今から転職活動をするのなら、気になった求人(または職…

転職活動をするのなら、気になる求人(もしくは業種)があったら、…

これから転職活動をされるなら、気になる求人を見つけた際にはきちんと「〇〇業、ブラック」とインターネットで検索しておきましょう。求人票・転職エージェントからはまずその業界に関するマイナス部分について教えてもらえないのが普通です。もしも、ブラック案件が多い業種であれば、ネット検索によってカンタンにカンタンに多くの事例に触れられるはずです。そうしたチェックを怠りながら仕事を始めてしまうと、直後に落胆してしまう可能性もあります。だいたいその求人が出ていた理由が「仕事がキツイから人がすぐに辞めてしまう」といった場合も多くあります。目に留まった業種について、きちんと調べたうえで応募しましょう。

政治により変わりつつある転職を取り囲む状況について・・

政治によって変化の兆しが出始めている転職事情ですが、今の安倍政権では、アベノミクスや三本の矢で経済政策が次々に展開されています。内閣が打ち出した経済政策ともに金融政策との相乗効果によって、財界・企業ともに次の世代の社会的な変化が増えつつあります。その余波を受け、民間企業のあいだでも若い世代の減少と現役世代の大量退職による人手不足が深刻化しています。将来、「外国人労働者」の総数を高めていくと安倍政権は方針として掲げています。外国人労働者の増加に伴い、雇用や転職問題についてもかなり幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化によって、国内の雇用や転職をとりまく事情も変化していくのは間違いありません。

その昔は看護婦ですが看護師は職業としてやっぱり女性のすごく多・・

以前は看護婦と言った看護師というのは仕事として女性の割合がかなり高い職場です。そして、気力あるいは体力ともにかなり消耗する職場ともいえます。したがって職場環境での人間関係が上手くいかなかったり、自分の結婚・出産などによってそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートとの両立がかなり取りづらい職業といえます。実際に、そういった問題によって転職する人が多い傾向にあります。過酷な環境ということもあり、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足に陥っています。というワケで、医療業界は、看護師を求めている「売り手市場」であるため、さらに転職に拍車を掛ける要因になっているのでしょう。

女性の再就職については、一昔前と近年とでは若干の変化があります。

女性の転職に関しては、セクハラが社会的に問題になる前と今現在とでは若干、状況に違いがあったりします。過去には面接の場で、「結婚の予定」や「出産後の仕事」などに関して、普通に質問されることが多くありました。ところが、今はこういったデリケートな内容は、「セクハラ」と捉えられ、質問されないことが多くなってきています。そして、名の知れた大企業ほど、タブーとして神経質になっているといいます。そうではあるものの、会社側としては、YES・NO、ではなく、その人の人生観結婚後・出産後の細かい予定を当然、知っておきたいとは思っている事でしょう。自分自身の価値観を知っておいてもらうためにも、志望した動機や自己ピーアールと併せて言い表すことで、企業側にも考えが伝わり、また、疑問も解消できると思うのです。そういうわけで、聞かれていない内容でも、先にあなたの側から気遣って話をしておくのが良いでしょう。

転職をスムーズに行いたい場合、準備は欠かせません。

転職をスムーズに行いたい場合、準備は不可欠です。その中でも「ファッション」を重要だと感じてしまいます。とはいえ、現在の面接に関しては、形式ばらない服装で良い会社もあるため、ビジネススーツでなくては、と考えて赴く必要がないケースもあります。会社の設立してすぐの歴史のない会社ほど、お堅い規則もないことが多く、私服で面接したほうが、良いイメージを持ってもらえます。さらに、フランクに話が出来るのも魅力です。さらに、私服を見せることで面接の際に、ファッションについて、話もしやすくなるため、担当の人から気に入られる期待もできます。ということで、面接にトライするなら「創業年数」をチェックしてみて、(ベンチャー系などの)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

