初めて転職をするとき、心がけるべきことはどうして今の仕事を去るのか…

生まれてはじめて転職をするのであれば、忘れてはいけないの…

  • 生まれてはじめて転職を行う場合、なぜ現在の仕事を去る必要があるのかを明確化しておくことだといえます。その理由が根本問題なので、必ずやっておきましょう。その後問題を解決できそうな会社を決めてください。社会に出てからの転職活動は、学生時の就職活動とは異なり、現在の仕事を継続しながら就職活動を行うので、時間と体力を消耗します。したがって明確な理由が頭にない状態で転職活動を始めると、途中で挫折してしまうおそれがあります。どんなことがあっても転職したい、現状に変化を加えたいという熱い気持ちがないのであれば、転職活動にゴーサインを出すことはあきらめましょう。
  • 安定した生活を欲しがり「正社員」になりたいと思っている人・・

  • 安定した生活を願って正規の雇用社員として働こうと思っている人は結構多いと思います。ただ、即戦力として働けるように資格を取得するなどして相当な努力をしていても、中々正社員としての転職が難しいこともあるでしょう。非正規雇用者の求人情報がかなり目につくのに正規雇用の求人募集以外を見ないでチャンスを放棄してしまっている人が多いといいます。仮に、転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、準社員の求人募集も見てみましょう。企業によっては、働きぶりによって2,3年で正社員にステップアップ数年で正規雇用への転換ができる可能性もあるからです。ですから採用面接時に、「正社員登用」の可能性がどのくらいあるかを尋ねておけば、将来のプランも組みやすくなります。
  • 再就職の面接において企業側からクールビズ可とと事前に言われる場合もあります…

  • 転職の時にする面接ではクールビズでも大丈夫ですよと言われることがあります。ですが、なかには、クールビズの格好で面接するのは失礼に当たるのでは?と疑ってしまうこともあります。そういう悩みを心に抱いている人々に伝えたいのは、企業側からクールビズで来るように言われたのであれば、伝えられた内容を守った方が安心です。色々悩みすぎてしまい、暑い時期にスーツをしっかりと着ると相手に不自然に思われます。ですから、会社側からクールビズ可と記載されていたらクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。
  • 転職を、派遣社員」で考えている人にぜひ注意して欲し…

  • 転職を、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方に注意して欲しいポイントが複数あります。派遣社員に関しては、「データ入力」「電話対応」「お茶出し」といった業務内容を想像してしまう人が少なくないとは思います。最初は私自身も「派遣社員」の募集に応募した際にも、「主な業務は電話対応になります」と採用の際に説明を受けてもいたので安心しきっていました。ですが、業務に掛かると、まさか「電話対応」だけでなく、欠員した正社員の穴埋め役をやってくれと言われました。いつも毎回、あれこれ要求されますし、入社前の説明とはかなり違っていたので毎日かなりきついです。今は、ひたすら「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。
  • 好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている人は注意です。

  • 大好きなことを仕事にしたいと考えている人は注意した方が良いです。これは、私が経験したことなるのですが、私は、もともと食べることが好きでそれが高じて、以前は、料理店に勤めていた時期があります。その飲食店での業務は、そのレストランで私が担当していた業務内容は、簡単な盛り付けやホール業務です。この業務内容に関しては、嫌とかいったこともなく楽しんで働いていました。けれども、職場の人間関係でとても嫌になりました。ということが引き金となって退職する羽目になったのですが、その結果、大好きだった食べることやその店で扱っていた食べ物すら嫌いになり、似たような飲食店は今も行けていません。当時の匂いを思い出すのも苦手です。この仕事に就いた当初、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。好きな分野の仕事に就きたいと思うのは素敵なことですが、しかし、「好き」はどのレベルのものなのか、真面目に自分に尋ねる必要がありそうです。
  • 昨今の企業の労働背景が目まぐるしく変わってきたことに際して、働きざかりの世代の中…

