就職活動において、年収は大変重要なポイントです。

就職活動において、年収は非常に大切なポイントです。

  • 就職活動は、年収抜きに考えることはできません。面接時には、現職の年収と、今後の希望年収額も訊かれるはずです。このとき年収を現実にもらっている額よりも大きく申告し、転職先の年収を引き上げてもらおう、とは思わないようにしましょう。というのは、源泉徴収票が必要となるため、一時的に騙せたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ずウソがバレてしまうためです。トラブルの原因になることもあるため、現在の年収を水増しせずに申告し、それに釣り合う希望年収を設定することです。今の年収が400万円の人が、転職後すぐに500万円となる見込みはほぼあり得ません。仮に、現在の年収が430万円としたら、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが得策です。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなり、せっかく入社したのにすぐに退職せざるを得なくなるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。
  • クールビズ(軽装)の格好で再就職の面接に臨む場合、ジャケットにおいてはやは・・

  • クールビズの格好をして再就職の面接に行く場合、ジャケットまでは着用しなくても安心であると言い切れます。ですが、ネクタイは着用して面接を受けたほうが良い印象を与えてくれるのでお勧めです。タイなしで良いとしている会社も存在する場合もありますが、ネクタイに関してだけはクールビズでも着用して行く必要があると思っている企業がある程度あります。そんな訳で、例えクールビズが良いと言われていたとしてもネクタイだけは必ず着用いく方が良いというのは知っておいてほしいです。
  • 求人を見る際、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思っている人…

  • 求人に係る情報をチェックする折、「オフィス系の仕事をしたい」という人は、はなから製造業はチェックしない人がいます。そのような人の多くは「製造業は現場で製造する仕事しかない」と誤解している場合もあります。事実、製造業での求人募集でも、現場に出る仕事だけでなく人事・総務・経理と言った人材や資材、購買、営業管理のような「オフィス系」に分類される仕事も結構な数あります。とはいえ、製造業の多数はオフィス街でないのでそこがデメリットに感じられるかもしれません。けれど、自身のエゴをなくすことで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。
  • 現在、ブラック企業がニュースで取り上げられたりして、…

  • 今日では、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして、労働条件違反の取り締まりが強くなったり、会社名が公表されたりと不利益を被る仕組みが出来てきましたが、完全には至っていないと考えられます。それゆえ、面接で見破る必要があります。求人票等に書かれている労働条件を確認し、ひとつひとつの項目について、堂々と質問してみることです。「ブラック企業」が相手の場合、求人票の記載が嘘の場合、不自然な返答になったり、「その場ではちょっと答えられない」といった逃げの姿勢に入ります。中でも給与と残業、休日に関しては、詳細について尋ねると、渋い表情を見せることが多いです。それでも食い下がっていくと、ふてくされるような態度になるので会社の正体がわかります。このような会社は、嘘をつく体質であるといえるので、少しでもおかしいと感じたら、それ以上関係を持たないことが無難だと思います。
  • 失業したときに給付される失業保険は、失業していることが給付の必要条件ですが…

  • 失業することによって得られる失業保険は、失業中でなければもらえませんが、ずっともらえるわけではありません。それまで勤務してきた期間によって違い、90日だったり120日だったりするのですが、なんとこれを知らずに失業を続ける限りもらえると思い込んで「失業保険を給付される間は遊ぶ」という人を見かけますが、失業保険はあと1ヶ月のみ、という段階で気づいてから急いで就職先を見つけようとしても条件のよい仕事を探すのは至難の業です。面接に応じる担当者もバカではないので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」位はおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。相手によっては、面接時にそれらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、まず受かりません。
  • かつては求人誌には、雇用側が必要とする「性別」につい・・