私は20代で転職を2度行い、現在、資格の勉強をしながら…

20代前半に転職を2度行い、現在は資格の勉強をしながら、「派遣社員」として働いています。常勤の勤務とは異なるため、やはり給料は安いのですが、心と時間に大きな余裕が出来ています。学生のときにいくつか資格を取得し、就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。実際、そういった成功例を間近に見てしまうと私もああなりたかったと感じます。以前は、うまくいってる人と自分とを比較して、落ち込む日もありました。今は結婚し、随分と生活環境もかなり変わり、前よりもやりたい仕事や稼ぐべき給料も変わり、充実した日々を過ごせています。

転職サイトで登録したあとに、電話・メールが何回も掛かってきます。

転職エージェントに一旦登録すれば、電話やメールでの連絡が何度も来ます。これについて何も知らずに利用しはじめた人はとてもびっくりする場合が多いです。転職エージェントは転職を後押しすることが業務だと考えられるので、非常に積極的な姿勢を見せます。大手エージェントは、転職を完了させる対価として企業から報酬が支払われる仕組みのため、転職活動をしている人の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが少なくありません。また、「転職エージェント」は契約を欲するあまり内定が取れたすぐ後に、入社するよう後押ししてくることが珍しくありません。自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、安易な妥協をしないように気を付けることが重要です。

一昨日転職活動の一環として人材会社へと登録に行きました。

先日転職活動の一環として人材紹介会社へと登録に行きました。そこで登録時のカウンセリングに出てきた担当の人が見た感じ仕事に慣れていない社員のようで、こちら側が説明していることの半分ほども彼は理解できていない感じ。それなのに「キャリアデザインがよくないですね」とか「もっと強みを明確化しいていくべきでしょう」等、大上段から横柄に言い散らかすので大変嫌な気分になりました。カウンセリング担当者はいくらかカウンセリングの経験がある方にしてほしいと思います。

派遣会社に登録をしています。サイトの中で何の気なし…

このところ私は派遣の会社に入っています。ウェブサイトの中で気の向くままに気になる仕事を探して応募したい旨を伝えたところ「残念ながらその仕事は、別の方で話が進んでいます」という答えが返ってきて一時的にウェブサイト内から仕事情報が閲覧不能になるのですが、その翌日には再び載っています。それって結局私ではダメだと言っているのと同じですね。そういうことであるならば最初から変に隠さないくらいに正直に伝えてくれれば助かるのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。そうでなければ客寄せのためのダミーのお仕事なのでしょうか?

転職活動をやっていると、例外なく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動中に、面接で間違いなく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。これらのうち「志望動機」は、あなたの思ったことを正直に伝えて問題はありませんが、転職理由について率直に伝えるのは問題です。待遇に納得できないことや、同僚・上司との人間関係など、面接官に悪い印象を与えるものです。たぶん、自分にとってマイナスになると予想されることを何も考えずに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しがちなので、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。これに対して不満を言わずにうまく答える方法として、現職の仕事の内容以外のことを話さないように心がけることです。それにプラスして、この企業に入社してこんなことを実現したい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、志望動機に話をすり替えてみましょう。

「シフト制」の業務についてです。

これはシフト制の業務についてです。毎週、同じ曜日に働ける人を募集している求人をよく見るのですが、もしも応募しようと思っているなら休み方やシフトの提出方法についてはあらかじめ尋ねておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、私は過去に、産休で休む人の代理として正社員として入ったのですが、そこが「土日」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前にいた人が土日は必ず出勤できる人だったので、私も出勤できる人と思われていたようです。実際「土日」に休まざるを得なくなると、シフトを変えてもらう必要があり、職場の先輩たちに私の代わりに出勤してもらえるように、と自らお願いをしに行かなければいけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。今思うとよくやってこれたなと思います。

転職のための採用面接では、小規模業者であればほとんどは「人事」が面接担当になります…

再就職の際に必ず受けることになる面接では、中小企業クラスの場合、「人事」が面接官ですが、それ以外の場合もあります。例えば、今後仕事を一緒にしていく作業部署の一番偉い人、要するに部長や課長などが担当することになるでしょう。その中でも事務・営業に再就職する場合は資格だけでは具体的なイメージはありませんので、自信を持ち自身を売り込んでいくことがとても大事です。面接担当者たちから「この男、なかなか言うし、それに頼りになりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことがとても大事です。

