転職先を決めるとき、仕事のやりがいアップも大事だ…

転職先を選ぶのに、当然やりがいを考慮することも大切だけ・・

  • 転職先を決めるにあたって、仕事におけるやりがいのアップと一緒にそれにとどまらず年収のアップも大切なポイントになるので「年収サイト」というサイトに登録をしてあらかじめ調査をしています。全く一緒の会社でしかも全く同じ職種、社歴であるのに人によって大きく違いがあることも多くあり、正直に言えば面接を受けた時に質問したことがあります。面接をした方も一緒のサイトを見ていたようで「高い収入で書かれているのは、書いた側もだいたい予測はついているんですけどね、多分格好をつけてるんですよ。低い方だと覚悟しておいてください」とのことでした。

    将来に目を向け、期待をもって転職をすることができたら・・

  • 将来に目を向け、楽しみつつ、再就職をすることができれば、精神的な重荷が減少するので、結果として転職期間中に堕落しないで済みます。精神的な部分が良好な状態であれば、あまり時間をかけることなく転職が出来るでしょう。そのためには、やはり、ブランクを設けないで新しい職場を見付けることが大切です。現在の会社を退職せずに次の職場を探すのがもっとも良いです。しかも、隙間をなくせば退職後もすぐに働けます。こうすることで、仕事をしていない空白の期間がなく、将来に響くこともありません。すなわち、転職の際に不利になることがないということです。今後を踏まえて、スムーズに転職活動を進めてみましょう。

    派遣会社を利用して働く人が現在多くなってきています。

  • 派遣会社に登録して仕事をしている人が近時増える傾向にあります。派遣社員として働くつもりなら、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの金額(または比率)、自分に入ってくるかを可能であれば面接時に質問しておきましょう。派遣会社は、労働者を必要な企業に派遣してその対価としてお金を手数料を徴収するシステムで運営していますが、現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合がかなりあります。半分以上支払われているのであればまだいい会社だが、中には開示すらされない派遣会社も少なくなく、酷い場合は、労働者に3割しか還元しなかった、ということも珍しくありません。面接のときにあいまいな返答しかしない会社は、不都合な点を隠す傾向が強いので、可能な限り異なる派遣業者のもとで登録されることを推奨します。

    転職をする場合、事前にハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を見たり…

  • 転職活動を行うとき、まず第一にハローワークや求人雑誌の求人情報を見たりしてその会社のことをチェックするのですが、ところが、当該会社がサイトや求人票に情報を出す際は、コンサルタントに相談をしていることが多いです。コンサルタントは、会社に都合の悪い情報を隠す傾向があります。仮に公表する場合でも遠回しな表現に徹します。その種の会社紹介や社長の意見や社員のインタビュー情報などは、額面通りではなく、疑いながら読むべきでしょう。仮に美辞麗句を信じて会社に入った場合、「聞いていた話と違うじゃないか」とあとで後悔するかもしれません。悪意ある会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後、様々な文句をつけていかにして辞めさせないようにするか画策しています。この手のことは、いわゆるブラック企業に多いです。

    ”石の上にも3年”という教えがあります。

  • 古来より日本には”石の上にも3年”という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、ないものと同然である「終身雇用制度」。「転職」は一般的な事柄となってきています。そうではあるものの、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、簡単に転職を選択してしまうのは考え物です。再就職したいなら、大切なのは適した時期を見計らうことです。まず第一に、今現在の職場、自分の置かれている立場などに関して、不満を感じる点を10個前後、書き出してみてください。其れによって転職活動の次の一手を考えやすくなります。そして、将来の進むべき道が見えてきたら、ためらうことなく、今より良い仕事を手に入れるべく進めることが大切です。

    これから転職活動を考えている人で、次の仕事をする前にある程度期間があるのなら…

  • 今から転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、できれば「失業手当」をもらっておきましょう。現在の会社でもし「雇用保険」を支払っていた場合は、申請をすれば誰でも失業手当を受け取ることができます。手続きについては、「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、現在の会社都合の退職だったり、残業時間次第ですぐに受け取れる可能性もあります。このときの、「失業手当」の金額は、最後に受け取った月の近々の給料がもとになって手当の額を算出されるので、働いている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、なるべく「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

