転職エージェントに登録すれば必ず、電話やメール連絡が呆れるくらい入ります。

転職エージェントに登録すれば必ず、電話・メールがしつこく掛かってきます。

  • 転職サイトに一度登録すると、電話やメールでの連絡が執拗に来ます。そのため転職初心者は大変驚くことが多いです。「転職エージェント」は、転職を成功に導くことが仕事だとされるので、大変積極的にかまえています。中でも大手エージェントは、転職を完了させることによって企業側から報酬がもらえる仕組みなため、転職希望者の都合よりも企業の都合を優先させることがよくあります。また、転職エージェントは、契約数を増やしたいために、内定が取れるとすかさず、入社を強引にすすめてくることがよくあります。自身の気持ちや意思をハッキリしておき、転職にしくじらないように要注意です。
  • 一昨日人材会社へと登録に行きました。

  • 3日ほど前転職の準備をしようと人材バンクへ登録をしに行きました。そこでカウンセリングの際に現れた担当者の雰囲気が見たところ入社してから間もない新入社員で、私が話したことの3割もその社員は理解ができていない模様。そのくせ「キャリアデザインが緩いですね」とか「もっと自分の強みを明確にしていくことが必要です」とか、わかったように偉そうにのたまうから非常に嫌な気落ちになりました。カウンセリングを担当する人はある程度カウンセリングのスキルがある人にしてほしいです。
  • 今、私は派遣の会社に登録をしています。

  • 派遣会社で働いています。ウェブサイト上で気になる仕事を発見し問い合わせを行ってみると「その仕事はもう他の人の採用が内定しています」と断られて一時的にサイト内からもお仕事の情報が消えるのですが、その翌日見るともう一度情報が掲載されています。これは要するに私ではダメっていう意味ですよね。そうであるならば初めから変に隠さないくらいではっきりと言ってほしいのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。それとも架空の仕事を載せているのでしょうか?
  • 転職活動で面接時に「志望動機」「転職理由」の2点は間違いなく質問されます。

  • 転職活動を行っていると面接において高い確率で聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち「志望動機」は、あなたの思ったことを正直に伝えて問題はありませんが、これとは異なり「転職理由」は、現職の不満をそのまま伝えたとしたら問題があります。給与の不満、上司とそりが合わないことなど、面接担当者に悪いイメージを持たれやすいものです。自分が不利益を被ると予想できることを何も考えずに話す人は非常に少ないと思いますが、転職先企業はその点を重要視しているため、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。不満を言わずにうまく答える方法として、現職の仕事内容以外のことは話さないことです。そしてさらに、この企業に入ってこんな貢献をしたい、「5年先はこういったことをしているだろう」、そのために御社を選択しました、とうまく話をすり替えましょう。
  • 「シフト制」の業務についてです。

  • シフトの仕事に関する話なのですが、毎週、特定の曜日に仕事できる人を募集している求人をけっこう見るのですが、もし、応募しようと思っているなら休み方やシフトの出し方を前もってチェックしておいたほうが良いです。それはなぜかというと、以前わたしは産休で休む人の代理として正社員として就職したのですが、私のシフトがそこが「土日」固定のシフトで、新人の私以外、他の社員はいない状態という職場でした。前任者が「土日」に必ず出られたので、私自身も出勤できる人と思われていたようです。なので「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフトを変えてもらう必要があり、職場の先輩たちに「代わりに出勤していただけませんか?」と私が依頼しなくてはいけませんでした。立場は同じなのに、土日は私だけなんて・・・。思い出すと本当によく我慢したなと思います。
  • 転職の際の採用面接では、中堅企業クラスの場合、大体が「人事」が面接官です…

