転職をするための活動をしている最中は、最初に常に自分自…

転職をするための活動をしているときは、ゼッタイに…

  • 転職をする活動を効率的にやっていくには、とにかく自分の心のうちがスッキリしているということを意識しましょう。まだ会社の仕事を辞めないで転職活動をしている場合、それほどは気にしなくても良いですが、退職したら行う場合だったら、心のうちが焦ってしまいます。そのため、気持ちを落ち着けながら活動を続けましょう。将来、自分がやってみたいことや、理想とする職場のイメージをハッキリさせておきましょう。そのイメージを希望する職場と比較してみて、それらが合致しているか、改めて冷静に考えてみてください。この手間を掛けることで転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。
  • 私が勤め口を探していたころかなり多くの人材紹介会社に登録していたのですが、…

  • 私は昔かなりたくさんの人材紹介会社に登録していたことがあります。転職アドバイザーの質に関しても驚くほど多様でそのほとんどが物足らないと感じる方でした。こっちは人生がの大事な事なのにもっと思い入れを込めて臨んでほしいという欲が高まってきてそれが契機となりキャリアカウンセラーの資格を取ることにしました。キャリアカウンセラーとして働くための資格取得にはコストもかかりました。また勉強面もとても大変でしたが、就職活動の際に頼みの綱とされるような人間になるために努力しています。
  • 新卒採用で入った会社にさよならをして悩みましたが、転職すると決めました。

  • 新卒で入社した会社を退職し、一歩踏み出して転職すると決めました。会社を辞めた後は、想像以上に大丈夫だろうか、と悩みました。でも、会社を数年で辞めて、多くの人が転職を経験していることを自らの転職を通じて感じ無意識のうちに悩みが消えて、気持ちが楽になりました。なにより転職を経験したことにより徐々に肩の荷が下りるような気分になり、「自分の好きなこと」を考えることが日々が明るくなりました。なかには「自分の仕事をコロコロと変えるのは問題だ」というような転職に対してマイナスな意見もありますが、それが必ず正しいとは限らないと感じました。私のケースでは転職してみるも大事だと思っています。
  • 再就職する場合必ず準備する履歴書や職務経歴書に関して・・

  • 再就職の時に絶対に準備する必要のある履歴書などにおいてですが、基本、パソコンを使って作成するのがほとんどです。日本の社会では履歴書や職務経歴書はパソコンを使わず自筆で作成するというのが当然と思われる面もありますけど、それは新卒の人たちに関する就活やアルバイトの際に作成する履歴書であって、実は、転職をする時については履歴書は必ずしも手書きでないといけないとはっきり言うことはできないのです。自筆の方を良しとするところもありますけど、そうではない企業がどんどん多くなってきているので、パソコンで作った履歴書でも大丈夫な会社は意外にも多くあるのです。
  • 看護師の他の職業に転職を決断する理由は、一人ひとり違います。

  • それ以外の職業に「転職しよう」と思う理由はその人それぞれではないでしょうか。それを見てみると看護師が他の職業への転職には「職場の人間関係の中にウンザリしている」「結婚がきっかけで家庭環境の変化によって出産それと子育てそれから親の介護など、仕事環境の変化など、これまでのようには仕事が難しい」「現在の稼ぎに不満を感じている」など、さまざまな理由があるのでしょう。環境を変えたい気持ちは分かりますが、それでも「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と、ゆっくり時間を掛けて現状を客観視することも重要です。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考してみる必要は大いにあるものです。そのうえで決断すれば間違いが減らせます。
  • 転職の面接で着るビジネススーツの色については、新卒の学生が就職活動の時…

  • 転職の面接でいるスーツの色合いに関しては、新卒の学生が就職活動の時に身に付けるカラーが安心です。具体的に言うと、紺や黒といった感じのようなダークな色になるわけです。転職の場面でも、着用するスーツの色味はこういったダーク色が大多数で、黒色や紺色以外の色の転職者は圧倒的に少ないです。強いて言えば、まれにグレー系を着ている方がわずかにいるほどで、全体的な割合をみても黒や紺が圧倒的に多いので、会社側から見ても多数を占めるカラーを着用している人の方が当たり前であるかのように見えますから、身だしなみ、という点においてはおすすめしたいのです。
  • 再就職する時に行われる面接のときに着用していく腕時計は・・

