転職活動をする際、いろんな経路で情報を得るのが通常だと思います…

転職時は、いろんな手段で情報を収集する人が大半だと思います・・

転職時は、様々な経路で情報を得るのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトは利用しなければもったいないです。一時期、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからということで、サイト運営者に対して損害賠償請求をした事例がありました。辞めた(辞めさせられた)社員の腹いせとしてそのような口コミが投稿されていたと見るのが一般的ですが、違った角度から見れば、書き込みの内容が真実でなければ、会社としては放っておけばいいようにも思えます。あるいは、実態は『クロ』で「真実が書かれているので、一刻も早く火消ししたい」としていると考えることも出来ます。「口コミサイト」も炎上ネタが投下されることでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、悪い口コミが多いということは、それだけ入社後に厄介事が降りかかる可能性も高いと考えてもいいと思います。人もそうですが、本当に善良な企業であれば煙なんて立ちません。

転職を行うにあたり、今勤務している会社辞める時に失業保険に関する手続きを行う必要がありますが・・

転職に先立って現在勤めている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、もしあなたの都合で退職願を出して会社を去る、いわゆる「依願退職」の場合には失業保険をすぐに受け取れません。手続きをしたのち、失業したことが認められてから3か月経たないともらえない。よく勘違いして会社を辞めた翌日から3か月経てばもらえると思い込んでいる人がいますが、この規則について誤解している人が、手続きにミスがあるはずだと言い張ってその結果ハローワークのスタッフと喧嘩をしているのを見たことがあります。念のために付け加えておくと、社員側の都合ではなくリストラなどをはじめとした「会社都合」での解雇の場合は、失業が認定されればすぐさま失業保険を受け取ることができます。

大手転職エージェントに限って、多種多様な案件を取り扱っている…

「就職エージェント」の大手になると、多くの案件があるという長所があるといえますが、他方、競合する転職希望者も多くいる可能性が高いです。あなたが、気になる案件を見つけたとしても、転職エージェントのスタッフ側が「可能性が薄い」と判断すれば応募してくれないこともありますし、企業から見て自分よりも有能なライバルがいれば、そのライバルを優先して送り込む傾向があります。つまり大手エージェント運営元は、サイトに未掲載の案件のデータを宝庫として扱っており応募することが難しいので、考えを変更して少し規模の小さいエージェントに対し、応募したい企業や案件に関して相談し、応募できませんか?と話しをすると自分のためにアプローチしてくれることもあるので、そのような活用も良いかもしれません。

転職活動をするとき、ネット上で就職斡旋してくれる「エージェント…

転職を行うに際しては、ウェブ上で就職斡旋してくれる「エージェント」を利用するケースもあるでしょうが、あなたがそういった場所で登録した結果就職先が決まったとしても、失業保険を受け取ることはできないので注意が必要です。ハローワーク以外の機関を利用して就職しても給付対象とならないので気を付けるべきです。他方、「ハローワーク」を介して斡旋された会社に就業したときは、就職の準備金として「一時金」を受け取れることになります。ウェブで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に彼らは,企業サイドから「紹介料」を受け取るだけで、失業保険の給付手続きなどはしてくれません。これについて理解していないと、失業中にお金がもらえなくなるため、就職エージェントの利用を検討される人は特に気をつけましょう。

求人関連の情報を見てみると、ほとんどの場合、たいていの職場で・・

求人広告には、大部分の株式会社では月の収入等が記載されています。しかしこの月収の部分を頭に入れる時には、注意深く確認する事が大切です。その値だけで判断しないほうが無難です。会社によっては、月収の中身に月10時間残業の場合が条件になっているかもしれません。それは残業代を入れて魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしている所があるからです。このほか、基本給プラス歩合給で、歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている会社もあったります。だから、こういった可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は興味を持たないほうが賢明です。