  • 再就職のための面接では、中小企業クラスの場合、大体、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、場合によっては違うこともあるようです。たとえば、これから仕事を一緒にしていく作業部署の一番偉い人、言い換えれば管理職である課長や部長が面接する可能性も考えられます。特に、事務系・営業系などの部署に転職するのなら、資格だけでは判断がしづらいので、結局のところ自分という人物をアピールすることが必要であります。面接担当の人たちに「この候補者はハッキリ自己アピールできるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大事です。
  • 転職サイトは、大手であるほど掲載される求人情報が豊富なた・・

  • 「転職サイト」は、大手が運営していたほうが掲載量も多くなるので、2社か3社くらいともかくウェブサイトに登録しておいて、勤務地や年収などの条件を設定しておき、次に条件に合った案件が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと楽に情報収集を行うことができるようになります。とはいっても、はじめは登録するのになかなか時間がかかるので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録をする第一回目は時間が多少掛かるため、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、次回以降は、新着の求人情報だけチェックすればいいので、後々のためにも、初回の準備を抜かりなく行うことをお勧めします。
  • 転職を繰り返さないための対策は、とてもシンプルです。

  • 退職と転職を繰り返さないための方法が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返しません。現在はインターネットもあるので、メンタル面を強くする自己啓発系の情報は容易に拾えます。また、意外と思われるかもしれませんが、転職とは全然違う行動によっても、メンタル面を強化することが可能です。その典型例が「外国に行くこと」です。外国は、生活様式・文化・言語など、違うことばかりなので、刺激をたくさん受けることができます。なので、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。帰国してみると、己の視野の狭さを実感し、「世間の小ささ」というものをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま(転職のための)面接に行けば、今までとは違って自信に満ち溢れた態度を示すことができます。しかしながら、退職してすぐは、精神面がダメージを受けやすいので気力回復のために休みも必要です。
  • 転職エージェント、そして転職サイトを活用して、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。

  • 転職サイトあるいは転職エージェントを使って、転職活動すること自体、一般化してきました。しかし、転職の可能性をもっと高めたいのであれば、それと同時に転職フェアも積極的に活用しましょう。転職フェアの長所としては、多くの企業が一堂に会するので、参加することによってあなたの気になる企業の情報を効率的に得られますし、それにとどまらず、説明担当の企業スタッフから、企業特有の個性を感じられるでしょう。今後、転職フェアに行くときには、面接と同じ緊張感を持ってしっかりと自分を売り込みましょう。その結果フェアの中で、自分の魅力が企業に伝われば、そのあとの面接に進む際に非常に有利となります。
  • 私たちの労働環境は、この先、一段とシンプルな労働は機械化が進んでい・・

  • 今後、労働力という観点において確実に考えなくてもできる仕事は機械化が発展していき結果的にマンパワーはどう考えても縮小していきます。思考を必要としない労働という観点では人間の手を借りるよりも機械で進めたほうが比べられないほど能力が高いからです。数を数えたり同じ動作をずっとリピートしたりすることは機械には何の苦もないのです。当たり前のことながら人と違って愚痴を言わないし、ペースが変わらないし、インチキをすることもないし、正確に作業してくれますし、均一化できるメリットもあります。ヒトとは違い、賃金が発生しません。わざわざ生身の人間を使う意味が無いので機械に置き代わるのも自然の結果といえます。
  • 現職からの転業の決断したなら、完全に会社にはその意思を知られないように…

  • 万が一あなたが、現職からの転身の決心をしたのであれば、完全に周りの人には内密にそれを告げないように、首尾よく転職活動していき、転身先が決まっていない間は、できれば同僚に悟られないよういつもと同じように業務をこなしていくのが無難です。現職中、その姿勢でいれば、もしも希望に沿う転職先をすぐに見つけられなくても、転職予定を先延ばしにしながら今の職をし続けても簡単にできます。でも軽はずみに「転職するつもりでいる」と口にすると、社内の人は、それを受けた対応をし始めます。おまけに会社内で「辞めるつもりです」と言ったが最後、会社内では「あの人はもうすぐ転職する」と見なされます。しかし、転職の気持ちが消えて、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と釈明しても、周囲の人は「一度は辞めようとした人」といった目であなたを見るので、在籍しているあいだ、立場が悪くなる思いををするリスクもあるでしょう。
  • 転職して勤め先を新しく替えるということは、自分に合…

