”石の上にも3年”という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。

日本には昔から「石の上にも三年」という諺もあります・・

  • 日本には昔から”石の上にも3年”という教訓があります。現在の社会では「転職」が決して珍しいものでなくなっています。そうではあるものの、「転職」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、軽い気持ちで仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。再就職するつもりなら、タイミングを捉える必要があります。その基本として、現在の職場・仕事について全般的に、例えば仕事内容や待遇面について不満を強く感じていることを10個程度、メモしてみてください。そうしておくと、再就職を決断することです、そして、未来の展望が拓けたのなら、できるだけ早急に良い仕事を手に入れられるように努力していきましょう。
  • 近いうちに転職活動を始める際に次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は、…

  • 年内中に転職活動をする人のなかで、次までの仕事にまだ期間がある方は忘れずに「失業手当」を受け取っておきましょう。この手当ては現在の所属する会社がきちんと「雇用保険」を払っているのなら、誰でも失業手当を手にできます。そして手続きは「ハローワーク」で行います。自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、場合よっては会社都合での退職、あるいは残業時間次第ではすぐに受け取れる可能性もあります。ちなみに、支給される「失業手当」の金額については、会社で最後に受け取った月の給料を基準に失業手当の支給する額を計算されるので、勤めている会社に繁忙期や閑散期がある方は理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。
  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって自身の好きなタイミングで退職できるワケではない…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって契約期間を迎えたら自分の好きなタイミングで退職できるものではないと転職活動で気付かされました。私は結婚後、生活が落ちついたら、できればすぐに子供を授かりたかったので、妊娠する時がくるまでのあいだ、数年だけ今の部署で継続で続けられれば良いなと思い就職しました。フルタイムでなく派遣社員としてだったので、正社員より年収は少なめでしたが、時間的な融通を優先するために、あえて選択しました。が、入社したあと、一緒に働く人たちのほとんどが派遣社員として10年、15年と続けていらっしゃったのです。派遣社員であったとしても、すぐに辞められる雰囲気もないと知り、悩みが増えました。
  • 最初に転職をするにあたって、大切なのはなぜ今の仕事を辞めたいかについ…

  • 人生初の転職を試みる際は、忘れてはいけないのは現在の仕事をやめたい理由を明確にしておくことだといえます。その理由が根本問題なので、必ずやっておくべきです。問題を解決できるであろう企業を決めるのです。社会人の転職活動は、新卒時の就職活動とは違い、今の仕事をこなしつつ就職活動しなくてはならないため、時間の調整能力も、気力・体力も必要です。だからこそ理由がはっきりとわからないまま転職活動を始めると、目標の途中で息切れしてしまいます。是が非でも転職したい、現状に変化を加えたいという強い情熱がないのであれば、転職活動にゴーサインを出すことはやめましょう。
  • より安定した人生を願い正規社員として働きたいと考えている・・

  • 安定した生活を希望して正規の社員になろうとしている人は相当数いるのが現実です。ただ、即戦力として働けるように努力しても、中々正社員として採用されることが叶えられないこともあるでしょう。非正社員の求人があっても、正社員の求人募集以外はスルーして時間を浪費している人が少なくないと言います。万が一、中々転職希望先が正社員を必要としていないのなら、非正規雇用者の求人募集も選択肢に加えてみましょう。企業のなかには、働きぶりによって数年で正規雇用への転身ができることもあるからです。ですから面接を受ける際に、正社員として働けるチャンスがどの程度あるのかを聞いておくと将来設計にも役立ちます。
  • 転職時の面接に関してですがクールビズで来てくださ…

  • 再就職の面接に関してですがクールビズでもOKとと連絡が来る場合もあります。ですが、クールビズで伺うのは実際は減点対象になるのでは?と考える人がいます。そういう悩みを抱え込んでしまっている方に伝えたいのは、企業側からクールビズでも大丈夫だと言われている面接に関しては伝達事項をそのまま実行したほうが安心です。色々考えすぎて、明らかに暑い時期にきちっとしたスーツの格好をしていくと不自然に思われます。ですから、企業側からクールビズ可と言われたらクールビズでも大丈夫というわけです。
  • これから転職する場合、派遣社員という勤務形態を考えている…

