転職活動のコツは希望している企業そのものよりも、どちらかと言えば面接係員と・・

転職活動のコツは企業そのものというより、どちらかというと「担当面接官」と・・

  • 転職活動を成功させたい場合、希望する企業相手というよりも人事や採用担当の面接係員とのやり取りが重要といえます。希望する企業の面接で良い印象を与えるために、先ずは肩の力を抜いて焦る気持ちを抑え、平常心を意識しましょう。例えればお見合いのようなつもりでいる向かうのも大事でしょう。とくに面接を介して第一歩としてあなたの人となりを評価されるので悪い評価になるような態度は注意し避けましょう。また常識的な社会人らしい面接に適した綺麗な服装で望みましょう。あなたの個性を表現できるといいでしょう。企業にとって採用したい人材と思ってもらえれば、転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。

    仮に再就職を考えたとしても、全てがうまくゆくと言い切ることはできません。

  • 仮に転職をしようと考えていても何もかもが首尾よくいくとは限りません、もしも転職するのなら、そのうちに転職するつもりなら歳がいかないうちになるべく早く変えるべきです。傾向としては、20代のあいだは良い展開を期待できますが、30代後半~40代に入ってしまうと転職そのものがとても厳しいものと理解しておくべきです。もしも、重要な役職を担当している場合、転職の気持ちが強くなっていても思いとどまることも選択項目に含めておくべきです。ようするに、退職後に転職活動を開始するよりも、今の会社に籍を置いたまま堅実な未来を模索しておいた方が良いということです。

    2ヶ月まえに、転職したばかりなのに、あっという間に辞めてしまうケースが…

  • ちょっと前に転職したというのに、すぐに辞めてしまう決意してしまう人がとても少なくないのです。何故かと思うとおそらく心機一転、自分に合った環境を手に入れたはずなのに「自分の期待していたものと堪えられほどかけ離れていた」「会社独自のルールになじめない」ということがワケで去っていくことが多いようです。可能ならこのような、転職先選びでの失敗を未然に防ぐためには、はやり前もっての情報集めは徹底しなくてはなりません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。業務におけるルール、具体的な業務内容、など調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

    再就職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」において…

  • もしもあなたが転職をする場合、「Uターン」「Jターン」など、大都会から地方に移住しつつ、再就職したいと考える方も少なくありません。ここ最近は転職サイトを活用すれば、郊外・地方での求人情報にもいつでもアクセスできます。ただ残念なことに、地方や郊外での求人に関しては、大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないのが難点でもあります。ですから、求人サイトを使用するのは当然ですが、転職サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもよくチェックしておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」などの行政が開催している就業サポートの有無も見逃さないようにしましょう。

    転職先でこれまでに培われてきたキャリアやスキルを生かすことができた…

  • 新しく就いた職場で今までに身に付けた資格やキャリアをフル活用できれば、即戦力として認められ、すぐに仕事場で存在感を得られるでしょう。また雇い主もそのような人材は常に必要なので、時期さえ合致すれば、簡単に採用されるでしょう。しかも、過去の業務内容と似た業界であれば、見込みは十分にあります。とはいえ、そこそこ実力があるといっても大手の事務系の業務や、公務員(国家・地方ともに)などは、いつの世になっても、相当な競争率になることを肝に銘じておきましょう。

    『今すぐ転職をしたい!』という願望があって、その意志が強いのであれ…

  • 『転職をしたい!』と思っている人のなかで、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞めたいという旨を速やかに上司に伝えましょう。なぜかというと、ここでは曖昧な表現をすると場合によって必ず言いくるめられます。そして、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、退職するタイミングを伸ばされてしまい、退職するまでに半年くらい掛かりました。退職することをはじめて直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、いろいろあって数ヶ月働くことになり、辞められたのはその年の11月です。予定としては、ちょうど年度末いっぱいで辞めたかったのに、スムーズにはいきませんでした。やはり企業サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、スタッフの要望を聞かないまま、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでほとほと信頼はなくなりました。

    将来的に転職活動をされるなら、気になる求人(もしくは業…

  • 将来転職活動をするという時は、良いと思う求人(職種)を見た際に逐一、「〇〇業、ブラック、デメリット」でネット検索を掛けてみましょう。求人票や転職エージェントから入ってくる言葉からは、まずその業界のマイナス点はアドバイスしてもらえません。インターネットで調べればインターネット検索を活用することでいとも簡単に現実を知ることができます。そういった現実を知らずに入社した場合、あとで入ったことを後悔してしまうかもしれません。その求人が出ている理由が、「業務内容がキツく、人が定着してくれない」という場合が多くを占めるため、目に留まった業種や案件に関しては、しっかり調べた上で応募しましょう。

    社会的な転職を取り囲む状況についてですが、現在の安倍内閣によって・・

  • 昨今の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出つつあります。現在の安倍内閣では「アベノミクス」「三本の矢」といった形で新たな経済に関係する政策が打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策ともに金融政策との相乗効果によって、財界や民間企業間でも次世代の変化が増加しつつあります。そういった変化を受けたことで、企業のあいだでも労働人口の減少による人手不足が根深い問題となっています。なお、外国人の労働者を現状よりも増やしていく、つもりでいると安倍政権は語っています。外国人労働者が増えることによって、転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化のなかで、国内の雇用・転職事情も大きな影響を及ぼす事になるでしょう。

    昔は看護婦と呼ばれていた看護師という仕事は、どうしても…

  • 以前は看護婦と言われていた看護師は、やっぱり女性比率がかなり高い職種です。さらに、気力や体力の大きく消耗が激しい特徴もあります。とうぜん職場での対人関係のいざこざや、自分の結婚や出産によってそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活のバランスがかなり取りづらい職業ともいえます。実際に、そういった問題によって職場を替える人がとても多いのが現状です。人が固定化しづらい環境であるために、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足に悩まされています。つねに医療業界は、看護師を欲する「売り手市場」な状態で、それが転職希望が後を絶たない原因の一つなのかもしれません。