  • 一昔前の求人情報では、雇用側が必要とする「性別」について、明確に書かれていました。ですが今現在では、「男女雇用機会均等法」が成立したことによって、男女の求人や、採用での差別をしてはならないルールが決まり、求人情報のなかに「性別」の表記ができなくなりました。けれども、募集側は、男性・女性どちらでも等しく雇用するとは限らないのです。実際、男手が希望のジャンルに募集に女性がやってきたり、女性が必要な案件に男性が来てしまい、というようなトラブルに遭遇するケースもちらほら。例えば、「女性が活躍できる職場です」と記載のある求人募集の場合は、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と解釈しておいた方が良いでしょう。
  • 再就職したいなら、多種多様な企業の情報を日常的にチェックすることが、…

  • 転身を近いうちにするつもりなら、いろいろな会社の採用情報を定期的にチェックしておけば転職先を選ぶのにとても役立ちます。あなたが今現在の仕事にやりがいを感じられないと思っているケースでは、本格的に転職活動を始めたときに、どこの会社もいいように見えます。そうなると、どの会社を選択すべきかわからなくなり、選択を間違えてしまうおそれがあります。そうすると、早々に不満が募ってしまうこともあるので前もって会社を見る目を養っておくべきなのです。方法としては、転職したい会社の雇用に関する情報だけ見るのではなく、企業の取引先を見る事です。透明性ある良い企業は、取引している会社情報を開示していますし、反対にそうではない企業は、傾向としては宣伝に力を入れてるといえますからよく見ておきましょう。そのうえ、会社によっては、個人グループに入っているものもあったりするので、グループの名前でチェックし、確認しておくのも手です。
  • 転職することをスムーズなものにするには、事前に行動をしなくてはいけません。

  • 転職をスムーズなものにするには、行動する前に徹底した情報収集が不可欠です。そうするには昨今はどれほど小さな会社といえども公式ホームページに会社のことを書いているというのがとうぜんなので、インターネットを使って自分の気になる点を手に入れるとそれとその会社のよくわからないこと等を整理しておくと良いでしょう。公式サイト以外にも「転職サイト」を利用してみるのも効率的ではありますが、そのほか、インターネット以外の方法として何よりその職場を自ら確かめることも大事なことです。
  • 友人の紹介で転職先を探す人もいるでしょう。

  • 友人や知人の紹介で転職の先を見つける人もいます。それも悪いとはいわないけれどその場の労働環境、労働条件といったポイントを紹介者の口コミを過剰に信じるとあまり面倒なことになることが多いです。そういうわけは個人の口コミは主観が入ってしまうからです。要するに紹介者的には、働きやすい働く場所に思えても、、あなた自身には、イマイチな場合だってあるのです。またその逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミのみで判断せずに、最後は自分自身の目でチェックしておくようにしましょう。
  • 在職中はできたら、会社内の人にバレないよう(自身の場・・

  • 在職中は極力バレないように(ちなみに私のときは)雇用期間中に転社する意思表示のみを活動初期の段階で会社内で話して、反応を見たことがあります。とはいうものの、その顎、求人情報を必死に探していたのですが、結局働く先も仕事を変えるタイミングも何一つ煮詰まっていないまま知らぬ間に時間だけが経過してしまいました。一方の会社の方も業務の引き継ぎや手続き、自身の退職日などが続々と確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、お粗末な状況で会社を去ることになりました。結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経たあと、次の就業先を探す流れになりました。
  • 初めて働いた会社で嫌な上司の存在に嫌な目に合わさ…

  • 働いていた会社で嫌で反りが合わない上司に悩み、ついに我慢の限界を超えてその会社を辞め、ある他の同業の企業に転職をしました。新しい会社ではいやらしい上司もおらず非常に充実した毎日でしたが、じわじわと会社の債務が増えて、最後にはとある会社に経営統合されることになりました。そして経営統合の相手は驚くなかれ前働いていた会社で、しかも転職のきっかけとなった上司がもう一度私の上司となることになりました。こういう悪いめぐり合わせとは、どれだけご縁があるのでしょう。当たり前ですがまた転職活動を始める予定です。
  • 転職における面接に転職希望の会社へ向かいました。

