仕事を始めてすぐはいきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

新しい仕事に就きたいと考えているのなら、「年収」の理想を高くしないようにしましょう。

新しい職場(転職先)では、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いです。中でも、転職して1年目は「研修期間」を含んでいる企業も多かったりもします。自分の場合、やっとのことで手にした職なのに、悲しいかな前職での稼ぎと年収とほぼ同じでした。加えて、業務はかなりキツく、責任が伴うもので、最初の1年は、やっとの状態でした。そういった経験から、1年目は、仕事を学ぶ年と割り切り、可能ならば転職する前にお金をためておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

いい企業がいいと転職をする活動をしている大半は、「はやく、…

いい会社の社員になりたいと転職活動中の大半は、「できるだけはやく、内定(採用通知)が手にしたい」と考えがちです。が、そのために吉報が得たいばかり、自身の能力を必要以上に大きく見せたり、対称的に過小評価にしかならないマネは可能な限り避けるべきです。そうではなくて、焦る気持ちはグッとおしころして、落ちついて自分にピッタリな職場を探すことにアンテナを集中させていきましょう。これまでのキャリアを活用できるように、さらには、今後のキャリアアップが実現できる会社を賢く見極めていきましょう。

仕事によって回復が難しいほど心的に厳しくなって、職場を変えなくてはいけない状況に至ったな・・

仕事のために精神的なダメージが蓄積され、転職を考えざるを得ない状況になったのなら、そのときは、職場の人に相談ではなく自身の家族と話して、退職するかどうかの判断をしてみましょう。なぜなら、働くのは当事者であるあなた自身のためでもありますが、身内の問題が第一にあるからです。毎月、どんなに高給を得られたとしても精神的ダメージを負ってしまうまで無理しながら働くのは良いとは思えません。現代は、経済的なことよりも、仕事のしやすさを優先する生き方も段々と増えつつあります。あなたの家族とあなた自身の心身をいたわりましょう。

転職活動においては、履歴書と職務経歴書が必ず必要です。

転職活動の際には履歴書と職務経歴書が必須だと考えられています。会社の多くは履歴書に加えて職務経歴の記載内容を考慮した上で面接するかどうかを決めるため、とにかくこの2枚の書類の作成が大切です。ただ記入することにとどまらず、内容が充実していることも必要です。「職務経歴書」は、今まで経験してきた職務の詳細に加え、できる限り、アピールできる内容を書き出します。また、現在の職務で挙げた実績を、売上〇%UPした等、分かるように書いておきましょう。作成に行き詰まったら、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、よりよい内容にしてみましょう。自己ブランディングのために転職エージェントを利用することも転職を成功させるための一つの手です。

転職した場合には、高い確率で以前の会社の仕事でのは美化されるはずです。

転職したケースでは、高い確率で以前の仕事はは美化されるはずです。現実には今の会社に不満があるから、そういった思いを解決するためにやっとのことで再就職を決意したはずなのに、時の流れとともに不思議と新しい会社よりも「前の仕事のほうが良かった」と思う機会が増えてきます。というのは至って当たり前で、前の職では業務に慣れていて簡単に与えられた業務が淡々とこなせていたのが、もっとも大きい理由ですが、ところが、「やっぱり退職なんてしなけりゃよかった」と本気で思うほど、前の仕事の方が全体的な雰囲気や仕事に対してやりがいがあることがあります。

再就職時の面接でかなり高い確率で投げかけられる質問が…

転職をする際でほぼ聞かれるのが前の職場を辞めた原因についてですが、このような質問になった場合には話題を前職からそらしたほうが安全です。前職を退職した経緯に焦点を当てるとほぼ確実に面接において不利なことを取り込んだ内容になってしまいますから。どういう風に話せばいいかと言えば、どうして以前働いていた会社を退職したのかという事をこの職場にぜひとも入りたいと思っていたからといった感じにすべきということで、自己アピールもかねて自分が入りたい会社に焦点を向けていくべきなのです。転職理由でも、そのような内容ならば、マイナス面を隠し積極性を前面に押し出した退職理由に聞こえます。

