失業時、給付してもらえる「失業保険」は、失業中でなければ給付されませんが…

失業者に給付される失業保険は、失業している間もらえる・・

失業者に給付される失業保険は、失業中でない人はもらえませんが、給付期間が決まっています。離職時までに勤務していた期間に応じて違い、90とか120日とか決定されるのですが、中にはこの現実を理解していない人がいます。失業を続ける限りもらえると勘違いして「失業保険を受け取れるあいだは遊んでいよう」という人がいますが、給付期間の最後1か月になった段階でようやく自分の勘違いに気づき急に転職活動を始めても良い結果にならないのは言うまでもありません。転職先の面接官もアホウではないので、「いつに失業したか」「どのくらい失業期間があるか」「その間、何をしてたか?」といった内容はそこそこわかるはずです。相手によっては、面接の際に何をしていたか質問されることになり、返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、9割がた受かりません。

かつては求人誌では、雇用側が必要とする「性別」について、…

数年前は求人誌には、「性別」が書かれていました。しかし今では、1986年に男女雇用機会均等法が施行され、雇用において、男女差別があってはいけないルールができて、求人情報内に「性別」の表記ができなくなりました。そのような変化があったのですが、求人募集をしている会社は、性別に拘らず採用するとは限らないのです。そのため、本当は男性希望の業種に女性が応募してきたり、対称的に、女性が必要なのに、男性が来てしまい、といった問題も無関係ではありません。例として、「女性が活躍する職場です」とアピールする案件では、会社側が働き手は女性を必要としている、と考えたほうが確実でしょう。

転職を近いうちにするつもりなら、労を惜しまずに多種多様な…

転業を視野に入れているなら労を惜しまず頻繁に企業を日常的に調べたり比較したりしておくと転職先の判断がとてもしやすくなります。今の仕事に満足していない場合、本格的に転職活動をする際に、どの会社も魅力的です。そんな状況に陥ると、どの会社を選択していいのか選ぶ会社に迷いが出てしまう結果になり、判断を誤る可能性も少なくありません。すると、最終的には一瞬で退職しなくてはならなくなるので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくべきなのです。会社の雇用に関する情報だけ見るのではなく、その転職したい会社の「取引先」も要チェックです。良い企業は、取引している会社の情報を公開していますし、そうでは無い会社は広告宣伝ばかりしている傾向が強いので、覚えておきましょう。また、会社によっては、個人グループに入っているものもあるので、グループ名で中身を調べておくのも良いでしょう。

転職を成功させるためには、最初から情報収集が必須です。

転職を成功させたいのなら、事前の情報を集めることをしておきましょう。そうするには今を見ると名前を聞いたことのない小規模な会社でもホームページを常設している企業がほとんどですから、ネットで自分の知りたい情報を調べておくとまたその会社についてわからないことなどを解消しておくと転職に役立つはずです。さらに公式ホームページの他に、「転職サイト」にログインするのも効率的ではありますが、しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。何よりその職場を自身の目で判断するのも大事です。

知人からの紹介によって転職先を見付ける人がいます。

知人からの紹介によって転職する先を見つけている最中の人もいるでしょう。しかし、転職先の労働環境やそれから労働条件に関する情報について、友人の口コミを過剰に信用するのはあとで問題です。当然ながら、ある特定の人の口コミ情報というものは性質上、主観が入りすぎてしまい、客観性に乏しくなります。つまり紹介者的には、働きやすい良い職場だったとしても、自分自身にとってはストレスフルな可能性もあります。その逆も然りです。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミだけに頼らずに、最終的には自分自身の目で確かめておくことも大切です。

雇用期間中は、出来るだけ同僚に気づかれないように、・・

在職期間中は、できたら、こっそりと、(自身の転職活動では)在職期間中に転職の意図のみを早い時期に社内の人間に話したことがあります。ところが、その後求人誌を散々あれこれ見ていったものの、思いとは裏腹に転職先や転職するタイミングすら無鉄砲に決まらないまま、いつの間にか時間が過ぎてしまいました。挙句の果てには会社の方も業務の引き継ぎ予定や手続き、自身の退職日などが続々と確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、転職先を見付ける」という、お粗末な状況になってしまいました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経たあと、次の就業先を見付ける活動をはじめました。

勤務していた会社で相性の悪い上司に困惑してしまい、結…

新卒で採用された会社で感じの悪い上司の存在に神経を削られ、とうとうやる気がなくなってその会社を退職し、同じ畑の別の会社に行くことにしました。そこでは人間関係を良好に保つことができきわめて満足していましたが、だんだんと業績が落ち込み、最後にはとある会社に経営統合されることとなったのです。奇遇にもその統合先の会社がなんと前にいた会社で、その上まったく反りが合わない上司がもう一度私の上司となることになりました。こういう悪いめぐり合わせとは、どれだけご縁があるのでしょうか。当たり前のことですがまた転職をしようと活動を始動しています。

転職の面接を受けるためとある会社に伺ったときのことです。

転職時の採用面接に転職したい会社へ訪ねました。偶然会社で会議室が空きがないというわけで会社外部で人事部の人と待ち合わせて採用面接を行って、その場で解散をし、面接担当者も会社に寄ることなくそのまま自宅に帰るとのことでしたが、ところが下車する駅が私と一緒だったのです。なので電車内でも面接官とずっと会話をしながらいっしょに帰ることとなって、その結果緊張がほぐれ面接より話が弾み、それがプラスに働いたのか無事に採用を勝ち取りました。

