仕事を変えようとするときに、まず今勤務している会社を辞めた・・

転職活動を行うときに、現在働いている会社を完全に辞めてか・・

  • 転職をするのに、まずまず勤務先の会社の退社手続きをしてからという考えを持っている人もいるようですが、完全に今の仕事を辞めてから転職しようとするときには会社がいつボーナスを出すかを事前に調べておくのが無難です。社員にボーナスを支給する企業はいくらでもありますが、ボーナスがあるのであれば、ボーナスが手に入る日まで長くないのであれば、ボーナスをもらった後で辞めるというのもおすすめしたい手口です。ボーナスはそれなりに大きな額なので、もらわないと損ということも言えますから、会社を辞めようと思ったらボーナスの支給時期について一度確かめておくとスマートなやり方です。
  • もし再就職の前に、今働いている会社の同僚たちがあなたの退職を知…

  • 転職前、今勤めている会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまうと職場の状況が一変するかもしれません。働く環境によってやっかみや意地悪される可能性もあります。酷い場合には、意図的に残業を押し付けられたりすることもあるので、むやみに転職のことを口にするのはお勧めしません。上記トラブルを避けるために、現在の職場では、いたって真面目に振る舞いましょう。そうしておけば、良い空気のまま最高の形で仕事を辞められます。さらには、円満退職に至れば、転職後に、困ったときにアドバイスをもらえるチャンスにも恵まれるでしょう。業界に関係なく、どこの企業も、人との縁はとても大事なので、仕事を辞める際のトラブルは、充分に注意しておきましょう。
  • ここ最近は、株式・不動産投資などといった不労所得で生活費を稼いだ…

  • 近頃、株式・不動産投資などといった不労所得で儲けたり、個人経営 といった生き方も増えています。あながち「起業することは不安定だしキケン」といった考えも変わりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長の頃には、安定しない自営業者よりも組織の一員として働くほうが賢明でした。人生の正しい道として、またそれが当たり前であるかのように、一般の人々に認識されていました。しかし、そんな社会全体が安定成長する時代は終わり、今は、「成熟期」という名がいうらしいです。コンピューターの進化とともに、近い将来では、自動化・機械化がさらに進み機会が仕事をこなしていく時代が到来すると言われています。
  • 転職とは、企業とのやりとりよりも採用担当の面接官…

  • 転職とは、企業とのやりとりよりもどちらかというと「担当面接官」とのやり取りが肝心といえます。面接で成果を出すためにも、先ずは普段通りを意識して焦らずに対応することを心がけましょう。たとえば女性とお見合いをするような意識で向かうと問題はありません。更に大事なことは面接を通じて最も初めにあなたの中身を観てもらうわけですから、悪い印象を与える態度は注意し避けましょう。また常識的な社会人らしい面接に適した整った服装で望みましょう。面接官に企業に採用したい人材と認識されれば、かならず良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。
  • 仮に転職活動をはじめたとしても全部が順調に運ぶというわけではありません。

  • 仮に再就職を考えたとしても、全部がうまくいくという確証はどこにもありません。それはどっちにしろ転職をしなくてはならないならなるべく早い時期に変えてしまった方が良いです。平均的に見ると、20代のうちはかなり有利ですが、30代後半~40代を迎えてからの転職活動は、かなり厳しいといえます。もしも、管理職などの重要なポジションに就いているのなら、転職の意思が強くなっていても今の会社に残ることも選択肢に含めておくべきです。要するに、退社してから転職活動を行うよりも、今の会社での業務をこなしつつ、堅実な未来を模索しておいた方が良い、ということです。
  • ほんの3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというのに…

  • ほんの3ヶ月まえに、転職したばかりなのに、わずかしかたっていないのに退職を選択してしまう人がなんとなく少なくないのです。気持ちも新たに、自分自身に合った環境を手に入れたものの、「考えていた職場とギャップがあって幻滅した」「納得行かない慣習があってウンザリしている」という原因で退職してしまうことが珍しくないといいます。このような、転職先選びでの失敗を後悔しないためには、やはり、事前の情報集めを徹底するほかありません。徹底して行うべきなのです。職場内の環境、通勤に掛かる時間、昇給システム、など多角的に前もって調べておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。
  • 仮にあなたが再就職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」におい・・

  • 転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Iターン」において都市部から地方に移って再就職したいと検討している人、実践している人が増えています。今では転職サイトを使えば、国内のどの地域の求人も容易に知ることができますが、郊外や地方での求人については、都市部ような選択肢がないので、それがマイナスといえます。ですから、転職サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。求人サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」などのサイトもしっかりチェックしておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」など、行政が開催する就業サポートの有無も見逃さないようにしましょう。
  • 新たな職場にてこれまでの資格やキャリアをフル活用できれば、…

