再就職時の面接では、中小企業だったら大体が「人事」が面接官ですが、…

転職希望者が受ける面接では、規模の小さい企業クラスの…

  • 転職のための採用面接では、中小企業であれば大体が人事担当者ですが、状況によっては、人事以外が担当するかもしれません。実際に仕事を一緒にしていく作業部署の責任者、一言でいえば部長や課長クラスが面接を担当する可能性もあります。とくに事務系・営業系に転職する際は、資格を介した判断がしづらいですから、自主的に自分自身をアピールしていくことが重要になります。面接官の誰からも「この人はしっかり自己アピールできるし、戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことがとても大切です。

    転職サイトは大手のサイトであるほど豊富な量の求人情報が掲載されているため、…

  • 転職サイトは知名度の高いサイトであるほど掲載される案件がたくさんあるため、2~3社ほど転職サイトに登録して、勤務地と年収条件程度の条件一致で次に条件に合う案件が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと転職情報の収集が容易になります。とはいっても、初回は登録するのに少々時間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をしっかりと作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。登録をする第一回目はけっこう時間がかかることから、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、その後は、新着の求人情報だけチェックすればいいので、次回以降の応募を楽にするめにも、最初にしっかり準備することを心がけましょう。

    退職と転職を繰り返す日々を止めるための打開策が一つだけあります。

  • 退職と転職を繰り返す日々を止めるための対策は至ってシンプルです。仕事面のスキルアップもそうですが、それとは別に精神的なスキルを磨くとそう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。現在はネットがいつでも使えるので、メンタル面を強くするための自己啓発系の情報は直ぐに拾うことができます。さらには、転職とは全く異なる行動でも、メンタルを鍛えられます。その最たる例は「海外に行くこと」ですね。海外旅行に行くと、日本との違いがたくさんあったりと、目につくすべてが刺激となります。ですから、帰国してからも心境の変化が生じるはずです。帰国してみると、己の視野の狭さを実感し、「世間の小ささ」というものを実感することができます。その気持ちのまま(転職のための)面接を行えば、今までとは格段に違い自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。どうしても、退職間もないあいだは、精神的に弱っている人が多いので今後のために休業期間も必要です。

    転職サイトや転職エージェントなどを活用し、転職活動することは今では当たり前のことです。

  • 転職サイトや転職エージェントなどを用いて、転職活動を行うことは常識になりつつあります。さらに、より転職のチャンスを増やしたいのでしたら、並行して転職フェアを利用してみるのもありだと思います。転職フェアの長所としては、多くの企業が一堂に会するので、そこに足を運べば多くの企業について知ることができ、それだけでなく、その場で説明しているスタッフさんから、その企業がどんな雰囲気なのかある程度わかります。今後、転職フェアに参加する場合には、1次面接を受けにいくつもりで自分をアピールする準備をしておきましょう。運よくフェアの期間中に企業側の担当者に気に入られれば、後で面接に進む際に良い手応えを期待できます。

    将来、私たちの労働環境において確実に単純作業は機械化が発展して…

  • これからの社会ではぐっとシンプルな仕事は機械に差し替えられていきその切り替えによって必要な人手はどうしてもカットされていきます。その理由は、短絡的な作業は人間の手を借りるよりも機械でやったほうが圧倒的に能力が高いからです。例えば、数量を計測したり、同じ手順を反復したりすることは機械では当然何の苦もありません。人間とは違って泣き言は言わないし、ペースが変わらないし、インチキをすることもないし、正確な作業ですし、均一化できる強みもあります。さらには人と違って、「人件費」を渡さなくてもいいのがメリットといえます。こういった点から、人間を使う意味がまったくなさすぎます。ですから機械にシフトされるもの必然といえるでしょう。

    例えば、転職を決意したなら、あくまで会社の人間にはひそか・・

  • 例えばあばたが、転職の決意したなら、まったく同僚にはひそかにそれを告げずに活動していき、転職先が決まっていない間は、可能ならば周囲に悟られないよう平常通りに仕事をするのがたいへんいいです。働いている間、その姿勢を保っていれば、希望通りに条件に沿う転職先が見つからなくても、転身の予定を延長しながら現在の職をそのままし続けてもトラブルがありません。そうではなくて、後先考えず「転職するつもりでいる」と言ってしまうと、周囲はそれを受けた対応をし始めます。それに加えて会社内で「辞めるつもりです」と口にしたら、「あの人は辞める人」という位置付けになります。そのような状況になってから、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、同僚たちは、「一度は辞めようとした人」とあなたを見て、在籍中ずっと、身の置き所がないと感じるリスクが高いです。

    転職によって職場を新しく換えるということは、自分自身に適合する…

  • 転職して職場を一新するということは、自分に合う自身が納得できる転職先を選んだほうが良いです。勤務先、職場を変えると、天職にありつくことができるかもしれません。が、メリットだけがあるわけでななく、相応の努力やスキルが求められます。逆説的に表現すると、あなたの才能次第で、天職に恵まれる、ということなのです。最近では「職業選択の自由」が一般敵に広く認められていて、会社を変えても偏見を持たれる不安もありません。人の流動性が高くなりつつある今現在では「優秀な人材が欲しい」と願う企業も増加していますので、この好機をうまく利用してみるのも良いでしょう。

    この話は知人から聞いた話です。

  • この話は従兄からの話です。新卒の際に入社することを強く希望していた目標のA社の入社試験で、最後の役員面接までいきながら採用されず、後に仕方なく他の会社に就労しました。そのあと3年経ったぐらいに派遣の求人のサイトにおいてA社の紹介予定派遣の求人を発見し、いてもたってもいられなくなりその時働いていた会社を即座に辞めて、A社での派遣勤務を開始、勇気がありますね。真剣に頑張ってのちに学生時代に憧れていたA社で正社員として仕事をすることができ、現在ではやりがいを持ちながらいきいき仕事しています。