転職サイトはよく知られたサイトの方が多くの転職情報が掲載されているため・・

転職サイトは、大手であるほど豊富な数の企業が掲載されているため、入社したい2,3の会社を、とりあえずは転職サイトに登録し、希望する勤務地や収入に対して条件を設定しておき、次に条件に適合する案件が自動的に通知されるように設定しておくと簡単に転職情報を集めることが可能です。ですが、はじめは登録するのがけっこう大変なので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をしっかり準備しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。初めの登録のときは時間が多少掛かりますし、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、次回以降は新規案件のみ確認するだけでよいので、次回以降の応募を楽にするめにも、初めの段階できちんと準備することを心がけましょう。

退職と転職を繰り返す日々を止めるために、ひとつだけ対策が必要です。

転職を繰り返す日々を止めるためにすることはただ一つです。スキルアップもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、転職を繰り返すことがなくなります。今では、ネットがあるので精神面を強くする自己啓発系の情報は容易に知ることができます。加えて、転職とは違う行動をすることも精神面を強化することが可能です。何かと言うとズバリ「海外旅行」です。海外旅行に行くと、言葉も文化も大きく異なるので、どの瞬間も勉強になります。なので、精神的成長を果たしたい人にはピッタリの修行といえます。日本に帰ってくると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと実感することができます。この状態で(転職のための)面接に行けば、今までとは違って自信に満ち溢れた態度を示すことができます。ですが、退職直後は精神面が弱くなっているので、その後のために休みも必要です。

転職サイトおよび転職エージェントを活用し、転職活動すること自体、一般化してきました。

転職エージェントと転職サイトを活用して、転職活動することは現在の常識かもしれません。しかし、転職先を見つけるチャンスをもっと増やしたいのであれば、その上に転職フェアを活用するのがいいでしょう。転職フェアは、多くの企業が一堂に会する場であり、参加することによって複数の企業の情報に触れることができ、同時に、説明担当の企業スタッフから、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。転職フェアに参加しようと思うなら、面接に挑戦するつもりでしっかりと自分を売り込みましょう。それによりフェアでの交流の中で企業から気に入られれば、後に面接の本番時にかなり有利なはずです。

今後みるみるうちに思考を必要としない仕事は機械で済まされるように…

私たちの社会的環境において、この先着々とシンプルな仕事は機械化に置き換わって当然の結果として稼働人口は減らされてしまいます。どうしてかというと、単純労働は人より機械で進めたほうが圧倒的にすぐれているからです。例えば、数量をカウントしたり、同一の作業をずっと反復したりすることは機械なら何の苦もありません。当たり前のことながら人と違って文句は言わないし、疲れないし、不正行為をすることもないし、何より正確ですし、それを均一化できます。さらに、人と違って給料が発生しません。人間を使う意味が到底無いことが明白で、機械に置き代わるのも必然といえるでしょう。

一度、転業を決意したのなら、徹底して周囲にこっそりと…

一度、現職からの転身の決断したなら、徹底して会社にはその意思を悟られないように、活動していき、転職先が決定していないのなら、徹底して周りの人に気づかれないように通常通りに仕事をする方がたいへん妥当です。その点を心にとめておけば、希望通りの働き先が行き詰ったとしても、転身時期を遅らせながら、現職にし続けてもできます。そうではなくて、うっかり、「転職するつもりでいる」と口にすると、周りはそれに合わせて応対します。そればかりか周囲に「辞めるつもりです」と一言でもいえば、同僚からは「あの人は辞める予定の人」と確定します。ですがもしも、転職したい思いがなくなり、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と心境が変わっても、周りは「一度は辞めようとした人」ということで仕事中ずっと、立場が悪くなると感じる強いられるかもしれません。