    女性の再就職において、セクハラが社会的に問題になる前と現在とで…

  • 女性の再就職において、数年前と今現在とは若干の変化があるようです。前は面接の際に会社側から、結婚と出産についての考え方などのことに関して、ごく一般的なこととして女性たちに質問していました。しかし、今は「セクハラ」と捉えられ、質問をしない企業が一般化しつつあります。そして、世間に名の知れた大きな会社ほど、タブーとして神経質になっています。しかしながら、会社側としては、はい・いいえ、の2択ではなく、その人の生き方結婚後も働きたい、「出産後はすぐに復帰するのか」などを当然、知っておきたいとは思っている事でしょう。自身の価値観を理解してもらうためにも、志望の動機や自己ピーアールと併せて話すことで面接官にも考えが伝わり、判断してもらいやすくなると思います。ということで、たとえ、質問されてない箇所についても、あなたが先んじて気を遣って答えてみることを考えてみてください。

    転職活動する場合、それなりの準備は必要不可欠です。

  • 転職にあたって然るべき準備は不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、そのなかでも、目に見えるファッションは誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。しかしながら、今の採用面接では形式ばらない服装がOKな企業があるので、しっかりスーツを着て面接に出向かなくても良いでしょう。とくに創業して間もない会社などは、厳しいマニュアルも作られてないことが多く、私服で面接をした方が、相手からの印象が良くなります。加えて、堅いイメージを与えないのでフランクに会話がしやすいのもメリットといえます。さらに私服だと、面接の間に、服装の事で話題が広がることがありますから、担当者と仲良くなれる期待ができます。ということで、転職をするつもりなら、企業の「設立した年」で選択し、(ベンチャー系企業の)面接の際は私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

    私は20代で転職を2度行い、今現在はいくつか資格を取得するた…

  • 20代に転職を2度行い、現在、資格取得の勉強をしながら、「派遣社員」を選択しました。フルタイムでの勤務ではないため、やはり給料は過去の仕事よりも少ないです。しかし、前よりも心と時間的な余裕ができました。思い返すと、学生のうちに資格を手に入れて、仕事すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。やはり、しっかりと資格を活かしている人と話すと自分もこうなりたかったと感じてしまいます。前の私は、自分よりも上手くいっている人と比べ、ガッカリすることもありました。今では結婚をキッカケに過去と比べ生活環境も大きく変化し、前よりもそのなかで将来の進路も定まったので自分の人生に満足できるようになりました。

    転職サイトで登録したあとに、電話やメール連絡が執拗に入ります。

  • 転職サイトに登録すれば必ず、電話・メールで何回も連絡が入ります。これについて「転職エージェント」の利用が初めての人は結構ビックリすると思います。転職エージェントは転職を助けることが目的だといえるので、非常に積極的にアプローチしてきます。とりわけ大手のエージェントは転職させると企業からお金が入る仕組みであるといえるので、転職活動を行っている人の都合よりも企業側を優先させることが少なくありません。転職エージェントは、契約数を増加させたいがために、内定がでた瞬間に、入社を強引にすすめてくることが多いです。防御策として自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、無理に転職しないように心がけましょう。

    数日前転職の準備をしようと人材バンクへ登録を行いに行きました。

  • 昨日仕事を探すために人材紹介会社へ登録に行きました。登録するときのカウンセリングをしに現れた担当の人がどうも仕事に慣れていない社員のようで、こちら側が説明していることの半分も彼は理解できていない様子です。おまけに「キャリアデザインが甘すぎますね」とか「もっと自分の強みを知ることが必要でしょう」等、カウンセリングの専門家であるかのように偉そうに言い散らかすから非常に嫌な気分になりました。カウンセリングを担当させるのはそれなりにカウンセリングのスキルがある社員にするべきだと思います。

    このところ私は派遣会社に登録をしています。

  • 今、私は派遣会社で働いています。ウェブサイトの中でなんとなく自分に合っていそうな仕事を見つけて応募したい旨を伝えたところ「そのお仕事はもう他の方の採用が内定しています」と言われて瞬間的にサイトから仕事情報が消えるのですが、どういうわけか翌日にはまた載っています。それって結局私だとダメってことですよね。それであれば変に隠さないように正直に言ってくれればありがたいのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。あるいはまたもしかして存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?

    転職活動を行っていると面接のときに高い確率で尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をやっていると、面接で高い確率で聞かれるのは志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機は、そのままお話しすればよいのですが、これとは違い転職理由についてそのまま伝えるのは問題です。転職理由でよくある給与が納得できないことや、上司や同僚との人間関係など面接担当者によいイメージを与えるものではありません。おそらく、自分が不利になることを馬鹿正直に話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しやすいので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。これに対して悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。加えて、この企業に入ってこんな仕事をしたい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、志望動機にすり替えてしまうのです。

    これはシフト制の業務についてです。

  • これはシフトの仕事についての話なのですが、毎週、特定の曜日に仕事できる人を募集する求人をよく見るのですが、シフトの出し方や、休む方法の詳細を面接の際に確認しておいたほうが良いです。それはなぜかというと、私は以前産休で休む人の助っ人として、正社員として入ったのですが、そこでは、「土日」固定のシフトだったのですが、他に誰も来ず、新入社員の私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った前任の女性が土曜、日曜は必ず出勤していたので、私自身も同じような人として扱われてしまいました。実際「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフト変更の必要があり同じ部署の先輩方に「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と私から連絡を入れなくてはいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。今思うと本当によく我慢してやってこれたと思います。