  • 転職する際に行われる面接でする腕時計については、ビジネスの場らしからぬ派手なタイプの時計はやめておいた方が安全です。この場合の腕時計で目立つものというのは明らかに高そうに見える腕時計とか、それとは真逆で安物の腕時計の印象を持たれてしまうとか、そういった目立つということで真逆で目立つのだと理解しておいてください。再就職の面接の際に付けるべき腕時計についてはポジション的にはスーツやネクタイと一緒の考え方で、面接するにふさわしい適切なものを選んだ方が確実だと言えます。そうはいっても、自身の歳に見合ったものであるということも大切で、新卒の頃にしていた腕時計よりはほんのちょっとでも高級感のあるものにした方が好印象だとはっきりと断言できます。
  • 転職活動を現職と同時進行させる人は少なくありません。

  • 今の仕事と転職活動を並行する人は多いです。しかし、忙しく仕事を行いながら求人をチェックしながら応募したり、面接に挑む、というのは苦しいものがあります。転職活動を行っている間は、今の職場の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなければいけません。とりあえず応募するという方針の人もいますが、書類選考が通ってしまい、面接が決定した後で辞退すると今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを間に入れて応募していた場合は、そのエージェントからの信用を失いますし、他方直接応募していた場合も応募した会社から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。どちらにせよ自分の大切な時間を無駄にすることとなるため、行く気のない案件は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを理解しておく必要があります。
  • 転職のための会社での面接での勘違いしている人が多いのですが…

  • 転職の際に必須となる面接に関して、やめておいたほうがよいのは良い印象を与えたいとあからさまな猫かぶりすることは、残念ながら逆効果になる可能性があります。そうなる前にその場を繕うのではなく面接の際は「報酬」などの、通常はちょっと聞きにくいことも思い切って質問しておくと、間違いなく自身のためになります。意外に思うかもしれませんが、「入社前の段階でずけずけと質問をすると、結果が落とされてしまうのでは?」と危惧する人もいるかもしれませんが、ところが、意外と好印象を持ってもらえることは最終的には可能性が高いのです。これらの「お金」や「労働環境」に関連する疑問は、多くの人が知りたい内容なはずです。しかし、多数の人が気を遣いモジモジして質問できません。しかしながら、勇気を出して質問をすることで、「勇気のある人だな」ということで面接担当者へのアピールとなるのです。
  • 再就職を考えている時に注意を向ける求人情報というの…

  • 仕事を変えようと考えている時に見ることになる求人内容に関しては、目安として、アバウトに掲載されている、という可能性も少なくはありません。そのため、書かれていることは正しいものだと信頼すのはやめておいたほうがいいと思います。中でも特に生活に大きくかかわってくる報酬の金額などにおいては、平均の値なのか?それとも最低限の金額なのか?最高額なのか?といった判断ができない人も多く、自分判断で理解したつもりでいると、今後、嫌な思いをすることになりかねません。そのため、募集要項は、だいたいのものだと考えて、そういったようなとても重要な内容は会社側に直接確かめてみた方が妥当でしょう。
  • 転職先を決めるとき、むろんやりがいのある仕事か考えることも大切だ…

  • 転職先を選ぶにあたって、当然仕事のやりがいのアップと共に加えて給料のアップも大切なことなので「年収サイト」というサイトに登録してあらかじめ研究しています。一緒の会社で同じ職種、社歴であるのに人によってかなりの違いがあることも複数あり、正直に言えば面接で質問をしたことがあります。面接をした方も一緒のサイトを見ていたようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた人物について誰であるのかある程度は予想はついているんですけどね、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方だと思ってください」とのことでした。
  • 将来に目を向け、楽しく再就職と向き合うことで、メンタル面での重荷も少ないので…