転職活動で話題にあがるのが「年収」です。

転職活動の中の話題に上がるのが年収です。面接時には、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。現実の年収より多く言って、転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄な努力でしょう。「源泉徴収票」が必要となり、仮に一度は信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局は虚偽の申告をしたことがバレていまいます。最悪の場合、トラブルを引き起こすこともあるので、現在の会社での年収をハッキリと伝え、それに見合う希望年収を設定するのが一番良いです。なお、現在の年収が300万円の方が急に年収500万になるようなことはほぼあり得ません。たとえば、今、430万円の年収であるのなら、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが得策です。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなって、入社できたのを退職に追い込まれる状況も考えられます。

クールビズ(軽装)の格好で再就職の面接にチャレンジするときに・・

クールビズ(軽装)の格好で再就職の面接に臨む場合、ジャケットは着用しなくても安心であると言い切れますが、ネクタイはつけている方が良い印象を与えてくれるのでお勧めです。タイなしでもOKだと考える企業もあることはあるにはあると思います。ですが、ことネクタイについては例えクールビズであろうと身だしなみとしてつけなければならないと考える企業がいくつかはあります。ですから、クールビズ(軽装)の恰好でもネクタイはしていった方が安全であるということをお知らせしておきます。

求人に関係する情報を見る場合、例えば、「デスクワークがしたい」と考えている人ほ・・

求人関連の情報をチェックする際、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほど、製造業をチェックしていなかったりしますが、そういった人は、「製造業での求人募集は、現場の製造マンだけ募集している」と勘違いしていたりします。製造業での求人であっても現場作業者だけでなく、経理、総務、人事といったスタッフ募集に加え、資材、購買、営業管理などの「事務系」に分類される部門も結構な数あります。とはいえ、製造業は往々にしてオフィス街などがある都市部からは離れていることが多いのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそういった部分がイヤと思う人もいるでしょう。だとしても、自身の執着をなくすことで思いがけないチャンスにつながる可能性があるかもしれないのです。

近時は、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり…

今日では、ブラック企業がニュースで取り上げられたりして、労働条件に対する取り締まりが厳しくなったり、社名が公表されるなど厳罰化の方向に動いていますが、完全には至っていないのが現状です。ということで、事前に面接時に「ブラック企業」を見破る方法を覚えておきましょう。まずは求人票などに記載されている労働条件を見ておき、怪しい点について堂々と質問しましょう。「ブラック企業」が相手の場合、求人票の記載が嘘の場合、答え方が不自然になったり、「その場でははっきり答えられない」と逃げ腰になります。「休日」「残業」「給与」に関しては、質問をしつこくしていると、後ろめたさを感じる表情を見せる可能性が高いです。それでもめげずに尋ねていくと、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされた態度を見せるので、そこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、少しでもおかしいと感じたら、入社を止めるのが無難でしょう。

失業時にもらえる「失業保険」は、失業しているあいだが給付条件となります・・

失業時に受け取れる「失業保険」は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、この給付には、しっかり「期間」があります。失業時までに勤務していた期間に応じて変わり、90日だったり120日だったりするのですが、中にはこのような事実を理解していない人が少なくありません。失業中である限りもらえると思い込んで失業保険があるから働かなくてもいいと考えて求職活動をしない人もいますが、給付期間終了の1か月前になってようやく制度の真実に気づき慌てて職探しをしたとしてもよい会社を見つけるのは困難です。転職を希望する会社の面接担当もバカではないので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」といった部分はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。ときには、面接官からそのような質問を食らう可能性もあります。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、不合格となるでしょう。

数年前の求人誌では、募集条件の中に「性別」まで、明記されていました。

以前の求人情報に募集条件の中に「性別」まで、はっきりと書かれていました。ですが最近では、男女雇用機会均等法が施行され、雇用する際、男女差別があってはならないという決まりになり、求人情報の概要に男女の文字を見ることはなくなりました。けれど、募集する企業側には性別に関係なく雇用するかといえば、そんなことはありません。そんなわけで、実際は男手が希望のジャンルに女性が応募してきたり、女性が必要な案件に男性が応募してきたり、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。もし、「女性が活躍している仕事場です」といった内容なら、女性の働き手を希望しているのだと認識したほうが良いです。

