その昔は看護婦と呼ばれていた看護師は、どうしてか女性の割合がとても大き・・

その昔は看護婦ですが看護師は務めとしてやはり女性比率がたいへん大きい…

その昔は看護婦と言われていた看護師というのは職業としてどうしてか女性の割合が大きい職場です。また気力あるいは体力ともに消耗が激しい傾向にあります。なので、職場での対人関係の問題や、自分の結婚や出産などのイベントで仕事と私生活のバランスがかなり難しい仕事でもあります。実際に、上記のような点に行き詰まり、転職する人が多い現実があります。色々と過酷な環境であるために、看護師は、人材不足な状態になっています。なので、医療業界は、看護師が足りない「売り手市場」となっていて、転職の増加を後押しする状態に拍車を掛けています。

女性の転職において、数年前とここ最近とでは多少の違いがあります。

女性の再就職については、セクハラが社会的に問題になる前と今現在とでは多少、状況が変わりつつあります。前は面接の場で会社側から、結婚の予定や出産後の考え方など、ごく一般的なこととして女性たちに質問していたのですが、今現在はそういったデリケートな内容はセクハラとして質問をしない会社が一般化しつつあります。また、世間に名の知れた大きな会社ほど、NG質問として神経質になっているといいます。しかし、企業側としては、〇か×といった形ではなく、その女性の人生観、結婚した後も働きたいのか、出産後の具体的な対応を把握しておきたいとは思っているはずです。自分の人生設計を理解してもらうためにも、自己ピーアールや志望動機の中に織り交ぜながら言い表すことで、企業側にもしっかり伝わり、また、疑問も解消できると考えます。ということで、質問されていない箇所も先にあなたの側から気遣いながら答えておくのが良いでしょう。

再就職にあたってそれなりに準備をしなくてはなりません。

転職活動を進めるには、相応の準備はやらなくてはいけません。一言で準備といってもたくさんありますが、とりわけ目に見えるファッションは重要なことだと感じてしまいます。しかしながら、昨今の、企業面接に関しては私服で大丈夫な企業があるので、ビジネススーツでなくては、と考えて面接に行く必要がない場合もあります。とくに創業したての企業などは、厳しいマニュアルも作られてないことが多く、私服で面接を受けたほうが、印象が良くなります。そして、フランクに会話がしやすくなります。また、私服を見せるたことで時には面接時にファッションの話もしやすくなります。ですから、うまくいけば担当者と仲良くなれる期待ができます。というわけで、転職活動をするつもりなら、企業の「創立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系などの)面接の際は私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

20代で転職を2回した為、そして今、資格を取るべく「派遣社員」を選択しています。

これまで20代前半で転職を数回した為、現在、資格を取る目的で「派遣社員」を選択しています。常勤の勤務を選択しなかったのでどうしても毎月の収入は以前よりも少ないです。しかし、心と時間的な余裕ができました。もっと学生のうちに資格を手に入れて、仕事できれば良かったのに、とは思います。きちんと資格を活かしている人を見るとうらやましいなと思います。前の私は、今の自分と他人をどうしても比べてしまい、ガッカリすることが多かったのですが、しかし今では、結婚してから、がらりと生活環境が変わった今、前よりもその中で将来の目標も定まったのでまいにち充実しています。

転職エージェントに登録すれば必ず、何度も電話やメールをしてきます。

転職エージェントは一度登録すると、電話やメール連絡が何回も入ります。「転職エージェント」の初心者の方は、とてもビックリするかもしれません。「転職エージェント」は、転職を成功に導くことが仕事なので、本当に積極的です。中でも特に大手のエージェントは成就させると企業から報酬が支払われる仕組みであるといえるので、転職活動される人の都合よりも企業側を優先させることが多いものです。転職エージェントは、契約数を増やしたいために、内定が出ると間髪入れずに、入社の説得をしてくることが多いです。防御策として自身の希望や意思を明確にしておき、転職にしくじらないように注意を払っておきましょう。

