ほんの2ヶ月まえに、転職したばかりであるにも関わらず、…

ほんの2ヶ月まえに、転職したというのに、わずかしかたっていないのに…

2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりなのに、少ししか仕事もしてないのに辞めてしまう決意してしまう人がわりとよく見受けられます。何故そうかと考えてみると私見ですが転職先の仕事に飛び込んだものの、「自分の思っていた職場環境とギャップがあって幻滅した」「職場環境が受け入れられなかった」ということが理由で退職してしまうことが多いといいます。でもこのような、転職先選びでの失敗を後悔しないためには、やはり、情報収集を徹底しなくてはなりません。通勤時間、給与体系、などチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

仮にあなたが再就職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」のように、…

仮にあなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Iターン」といった形で、都市部から地方へと移住したうえで再就職してみたいと感じている人が増加傾向にあり、事実、実践している人も多くいます。近年は転職サイトを使えば、郊外や地方での求人情報にも手軽に知ることができますが、地方や郊外での求人情報では、大都会ような選択肢がないのが難点でもあります。したがって求人サイトを利用するのは当たり前ですが、求人情報サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」などのサイトも頻繁に確認し、そうした機関の転職サポートのイベントにも確認しておくとよいでしょう。

新しく就いた勤め先で今までに身に付けたキャリア・スキルを生かせたとした・・

新しい仕事で、それまでに培われてきた実力を発揮できれば、即戦力として周囲から高く評価されて、すぐに仕事場にも馴染めるはずです。人を募集している雇い主もそのような即戦力は常に必要なので、採用側が判断しても即戦力となる転職はそんなに難しいことではありません。しかも、これまでの働いていた仕事と同じなら可能性は十分にあります。ですが、ある程度のスキルがあるといっても大手企業の事務系の業務や、公務員系の募集は、時代・景気に関係なくかなりの競争率を勝ち抜かないと就職自体が難しいので注意です。

『今すぐ転職をしたい!』と思っている人のなかで、未来の進む道もハッキリしているのなら・・

『なるべく早く転職をしたい!』という願望があって、自分の意志が本当に強いものであるなら、辞職したいという旨を即、上司に伝えておきましょう。ですが、このときに相談という形を取ると、言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。そして、実際にわたしが転職をすると話した時には退職を引き伸ばされてしまい、退職するまでに半年くらい掛かりました。辞職したいことをはじめに、直属の上司に相談したのが年度末で、いろいろあってなぜか辞められたのはその年の11月です。本来、区切りの良い年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、希望通りには進みませんでした。やっぱり会社としても人事的な都合もあるとは思いますが、社員のを要望を聞かないまま、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、かなり困ってしまいました。

転職活動の最中、良いと思う求人(あるいは業種)を見るた…

転職活動をするという時は、気になった求人(OR 業種)があれば、忘れず「〇〇業(気になる職業)、ブラック」とインターネットで検索を掛けてみましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントからは業界に関するマイナスとなる面は、アドバイスしてもらえません。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、ネット検索を活用することで瞬時に多くの事例に触れられるはずです。そのようなチェックを怠りながら入社してしまうと、後々に落胆してしまうおそれがあります。そもそもその求人募集が出ている理由が「仕事の内容がキツイから人がなかなか定着してくれない」といった場合が少なくないため、目に留まった案件・業種については、きちんと調べたうえで応募しましょう。

政治により変わりつつある転職を取り囲む状況につい・・

転職を取り囲む状況は、政治による変化の兆しが出始めています。現在の安倍内閣ではアベノミクスや「三本の矢」といった新たな経済政策が複数、展開されています。内閣が打ち出した新たな経済政策共々日銀による「金融政策」と、たがいに作用しあって、財界や企業間では次の世代の変化が巻き起こりつつあります。その作用もあって企業サイドでも今度は労働人口の減少による人手不足がかなり深刻化しています。最近では「外国人労働者」の総数を高めていくと現政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、雇用や転職問題もかなり幅が広がりそうです。このような社会的変化によって国内の雇用状況や転職状況も大きな影響が出てくるのは仕方のないことだといえます。