全くの未経験である分野などに転業したいと考えている場合に・・

全くの初挑戦の業界などに転身を考えるときには、前の会社で、自分が養われた腕前やこれまで経験したことを発揮できるという内容の自己アピールがいるようになります。未経験の業界の場合、その分その分野で経験してきた人たちよりも実際のところ、不利になりますけど、自分自身が保持している力がそこでも生かすことができるということを話すことができれば、戦えることも多くあります。それゆえ、経験したことがない業種に挑戦する場合は、その業界と前の職場でやっていた仕事との関係を可能な限り見付けましょう。

今現在の自身の勤め先や仕事内容に対して、何かしらの不満に思うことがあるはずです。

現在の自身の勤め先や業務内容について不服に思っていることの中に、「自分の持っているスキルや、仕事上での能力を真面目に評価してもらえない」したがって、「給料はアップしないし、将来昇進する見込みもない」といった点を挙げる人がほとんどだと思います。しかしながら、上記のような悩みを持っている人のなかには本人が自分自身の持っている手腕を「過大評価」していないか、改めて確認する必要があります。万が一、そのような人が転職活動をした場合、「自分が活躍できる求人なんてない」と転職活動がうまくいかないので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。という事態を招きかねません。なので転職活動に当たっては自身のスキルや能力を厳しく、客観視していくことから始めてみましょう。

転職活動を始めるときに、今の会社を退職してから転職しようと考える人もいますが・・

新しい仕事を探すのに、まず今勤務している会社を辞職した後で転職しようと考える人もいますが、そうするときにはボーナスの支給日について見積もっておきましょう。社員にボーナスを支給する会社は星の数ほどありますが、ボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスが出る日が近づいているのであれば、支給日が過ぎるのを待って退職届を提出するというのも得策です。ボーナスはってかなり額が大きいので、頂いておいた方が良いと明らかなわけですから、退職の時にはボーナスの時期を確実に頭に入れておく方が賢いやり方です。

もし転職することが、今勤めている会社の同僚たちがあなたが退職すると知ってしまう・・

もし転職前、今の会社の人たちがあなたの退職を知ると職場の状況が大きく変わるおそれがあります。働く環境次第では、やっかまれたり意地悪されることもあるかもしれません。さらには、残業時間を増やされる仕打ちも考えられるので、軽々しく「転職します」と口にするのは注意が必要です。なので、避けるために今現在の仕事場では、真面目に振る舞いましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い雰囲気を最後まで保ちつつ、気持ちよく会社を去れます。加えて、円満退職できれば、退職後であっても、あなたが何かあったときに相談できるチャンスにも恵まれるでしょう。規模などに関係なく、どこの会社も、人とのつながりはとても大切であるため、仕事を辞める際のトラブルは、できるだけ控えましょう。

ここ最近は、株や不動産投資等の不労所得、または独立といった生き方も増えています。

昨今では、株・不動産投資などといった不労所得で儲けたり、独立や起業といった形で生きる方法も人気です。そういった世の中の変化に伴い、「雇用されて働くこと以外は怖い」といった見解も変わってきています。高度経済成長の頃に関しては、どうなるかわからない個人事業よりも会社勤めの方が安定していてました。そのため人生の花形として、またそれが決まり切ったことであるかのように一般の人々に認識されていました。そんな時代は終わり、現在は、「成熟期」などと言い表されています。将来は、機械化、自動化が進んで仕事で、人の力を不要とする社会になる、とも言われています。

最短で転職したい場合は希望している企業そのものよりも、…

転職活動で重要なことは企業とのやりとりよりもある意味、「担当面接官」との勝負と言ったほうが正しい気がします。面接で満足いく結果を出すために、第一歩として普段通りを意識して冷静に対応することを心がけましょう。女性とお見合いをする姿勢で向かうと問題はありません。また面接に進むと第一にあなたの中身を評価されるので悪い評価になるような身なりは気をつけて控えましょう。そして社会人らしく面接に適した服装を意識しましょう。魅力ある人物と思ってもらうことができれば、きっと良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

再就職を目指そうとしても、全部がうまくいくという保証はありません。

仮に転職活動をはじめたとしてもあらゆることがスムーズに進行するワケではありません。それはいつか、転職しようと考えているならあなたの年齢が若いうちに転職を試みるべきでしょう。たいていの場合、30代前半までは結果が出やすいですが、30代後半~40代に達してしまうと転職というのは相当に厳しくなります。要職に就いているのなら、転職の意思が強くなっていても今の仕事を続けるということを選択肢に入れておくべきです。要するに、退社してから転職活動を開始するよりも、現在の会社をやめないまま、時間をかけて慎重に探すほうが賢明といえます。

数ヶ月ほどまえに、転職をやっとしたばかりだというのに・・

ちょっと前に転職したばかりというのに、早期に退職してしまう人というのもずいぶん多かったりします。何故そうなるのかと考えてみると新たな気持で転職先の環境を手に入れたはずなのに「自分の考えていた職場と堪えられほどギャップがあって幻滅した」「職場の雰囲気にどうしても馴染めない」という理由で去っていくことが多いといいます。可能ならこういった、転職先選びでしないためには、第一に、前もっての情報収集を徹底するほかありません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場独自のルール、昇給システム、など多角的に事前に調べておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

あなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」のように…

あなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都市部から地方に移り住んで、再就職したいと感じている人が増加傾向にあり、事実、実践している人も多くいます。近年は求人情報サイトを用いれば、国内全エリアの求人募集もカンタンにアクセスできるようになりました。ただ残念なことに、地方での求人は都市部のそれよりも内容が薄く、数も少ないのが一般的です。といった性質上の問題があるので、求人情報サイトを活用するのは当然ですが、求人サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」といったサイトもよく確認してみてください。「地方自治体・商工会議所」といった役所が開催する就業サポートの情報も見ておくと、良い出会いが期待できます。