転職先で今までに身に付けた能力を存分に発揮できれ…

新しい環境下でこれまでに身に付けたキャリアを活かせられれ…

新しい職場で、これまでに培ってきた能力を活かすことができれば、即戦力と見られて割と早く仕事場での信頼を勝ち得ることができるはずです。いい人を求人している会社サイドも、そのような能力がある人材は常に必要なので、企業側が判断しても即戦力となる転職はそこまで難しいものではありません。更にかつての仕事内容と似ている仕事内容なら見通しはおおいにあります。ですが、そこそこ能力があるといっても大手企業の事務系の業務や、公務員(国家・地方ともに)の募集などは、時代背景に左右されることなく相当な難関を突破しないと就職自体が難しくなります。

『転職したい!』と思っていて、自身の意志が強いのであれば、…

『今すぐ転職したい!』と思っている人のなかで、自身の意志が本当に強いものであるなら、辞職したいということをすぐに上司に言うべきです。ここでは曖昧な表現をすると場合によって言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。そして、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、ズルズルと長引き最終的に、半年以上にわたり辞められませんでした。辞めたいということをはじめて直属の上司に話した時は年度末、退職出来たのはこの年の11月です。本来、区切りの良い年度末いっぱいで辞めたかったです。スムーズに退職できませんでした。やはり職場にも人事の采配が必要なのは分かりますが、社員の意見を聞かずに、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、さすがに会社や上司に対してガッカリしました。

転職活動しているとき、良いと思う求人(業種)を見つけたら、…

転職活動の最中、気になる求人(職種)を見つけた際には100%「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネットでチェックしておきましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントからは業界に関するマイナスとなる面は、教えてもらうことは不可能です。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、簡易的なネット検索によっていとも簡単に本来の姿を理解できるでしょう。そういう面を知らずに入社してしまうと、あとになって入ったことを後悔してしまうおそれがあります。だいたい求人が出ていた理由が「仕事がキツイからすぐに人が辞めてしまう」というケースも多くあります。目に留まった案件・業種については、注意したほうがいいです。

最近の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。

政治によって変化の兆しが出始めている転職事情ですが、今の安倍政権下ではアベノミクスや三本の矢で新たに経済政策を打ち出し、経済政策共々日銀の金融政策との相乗効果によって、財界・民間企業ともに新時代となる社会的な変化が顕在化しつつあります。それもあって一般の企業では労働人口減による「働き手が足りないこと」がかなり深刻な社会問題となっています。ちなみに、外国人の労働者を増やして人材確保に務めていくと安倍政権は方針として掲げています。外国人労働者の増加に伴い、日本国内の転職問題も幅が広がりそうです。こういった政治の流れによって、国内の雇用・転職状況も大きな影響を及ぼすことは間違いありません。

前なら看護婦ですが看護師は働く者として女性の割合がとても大き・・

昔は看護婦と呼ばれていた看護師は職業としてやっぱり女性比率がとても高い職種です。ご存知のように気力・体力を大きく消耗する職場ともいえます。であるがゆえに、人間関係の問題や、自分の結婚や出産といったそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのがかなり難しい仕事といえます。実際に、人付き合いや公私のバランスに悩み、転職する人が多い傾向にあります。看護師という職種の労働市場は看護師は、人材不足な状態に陥っています。つねに医療業界は、看護師を欲する「売り手市場」であるという現実も、それが転職希望が後を絶たない状態に拍車を掛けています。

女性が転職するに当たって、数年前と今日とでは少し変化があるようです。

女性の再就職に関しては、セクハラが社会的に問題になる前と、ここ最近とでは少し状況に違いがあったりします。かつては面接のなかで会社側から、「結婚観」や「出産後の予定」などについて、当たり前のように質問されることが多くありましたが、現在の流れとしては、こういったデリケートな内容は、セクハラに該当するとして質問されないことが多くなってきています。また、とりわけ大企業ほど、神経質になっているといいます。しかし実際、企業側としては、YES・NO、で返答するのではなく、その人の考え、結婚後は退職するのか、育休の取得が必要なのかどうかなどを当然、知っておきたいとは思っている事でしょう。自らの将来設計を理解しておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望した動機と一緒に伝えることで、面接官も考えがわかり、安心してもらえると思います。ですので、たとえ、聞かれていない箇所についても、あなたが先んじて積極的に答えておくとよいでしょう。

