得意なことや好きな分野の仕事に就きたいと思っている人は注意した方が良いです。

得意なことや好きな分野の仕事に就きたいと思っている方は注意が必要です。

  • 趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいという風に思っている方は要注意です。これは、私が実際に経験したことなるのですが、私自身、食べることが本当に大好きでかつては、料理店で働いていた時期がありました。そのお店での業務内容は、その飲食店で私が任されていた仕事内容は、盛り付け作業やホール業務でした。この仕事内容に関しては、不満もありませんでしたし楽しみながら仕事ができていました。しかし、職場の人間関係にすごく疲れてしまいました。ということが理由で、職場を離れることにしたのですが、同時に、大好きだった食べること、そしてその店でメニューとして扱っていた食べ物すら嫌いになり、同ジャンルの店にはしばらく経った現在も行けません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。仕事に就いた当初、好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。自分自身の大好きなジャンルの仕事に就きたいと夢をみるのは素敵なことだとは思います。ですが、「好き」の度合いはどの程度のものか、じっくり冷静に判断する必要があります。

  • このように現在の企業の雇用事情が大きく変化したことに際して、働きざかりの世代の中…

  • ここ最近の会社や企業の労働背景のめまぐるしい変化に当たって、全世代の中で34歳ぐらいまでの若い人たちが特に関心を持って見ているようです。おそらく、転職とキャリアアップを考えているのでしょう。こういった理由から働き手といった層の労働市場の「流動化」が活性化しているので、加えて、この先、若い世代以外の層にも転職の注目が強くなると予想されます。「流動化」が進んでいく結果、会社の転職はあなたの身近なものとなるのは間違いありません。「終身雇用制度」が機能していた頃には転職者には良くないイメージがつき転職が思い通りにいかない人もあったのです。ところが、今ではこの事も全く当たらず現在の仕事に固執する意味が段々と薄れてきています。

  • 一般的に見て大手企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため…

  • 一般的観点からすると一流企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので、転職希望者には向いていません。そればかりでなく、地方でとなると転職の見込みはとても厳しくなるでしょう。ただ、製造業の企業の場合においては、都市部でない地方の工業団地界隈に製造工場を置いていることもはずです。さらに、そういう工場の場合、事業分野の拡大する際に「人員募集」をしているので、この機会を捉えるのです。地方の工場に転職しようと思うなら、その地方の工業団地の会社をあらかじめチェックしておきましょう。ホームページをチェックし、人員募集の有無など、しょっちゅう確認してみましょう。

  • 転職活動を行う上での最後の難問として、今勤めている企業からの退職があります。

  • 転職活動をする際の最後にクリアしなければいけない問題として、「現在勤めている企業をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先の企業が採用の内定を出したとしても、現在勤務している企業が退職を慰留するというのもありがちなケースです。そのようなケースでは、何としても退職する、という強固な信念を保つことが大切でしょう。仮に引き留められ、一時的に残ったとしても、一時辞めたいと思った会社には、結局は長居はできないはずです。スムーズに退職するためには、会社の規定をチェックしておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を用意します。そのあとに、決定権を持つ上司と面と向かって話し合い、退職を撤回する考えはありませんと、毅然とした態度で伝えましょう。円満退社という形をとることも転職活動で大切な要素となります。

  • 再就職をする場合、比較的重要視されるのが「面接」なのは間違いありません。

  • 転職活動では、かなり重視されるのが「面接」です。ふつうの面接では面接担当者が応募者に対し、転職に至った動機や退職理由などまずは、こちらが質問される側となります。そしてほぼ100%、面接の終了間際に転職希望をする人からの疑問点などを質問できるわけです。面接担当の人から「何か聞いておきたいことはありませんか?」と。そういった質問が来たときは、緊張してどう答えればよいかわからなくなることもありますよね。こういった場面に備えて、面接の前には面接担当者からの質問を想定し、質問の内容をいくつか考えておくのもいいかもしれません。よく考えてみればいくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、試してみてください。