    来週からでも転職を予定しているのなら、今の業務や・・

  • そろそろ転職しようと思うのなら、現状の仕事や業務の何に対して不満を感じているのかを明確にしておいた方が良いです。当然できていると思うと、意外とできてないです。気に入らないことが限界に達しているから転職しようと思っているはずです。が、「きちんと存在する客観的に考えた不満点を列挙する」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。それを終えたあと、転職を叶えたあと、「今より何が不便になるか」を想像してみましょう。転職できたとしても、すべての問題が解決するとは限りません。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職後の急激なモチベーションのダウンを高確率で防げますから、失敗しないのは可能なはずです。

    世の中は変わっていてPCは便利でネットで見られる世界には…

  • スマートフォンは便利でインターネットで見られる世界ではいわゆる「転職のためのサイト」に類するものが多すぎるくらい存在しています。自分が求めている転職先と思えるのを見付けるために、まずは情報を収集することです。このような「転職サイト」をうまく使うことで、効率的な転職先を探せます。転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む有益な「転職サイト」がある一方、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。はじめは、信用できるサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますから同ジャンルのサイトと比較しながら厳しく確かめてみてください。

    派遣先が決まりました。仕事の最初の日に派遣会社の営業担当の・・

  • 派遣のお仕事が決定しました。仕事の1日目に派遣会社の営業担当の人と就業先の近所のコンビニで合流する約束だったのですが、担当者がどういうわけか約束したお店の前にいないので中にいるのではないかと思ってコンビニエンスストアの中に入ってみると、担当者は雑誌売り場の前に座り込んでいやらしいグラビアのページを開けて見ているところを発見!こんな担当の方の仕事なんて人間としてプライドが許さないことだと感じて、声をかけることもなく気付かれないように店内から出て速攻派遣会社へ辞退する旨の連絡を入れました。

    転職のための面接では気を付けておきたい点があります。

  • 転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に担当者から「転職理由をお聞かせください」とほぼ質問されます。このとき、どのような理由であれ、過去の職場の「人間関係」「働く環境」が悪かったという回答などは、意識して避けましょう。なぜなら、此の様な内容の話は、せっかくのチャンスを逃してしまうことになりかねません。ですから面接時にはポジティブな発言が肝要です。事実とは異なっていても、「新しい職場ではこれまでのキャリアをしっかり生かして、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」のような内容で自分を売り込むことが大切です。

    過去に失業保険を受けた経験のない人は、何もしなくても受け取れると考えている・・

  • 生涯初の失業保険をもらうときに、じっとしていれば受け取れると思っている人が大部分ですが、それは誤解です。本当は、失業保険の給付を希望通りにもらうためには、職探しを続けていることが必要で、その上で、月に一度はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月間隔でスタッフに就職活動の状況をきちんと説明して真面目に就職活動をしていることをわかってもらえれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。なお、真面目に就職活動をしていないとみなされたり、毎月のスタッフとの面談を欠席したときは、当然問答無用で給付を一時的に止められたり、酷い場合はそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、それを防ぐために十分気を付けましょう。

    転職の時の面接などの際に名刺を渡された場合、こちらとしても名刺を相手側…

  • 再就職における面接などに関してもし面接担当者に名刺を手渡されたら、あなたも同じように名刺を相手に差し出すべきであるのか?と対応の仕方に迷ったときは、基本的には渡さなくても良いと知っておいてください。面接は仕事内ではなくて、就職活動の一環です。ですから一般的に考えて名刺を交換する時間ではないのです。それに、会社の人間としてではなく、あなた個人のことでそこにいるわけです。そのため、もしも相手から名刺を差し出されても、あなたのほうは名刺を受け取るだけで大丈夫で、担当者に相手の方にあげる必要はまったくないと考えられます。

    がんばっている転職活動の際に「今までずっとこういう仕事をしてきまし・・

  • 励んでいる転職する活動の際に「私はこれまでずっとこういう内容の仕事をしました」「過去の仕事では、このような経験に磨きを掛けました」と自身の経歴を強調してアピールしなくちゃと考える人はとても多いです。ですが、転職先となる再スタートを図る企業で「させてもらえるのならばこうありたい」「私が申したような業務なら積極的に貢献できるに違いない」と将来のプランで自分自身をアピールする方が過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。

    転職をする活動中はとにかく、常に自分自身の心が急がない…

  • 転職のための活動を効率的にやっていくには、なにはともあれゼッタイに自身の内心が静かであるということをとても重要視したいものです。今の会社で働きながら転職の活動される場合は、それほどにはないかもしれませんが、退職をした後にする場合、気持ちが焦りが出てしまいます。そのため、慎重に活動することを忘れないようにしましょう。今後、自分がやってみたい仕事や、理想とする職場の雰囲気を明瞭化しておきましょう。そのイメージを実際の職場との合致しているかを冷静になって見極めていきましょう。そうすることで、転職で良い結果を出しやすくなります。

    私が求職中のころいくつかの人材紹介会社に登録していたことがあります。

  • 自分が仕事を探していた時期にかなり多くの人材紹介会社に登録していのだが、その際に思ったこと、それは転職のアドバイザーのレベルにおいても驚くほどまちまちで大方物足りなく感じる担当者ばかり。私にとっては人生の大事な事なのにもっと真剣に向かい合ってほしいという欲がこみ上げました。それがきっかけとなって私はキャリアカウンセラーの資格を取得することにしました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取得できるまでにはお金も必要だったし勉強もかなりハードではありますが、求職中の人から頼ってもらえる人間になるべく頑張っています。