友人による紹介で転職先を見つけている最中の人もいるでしょう。

知人による紹介で転職する先を見付ける人がいます。

  • 知人からの紹介によって転職先を見つけている最中の人もいるでしょう。しかし、転職をした先の労働環境やその他の労働条件といったポイントを友人からの口コミ情報のみで過剰に信用するのは後々面倒なことになるかもしれません。そういうわけは個人の口コミというのは主観的な色合いが強く、客観性に乏しいためです。友人・知人の立場ではベストな働く場所に映っても、自分自身には、ストレスフルな環境なのかもしれません。またその逆も然りです。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミだけで判断せず、最終的には自身の目でしっかり確認しておきましょう。

  • 就労中は極力同僚に気づかれないように、(私の転職活動で…

  • 雇用期間中は、できるだけ内密に、(自身の場合)在職中に転社する意図だけ、活動初期に周りの人間に話して、反応を見たことがあります。けど、その後求人情報を必死に探してみたものの、転職先のあても、タイミングも何一つ決まらないまま、知らぬ間に時が過ぎてしまい、その一方、社内では仕事の引き継ぎ、諸々の手続き、退職日などが続々と確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、お粗末な展開を迎えました。結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経て次の就業先を再度探しました。

  • 昔務めていた会社ですぐにきれる上司に悩まされ、とう…

  • 新卒で採用された会社で反りが合わない上司に神経を使い、結局仕事をする気力がなくなってその会社を辞め、同業者の他の会社へ職を変えました。上司が感じのいい人でとても満足のいく毎日でしたが、時が経つにつれて会社の債務が増えて、ついにはとある会社に経営統合されることとなったのです。そして経営統合したのはなんと以前勤務していた会社で、それどころかまったく反りが合わない上司がまた私の上司となることに。こういう悪いめぐり合わせとは、どれほど縁があるのでしょうか。当たり前のことですがもう一度転職活動をやり始めています。

  • 転職のための採用面接に希望先の会社へ行ったときのことです。

  • 転職の採用面接に希望先の会社へ向かいました。偶然会社内の面接をする部屋が空きがないとのことで会社外部で採用担当者と待ち合わせて面接が行われて、その場所で解散をし、面接担当者もそのまま直接自宅に向かうとのことでしたが、ところが下車する駅が私と同じだったのです。結局は電車の中でも彼と一緒に話しながらいっしょに帰宅することになって、結果として緊張がほぐれ面接よりお話が弾んで、それがプラスになったのか無事に採用をゲットすることができました。

  • 経験のない業種などに転職したいと考えているときに・・

  • 全くの未経験の分野などに転業する際には、自分が前の会社で養われた力や今までの経験を発揮することができるといった内容の自己主張が必要です。働いたことのないジャンルの場合、経験していない分だけその業種で働いたことがある人よりも正直、損にはなりますが、自分の持っている能力がそこでも十分に生きるということをしっかりと話すことができれば、勝負になる場合もあります。という事で、経験が全くないジャンルにチャレンジする場合は、その業界と自分がこれまでやってきた職務との関係を可能な限り探し出してみましょう。

  • 今現在の自らの職場や業務内容に対して、大半の人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

  • 現在の自身の勤め先・仕事内容について何かしらの不満に思うことがあるはずです。「自分のスキルや能力を正当に評価してくれない」さらに、「報酬は変わらないし、将来昇進する見込みもない」といった点を挙げる人がほとんどだと思います。とはいうものの、気持ちは理解できます。しかし、そのような悩みが強すぎる人の場合、本人が自分自身の才能を過大評価していることもあるのです。過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できるチャンスがこの求人にはない」と無駄にブランク期間ができることになりかねません。という事態を招きかねません。そういうわけで転職活動で良い結果を出すためにも、実際の自身の能力を厳しく、客観視していくことから始めてみましょう。

  • 転職活動を行うのに、会社を辞めてからと考える方もいますが…

  • 新しい仕事を探すのに、まずは今の会社を退職してからという人もいるでしょうが、そうならば今度のボーナスの時期を確かめておきましょう。社員にボーナスを支給する会社は山ほどありますが、ボーナスが出る会社の場合には、ボーナスをゲットできる時がもうちょっとならば、ボーナスを手に入れてから退職届を提出するという方法も賢いやり方です。ボーナスは少々額が大きいので、手に入れなければ損ということも明白ですから、会社を辞める決意をしたなら会社がいつボーナスを支給するかについて確認するのを怠らないようにするのが賢明な方法です。

  • 再就職の前に、今勤めている会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまうと…

  • もし転職することが、今働いている会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまうと職場の状況が一変するかもしれません。労働環境によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪される可能性もあります。また、超過勤務をさせられることもあるので、むやみに転職のことを口にするのはあまり良いとは言えません。そういったトラブルを回避するため、今の仕事場では、真面目に仕事に取り組んでいましょう。そうしておけば、良い空気をギリギリまで維持したまま、晴れやかに仕事を辞めることが出来ます。さらに、何の問題もなく円満に退職できたなら、転職後にも、何かあったときに相談できるような良好な関係性を持っておくことができます。会社の大きさに関係なく、どのような企業であっても、人とのつながりはとても大切であるため、辞める前のトラブルは、なるべく回避しておきましょう。

  • 昨今では、株式・不動産投資などといった不労所得、ま…

  • この頃では、株・不動産投資をはじめとした不労所得のほかに起業といった形で生きる方法も人気です。あながち「自営業は安定しない」といった今までの見解も変わりつつあります。高度経済成長を遂げている最中には、どうなるかわからない個人事業で生きるよりも組織の一員のほうが手堅いとされていました。そのため人が生きていくうえで正しい進路として、またそれが至極当然のことのように、社会に認知されていました。しかし、そんな成長期は終わり、現代は「成熟期」などと表現します。コンピューターの進化とともに、今後は、自動化・機械化がさらに進み社会においては人の労力を必要としなくなると言われています。