再就職をスムーズに行いたい場合、相応の準備は必要です。

転職活動を進めるには、それなりの準備はやらなくてはいけません。なかでも、目に見えるファッションは誰しも気を遣う部分ではないでしょうか。…が、昨今の、採用面接では形式ばらない服装がOKな企業があるので、ガッチリとスーツで決めて面接に赴く必要はありません。とくに会社の設立間もない企業などは、フレクシブルな考えをしていることが多く、スーツでいかないほうが相手に良い印象を与えられます。さらに、正装でないので、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすくなります。そして私服だと、面接時に、洋服の話もしやすくなりますから、ポイントが残るでしょう。というわけで、これから転職活動をするつもりなら、企業の設立した年で決めることが、(ベンチャー系企業相手の)面接の際は私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

これまで20代前半の時点で転職を数回し、今現在は資格の勉強をしながら・・

20代に転職を2度行い、いまは複数の資格をとるために、「派遣社員」を選択しています。常勤での勤務ではないため、やはり手取りは以前よりも少ないです。ですがその分、心と時間に大きな余裕が出来ています。たまに、学生時代に取った資格を生かして就職に活かせばよかったという後悔もあります。実際に、そういった人を見る度、非常に羨ましいと思ったりもします。前の私は、自分よりも上手くいっている人と比べ、ガッカリする日もありました。今では結婚をキッカケに生活環境もかなり変わり、明確にやりたいことを見つけたので私も新たな目標に向かっています。

「転職エージェント」は一度登録したあとに、電話・メールでしつこいほど連絡が入ります。

転職サイトは一度登録すると、電話・メールで何度も連絡が入ります。このことに対して初めて利用する人はかなりビックリするはずです。転職エージェントは転職を後押しすることが仕事だとされるので、本当に積極的に行動します。特に大手エージェントは、転職を完了させることで企業から報酬が支払われるシステムのため、転職者の都合よりも企業側を優先的に考えるケースが目立ちます。また、「転職エージェント」は契約を欲するあまり内定がでた瞬間に、入社を積極的にすすめてくることが少なくありません。対抗策として自分の気持ちや意思を明確にし、安易な妥協をしないように心がけましょう。

転職先を探すために人材会社へと登録に向かいました。

数日前新しい仕事先を探すために人材バンクへ登録をしに行きました。そこでカウンセリングに出てきた担当の方がどうも入社して間もない新入社員のようで、こちら側が説明していることの50%もその社員は理解ができていない様子です。おまけに「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「もっと自分の強みを知るべきでしょう」とか、ベテラン社員のように横柄に言うのでとっても不快でした。カウンセリング担当者はそれなりに能力のある社員に、するべきです。

今、私は派遣で働いています。ウェブサイトで気の向くま…

このところ私は派遣会社に登録して仕事をしています。サイトの中でなんとなく自分に合っていそうな仕事を探し出して応募したい旨を伝えると「残念ながらその仕事は、他の人が採用されました」とお断りされてしまい一時的にサイトからもお仕事情報が消えるのですが、なぜか次の日には再掲載されています。それって結局は私だとダメだという意味ですよね。それであれば初めから変に隠さない程度にはっきりと伝えてほしいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。それとももしかすると存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?