  • 転職することで仕事先を新しく替えるということは、自身に合う勤め先を探したいものです。職場を変えればあなたに向いている仕事に有りつけることも可能です。とはいえ、良い面ばかりでなく相応の努力を持っていないと、転職自体がままなりません。別の言い方をすると、あなた自身が価値ある人材であれば、「天職」にありつく可能性も広がる、ということです。現在の社会では職業選択の自由が権利として認められていて、転職しても偏見を持たれる心配もありません。組織と人との関係が軽薄になりつつある現代は「スキルのある人材が欲しい」が願っている企業も多くなっているので、今の良い時期を生かしていきましょう。
  • こういう転職というのは兄の友人の話です。

  • この話は兄の友人の話です。始めに新卒の際になにがなんでも就職したかった憧れの対象であるA社の入社試験で、最後の役員面接で不採用となり、その先不本意ながら違う会社で働くことになりました。そのあと約1年半過ぎた後派遣の求人のサイトにおいてA社の紹介予定派遣の仕事を見つけ、いてもたってもいられなくなり当時の会社を即退職し、A社で派遣勤務を開始、思い切った行動ですね。死に物狂いで頑張ってのちに計画通りにA社で正社員になり、今はやりがいを感じながらいきいきと仕事しています。
  • 転職活動しようと思うのなら、直近の職場や仕事の何に不満があるのかを…

  • そろそろ転職活動を希望しているのなら、現状の職場・業務で感じている不満点をハッキリとさせておく必要があります。当然できていると思うと、意外とそうでないのです。転職したい、と考えるのは分かります。しかし「きちんといまの会社の客観的に考えた問題点を書き出す」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。そして、もしも転職した場合、「今より何が不便になるか」を明確にイメージしてみましょう。職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職したあとのモチベーションの急激な低下は防ぎやすく、成功することができます。
  • 近頃パソコンやスマホを見ればインターネットで見られる世界では…

  • 近頃スマホで調べればインターネット上では、いわゆる転職に関連するサイトが数限りなく存在しているのをご存知でしょうか?その多くて困るくらいのサイトから自身の目的に合致した転職先というのを見いだすにはとりあえず情報が大事ですから収集をする必要があります。このような「転職サイト」をしっかり活用することで、スムーズな転職先を探せます。転職情報が満載で、頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される有益な「転職サイト」がある一方、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、注意が必要です。利用して間もない頃は、信用に値するサイトかどうかを見極めることが大切ですから類似サイトと比較しながら確かめてみてください。
  • 派遣での仕事が決まりました。就業初日に派遣会社の営業の担当・・

  • 派遣先が決定しました。就業の初日に営業を担当している人と就業先近くのコンビニで待ち合わせをしたら、なぜか約束したお店の前にいないので店内にいるのかもしれないと思いコンビニの中に入ったところ、営業担当者は大胆にも雑誌の所に座り込んで成人雑誌のグラビアページを開けて読んでいるのを発見しました。こんな人に担当されるなんて勘弁と判断し、そこで声をかけることなく気付かれないようにお店の中から出てすぐに派遣会社へ辞退する旨の連絡をしました。
  • 転職時の面接では面接担当から「転職の理由は何ですか?・・

  • 転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に人事から「転職理由は?」とかなりの確率で質問されます。この時に、どんなにあなたが正しくとも、前の仕事場での「労働環境」「人間関係」に関しての不満を絡めた内容などは、極力やめておきましょう。というのも、此の様な内容の話は、あなたのイメージが悪くなり、チャンスを棒に振ってしまいます。そのため面接時は、「前向き」な姿勢を見せつづけることがとても大事です。事実とは異なっていても、「新しい職場においては、自身のキャリアをしっかり生かし、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、のような売り込みの形が良い成果につながります。