  • 将来に目を向け、楽しみつつ、再就職をすることができれば、精神的にも転職活動の間に堕落はしないですみます。精神的な箇所が元気なままでいれば、あまり時間をかけることなく転職が出来るでしょう。理想的なのは、やはり、休職期間を作らずに転職先を見つけることが大切です。現在の会社に勤務しながら、次を見付ける形がベストでしょう。そのうえ、間をおかなければ現在の仕事を辞めてから、すぐに働けます。そのように予定を組んでおくと、職歴にも空白期間ができることがないので、履歴への影響も回避できます。つまり、再就職の際にマイナスの要因がなくなるということです。将来のことを考えながら、うまく転職活動を進めてみましょう。
  • 派遣会社に登録し、働く人が近頃増加する傾向にあります。

  • 直接雇用ではなく派遣という形態で仕事をする人が規制緩和の後、増えてきていますが、派遣社員として働く場合は、派遣先の会社から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、その中でどれだけが自分の報酬になるのかを極力面接の際に質問しておくべきでしょう。派遣業は、労働力を欲する企業に人材を派遣し、その見返りに、手数料を天引きするシステムで運営していますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースがほとんどです。5割以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということができますが、中には開示すらされないところも多く、酷いケースでは、7割も自身の懐に入れ、3割しか労働者に還元しないケースも少なくありません。なお、面接のときに答えてもらえないような会社は、色々と不都合なことは隠そうとする可能性が高いのでできるなら別の派遣業者のもとで登録されることをオススメします。
  • 転職活動を始めるにあたっては、あらかじめ、インターネット上で求人サイトを見たり…

  • 転職活動を始めるにあたっては、前もって、ハローワークやインターネット上の求人情報を見たりして転職したい会社をチェックするとは思います。とはいっても、当該会社が情報を公表するにあたっては、専属「コンサルタント」の指導が入っている、という事実を理解しておいた方が良いでしょう。コンサルタントは、会社にとって都合の悪い情報を隠す能力に長けています。たとえ公表するとしても遠回しな表現に徹します。そういった会社や社員に関連する情報については、疑いながら読んだ方がいいでしょう。仮に鵜呑みにして会社に入ってしまった場合、予想とは全く違うと後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。たちの悪い会社は、素直な人間を取り込み、その後は、いろいろと文句をつけて会社を辞めれないように策を練ってきます。ブラック企業では、このようなことがかなりあります。
  • 古来より「石の上にも三年」という教訓があります。

  • 古来より”石の上にも3年”という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。昨今、「終身雇用制度」は死語になりつつあります。「転職」は身近なものとして捉えている人も多いはずです。が、「転職」が誰にとっても身近な存在になったからといっても、やたらと仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。実際に転職したいなら、大切なのは適した時期といえます。まず第一に、現在の職場、仕事内容について全般的に、納得できない点を箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目は探してみてください。この作業が、再就職の次の一手を考えやすくなります。そして、将来の進路が自身で見いだせたら、尻込みすることなく、今より良い職を手に入れるべくがんばりましょう。
  • 転職活動を始める際に次の仕事をはじめるまでに期間がある場合…

  • 今から転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合は、必ず失業手当をもらうことをおススメします。これは勤めている会社で社員に雇用保険を払っているところであれば、申請をすればだれでももらえます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。もしも自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、勤めている会社都合での退職や、残業時間によっては、すぐに貰える可能性もあります。支給される「失業手当」の金額については、会社で最後に受け取った月の近々の給料を基準に計算されるので、繁忙期や閑散期がある方はなるべく繁忙期の後に辞めたほうがいいです。
  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって契約期間を迎え・・

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員になっても好きなタイミングで退職できるわけではないと実際に転職活動したことで感じました。私は新婚した後、生活が落ちついたらすぐさま子供を持ちたかったので、子供ができる日が訪れるまでのあいだ、だいたい1年半~2年くらい今の仕事したかったので就職しました。常勤ではなく派遣社員であったために、正社員よりも給料は少なかったのですが、仕方ないので家庭の時間が得られるのでガマンしました。ですが、いざ入社してみると一緒に働く方たちはほぼ全員10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。たとえ派遣であったとしても、契約が終わってもすぐ辞められる雰囲気もなく、ちょっと困っています。