  • 最短で転職したい場合は企業そのものよりも、人事や採用担当の面接官との…

  • 転職活動は、希望する企業とのやりとりというより、人事や採用担当の面接係員とのやり取りが肝心です。面接で満足いく結果を出すために、第一歩として面接の時間になる前に焦らずに対応することを心がけましょう。お見合いのようなつもりでいる望むと緊張がとけるかもしれません。また面接係員はまず第一にあなた自身の「人間性」を判断してもらうのでマイナス評価につながりそうな見た目や言動は気をつけて控えましょう。そして品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて状況に適した服装(T・P・O)を意識しておきましょう。面接官に企業に採用したい人材と認識されれば、きっと転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。

  • 仮に転職しようとしても全部が都合よく運ぶという保証はどこにもありません。

  • 再就職しようとしても万事うまくいくとは言い切れません。もしも転職するのなら、なにはともあれあなた自身が若いうちに行動しておいたほうが良いです。ほとんどの場合、20代の若いうちは有利に働きますが、残念なことに、30代後半~40代を迎えると転職活動全般は、たいへん厳しくなります。役職に就いているのなら、転職の意識が強くなっていても今の会社に残ることも選択肢から除外しないでおきましょう。退社してから転職活動を開始するよりも、今の仕事は続けながら転職のチャンスをしっかり掴んでおく方が失敗することもありません。

  • このあいだ転職したばかりであるにも関わらず、少ししか仕事もしてない…

  • 数ヶ月ほどまえに、転職をやっとしたばかりなのに、少ししか仕事もしてないのに退職してしまう人というのもずいぶんよく見受けられます。何故そうかと考えてみると私の考えでは心機一転、環境を手に入れたものの、「自分自身の考えていた職場とかけ離れていた」「職場の雰囲気に馴染めない」と考えてしまって退職を決意することが多いようです。可能ならこういった転職における失敗を避けるためにははやり情報収集を欠かせません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場環境、具体的な業務内容、など多角的にチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

  • 仮にあなたが転職を考える場合に「Uターン」「Iターン」にお・・

  • もしもあなたが再就職を考えたとき、「Uターン」「Iターン」といった具合に、都会から郊外・地方に移り住んだうえで再就職したい、と思っている人が、近年増えています。最近では転職サイトを使えば、郊外や地方の求人もいつでもアクセスできます。しかしながら、郊外や地方での求人情報は、都市部のそれよりも内容が薄く、数も少ないので、その点がマイナスといえます。そのため、求人サイトだけに頼りすぎると機会損失が大きくなるので注意が必要です。求人サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」といったサイトもしっかりチェックしてみてください。「地方自治体・商工会議所」など、行政が開催する就業サポートの有無も注視しておきましょう。

  • 新しく就いた職場でそれまでに培ってきたスキル・キャリア生かすことができたら…

  • 新しく就いた仕事で今までに培ってきたスキル・キャリア活かせられれば、即戦力として周囲から高く評価されて、すぐに職場にも馴染めるはずです。それはつまり雇用した側としてもそういった即戦力となる人材は常に必要なので、タイミングさえ問題なければ、円滑に事が進むでしょう。更に過去の職場と同じ仕事なら転職は大変楽になるでしょう。でも、即戦力になる自信があなたにあったとしても、一流企業の事務職系や公務員系(国家・地方ともに)の募集は、今も昔もかなりの難関になる可能性が高いと見ておきましょう。

  • 『今すぐ転職をしたい』とおもっている方、その意志が本当に強いものであるな…

  • 『なるべく早く転職をしたい!』と考えていて、将来の進路がハッキリしているのなら、速やかに上司にその旨を伝えましょう。なぜならばここでは曖昧な表現をすると上司に言いくるめられるおそれがあるので要注意です。実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、スンナリと受理されずに退職までに半年ほど掛かってしまいました。辞めたい旨をはじめに、直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、いろいろあって数ヶ月働いて退職届けを出せたのは同年の11月です。本来、区切りの良い年度末いっぱいで辞めたかったです。思うようにはいきませんでした。会社も、人事的な都合があるのかもしれませんが、さすがに上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、かなり会社や上司に対してガッカリしました。

  • あなたが転職活動をされているのなら、気になった求人(もしくは業界)…

  • あなたが転職活動中に、気になった求人(もしくは業種)を見つけたら、忘れず「〇〇業、ブラック」とインターネットで検索したほうがいいです。求人票や担当してくれる転職エージェントでは、まずその業界に関するマイナスとなる面は、知ることができる確率は低いです。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、簡易的なインターネット検索によって一発で実態を知ることができます。そのような現実を知らずに仕事を始めてしまうと、直後に痛い目にあいます。だいたいその求人募集が出ている理由が「仕事がキツイから人がなかなか定着してくれない」というケースも多いので、気に入った案件や業種については、疑問点を払拭した上で、応募することを心がけましょう。

  • 最近の転職については、政治によって状況が変わりつつあるようです。

  • 近年の転職事情では、政治による影響が出始めています。現在の安倍政権下ではアベノミクスや三本の矢で新たな経済政策を次々に打ち出し、内閣が打ち出した経済政策ともに日銀による金融政策と、たがいに作用しあって、財界・民間企業側からも次世代の変化が巻き起こりつつあります。その変化が加わり、企業伸長とともに労働人口減による人手不足が社会では多いな問題として取り上げられています。最近では外国人の労働者を増やして人材確保に務めていくと安倍政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こういった変化によって、日本国内の雇用状況や転職事情も変わっていくのは間違いないでしょう。