転職活動をする際、様々な方法で情報を得ることが多いと思いますが…

転職する場合は、いろんな方法で情報を収集する人が大半だと思いますが、転職系の口コミサイトは本当に有益です。少し前に、悪い口コミをサイトに載せられたと言って損害賠償を、その掲載会社に請求した事例がありましたが、辞めさせられた社員の腹いせとしてそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、違った角度から見れば、口コミの内容が嘘であれば、会社としては気にする必要はないはずです。ですが、真実はクロで「周囲に気づかれたら恥になるから、早く火消ししなくては!」という話かもしれません。「口コミサイト」も炎上することで有名になるメリットもあるので黙認していますが、悪い口コミが多いのは、それだけトラブルに遭遇する覚悟をする必要があると見て良いでしょう。そもそも、善良な会社だったら煙すら立ちませんから。

転職するにあたって、失業保険に関する手続きをしなければいけません…

転職に先立って現在働いている会社を辞める時に失業保険に関する手続きをしなければいけませんが、もし自発的に退職願を提出して退職する、いわゆる「依願退職」の場合には失業保険をすぐさま受け取れません。手続きをした後で失業が認定されてから3か月経つこことが必要なのです。よく間違って退社した日の翌日から3か月経てばもらえると信じている人がいますが、この規則に無理解な人が、ハローワークの職員の方が間違っていると言い張ってそれが原因となりハローワークの職員と口喧嘩をしているのを見たことがあります。念のため、退職者の都合ではなくリストラなどをはじめとした「会社都合」での解雇の場合は、失業認定を受けてすぐに失業保険を受け取ることができます。

大規模な転職エージェントほど、たくさんの案件を扱ってい…

「就職エージェント」大手の場合、多数の案件を扱っているという長所があるといえますが、他方、転職希望登録者も大勢いる可能性が高いです。そのため気になる企業を探し出したとしても、転職エージェントの担当者が無理だと判断すると応募してくれないこともありますし、企業から見てあなたよりも有能な人がいると、そのライバルを優先して売り込もうとするのです。このように大手の転職エージェントは、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱い応募しがたいので、少し規模の小さいエージェントに対し、希望する企業や案件について相談し、応募できないか、と話しをしておくと自分の利益を考えて仕事してくれることもあるので、そういった感じで利用してみるのも一つの手だと思います。

転職する際に、ネットでのエージェントに頼るケースもあるでしょうが…

転職をするに際しては、ウェブ上で就職斡旋してくれる「エージェント」のお世話になる場合もあるでしょうが、たとえその業者に登録し、運よく就職先が決まった場合でも、失業保険の給付を受け取ることはできないので気を付けましょう。失業保険は、「ハローワーク」できちんと手続きしないと給付を受けられないので気をつけなければいけません。これと違って、「ハローワーク」を経由して斡旋してもらった会社に就職できたときは、就業のための準備費用として一時金が支給されます。ウェブ上でのエージェントは公的機関では無く、斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険の給付手続きなどはしてくれません。これについて知らない場合は、失業中にお金が入ってこなくなるので、注意が必要です。

求人広告には、ほとんどの場合、普通の職場では月にもらえるお金がしっかりと記載されていますよね。

求人広告には、とうぜん大部分の企業では月の収入等が記載されています。ただしこの月収を確認する時には、注意して確認する事が大切です。その額の多い少ないだけ見て納得してはいけません。案件によっては、月収の中身が「毎月20時間の残業」を前提に計算されている可能性もあります。何が問題かというと残業代をあえて含めることで好条件であるかのように見せ、人材を募集している所があるからです。このほか、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている可能性も考えられます。その手の「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件には興味を持たないほうが賢明です。