  • このように今の時代の企業の雇用に対する考え方が変化したことに関して、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若い人たちは鋭敏に感じ取って、おそらく、転職とキャリアアップを考えているのでしょう。従って、サラリーマン・労働者の労働力の「流動化」が活溌になっているので、より一層、今後、より広い世代で転職についての関心が増加すると予想されます。そういったことから、会社の転職はますます身近となるのは間違いありません。「終身雇用制度」が機能していた頃には「転職」にはそのことだけで良くないイメージがつき事実、転職するのが困難な時代でもあったのです。ところが、時流が変わったせいもあり、今の会社に固執する意味も必要性も減少しているように感じられます。
  • たいてい一流企業は「定期採用」で人材を確保するた…

  • 一般的に見て大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですから、転職で入る事は簡単ではありません。さらに、都会以外だと転職の見込みはさらに小さくなります。ただ、製造業の場合には、地方の工業団地の近所に製造の拠点としていることも少なくありません。また、そういう工場に的を絞れば、事業拡大にあわせて途中採用する事が結構あります。その機会を捉えるのです。地方の工場での転職をされる場合は、転職を希望する企業についての予備知識を事前に仕入れておきましょう。公式サイトにアクセスし、求人予定の有無など、マメに確認すると良いでしょう。
  • 転職活動における最後の難問として、今の会社の退職があります。

  • 転職活動を行う際の最後の問題として、「今勤めている会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先を見つけても、今いる企業が、あなたを離したくないと引き留めるというのもよくあることです。そうなってしまった場合、困難に負けずに退職する、という強固な意思を保つことが求められます。たとえ引き留められて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社は、最終的には辞めることになるでしょう。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を作成しておきましょう。そのあとで、決定権を持つ上司と直接、話し合い、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」と正直に伝えます。「円満退社」で現職を終えることも転職活動において必要不可欠です。
  • 再就職では、重要なのが「面接」です。

  • 転職する際、重要視されるのが間違いなく「面接」というものです。普通、面接の際は、面接担当者が応募者に対して転職の経緯や仕事の意気込みなどいろいろと聞かれることになりますが、そして、面接を終えるあたりで今度は、転職希望をする人からの疑問点などを質問できるわけです。担当者から、「なにか弊社についての疑問に思うことはありませんか?」と。と聞かれたときに気持ちの準備ができず、質問を遠慮してしまうかもしれませんね。こんな場面に備えて、予め面接担当者からの問いに際し、答えを考えておきましょう。冷静に考えてみればいくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、試してみてください。
  • 転職期間中には、自分の好きなことに時間を費やすほか…

  • 転職先を探している期間は、自身の趣味に打ち込んだり、体力づくりを意識しておくと良いです。転職先が決まり、いざ仕事を再開した際に、趣味に集中していたことで知らないうちに集中する力が上がります。加えて、体力づくりも同時にできているため、他の社員と比べるとスタミナがあると自覚します。ということで、休職中は自分が興味のあるなことに打ち込むことと、体力を低下させないようにしておいて損はありません。そして、その職場であなたと同様の趣味の人と出会えれば、会話も弾むので、これまで挑戦してなかった事に手を出すのも転職期間の自由な時間の使い方です。
  • 近頃、ネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに…

  • 近頃はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングの専門業者も増加しています。特許出願の経験がある人は、連絡が来やすくなります。彼らは、特許申請を行った人のほかに、研究開発で論文を出した人、マスコミによって注目を浴びた人など、「業績」を残した人に狙いを定めて、電話やメールを使ってコンタクトを取り、ヘッドハンティングのためのネタとしています。もしもあなたが、いかにもヘッドハンティングのようなことを言われた際には、そういったことが無かったか思い出してみましょう。そんなにはないことですが、ヘッドハンディングのように見せかけて、登録料を要求してくる業者もあるらしいですが、その手の輩は高い確率で嘘なので、引っかからないように注意しましょう。基本的に、ヘッドハンティングの世界は、企業側が報酬を支払う形になるので転職希望者がお金を出すことはまずありません。
  • もし転職される場合は、事前に「資格」を取得しておいたほうが有利になります。

  • もしあなたが転職するのなら、転職する前に資格を取得することでステップアップできます。とくに、仕事を続けているうちに、資格取得をしておくと、転職活動でそれを生かせるので、転職の幅がグッと拡がります。そのため、在職中であり、かつ転職活動前の段階の資格取得がベストな時期といえます。もしもあなたが未来を見据えて、実際に役に立つ資格を取得しておくと、現在の仕事を辞めたとしても前向きな姿勢で転職に挑むことができます。また、資格を取得できれば転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先での面接時に面接官に「即戦力」と判断され、それまでより待遇アップも期待できます。
  • とある古物商の求人にて、書類選考をクリアしました。その…