  • 転職のための面接にとある会社に赴きました。たまたま会社にある会議室が空きがないということで外部の会場で面接をする方と待ち合わせをして採用面接を行い、その場で解散、面接をした方も会社に帰らず自宅直帰されるとのことだったのですが、ところが自宅最寄駅が私と一緒。結局は電車内でもずっと世間話をしながら帰ることとなって、そのため打ち解けて面接しているよりもお話が弾み、それがプラスになったのかなんとか採用を勝ち取りました。
  • 初挑戦となる業種などに転業するときには、以前の職場で、自分が…

  • 経験したことがない業種などに転身したいときには、前の会社で養われた腕前やこれまでやってきたことを生かすことができるといった内容の訴えが必要になります。その分野で働いたことがない人はそれだけそのジャンルの経験者よりも足りない部分はありますが、自らの持っている能力がそこでも生きるということを話せれば、勝負になることも十分にあります。という事で、経験のないジャンルに挑む場合は、その業種と自分が今までやってきた仕事内容とのつながりをできる限り発見しましょう。
  • 現在のあなたの職場・業務内容について何かしらの不満点があるはずです。

  • 現在の勤め先や仕事に対する不満の中に、「自分の持っているスキルや仕事での能力をきちんと評価してくれない」そして、「賃金は増えず、将来的なレベルアップもまったく期待できない」と言う愚痴を漏らす人もいます。とはいうものの、そんな風に思っている人の場合、自身の才能を過剰評価していることが少なくありません。仮に、過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍するための求人がない」と転職活動がうまくいかないと言う事に陥りがちです。おそれがあるので、注意が必要です。ですから転職活動をスムーズに行うためにも、自身の能力を把握することが大切です。
  • 新しい仕事を探すのに、まず今働いている会社をきちんと退社してか…

  • 新しい仕事を探すのに、まず勤務している会社を辞めてからという考えを持つ人もいますが、そういったときにはボーナスが入る時期を確かめておきましょう。ボーナスがもらえる会社はそこら中にありますが、ボーナスが支給されるなら、ボーナスが手に入る日が近づいているのであれば、支給日を過ぎてから辞めるという手も得をする方法です。ボーナスと言うものは随分額が大きいので、もらっておかないともったいないとも言えますから、転職を考える時にはボーナスの支給日について確認するのを怠らないようにするのが得策です。
  • 転職する前には、今勤めている会社の同僚たちがあなたの転職を知ってしまう…

  • 転職することが、現在の職場の同僚たちがあなたが退職すると知ってしまうと職場の空気が悪くなる可能性があります。周りとの付き合い方によっては、意地悪されるおそれもあります。それだけでなく、残業時間を増やされることもあるので、安易に転職のことを口にするのは考えものです。なので、上記のトラブルを避けるためにも、今現在の仕事場では、真面目に仕事に取り組んでいましょう。充分に警戒しておけば、良い状態をギリギリまで残したまま、気持ちよく仕事を辞められます。しかも、円満退職となったなら、転職後にも、あなたが何かあったとき、アドバイスをもらえるような良好な関係性を持っておくことができます。規模や業種に関係なく、どこの企業も人とのつながりは大切なので、退職前のトラブルは、充分に注意しておきましょう。
  • 今では、株・不動産投資をはじめとした不労所得を得たり、…

  • 現在は、株式・不動産投資の不労所得を得たり、独立といった形で生きる方法も人気です。そのような世の中の変化もあるせいか、「雇用されて働くこと以外の道はキケンだ」といった従来の常識も変わってきています。高度経済成長時代においては、将来的に不安定な自営業という生き方よりも雇われているほうが安定性にすぐれていました。そのため人生の正しい進路として、またそれが自然のことのように広く一般の人々に浸透していました。そういった成長期は終わり、今現在は「成熟期」といった名称でいうらしいです。今後は、機械化、自動化が進んで仕事でも人を不要とする社会になっていく、と言われています。