再就職を検討しているのなら、多種多様な企業の採用…

転職を検討しているのなら、多くの会社の募集案内を日常的に調べておくと就職先をとても選択しやすくなるでしょう。今現在の職場にやりがいを感じられないと思っているケースでは、いざ転職活動をはじめたとき、どこの会社もいいように映ってしまいます。そんな状態に陥ると、どこを選択したら良いのか迷ってしまい、判断を間違えてしまいかねません。結果、ごく短期間で転職を考える羽目になるので、見る力を養っておくのがベストです。方法としては、転職したい会社の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、転職したい会社の取引している会社も気にしておきましょう。良い会社は、取引先の情報を公開していますし、逆にそういった企業ではない場合、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、求人チェック時に見ておきましょう。そのうえ、企業によっては、個人グループに入っているケースもあるので、グループの名前を調べて内容を把握しておくのも良いと思います。

転職を成功させたいのなら、計画的な行動をしましょう。

転職することを成功させるためには、行動する前に行動をしなくてはいけません。そうしようと思うのならネットを見るとどんなに中小企業もHPで会社のことをわかる企業が普通なので、ネットの機能を利用して自分が知りたい情報を調べておくとそれとその企業について疑問点等をチェックしておくと転職時に助かります。加えて公式ホームページ以外にも、「転職サイト」にログインするのも有りだと思います。ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。何より転職を考えている希望の職場を自分の目で判断するのも大事です。

人からの紹介によって転職の先を見つけている最中の人もいるでしょう。

友人の紹介をキッカケにして転職先を見付ける人がいます。とはいってもその職場の労働環境、その他の労働条件に関する情報について、友人の口コミを判断するのはあとでトラブルになるおそれがあります。口コミである以上、個人の口コミというのは誤解・齟齬が多くなってしまいます。それ故に友人にしたら働きやすい良い職場環境に思えても、、自分自身にとってはストレスだらけの環境、、、という環境だってあるのです。でもその逆も然りです。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミだけに頼らずに、しっかり自分自身の目で確かめておくことも大切です。

在職中には、可能であれば、周りの人間に悟られないよう…

就労期間にあるときは、可能ならば、周りの人に悟られないよう、(自身の場合)就労期間中に転業する考えを早い時期に周りの人に知らせたことがあります。けれど、その後求人情報を散々探していたのですが、予想に反して働く先も時期など、何も煮詰まっていないままズルズルと時間が過ぎてしまいました。挙句の果てには一方の会社の方も退職に関わる手続き、自身の退職日などが確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経て次の就職先を見付ける活動をはじめました。

勤めていた会社で怒りっぽい上司に悩みを持ち、最後に…

働いていた会社で性格が合わない上司に悩まされ、結局我慢の限界を超えてその会社を辞め、ある他の同業の企業に転職しました。新しい会社では上との関係も良好で勤務することができて非常に充実した毎日でしたが、少しずつ業績が悪くなり、結局はとある会社に経営統合されることとなりました。そして経営統合の相手は驚くなかれ前働いていた会社で、その上ものすごく嫌いだった上司が再び私の上司になることに。こういう悪いめぐり合わせとは、どれだけご縁があるのでしょうか。もちろん新しい転職活動を始動しています。

転職の採用面接にとある会社に向かいました。

転職したい会社の採用面接にある会社に伺ったときのことです。その会社の会議室や応接室が空きがないというわけで社外のある場所で面接担当者と待ち合わせて採用面接を行い、その場所で解散し、面接をした方も会社に帰らず自宅に直帰されるとのことだったわけですが、なんと下車する駅が私と一緒だったのです。なので電車内でも彼とずっとお話しながらいっしょに帰宅することとなり、おかけで緊張が解けて面接しているよりもお話が弾み、それが奏功したからなのか何の問題もなく採用を勝ちとることができました。