最近はインターネットの就職斡旋エージェントの中で「ヘッドハンティング」の専門会社も増えています。

現代はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでな・・

  • 最近はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングを専門に行う会社も増えてきました。もしもあなたが特許権を取得したことがあるなら、ヘッドハンティングされやすくなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人に限らず、「研究開発」における論文を出した人や、マスコミで紹介されている人など、何らかの業績を残したと思われる人に狙いを定めて、電話やメールを用いてコンタクトを図り、ヘッドハンティングするネタにしています。もしもあなたが、ヘッドハンティングの匂いがする勧誘をされた場合は、そうなったきっかけを考えてみましょう。近年はヘッドハンディングのように見せかけて、登録料を要求しようとする会社もあるらしいですが、その手の会社はたぶんイカサマなので、気を付けましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者が払う必要などありません。

  • もしあなたが転職される場合は、転職前に「資格」取得は考えておいて損はありません。

  • 転職をするなら「資格」を取得しておいたほうが有利になります。とくに、仕事を続けながら資格取得をしておくのがベストです。転職活動時にそれを生かせるので、新たな分野に挑戦することも可能になります。なので、在任期間中での資格取得がもっともよい時期といえます。もしあなたが未来を考え、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、現在の会社を辞めたあとも心残りなく仕事を探せます。しかも、資格取得によって面接のときには面接官に即戦力になる人材だと認められ、待遇アップも期待できるでしょう。

  • とある古物商の会社で、書類選考をクリアしました。その後…

  • ある古物商の社員募集にて、書類選考に合格したので、面接の日時について相手方から連絡をもらい、にもかかわらず、面接日当日、指定場所へ行ってみると、手違いがあったのか相手が面接準備を一切していないことがわかりました。待たされたのち、責任者らしき人が面接担当をしてくれましたが、始めから終わりまで、だらしない態度を見せられ、かろうじて面接が終了しました。けれども、2週間後と言われた合否の連絡が一切もらえず、待っていられず、私のほうから問い合わせると、「郵送で今日送った」と返答されました。しばらく待っていましたが、ですが、これも届かずそこでもう一度問い合わせたところなんと、「残念ですが不採用です」、と一方的に電話を切ってしまいました。あまりのことに呆れ返ってしまい言葉も見つかりませんでしたが、率直に、不採用で良かったと痛感しています。

  • 今の自分のスキルや資格を活かしつつ、再就職を検討する場合は・・

  • 今あるスキルや資格を活かして転職活動する際は、再就職し易い業界とそのスキルが不必要な、転職が難しいジャンルがある事を前もって理解しておきましょう。転職がむずかしくないジャンルは、慢性的に人材不足がいわれている「医療・介護」系がその最たる例です。医療や介護の業種では看護師、介護士の資格保有者でなければ働くことができないので、ハードルが高めの業種ともいえます。でも現在、「医療・介護」の仕事をしていて、理由あって他業界に再就職したいと思っているなら、安易に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外のほとんどの業界は、働き手の流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。そのため、安易に考えない事が必要です。転職を実際に行う際は、ほかの分野の仕事では医療や介護系の業界の仕事探しよりも厳しいものとなることを気をつけましょう。

  • 転職期間中は、つい時間に余裕があるため、緊張感がなくなり、だらけてしまいがちです。

  • 転職の間は、そういう風にしたいわけではないのにダラケタ生活になってしまいます。・・であったとしても、そんな風な過ごし方を常習化させるのは危険です。なぜなら、緊張感のない、だれた生活を習慣化してしまうと、「メンタル面」にも問題が出てくるからです。時間がたてばたつほど、仕事をしようとする意欲がなくなり、お金が回らなくなって困ってしまうかもしれません。そうなってしまうと、負のサイクルができてしまい、転職先が決められません。次の仕事をハッキリ決められないのは、お金を第一に考えてしてしまうからです。もらえるお金を一番に考えざるを得ない状況ではやりがいを求めて転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。というワケで、お金に縛られないように暮らしていくためにダラダラした生活は、意識して避けるようにしてください。