転職活動中に、面接で間違いなく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしていて面接において間違いなく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機に限っては、率直に話しても問題ありませんが、これとは違い転職理由についてストレートに伝えるのは得策ではありません。給料の不満、人間関係の問題など、あまり良い内容ではありません。たぶん、自分にとってマイナスになると予想されることを馬鹿正直に話す人は非常に少ないと思いますが、転職先となる企業は、往々にしてそういったマイナス点に関心を払う傾向があるため、遠回しに聞き出そうとしてきます。これに対抗して現職の不満を伝えないようにするには、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。そのあと、この会社に入ってこんなことを実現したい、5年後はこうなっていたい、そのために御社を選びました、と話をすり替えてポジティブな印象を与えるのです。

「シフト制」の仕事に関する話です。

これはシフト制のある仕事についての話なのですが、決まった曜日に働ける人を募集する求人をよく見ますが、もし、応募しようと思っているならシフトの提出方法や、休む方法の詳細を確認しておきましょう。以前わたしは産休で抜けた人の穴埋めとして、正社員としての仕事をはじめたのですが、私のシフトが「土曜、日曜」固定のシフトで、新入社員の私以外だれも出てくれませんでした。前にいた女性が土曜、日曜に必ずでれる人だったので、私自身も出勤できる人として扱われてしまいました。「土日」に外せない用事が入ると、シフト変更を前もって伝える必要があり、同じ部署の上司に「代わりに出ていただけませんか?」と自ら依頼しなくてはいけませんでした。立場も給料も同じなのに土日は一人だけなんて・・・。思い出す度、本当によく我慢したなと思います。

転職のための面接では、零細企業クラスの場合おおよそは「人事」が面接担当になりますが、…

再就職のための採用面接では、規模の小さい企業だったらその社内の「人事」担当が面接官ですが、例外もあるはずです。例えば、これからともに仕事をする一番偉い人、という具合に管理職クラスである部長や課長が面接を担当する可能性もあります。とくに事務・営業に再就職する場合は資格だけでは人の良し悪しを判断しづらいですから、きちんと自分を売り込んでいくことが必要であります。面接官から「この人はしっかり主張できるし、それにやれそうな感じだな」と思わせ、記憶に残すことがとても大切です。

転職サイトはメジャーなサイトであるほど掲載案件も多いの・・

転職サイトは、大手であるほど豊富な量の求人情報が掲載されているため、約2~3社ほどまずはウェブサイト登録しておき、希望する勤務地や収入についてチェックを入れて、次に条件に合う求人情報が掲載されたら自動的にメールが送られるように設定しておくと楽に転職情報を集めることが可能です。しかし、初めに限っては登録するのに少しばかり手間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をきちんと作成しておき、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録初日は少々時間がかかりますし、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、次回以降は、新規案件を確認するだけでOKなので、後のことを考えれば、初めの準備をしっかり行うことをお勧めします。

転社を繰り返す日々を止めるためにすることは一つだけです。

転社を度々しないためには、少しコツがいります。スキルを向上させることもそうですが、メンタル面で成長できれば、転職を繰り返さなくなります。ネット社会の現在ではメンタル面を鍛えるコツは直ぐに拾うことができます。また、転職とは全然違う行動でも、精神面を鍛えることが可能です。その典型例が「海外に行くこと」です。海外に行くと、日本とは違う様々な文化があり、大きな刺激を常に得られます。なので、帰国後変化があるのです。日本に帰ってくると、自分が小さな世界しか見ていないことに気づかされ、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちのまま面接に行けば、これまでの面接とは違って自信満々に自己アピールができるはず。ただし、退職してすぐは、メンタルが弱くなりがちなので、今後のために休みも必要です。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを用いて、…

転職エージェントと転職サイトを活用し、転職活動することは今では常識といえるかもしれません。とはいえ、転職のチャンスを高めたいのなら、それに加えて転職フェアも活用しておくことをお勧めします。多くの企業が一度に集まるので、そこに足を運ぶことによって複数の企業について知ることができ、また、説明担当の企業スタッフから、企業の雰囲気を感じられるはずです。今後、近い将来転職フェアに参加するつもりなら、面接だと思ってしっかりと自分をアピールしましょう。それによりフェアを通じて、企業側から魅力的な人材、と思われれば、後日応募して採用面接時に非常に有利となるからです。