掲載される求人情報がたくさんあるため、興味のある2,3の会社を、転職サイトに登録した上で、希望する勤務地や収入に対して条件を設定しておき、次に条件に適合する案件が自動的にメールで送られるように設定しておくと楽に転職についての情報収集を行うことが可能になります。ただ、初回に限っては登録するのがなかなか大変なので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をきちんと作成しておき、それらをテキストアプリに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら、登録を進めると楽になります。登録の初日は、時間がやや掛かりますし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、その後は新着の求人情報のみ確認すれば大丈夫なので、後々のためにも、初めの準備を怠らないことを推奨します。

退職と転職を繰り返す日々を止めるための対策は、シンプルです。

転職を繰り返す日々を止めるための打開策が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタル面を鍛えると、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。今では、ネットがあるのでメンタル面を強くするヒントは容易に拾えます。また、意外とも思えるでしょうが、転職とは全然違う行動によっても、メンタルを鍛えられます。その最たる例はズバリ「海外旅行」ですね。海外は、日本とは異なった様々な文化があり、とにかく刺激が山ほどあるのです。ですから、精神的成長を果たしたい人にはピッタリの修行といえます。帰国してみると、「自分の視野の狭さ」に驚き、こんなにも世間は狭かったのだということを実感することができます。この状態で面接に行けば、これまでとは格段に違い胸を張った面接になるので良い方法です。しかしながら、退職して間もない頃はメンタルが弱気になりやすいので、休みも必要です。

転職サイトあるいは転職エージェントを使って、転職活動を行う人は大勢います。

転職サイトあるいは転職エージェントを使って、転職活動を行うことは常識になりつつあります。とはいっても、よりよい転職先を探すには、それに並行して転職フェアの積極的活動をおすすめします。転職フェアは、多くの企業が一堂に会するイベントです。一度足を運べば多くの企業の情報が得られ、また、その場で説明してくれるスタッフから、その企業の社風についてある程度は知ることができます。もしも、転職フェアに参加しようと思うなら、面接を受けにいくつもりで自分をアピールする準備をしておきましょう。フェアのあいだに自分の能力や人柄が評価されれば、その後応募して面接等に進む時にとても有利となるはずです。

私たちの社会的環境において、将来的に考えなくてもできる作業…

近い将来、私たちの労働環境において確実に単純作業は機械化が進歩していきそれによってそういう仕事をする人員は少なからず縮小させられてしまいます。というのは、考えなくてもできる労働という観点では人以上に機械で進めたほうが圧倒的な作業量をこなせるからです。例えば、数量を計測したり、同一の作業を繰り返すことは機械にとっては問題ありません。当たり前のことながら人間とは違って泣き言を言わず、疲れ知らず、不正行為をすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一化できるのも魅力です。加えて、人と違って給料が発生しないのも違いですね。なので、労働力として人間を使う意味が到底無いことが明白で、機械にシフトされるもの自然の結果といえます。

仮に、転職の決めたのであれば、まったく周りにはそれを告げず・・

もしもあなたが、とらばーゆの決心をしたのであれば、徹底的に社内の人には内密にその気持ちを伝えずに首尾よく転職活動を進めていき、現在の会社に所属している間は、周囲に悟られないよう普通に業務をこなすのがもっとも妥当です。転職先が決まっていない間、これを徹底することで、仮に転職先探しにすぐに見つけられなくても、転身予定を保留しながら、今の仕事をそのまま続けることもトラブルの心配がありません。でもうっかり、「転職するつもりでいる」と口にすると、会社の人間は、それを受けた対応をし始めます。それに加えて「辞めるつもりです」と言ってしまうと同僚からは「あの人はもうすぐ辞める」と見なされます。ですがもしも、転職したい思いが薄れ、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」となっても、会社内の人間は、「一度は辞めようとした人」とあなたを見るので、在籍中、立場が悪くなる思いををするリスクもあるでしょう。