  • 長年接客業で勤務してきましたが、年をとったせいか立って行う仕・・

  • 長いこと接客業で務めていたのですが、年をとったせいか立ったままの仕事は体力的に耐えられず、座って仕事を続けられる事務の仕事への転職を目指して活動しました。事務未経験だとなかなか厳しくて、それなら接客業の経験も活かすことができる受付兼医療事務になろうと資格試験にも合格し個人医院に転職することができました。周りはベテランのパートさんばかりで人間関係に関してもややこしい。夜のシフトばっかりさせられ、接客業時代よりも帰る時間が遅くなってしまったのですが、まずはキャリアを作る時期だと割り切って頑張ります。

  • 転職候補に挙がっている会社の見学ができれば、たいへん参考になります。

  • 転職候補先の見学は、たいへん勉強になります。そのなかでも職人さんのいる会社では職人技を近くで見られるので楽しくもなります。そんな会社の見学では、見学者には高確率で、本当の現場を見せることがまずありません。典型的な例を挙げると、ずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働などのジャンルです。この業種では、癖の強い人が多いので入社してからでないと、実際の姿はわかりません。ですから、仕事=見学内容と解釈しないことがたいへん大切です。それに加えて、見学時に仕事体験させてくれる会社はかなり問題がありますから正直言って、選択肢に入れるのはオススメできません。入社していない人には万が一何かトラブルが発生しても、保障がないので、進められてもていねいに断りましょう。

  • 就職のため職探しをする場合に注意したほうがよい求人内容…

  • 就職のため仕事探しをする際に気を付けて欲しい求人内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料がよく、拘束時間が長めのものです。このような案件は、給料に『みなし残業代』が含まれているケースが多いです。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので30時間、45時間という感じで求人の内容に時間の併記がされています。毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、事前に給料に残業代を含んでおく、といった仕組みになります。(注意・違法ではありません)例えば『みなし残業代35時間込』と書いてあれば「書かれた時間分の残業代を入れた場合、この給料です」という話になります。でも、悪質な求人では、記載しておくべき『みなし』を記載していない場合もあるので、注意をしておきましょう。

  • 転職というものについて考えた場合、そこでの自分の年収ばかりを気にする人・・

  • 転職というものをする場合、転職後の自身の給料を過剰に気にする人がそこそこ多いです。もちろんたいていの方は仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を給与として手に入れるために仕事するのだとは思います。年収は自分がどれほど評価してもらえているか、という見方もできるから、当然大切なものであることは否定できません。しかし、必要以上にもらっている年収額ばかりを執着しすぎるのもさみしい気がします。年収に反映されない仕事であっても精神的な成長を遂げられるチャンスは大いにあるものだからです。

  • 今あなたが、「転職サイト」で自分の希望条件にマッチ・・

  • 会社の将来性に不安を感じ、転職サイトを活用して自らの働き方に近い条件の将来性のある企業情報をチェックしているのなら、絶対に「転職エージェント」も利用しましょう。どうしてかというと、登録は簡単です。エージェントサービスの登録を済まて、その場で紹介してもらえる仕事は、一般的に公開されていないからです。誰でも見ることのできる公開求人とは異なります。それは、比べようがないほどにたいへん良質といえます。そのうえ、あなたの希望に相応しいものを調査しつつ、紹介してくれます。だから、あなたの希望の求めていた理想に近い業種の求人を教えてもらえる可能性があります。仮に、同一の求人を見つけたとしても、自分の力で行き当たりばったりに探す労力を考えれば、効率は良いです。そのうえ使ってみる価値は大いにあります。

  • 派遣で就業しています。派遣法や労働契約法のせいで不本意…

  • 派遣社員として働いています。派遣法や労働契約法のせいで否応なく、長く務めてきた派遣先での就業を終了しなければなりません。同じく派遣で働いている人の中には派遣の就業先で正社員の地位を得た方もいるのですがその理由としてははっきり言うと仕事の腕がよいというよりは派遣先の上司への媚びへつらいがうまくてそのおかげで採用されたとしか考えられません。テクニカルスキルより上司正社員を転がす能力の方が大事なんじゃないのと選考に漏れた派遣仲間達と愚痴る毎日です。