先週新しい仕事を見つけるために人材紹介会社に登録に向かいました。

先日転職先を見つけるために人材バンクへ登録に向かいました。そのとき私のカウンセリングのために現れた担当の人がどうも大学卒業後まもない社員のようで、こちら側が説明していることの5割も理解していないように思えました。そのうえ「このキャリアデザインではダメですね」とか「きちんと強みと弱みをはっきりさせておくべきでしょう」とか、ベテランのように偉そうにのたまうから大変不快でした。カウンセリングを担当させるのはある程度カウンセリングのスキルがある社員にするべきです。

派遣会社に入っています。ウェブサイト内でよさそうな仕事を…

今、私は派遣会社を通じて働いています。ウェブサイト上で何の気なしに気になる仕事を探し出して問い合わせてみると「そのお仕事はもう他の人の採用が内定しています」と断られてしまい一瞬サイト上からも仕事情報が閲覧不能になるのですが、どういうわけか翌日見ると元に戻っています。これは結局は私だとダメだという意味ですよね。そういうことならば変に隠さない程度に正直に言ってくれれば助かるのですが、そうするのは難しいのでしょう。あるいはまた客寄せのための存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?

転職活動を行っていて必ず質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動をしていれば、面接において「志望動機」「転職理由」の2つは必ず尋ねられます。このうち志望動機に限っては、率直に話してもかまいませんが、これとは違い転職理由について正直に伝えるのは得策ではありません。たとえば待遇に納得できないことや、同僚や上司とのあいだのトラブルなど、面接担当者に悪いイメージを与えやすいものです。過去のトラブルを開けっぴろげに話す人は少ないとは思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しがちなので、かなり慎重に質問してきます。これに対抗して不満を言わずにうまく答える方法として、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。加えて、この企業に入ってこんなことを実現したい、5年後はこうなっていたい、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったように志望動機に話をすり替えてみましょう。

これはシフトの仕事に関する話です。

これはシフト制の勤務形態がある仕事についての話です。一定の曜日に入れる人を募集している求人をよく見ますが、もし、応募しようと思っているなら休む方法の詳細やシフトの提出方法については面接時に尋ねておいたほうが良いです。それはなぜかというと、私は過去に、産休で休む人の穴埋めとして、正社員として仕事をすることになったのですが、私のシフトが「土日」固定のシフトで、新入社員の私以外、誰も現場にいませんでした。産休に入った前任の女性が「土日」に必ず出ることができたので、私も出勤できる人として扱われてしまいました。なので「土日」に休まざるを得なくなると、シフト変更を前もって伝える必要があり、上司に「代わりに出ていただけませんか?」と自らお願いしなくてはいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日は私だけなんて・・・。今思うと本当に異常な職場だったんだと思います。

転職の際の面接では、零細企業クラスの場合概ねそこの会社の「人事」担当者が面接官となります…

再就職のための採用面接では、小規模業者だったらおおよそは「人事」が面接担当ですが、それ以外にも実際に仕事を一緒にしていく現場の一番偉い人、わかりやすく言うと部長や課長などが担当することもあります。特に、営業系や事務系といった部署に転職する場合は、資格などという判断がしづらいので、きちっと自分自身をアピールしていくことが必要であります。面接官から「この男は、きちんと自己アピールできるし、なかなかの戦力になりそう」と思わせ、記憶に残すことがとても大事です。

転職サイトは、大手が運営しているものであるほど豊富な量の転職情報が掲載されているた…

転職サイトはメジャーなサイトであるほど掲載される求人情報がたくさんあるため、気に入った2,3の会社を、ともかくメンバー登録して、希望する勤務地や年収に対して条件を設定しておき、自動で案件の連絡が入るようにしておくと情報が集めやすくなります。だとしても、初回だけは登録するのに本当に労力を要するので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をきちんと作成しておき、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録を行う初回時、けっこう時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、その後は、新着情報だけチェックすれば良いので、次回以降の応募を楽にするめにも、初回にきちんと準備することを心がけるのが賢明です。

退職と転職を繰り返す日々を止めるための打開策が一つだけあります。

転職を繰り返さないためにすることは一つだけです。仕事面のスキルアップもそうですが、それとは別に精神的なスキルを磨くと転職を繰り返さなくなります。現在はネットがいつでも使えるので、メンタル面を鍛えるための自己啓発系の情報はカンタンに知ることができます。加えて、転職とは関係なさそうなことでも、メンタル面を強化することができます。オススメは、ズバリ「外国に行くこと」です。外国は、言葉も文化も違うので、刺激が山ほどあります。ですから、帰国後変化があるのです。帰国してみると、「自分の見せている世界はこんなに小さいのか」と気づき、「世間の小ささ」というものをしみじみと感じることができます。その気持ちを携え(転職のための)面接に行けば、今までとは格段に違い自信満々に自己アピールができるはず。ですが、退職後は精神的に弱っている人が多いのでこれからのために休みも必要です。