    比較的時間に融通が効くはずの派遣社員になっても自分の好きなタイミングで辞められるものではない…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員になっても契約期間を迎えたら好きなタイミングで辞められるわけではないと転職活動を通じて学びました。私は結婚生活が落ちついたら、すぐにでも子育てに取り組みたかったので、それまでの間のために数年ほど現在の継続で仕事を出来たらいいなと思い、就職しました。派遣社員であるために、年収は安かったですが仕方なく「時間に自由が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。ですが、いざ入社したあと、一緒に働く人たちの大半が10年~15年ほど勤務しているというのです。派遣社員だからといって、契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気もないと知り、これが今の悩みになっています。

    人生初の転職をする際、忘れてはいけないのはなぜ現在の仕事を去るの・・

  • 人生初の転職を試みる際は、大切なのはなぜ今の仕事を去る必要があるのかを明確にしておく必要があります。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておくべきです。問題解決が可能な会社を選んでください。社会人の転職活動は、新卒時の就職活動とは異なり、働きつつ、就職活動を続けていくので、時間と体力が必要だといえます。したがって理由が明確にされないまま転職活動を開始した場合、途中で行き詰まってしまう場合があります。どんなことがあっても転職したい、現状に変化を加えたいという強い情熱がない場合は,転職活動を開始するのはやめておきましょう。

    安定的な暮らしを送りたいと正規社員として働くことを意識している人・・

  • 安定した生活を手に入れるべく「正社員」として働くことを意識している人がかなりいらっしゃる、というのが現実です。けれども、即戦力として働けるように資格を取得するなどしていくら努力しても、中々正規雇用が難しいこともあります。契約社員の求人情報があるのに正規雇用の求人以外はそっちのけでもやもやした日々を過ごしている人は結構多いようです。仮にあなたが、中々転職希望先が正社員を必要としていないのなら、準社員の募集も選択肢に加えてみましょう。契約社員を募集している会社であっても、働き手の活躍の度合いによって数年で契約社員から正社員にステップアップを図れるようにしている所があるからです。採用面接を受けているあいだに、「正社員登用」のチャンスの有無を訊いておくようにすれば将来設計が立ちやすいはずです。

    再就職の時に行われる面接時に企業側からクールビズで来てください…

  • 再就職の時に行われる面接時に企業側からクールビズでお越しくださいと言われることがあります。ですが、なかには、クールビズで行くのは実際は減点対象になるのでは?と思ってしまいます。クールビズに関する不安を抱いている人に言いたいのが、クールビズで良いとされたのであれば、伝えられた内容を素直に聞き入れたほうが安心できます。迷ってしまい、真夏であるのも関わらずスーツを着込んでいくと不自然に感じられますから、会社側からクールビズ可と言われたらクールビズの格好をおすすめします。

    これから転職する場合、「派遣社員」を選択予定の方にぜひ覚えていただきたい…

  • これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人に注意していただきたいポイントが何点かあります。一般的に派遣社員に関しては、お茶出し、その他雑用等をといった仕事をなんとなく想像してしまう方が多いとは思います。かく言う私自身もそう勘違いしていました。現在の会社に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したときに「担当業務は電話対応になります」と入社前に派遣会社からも説明も受けてました。でも、いざ業務に掛かると、「電話対応」とともに、辞めた正社員の業務の穴埋め役となるよう、任されてしまいました。いつも毎回、あれこれ要求されますし、はじめに説明された内容とは全く違うのでとても困惑しています。現在は、ひたすら「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。

    趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいと考えている方は注意が必要です。

  • 好きなことを仕事にしたいと思っている人は注意です。これは、私が実際に体験したことなのですが、私は、もともと食べることが趣味だったのですが、それが高じて、前に、飲食の世界に勤めていたことがあります。そのレストランでの業務内容は、そのレストランで任されていた仕事内容は、シンプルな盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容については、不満もありませんでしたし楽しんでいたのですが、人間関係ですごく嫌になりました。そのことが引き金となり、職場を去ることにしたのですが、そのせいで、大好きだった食べることやその店でメニューとして提供されていた食べ物さえも苦手になってしまい、その系列の飲食店にはしばらく経った今も行けません。当時の匂いを思い出すのも苦手です。この仕事に就いた当初、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分の得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいと願い、実現できるのは悪いことではありません。ですが、「好き」はどのくらい本気なものなのか、もう一度見直す必要があります。

    今現在の企業の労働環境の激変ぶりに際して、全世代の中…

  • このようにここ最近の企業の雇用に対する考え方の慌ただしい変化において、社会人の中で34歳ぐらいまでの若者たちほど鋭敏に感じ取っているようです。大方、転職と自身のキャリアアップを同時に思案しているのでしょう。ですから、働き手といった「流動化」が著しくなっているため、加えて、後々これらの傾向が増加すると思われます。労働市場の「流動化」が進んでいく結果、労働者の転職は当たり前になり、終身雇用が当たり前とされていた時代には、「会社を辞めて転職」には良くないイメージがつき転職が思い通りにいかないことも多くありました。ところが、社会的な変化とともに今現在の会社に執着する必要は減っているように感じます。

    大手企業は「定期採用」がメインなので、転職希望で入りたい場合は、タイミングを考慮しておく必要があります。

  • 一般的に大手企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから、転職で入りたい場合は、タイミングを考慮しなくてはいけません。しかも郊外~地方となると転職の確率はずっと厳しくなるでしょう。ですが製造業の企業の場合には、地方の工業団地等に運営していることがはずです。そういう地方の工場なら、事業分野の拡大などの際に「途中採用」をしていることが多々あるので、そういったタイミングを利用するのが無難です。そのためには、地方の工場を転職に考えるなら、希望する企業の情報をまえもって収集しておきましょう。公式サイトをチェックし、求人予定の有無など、忘れずにチェックしてみましょう。

    転職活動を行う上での最後にクリアしなければいけない難問として・・

  • 転職活動をする際の最後にクリアしなければいけない難問として、今の会社の退職があります。転職先の会社が決まっても、現在勤務中の会社があなたを引き留めしてくる可能性があります。もしそうなってしまったら、障害を乗り越えて退職する、という強固な意思を持つことが大切といえます。仮に引き留められて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと思った会社には、最終的には愛着もなくなってきます。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届をつくります。それから、決定権のある上司と直接、話す機会を設け、退職を考え直す可能性はありませんと、(毅然とした態度で)伝えましょう。円満退職をすること、これも転職活動において大事な要素となってきます。

    転職する際、比較的重要なのがまぎれもなく「面接」だと言えます。

  • 再就職をする場合、とても重要なのが「面接」になります。普通、面接の場合は当人に対して転職事由や退職理由などまずは、こちらが質問される側となります。そして、一通りの質問と説明が終わると、転職希望者から、面接担当の人へ疑問に感じていることを質問できるチャンスがあります。担当者から、「我が社について何か質問しておきたいことはありませんか?」と聞いてくれるわけです。この手の質問が来たときは、緊張しすぎて質問を遠慮してしまう可能性もあります。そんなときのために、事前に面接担当者からの問いに対する、聞きたいことを準備しておくのも良いでしょう。実際に仕事を始める前の段階であっても、いくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、試してみてください。

    転職期間では、趣味に時間を費やしたり、体力づくりを意識しておく・・

  • 転職期間中には、「趣味」に没頭することに加え、体力を低下させないようにしておくと良いと思います。勤務先が見つかり、仕事を始めた際に、趣味に夢中になっていたことで気付かない間に集中力がアップします。そしてまた、体力アップが図れていることで、その場の社員さんよりも体力が持続するということを認識することができます。なので、退職して次の仕事を始めるまでは興味のあるなことに打ち込むことと、体力アップをしておくことをするのが何より良い事なのです。その後、その職場のなかであなたと共通の趣味の方と知り合えたなら、会話も弾むので、これまでできなかったことにトライしてみるのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。