昔は看護婦と言った看護師というのは職業として歴史的背景…

看護婦という名前だった看護師というのは務めとして歴史的にも女性の割合がとても高い職場です。加えて、気力だけでなく体力を消耗がきついことが日常茶飯事です。ピリピリした現場になりやすく、職場の対人関係がうまくいかなかったり、自分の結婚や出産といったそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活のバランスが難しい職業でもあります。実際、そういった問題によって転職する人が多いのが現実です。過酷な労働環環境であるために、人手不足の状況に変わらず継続しています。なので、どの医療機関も看護師が足りない「売り手市場」であり、それが転職希望が後を絶たない原因の一つなのかもしれません。

女性の再就職に際して、セクハラが社会的に問題になる前と今日と・・

女性が再就職する時、一昔前と今現在とは少なからず、変化が見受けられます。かつては、「結婚の予定」や「出産後の予定」などに関して、ごく普通に女性に質問していました。ですが、現代では、そういった内容はセクハラとして聞かない企業、が増加傾向にあります。そしてまた、特に大きな会社の場合は、この手の質問には神経を尖らせているようです。しかし、会社側としては、〇か×の2択でなく、その人の考え「結婚後も働きたいのか」出産後は時短で働きたいなどを当然、把握しておきたいとは思っているものです。自分自身の将来設計をわかってもらうためにも、自己PRや志望の動機の中に織り交ぜながら言い表すことで、相手側のモヤモヤも解消できると考えます。というワケで、たとえ、聞かれてない箇所についても、あなたの側から気遣いながら答えてみることを考えてみてください。

再就職する場合、相応の準備はしなければなりません。

転職活動を進めるには、それなりの準備は必要です。一言で準備といってもたくさんありますが、そんな中でも目に映る「服装」は、大事に感じてしまいます。とはいえ、ここ最近の、採用面接では形式ばらない服装がOKな企業があるので、ビジネススーツで決めて面接に出向かなくても良いでしょう。会社の創設して間もない企業などは、お堅いマニュアルもないことが多く、私服で面接を受けたほうが、印象が良くなります。また、ざっくばらんに会話がしやすくなります。また、私服であれば面接の際に、服装について、話もしやすいです。ですから、もしかしたら担当の人から気に入られる期待もできます。というワケで、転職する際は、企業の「創立した年」に注目してみて、(ベンチャー系企業相手の)面接の際は正装はせずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

これまで20代前半で転職を数回した為、そして今、資格を取得したい…

これまで20代前半に転職を数回経験して、今現在はいくつか資格を取得するため、「派遣社員」で勤務しています。フルタイム勤務を選択しなかったのでどうしても手取りは安いのですが、以前より心と時間に余裕ができました。学生時代にいくつか資格を取得し、就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。やはり、きちんと資格を活かしている人を見るとかなり羨ましいと思ったりもします。自分と他人を比べてしまい、劣等感を感じる日もありました。現在は結婚して私の生活そのものが大きく変化し前よりもそのなかで将来の進路も定まったのでまいにち充実しています。

転職サイトは、一度登録したら、電話やメールでしつこいくらい連絡が入ってきます。

転職エージェントに登録すれば必ず、電話やメール連絡が頻繁に入ります。何も知らずに利用しはじめた人はかなりビックリするはずです。転職エージェントは転職を助けることが仕事ですので、本当に積極的です。とりわけ大手エージェントは、転職を成就させることで企業から報酬が支払われるシステムといえるので、転職活動される人の都合よりも企業の都合を優先させることが多かったりします。その上転職エージェントは、契約数を増やしたいために、内定が取れるとすぐに、入社を強引にすすめてくることが少なくありません。防御策として自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、転職に妥協しないように気をつけておきましょう。