  • これから転職する場合、「派遣社員」を選択予定の方にぜひ注意して欲しいポイントが数点あります。一般的に派遣という言葉を聞くと、電話対応、データの入力などの雑務、雑用等をといった業務内容をぼんやりとイメージする方がおそらく多々ありますよね。本音を言うと私自身もまさにそう思っていました。現在働いている企業に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したときに「電話対応がメインです」と説明を受けてもいたので安心しきっていました。しかし、実際に業務に掛かると、まさか「電話対応」に加え、欠員した正社員の穴埋め業務を要求されました。毎回、あれこれ要求されますし、はじめの説明とは異なる内容ばかりなので日々とても困惑しています。今はただひたすら「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。
  • 自分自身の趣味に通じることや好きなことを仕事にした・・

  • 自分の趣味に通じることや好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている人は注意が必要です。これは、私が実際に経験したことなるのですが、私自身、食べることが大好きだったのですが、それが高じて飲食店で働いていました。その飲食店での業務は、そのお店で私が任されていた業務は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務です。この業務内容については、嫌とかいったこともなく楽しんで仕事ができていました。けれども、職場の人間関係でとても嫌になりました。そのことが引き金になり、退職したのですが、その影響からか、あんなに大好きだった食べること、そしてそのレストランで提供していた食べ物さえも嫌になってしまい、類似の店にはしばらく経った今も行けません。当時の匂いを思い出すのも苦手です。仕事を始めた頃は、大好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。自分の得意なことや好きな分野の仕事に就きたいと思い、実現させることは素敵ですよね。ですが、「好き」の度合いはどの程度のものか、じっくり冷静に見直す必要があります。
  • 今現在の会社や企業の雇用形態の大きな変化に関して、社会人の中で…

  • このように現代の企業の雇用事情の変化について34歳ぐらいまでの若者たちほど敏感に感じ取っているようです。十中八九転職と自身のキャリアアップを同時に思案しているのでしょう。こういった理由から就業者といった層の「流動化」が年々増えてきているので、より今後、益々より広い世代で転職についての関心が高まる気がします。このようなことから、転職することは当たり前になり、「終身雇用制度」が実在した頃は、「転職」は若干ネガティブなイメージがあり、転職が思い通りにいかないことも多くあったようです。ところが、時代の変化もあり、現在の会社だけに執着する必要があまり無くなっているように感じます。
  • 大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですから・・

  • 多くの場合大手企業は「定期採用」で人材を確保するため、転職希望者には不向きです。そればかりか、田舎のほうでとなるとその可能性が少なくなります。ですが製造業の会社においては、都市部でない地方の工業団地のあたりに製造の拠点としていることも少なくありません。そのような地方の工場の場合、事業拡大の際に「中途採用」を併せて行っているので、この好機を利用するのが無難です。そのためには、地方の工場での転職を考えているなら、希望する会社についての情報をまえもって得ておきましょう。その企業のHPをチェックし、求人の予定がないか、ときどき確認されることをお勧めします。
  • 転職活動をする際の最後の難関として、現在勤めている企業からの退職があげられます。

  • 転職活動をする上での最後の難問として、「今勤務している企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先の企業を決めたとしても、今いる会社が、あなたを離したくないと引き留めに掛かるかもしれません。もしそうなってしまったら、何があっても退職する、という強い意志を貫くことが大切です。仮に引き留められて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと思った会社には、最終的には愛着もなくなってきます。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を記入しておきます。そして、決定権を持つ上司と面と向かって話し合い、退職を考え直すことは絶対にありませんと、遠慮せずに伝えます。円満退社を目指すのも転職活動において重要な要素になってきます。
  • 転職をする場合、とても重要視されるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。