  • 転職先を探している期間は、趣味に時間を費やすことに加・・

  • 転職期間では、趣味に打ち込むことに加え、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れると良いです。転職先が決まり、復帰した時に、趣味に没頭していたおかげで気付かないうちに集中する力が養われています。また体力アップしているために、その場の社員さんたちと比較するとスタミナがあるということを認識することができます。そんなわけで、自分の趣味に力を入れることと、体力を落とさないようにすることをしておいて損はありません。勤め先が決まり、職場にて同様の趣味の方とめぐりあうことができれば、親しくなれるきっかけになります。ですから、好きなことをとことんまで極めることも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

  • 近頃はインターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社をよく見かけるようになりました。

  • 現代、ネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングの請負をビジネスとする会社も増加しています。あなたに特許を出した経歴があるなら、ヘッドハンティングの対象になりやすくなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許権を獲得した人のほかに、研究開発で論文を発表した経験がある人や、テレビをはじめとするマスメディアで話題になった人など、「業績」を残した人に狙いをつけ、電話やメールで勧誘をして、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングと疑われる誘いを受けた際には、そうなったきっかけを考えてみましょう。ここ最近は、「ヘッドハンティング」と称し、登録料を払わせようとする会社がありますが、そのような会社はたぶん詐欺といえるので引っかからないように気を付けましょう。基本的に、ヘッドハンティングの世界は、企業側が報酬を支払う形になるので転職希望者が負担するものではありません。

  • もしも将来、転職したいと考えているなら、あらかじめ資格を取得しておくことをお勧めします。

  • もしも転職される場合は、資格を取るとステップアップします。とくに、転職活動を始める前の段階で、資格取得しておくのがベストです。転職時でそれを生かせることができるので、新しい仕事を見つけやすくなります。なので、在職中の時間がもっとも最適といえます。将来を考え、このあとに役立つ資格をとっておくと、現在の会社を辞めたあとも悔やむことなく前に進めるはずです。それにプラスして、資格を取ってからの転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接の場では面接官に戦力になると判断してもらえ、待遇も良くなる可能性が高いです。

  • ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査に受かったので・・

  • とある古物商の求人に応募したところ、書類選考に受かりました。その後先方から、面接予定日を連絡してもらいました。しかし、当日、行ってみると、なぜか相手が、面接の用意を一切していないことがわかりました。待っていると、所長と思しき人が面接に応じてくれましたが、たいへんにけだるい表情を見せ、ひとまず面接を終えました。しかし、予定日を過ぎているのに、合否結果も告げられず、ガマンできなくなり、自ら問い合わせてみたところ、「結果は郵送で本日送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、届くことはありませんでした。そんなわけでふたたび、問い合わせたところ意味が分からなかったのですが、「残念ですが不採用になりました」、とそう言われてすぐ、電話を切られてしまったのです。呆れ返ってしまい言葉も見つかりませんでしたが、正直なところ、不採用で良かったとホッとしています。

  • 自身のスキルや資格を活用しながら就職活動をしていく場…

  • 自身のスキルや資格が有利にはたらくように転職活動を考える際は、比較的、再就職がしやすいジャンルと難しいものとを大まかに知っておきましょう。転職がカンタンといわれる業種は、慢性的に人材不足がいわれている医療や介護系のジャンルが最たる例です。医療・介護の職種では看護師や介護士の「資格」が必要で、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。現在、看護師や介護士として勤務している人が、様々な理由により、他の業界に転職しようと思う場合は、よく考えてみてからのほうが良いです。「医療」「介護」以外の業界は、スタッフの流動性は現業界よりも少なく、というわけで、簡単に考えないことが重要です。再就職される場合は、他の業界では「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、気をつけましょう。

  • 転職期間ではそういう風にしたいわけではないのに気が緩んでしまい…

  • 転職するための期間中は、どうしても、気が緩んでしまい、だらけてしまいがちです。だとしても、そんな風な生活を習慣にするのはキケンです。不思議なもので、だらだらと過ごす生活が当たり前になると、「メンタル面」も不健全な状態になるからです。だんだんと、働く気力がわかず、生活が苦しくなり困ってしまうかもしれません。そうなってしまうと、悪いサイクルにはまり転職をしたい会社を見付けることが難しくなってしまいます。再就職先を決めることができないのは、給料を第一に考えてしてしまうからです。もらえるお金を最優先に考えざるを得なくなるとキャリアアップのために転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。というワケで、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラけるような生活は転職活動中には必要ないのです。