再就職することで仕事先を一新するということは、自分自身に適す・・

再就職することで仕事先を新しく替えるということは、自分に合う職場を選んだほうが良いです。仕事を変えれば、適した仕事に出会えるかもしれません。が、実際に行動するともなると、相応の努力やスキルを持っていないと、良い職は得にくいはずです。言い方をかえると、あなたの人材的な価値が上がるほど、「天職」に巡り会える、ということなのです。今の時代は職業選択の自由が権利として認識されているので、職場や業種を変えたとしても偏見を持たれて、肩身が狭い思いをすることもありません。今のような事態のもとでは、今は、「即戦力になる人材が欲しい」が願っている企業もますます増えているので、今の良い時期を狙って転職を考えてみましょう。

友人から聞いた話です。始めに新卒採用として絶対に入りたかった…

知り合いからの話です。始めに新卒時の就職で絶対に入社したかった目標のA社の入社試験で、最後の役員面接で不採用となり、それから先泣く泣く他の会社に就業しました。それから3年経過したぐらいに派遣求人サイトを見ていて奇遇にもA社の紹介予定派遣の求人を見つけることができ、我慢できなくなって当時働いていた会社をすぐさま辞めて、A社に入って、派遣の業務を始めて、思い切った行動ですね。一生懸命頑張ってそれから憧れのA社で正社員登用されて、今となっては仕事のやりがいを持ちながら元気に仕事をしています。

転職をするのなら、現状の職場・業務での納得いかない部分、不満に思う部分・・

そろそろ転職しようと考えるのなら、今の仕事や業務の何に対して不満を感じているのかを明確にしておく必要があります。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。元々気に入らない点にガマンできないから転職したい、と考えるのは分かります。でも「きちんと現在の仕事の満足できない点を挙げる」ことをほとんどの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでのミスを防げます。その次に転職を叶えたとしたら、「どういった事がマイナスになるだろうか」を明確化してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、すべての問題が解決するとは限りません。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職後の急激なモチベーションのダウンを抑えることは容易になるはずです。

どうもパソコンやスマホを見ればネットで見られる世界・・

世の中は変わっていてパソコンを使えばわかるけどネット上では、転職に関連するサイトが無数にあります。その無数のサイトから自分にあった転職先というのを見付けるためには、まず、情報を集めることをしましょう。こういうサイトをうまく活用することで、効率的かつ満足度の高い転職が叶えられるはずです。転職情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される優良な「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、注意が必要です。はじめは、実際に信用していいサイトであるかを見極めることがポイントとなりますから類似サイトと比較しながらチェックしてみましょう。

派遣での仕事が決定しました。勤務初日に営業担当の…

派遣先の会社が決まりました。勤務開始の日に派遣会社で営業を担当している方と就業先の会社近くのコンビニエンスストアで落ち合うことになっていたのですが、彼がどういうわけか約束をした店の前にいないから中にいるのではないかと思い店の中に入ってみると、なんと雑誌コーナーに座り込んで成人雑誌のグラビアページを開けてじっと見ているのを発見!こんな担当者の仕事なんて勘弁してと考えて、そこで声をかけずコンビニの外へ出て即座に派遣会社へ辞退すると連絡をしました。

転職する際には面接が必須となります。

転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に人事担当から「転職理由を聞かせて頂けますか?」と高確率で質問されます。こういった場合、どれだけあなたが間違っていなくとも、前の職場の「人間関係」「労働環境」が良くなかった受け答えは、可能な限り控えることをお勧めします。というのも、仮にそういった不満を回答すると、あなたにマイナスのイメージが付き、チャンスを無駄にしてしまいかねません。面接時には前向きな発言がかなり大切です。、あくまでも「新しい職場で、自分の能力をより発揮し、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、此の様な言い回しが必要とされます。

生まれて初めて失業保険を受けるケースでは、じっとしていれば受け取れると考えている人が…

はじめて「失業保険」を受ける際、給付されるのを待っているだけでいいと考えている人が多数派ですが、それは正しくありません。実のところ、希望通りに受け取り続けるためには、求職活動を行っていなければならず、それに加えて、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。1ヶ月周期でスタッフに就職活動の状況を報告して本気で仕事を探していると判断されれば翌月、保険が給付されるシステムです。対称的に、きちんと就職活動に取り組んでいないと判断されたり、月に一度のスタッフとの面談を欠席した場合は、アッサリと給付を一時停止したり、ケースによっては以降の給付資格を失うことになるのでそれを防ぐために注意が必要です。