  • 失業保険を毎月、給付してもらうには、職探しをしていることが条件になります。

  • 失業保険の給付に関して、仕事を探していることが必要なのです。が、現実は「久しぶりに仕事から解放されたし、しばらくは仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」というのが現実でしょう。そこで、真面目に働き先を探しているように見せることができるので教えておきます。毎月ハローワークに行って担当職員と面談するのはあたりまえですが、その場で求人票を見ることは最低限行わなければいけません。心の中では探す意思がないときには、求人票を真剣に閲覧しているフリをして、ハローワーク職員との面談で、「自分にピッタリな仕事や、希望する仕事が残念なことに見当たりませんでした」と相手に報告し、次に期待しましょう。

  • 以前は、「転職サイト」よりも主に「ハローワーク」が中心でした。

  • これまで私は、職探しをするときは「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」に相談していました。なぜなら、大手の転職サイトはなぜか都心の企業の求人がほとんどだからです。そのため、求人を探す時は、「ハローワーク」しか利用していません。やっぱり、掲載されている企業の知名度や給料は劣りますが、古くから地域に貢献している企業もあり、安心して面接に進むことができます。しかし、「ハローワークはなんとなく地味なイメージがある」と思われている方も多数いるかもしれません。以外にも、求めていた労働環境の求人があるかもしれないので、もし退職後の就職活動が不安な方は、ハローワークに1度行って、確認してみるのもアリだと思います。人気の転職サイトのようなこれでもかというくらいの電話やメールが送られてくる心配もありません。

  • 転職する企業で、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。

  • 転職した場所では、すぐに「年収」を高望みしないほうが無難です。ことさら、転職したはじめの年度は、ほとんど「研修期間」が入っている会社がことが考えられます。自身の転職して新たな仕事をした時は、四苦八苦して手に入った職場なのに、悲しいかな前の職場での年間報酬と見たところ差がありませんでした。そればかりか、仕事もきつく、重大な責任が伴うものでもあったので、1年目は、本当に労力を伴いました。そういった経緯から初年度は、仕事を覚える年と割り切り、なるべく転職前から貯金をしておくべき、と思います。

  • 新しい企業がいいと転職で活動している人とは「1日でもはやく・・

  • もっと良い会社に入りたいと転職をする活動をする人というのは、「1日でも早く、内定(採用通知)をもらいたい」と思ってしまうはずです。でも、その気持ちが強くて内定が得たいばかりに、自身をより大きく見せたり、あるいはその逆に自分を安売りしてしまう行動は可能な限り避けておきましょう。大事なのは焦る気持ちは抑え、冷静に、そして客観的に、自分にピッタリな職場を探すことに専念しましょう。それまでの自分の経歴を生かしつつ、加えて、今後のキャリアアップが見込める職場を賢く見極めていきましょう。

  • 仕事のなかで心的に苦痛を感じてしまい、転職を考えざるを得ない状況に至ったなら…

  • 働く中で回復が難しいほど精神的なダメージが蓄積されてしまい、転職を考えざるを得ない状況になったのなら、職場の人と相談するより家族などの近しい存在の人と話して、会社を辞めるか判断しておいた方が良いでしょう。それは、働くということは自身のためでもありますが、身内の問題ともいえます。毎月、納得のいく高い給料を得られたからといって、精神的にボロボロになるほど我慢しながら無理して働くのは健全とは思えません。現在の社会では、金銭的な豊かさよりも、働きやすいことを大事にする生き方も認められつつあります。ですからあまり気にせず、あなたの身内とともに、自身の心と体のケアを忘れないようにしましょう。

  • 転職活動においては、履歴書と職務経歴書を用意することが必須だと考えられています。

  • 転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書を必ず準備しなければいけません。大部分の企業は履歴書だけでなく職務経歴書に記載されている内容を元に面接するかどうかを決めるため、なによりもこの2点をしっかり作成しておきましょう。単に文字を書くだけでなく、記載内容が充実していることも大切です。「職務経歴書」は、過去に経験してきた職務の詳細に加え、可能な限り、アピールできる内容を記入しましょう。また、過去だけでなく、現職で挙げた実績も良いアピールとなります。残業を何時間減らして売上は何%増やした、などかなり具体的に書いていきます。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、うまい言い回しのヒントを得てみましょう。自分のブランディングのために転職エージェントを利用するのも転職を成就するための選択肢として考えておきましょう。