  • 再就職において、重視されるのがまぎれもなく「面接」です。通常の面接では面接官が応募者に対して、転職に至った動機や退職理由などいくつかのことを尋ねられるとは思います。そして必ず、面接官の質問攻めが終わったら転職希望者から面接担当の人に聞いておきたかったことなどを質問できます。面接官から、「なにか弊社で働くことについて、疑問に感じる点はありませんかね?」と尋ねてくれるわけです。と尋ねられた時に面接者本人が緊張して慌ててしまうと思います。そうならないためにも、予め面接担当者からの質問に際し、質問の内容を用意しておいた方が良いかもしれません。すべてを把握していない職場ですし、いくつも疑問点は浮かぶはずです。ぜひ、試してみてください。
  • 転職期間中には、自分の好きなことに没頭するほか、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れる・・

  • 転職期間中は、趣味に時間を費やしたり、体力の向上を意識しておくと良いと思います。仕事が決まり、仕事を始めた際に、趣味に興じていたことによって気付かない間に集中する力が養われています。加えて、体力づくりも同時にできているため、一緒に働く人たちと比較すると疲れにくいということを自ずと認識することができます。そのため、退職したら自分の好きなことに力を入れることと、体力を低下させないようにしておいて損することはありません。このあと、職場のなかで同じ趣味の方と知り合えたのなら、話が盛り上がるので、今まで手を出してなかった事にチャレンジするのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。
  • 現代はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ…

  • 今日、ネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングの専門業者も増えてきました。あなたに特許権取得の経歴があるなら、連絡が来る可能性が高くなります。彼らは、特許申請をした人、研究開発で論文を世に出した経歴のある人や、「テレビや雑誌」で特集された人など、何らかのインパクトを残した人を対象に、電話やメールで近寄ってきて、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。仮にあなたが、ヘッドハンティングと考えられる連絡があったときには、そうなったきっかけを考えてみてください。稀にヘッドハンディングを装って、「登録料」を要求しようとする業作がいますが、そのような業者は明らかにイカサマなので、無視しておくのが無難です。通常、ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払うだけで、転職希望者がお金を支払う必要はありません。
  • もしあなたが転職を考えているなら、転職する前に「資格」を取得しておいたほうが有利になります。

  • もしもあなたが転職するのなら、転職する前に資格を取るのがおすすめです。とくに、仕事をしているあいだに資格を取るのがおすすめです。転職活動時にそれを有効活用できるので、転職先を探すのが簡単になります。こういった理由から、資格取得するなら、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が最適です。あなたが未来を考え、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、仕事を辞めた後も前向きな姿勢で転職に挑むことができます。さらに、資格を取得できれば転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接の場では面接担当者に「即戦力」な人材として認められ、今までより待遇が良くなる可能性が高くなります。
  • とある古物商の求人に応募したところ、書類審査に受かりました。す…

  • ある古物商の人員募集にて、書類審査に合格しました。すぐに担当者から、面接予定日を連絡してもらいました。ですが、当日、時間通りに指定場所に向かうと、相手が面接の用意を全くしていないとわかりました。しばらく待っていると、所長らしい男性が面接中も半ば聞きというか、驚くほどやる気のなさそうな態度を見せて、かろうじて面接を終えました。しかしながら、約束の日を過ぎても、採用結果はまったく告げられず、もう待ちきれなくなり、私のほうから問い合わせると、「郵送で本日送付しました」と返答されました。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未達なので仕方なくまた問い合わせたところなんと、「結果は不採用でした」、とそう言われてすぐ、電話が切られてしまいました。呆れ果てて言葉も見つかりませんでしたが、本心から、採用されなくて良かったと感謝しています。
  • 自分のスキルや資格を活かして再就職をしようと考えているのなら…

  • 今の自分のスキルや資格を活用しながら再就職する場合は、そのスキルがプラスになる転職しやすい職種と難しいものを知っておいてください。再就職が容易な業界としては、人材不足が社会問題にまでなっている「医療・介護」系がおなじみですね。医療・介護は、看護師、介護士資格が必要であるため、誰もが簡単に応募できない事も大きく影響しています。ただし、現在「医療・介護」の仕事をしていて、仕事がきついからと異業種に転職する事を考える場合、簡単に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外の多数の業界は、流動性は少なくなります。そのため、安易に考えない事が必要です。異業種への転職を希望するなら、異業種では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを覚悟しておいたほうがよさそうです。