就職活動において、年収はかなり大切な要素です。

就職活動において、年収は極めて大事な要素です。ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。ここで本当の年収を多く偽って、多額の年収を獲得しようとしても、無駄な努力でしょう。結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、仮に一度は信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、最終的にはウソがバレてしまうためです。ときにはトラブルになることもあるので、現在の会社での年収を水増しせずに申告し、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。今の年収が400万円の人が、転職後すぐに500万円となる見込みはほとんど無い、と見ておくべきです。仮に、現在が430万円の年収であれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが良いです。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、一時的に採用されたとしても、すぐに退職せざるを得なくなるおそれもあるので、注意しましょう。

クールビズ(軽装)のスタイルで再就職の面接を受けに行くときには、…

クールビズ(軽装)で再就職の面接に臨むときには、いくらなんでもジャケットは着込まなくても大丈夫だとはっきりと言えますけど、ネクタイはつけている方が印象的には良いです。タイなしで大丈夫だとしている企業もある場合もあるにはあります。ですが、ネクタイに関してはクールビズであっても身だしなみとしてするべきだと考えている会社がいくつかは存在します。したがって、クールビズが指定されていてもネクタイだけはしていく方が安心であるということをわかっておいてください。

求人関連の情報をチェックする場合、事務系の仕事が希望だからと…

求人関連の情報をチェックする時、オフィス系の仕事が希望だからと、製造業はチェックしない人がいますが、そういったことをしている人のほとんどは「製造業での求人募集は、現場の製造マンだけ募集している」と勘違いしている可能性が高いです。事実、製造業での求人であったとしても、経理、総務、人事といった従業員募集に加え、購買、営業管理のような「オフィス系」に分類される仕事も結構な数あります。ですが、製造業の多数はオフィス街から距離があります。そのため、仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その箇所がマイナスと思うかもしれません。ただし、自身のこだわりを捨ててみることで意外な発見があったり、スキルアップのチャンスがあるかもしれません。

現代では、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり…

現代では、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件についての取り締まりが厳しくなったり、会社名が公表されたりと損をする流れになってきましたが、まだまだパーフェクトではありません。実は、面接で見破る方法があります。求人票等に書かれている労働条件を覚えておき、ひとつひとつの項目について、聞いてみることです。相手が「ブラック企業」だった場合、質問したことが嘘であった場合、不自然な返答になったり、その場では答えられないなど逃げの姿勢に入ります。給与と残業、休日に関しては、詳細について聞くと、渋い表情を見せることが多いです。それでも食い下がると、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされた態度を見せるので、ブラック企業だと見破ることができます。このような会社は、嘘をつく体質であるといえるので、変だと思ったら、入社は止めるべきです。

失業時に受け取れる「失業保険」は、もらうためには失業中であることが必要ですが・・

失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業していることが給付の必要条件ですが、給付期間が無限に続くわけではありません。失業時までに勤務していた期間に応じて異なり、90日とか120日とか決められるのですがなんとこの事実を知らない人がいたりします。期間の制限がないと勘違いして仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて求職活動をしない人もいますが、給付の残りが1ヶ月という段階でようやく気づいてから焦りながら職を探し始めても好条件の仕事を見つけるのは至難の業です。転職先の面接官も無能ではないので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」といった内容は大半は相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いでしょう。場合によっては、面接官からそれらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。うまく返答できなかったり、バレる嘘をついてしまって、受かるのは難しいでしょう。

今までは求人情報には、求める人材の「性別」までもれなく記載されていました。

昔の求人誌では、雇いたい人の「性別」まで記載されているのがほとんどでした。しかしながら今現在では、1985年に男女雇用機会均等法ができたことによって、採用する際、男女の差別がしてはならないルールが決まり、応募資格の詳細に「性別」を明記できなくなりました。とはいうものの、募集する企業側には性別に拘らず採用するとは限らないのです。なので、実際は男性を希望の業種に女性の応募が殺到したり、その反対に女性が欲しいのに、男性が来てしまったり、といったトラブルは誰にも起こり得ます。もしも、「女性が活躍できる仕事場です」と記載があれば、会社側が働き手は女性を必要としている、と捉えておいたほうが良いといえます。