  • 長く接客業で仕事を続けてきましたが、歳をとるにつれ立ったお仕事・・

  • 長く接客業でお勤めしてきましたが、年のせいか立ったままの仕事は体力的に耐えられず、オフィスワークへ転職することを頭に入れて動きました。事務の経験がないとなかなか厳しくて、そこで接客業の経験も活かすことができる受付兼医療事務をしようと思い資格も取って個人クリニックに転職しました。周囲はベテランのパートさんばかりで人間関係も難しい。いつも夜の勤務を押し付けられて、接客の仕事をしていた時よりも帰宅時間が遅くなったのですが、初めはキャリアを作る時期だと思って仕事を続けます。

  • 転職候補先の見学ができれば、すごく勉強になります。

  • 転職したい会社で会社見学しておけば、良い勉強になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」がいる会社見学は、職人技を近い距離で見られるので気持ちが高ぶります。でも、残念なことに「職人」がいる会社見学は、見学者には間違いなく、本来の働き方を見せてはくれないものです。その最たるものが、ブルーワーカー(肉体労働)などのジャンルです。このジャンルでは、個人のプライドが強いので入社後でなければ、本来の姿がわかりません。ですから、「見学現場=仕事現場」と考えないことが重要なのです。さらに、会社見学の時に実際に仕事体験させてくれる会社は、問題があるので正直言って、注意しておくべきです。入社していない人には何かあった時の保証がないので、仕事体験ができる、と言われてもていねいに断ることが大事です。

  • 転職活動をする場合に特に注意が必要な求人の募集内容は・・

  • 就職するため仕事探しをするときに注意が必要な求人情報は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高く、拘束時間が長めのものです。このような募集内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで算出している場合がたいへん多いのです。みなし残業代は、通称『みなし』とも表記し、30時間、45時間という風に求人の記載内容に時間が併記されているものです。毎月この程度の残業が想定されるので、前もって給料形態に残業代を含んでおくというものになります。(注意・違法ではありません)仮に求人に『みなし残業代25時間込』と表記される求人であれば、「書かれた時間分の残業代を入れると、この給料がもらえます」という意味になるわけです。ですが、悪質な求人では、告知しておくべき『みなし』を記載していない場合もあるので、しっかり注意をしておきましょう。

  • 転職をする場合、転職後の自身の給与を過剰に気にする人が…

  • 転職を考える際、そこでの自身の給料を過剰に気にする人がけっこう多いです。誰しも仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給料として稼ぐために精を出していると思います。だから自分自身がどのくらい評価してもらえるか、としての側面もあるから当然大切なことは当然ではあります。しかしながら、あまりに年収というものに気にかけすぎる生き方というのも虚しい気がします。この世には年収にあまり反映されない仕事であっても精神的な充実を得られることが大いにあるものだからです。

  • あなたがもしも、「転職サイト」を活用して自分が新たなチャレンジのでき・・

  • 現在あなたが、「転職サイト」を活用して自らの能力を思う存分発揮できるようなストレスを感じずに働ける仕事情報を見ているのなら、ぜったいに「転職エージェント」を活用しておきましょう。必要情報を入力し、エージェントサービスの登録のあと、そこで紹介される仕事は、一般的に公開されていないからです。誰でも見ることが可能な公開求と人非公開求人とでは、どう比べても、比較にならない程かなり質が良いといえます。また、あなたに相応しいものをピックアップし、調査し、紹介してくれます。そのおかげで、かなり高い精度で理想に近い職種の求人にめぐり逢えることが多々あります。もし、同一の求人に行き着いたとしても、自身の力で手当たり次第に探していくことと比べれば、とても効率はいいです。ですから使ってみる価値はあります。

  • 派遣で働いています。派遣法や労働契約法のからみで不本意で…

  • 派遣として働いています。労働契約法が原因で長期間勤務していた派遣先の会社でのお仕事を終了しなければなりません。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣先で直接雇用の契約をつかんだ人もいるのですが抜擢された理由としては正直に言うと仕事の腕がよいというよりは派遣先の上司へのあしらいが上手な人でそれが採用の決め手となった感じ。仕事の能力よりおじさん転がしスキルが重要なんだねーと抜擢されなかった他の派遣のメンバーと勤務先で文句を言う日々です。