  • とある古物商の求人に応募し、書類選考に受かったので、担当者から、面接日時を教えてもらいました。だが、当日、指定された場所へ行ってみると、なぜなのか相手が面接の用意を全くしていませんでした。しばらく待つと、所長らしき人物が面接中も半ば聞きというか、驚くほどだらしない態度を見せられ、ひとまず面接が終わりました。ですが、約束の日を過ぎても、採用結果は告げられず、待っていられず、私の側から問い合わせると、「郵送で今日、送付しました」と告げられました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未達でそんなわけでふたたび、連絡をしたところ、意味が分からなかったのですが、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、とそう言われてすぐ、電話を切られてしまいました。呆れすぎて言葉も出ませんでしたが、ハッキリ言って、不採用でよかったです。
  • 自身のスキルを武器に再就職する場合、比較的、転職しやすい業・・

  • 今ある自分のスキルや資格を有効活用しつつ、転職活動する際は、転職し易い業界とそうではない業界がある事を知っておいてください。すんなりと転職がかなう業界としては、常に人手不足になっている医療や介護系の業種がおなじみですね。医療・介護は、看護師、介護士の資格保有者でなければ働くことができないので、容易に応募することができない事がかなり大きく影響しています。ですが、「医療・介護」の仕事を現在やっていて、ワケあって、他のジャンルへ転職してみたいと思う場合は、すぐに行動するのはキケンです。「医療」「介護」以外の多数の業界は、スタッフの流動性は少なくなります。容易に考えないことが重要です。異業種への転職される場合は、他の業界では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを覚悟しておいたほうがよさそうです。
  • 転職の間は、つい時間に余裕があるため、緊張感のない、だれた生活を送ってしまいがちです。

  • 転職の間は、ついつい時間が有り余っている分、ダラケタ生活になってしまいます。しかしながら、そんな生活はキケンです。なぜならば、だれた生活が普通になると、「心」も不健全な状態になるからです。ですから、いつの間にか仕事をしようとする気力も失い、お金が回らなくなって困る未来がやってきます。そんな状態になると、すべてにおいて悪循環になり、次の職場をなかなか決められなくなります。次の仕事を決められなくなるのは、もらえるお金を一番に考えるからです。お金を最優先事項に転職先を探すことになると仕事内容を重視して転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ということで、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラけた姿勢は、止めておきましょう。
  • 長年接客業で働き続けてきましたが、歳をとると共に立ったままで行なわなければいけない仕事は…

  • 長い間接客関係で仕事を行ってきましたが、年のせいか立ち続ける必要のある仕事は体力的にハードで、座り仕事である事務の仕事へ転職することを視野に入れて行動を起こしました。事務の経験がないと少々厳しく、そこで接客の経験も活かすことができる受付兼医療事務を目指そうと考え資格も獲得して個人の病院に転職しました。周りは超ベテランの先輩パートさんだらけで人間関係も複雑。夜の勤務ばかり押し付けられて、接客業をしていた頃より家に帰る時間が遅くなってしまいましたが、まずキャリアの形成時だと諦めて頑張ります。
  • 転職したいと考えている会社で会社見学しておけば、かなり勉強になります。

  • 転職先で見学などがあれば、すごく参考になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」さんがいる会社では、スキルを近い距離で見られるので気持ちが高ぶります。ですが、残念なことに「職人」がいる会社見学では見学者には高確率で、本来の仕事現場を見せてくれることはまずありません。その最たるものが、ブルーワーカーといわれる肉体労働などのジャンルです。個人のプライドが高めな業種なので、入社後でなければ、実際の姿はわかりません。ですから、「見学現場=仕事現場」と決めつけないことがたいへん重要なのです。さらに、見学の時に実際に仕事体験できる会社は、かなり問題なので正直言って、注意しておくべきです。正規雇用が結ばれていない場合、何かトラブルが発生しても、それに対する保障はありません。担当者から勧められても丁寧に断るようにしましょう。