転職エージェントと転職サイトを活用し、転職活動する人は年々増加しています。

転職サイトおよび転職エージェントを使って、転職活動をする人はますます増えています。とはいっても、より転職のチャンスを増やしたいのでしたら、同時に転職フェアも積極的に活用しましょう。転職フェアは、数多くの企業が一堂に会するイベントです。そこに足を運べば企業の情報に直接触れることができますし、そして、その場で説明してくれるスタッフから、企業特有の個性を感じられるでしょう。今後、転職フェアに参加する機会があれば、面接を受けるつもりで自身の売り込みをしていく気概をもっておいてください。運よくフェアでの交流を通じて、自分の魅力が企業に伝われば、その後応募して面接等に進む時に非常に有利になると予想されます。

これから、私たちの社会的環境において一段と短絡的な仕事・・

将来的に、社会ではより一層考えなくてもできる作業は機械に入れ替わりそして、必要な人手はカットされていきます。そのワケは、単純な仕事という観点ではヒト以上に機械でやったほうが圧倒的に強いからです。例えば、数量をカウントしたり、同一の動きを延々とリピートしたりすることは機械なら何の苦もないのです。当たり前のことながら人間とは違って泣き言は言わないし、ペースが変わることもなくずるもしない、正確な作業をしてくれますし、均一だし、ヒトとは違い、賃金も発生しません。こういった点から、人を使う理由がまったくなさすぎます。ですから機械に置き代わるのも当然の結果といえます。

例えば、現職からの転身を決断したなら、徹底して同僚に…

もしあなたが、現職からの転身の意思を固めたのなら、徹底的に周りの人にはそれを告げないように、活動を進めていき、転身先が決まらないうちは、同僚に気づかれないように淡々と業務をこなすのがいいです。現職中、その点を認識していれば、希望通りの希望に知った転職先をうまくいかなくても、転身を延長しながら、今の職をそれまで通りに継続しても簡単にできます。でも「転職するつもりでいる」と口にすると、周りはその言葉に合わせて対応し出します。そして会社内で「辞めるつもりです」と一言でもいえば、周りからは「あの人は転職する人」と受け止められます。その後で転職したい思いが薄れ、「やっぱり退職しないことにしました」と心境が変わっても、周囲の人たちは、「一度は仕事を辞めようとした人」といった目であなたを見るので、仕事を続けている間、身の置き所がないと感じるでしょう。

再就職で勤め先を一新するということは、自身に見合…

転職することで職場を一新するということは、自分に合う自分にあった職場を選びたいものです。勤務先、職場を変えることによって、自分でも驚くほどの適職に有りつけるかもしれません。とはいえ、良い面ばかりでなく雇用側が必要とするスキルがないと、良い仕事に就くことは難しいです。言い方をかえると、自身が価値ある人材になれれば、「天職」にありつくチャンスがある、ということです。昨今は、職業選択の自由が社会通念上として受け入れられているので、仕事の環境を変えたとしてもトラブルも生じないでしょう。終身雇用制度が死語となりつつある現在は「役に立つ人材が欲しい」と感じている企業もどんどん増加していますので、このチャンスに乗じて転職されるのも良いかもしれません。

こういう転職というのは兄の知人の話です。

これは兄の友達の話です。始めに新卒でぜひとも入社したかった最終目標であるA社で行われた最終面接で不採用となって、その後泣く泣く違う会社に入りました。それから約1年半過ぎた後派遣の求人サイトをチェックしていた時奇遇にもA社の紹介予定派遣の仕事を見つけて、いてもたってもいられなくなり当時の会社をすぐに辞めて、A社で派遣での就業を開始、思い切った行動ですね。必死に頑張ってそれから予定通りにA社で正社員として採用されて、現在においては仕事のやりがいを感じながら元気に勤務しています。