この前人材バンクに登録に行きました。

一昨日転職のために人材会社に登録に行きました。そこで登録するときのカウンセリングをするために出てきた担当者が見た感じ経験不足の社員のようで、私が説明している話の2分の1もその社員は理解できていない様子です。おまけに「キャリアデザインを考え直さなければいけません」とか「自分の強みについてもっと知っておくことが必要です」等、経験豊富なベテランのように偉そうに言い散らかすから大変嫌な気持ちになりました。カウンセリングを担当する人は多少はカウンセリングのスキルがある人にしてほしいものです。

今、私は派遣の会社に登録しています。

派遣の会社に入っています。インターネットサイトの中で気になる仕事を見つけ問い合わせたところ「その仕事はもう別の方でお話が進んでいます」とお断りされて一瞬サイト内からも仕事の情報がなくなるのですが、その次の日になるともう一度情報が掲載されています。これって要するに私ではよくないのだってことですよね。それであれば初めから変に隠さないようにはっきりと伝えてほしいのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。あるいはもしかすると存在しない仕事を載せているのでしょうか?

転職活動で例外なく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしていて面接において間違いなく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機は、そのままお話しすればよいのですが、転職理由について正直に伝えるのは問題です。例をあげれば給与の不満、同僚や上司との人間関係の軋轢など、そのような話をしたとしても、あなたの印象は良いものにはならないでしょう。たぶん、自分が不利になることを馬鹿正直に話す人は非常に少ないと思いますが、転職先の企業では、そういったマイナス点を重視しやすいので、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。悪いイメージを持たれるのを回避する方法として、現職の仕事の内容以外のことを話さないように心がけることです。加えて、この会社に入社してこんなことをしたい、5年以内にこんなゴールを達成したい、そのために御社に応募しました、と未来志向となるように、うまくかわしていきましょう。

「シフト制」の業務についてです。

シフトがある仕事についての話です。一定の曜日に入れる人を募集している求人を頻繁に目にしますが、もしも応募しようと思っているなら休み方やシフトの出し方を事前にたずねておいた方が良いです。それはどうしてかというと、私自身、出産のため抜けた人の代わりに正社員として仕事をすることになったのですが、私のシフトがそこが「土日」固定のシフトで、新入社員の私以外は、誰一人現場にいませんでした。産休に入った人が土曜、日曜は必ず出勤できる人だったので、私もそう思われていたみたいです。実際土日に外せない用事が入ることもあり、シフト変更の必要があり同じ部署の先輩方に「代わりに出勤していただけませんか?」と自分で連絡を入れなくてはいけませんでした。立場も給料も同じなのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。思い返してみると本当に腹が立ってきます。

再就職の際の面接では、規模の小さい企業だったらほとんどが人事担当者になります・・

再就職時の採用面接では、中小企業であればそこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、別の場合もあるようです。具体的には、今後仕事を一緒にしていく責任者、わかりやすく言うと役職クラスである部長や課長が当たることになるでしょう。とりわけ営業職や事務職といった部署に転職する場合は、資格による判断がしづらいですから、きちんと自分をアピールしていくことが求められます。面接担当から「この男は、堂々と自己発言してるし、それになかなかの戦力になりそう」と思わせ、記憶に残すことがとても大事です。

「転職サイト」は、大手が運営しているもののほうが案件が多いた…

転職サイトは知名度の高いサイトであるほど掲載量も多いため、感じがよさそうな2,3の会社を、まずはメンバー登録した上で、勤務地と年収条件程度の条件一致であとは条件に合う案件が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと容易に情報収集を行うことが可能になります。しかしながら、最初に限っては登録するのに非常に労力を要するので、登録前に履歴書と職務経歴書をきちんと準備し、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録の初日は、けっこう時間がかかることから、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、その後は新着の求人情報のみ確認すれば大丈夫なので、後々のためにも、初回の準備を怠らないことを心がけるのが賢明です。