  • 新しい勤め先で、今までの能力を存分に発揮できれば、即戦力として周囲から評価されて、割と早く職場にも馴染めるはずです。同時に会社側としても、そういった人材は常に欲しがるものですから、時期さえうまくいけば、うまく事が運びやすいといえます。更にこれまでの仕事と同じ内容であれば確率はおおいにあります。そういっても、即戦力な人材であったとしても、大手の事務職、公務員系はいつの世になっても、中々の競争率であることは間違いないといえます。
  • 『転職をしたい!』と思っている人のなかで、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、…

  • 『なるべく早く転職をしたい!』と思っていて、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞職したいという旨をすぐに上司にそのことを伝えるべきです。ただし、このときに相談という形を取ると、もしかすると言いくるめられるおそれがあるので要注意です。また、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、手を変え人を変え、なんと半年以上にわたり辞められませんでした。はじめて直属の上司に話した時は年度末、いろいろあって数ヶ月働くことになり、退職が認められたのは同年の11月です。本当ならは年度末いっぱいで辞めたかったのに、色々と理由をつけられ、予定が狂ってしまいました。やはり企業にも人事の采配が必要なのは分かりますが、社員のを要望を聞かないまま、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでさすがに心の底から愛想が尽きました。
  • 将来的に転職活動をされるなら、気になる求人(業種)を見るたびに…

  • 今後転職活動をされるなら、気になる求人(職種)を見るたびに忘れず「〇〇業、ブラック、デメリット」とインターネットで検索しておきましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントからはまずその業界のデメリットなどは、アドバイスはないものと思っていてください。インターネットで調べれば簡易的なインターネット検索によってカンタンにおおまかな実態を理解できます。そうした手間を惜しんで入社すると、直後に後悔してしまうおそれがあります。だいたい求人が出されていた理由が「業務内容が厳しく、入っても続かない」といったケースも多いので、目に留まった案件について、注意してください。
  • 社会的な転職事情ですが、安倍総理が舵取りを行う現内閣では、…

  • 転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。内閣総理大臣である安倍総理が主導する現政権によって、アベノミクスや「三本の矢」といった新たな経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策が金融政策との相乗効果によって、財界・企業といった民間側からも今までとは異なった変化が具現化されてきています。そういった変化を受け、民間企業のあいだでも労働人口減による人手不足が社会的な問題として取り上げられています。将来的に「外国人の労働者」の総数を高めていくと安倍政権は方針として掲げています。雇用や転職問題もかなり幅が広がりそうです。こういった変化のなかで国内の雇用や転職をとりまく状況も大きな影響が出てくるのは確実です。
  • 以前は看護婦と呼んでいた看護師という仕事は、歴史的背景・・

  • 以前は看護婦という名前だった看護師は、歴史的背景から女性の割合がたいへん高い職です。さらに、気力だけでなく体力を大きく消耗が激しい傾向にあります。なので、対人関係が上手くいかなかったり、自分の結婚や出産の後にそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活との両立がかなり取りづらい仕事でもあります。実際、上記のような点に行き詰まり、転職希望者が多い現実があります。過酷な労働環環境であるために、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足に悩まされています。常にどの医療機関も看護師を欲する「売り手市場」であり、さらに転職に拍車を掛ける原因の一つなのかもしれません。
  • 女性が再就職するに当たり、ここ最近と数年前では多少の違いがあったりします。

  • 女性が転職する際、今現在と数年前では少し違いがあるようです。一昔前は面接の場で会社側から、結婚観や結婚後の仕事などのことに関して、ごく一般的なこととして女性たちへ質問していました。ですが、今現在はその手の内容は、セクハラと会社側が捉え、聞くのを避ける企業が増えています。そしてまた、とりわけ大きな会社ほど、かなり神経質になっています。が実際、面接する側としては、はい・いいえ、だけでなく、その女性の生き方、結婚後は退職するのか、出産後は時短で働きたいなどを当然、把握しておきたいとは思っているものです。自分自身の考えを理解しておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望の動機の中に織り交ぜながら言い表すことで、企業側にも考えが伝わり、また、モヤモヤも解消できると考えます。というワケで、聞かれていないことでも、こちら側から配慮し、話していくことを考えてみてください。
  • 転職をスムーズに行いたい場合、相応の準備はしなければなりません。

  • 転職する場合、然るべき準備は必須です。一言で準備といってもたくさんありますが、とくに、目に見える「ファッション」は重要なことだと感じてしまいます。けれども、最近の企業面接に関しては私服を許可している企業もあるので、ビジネススーツを着て行く必要がない場合もあります。会社の創設したての新規の会社などは、厳しい規則も作られてないことが多く、スーツでいかないほうが相手に良い印象を与えられます。また、正装ではないので、フランクに会話がしやすい、というメリットもあります。さらに、私服を見せることで面接の際に、洋服で、相手との話が広がる可能性もありますから、もしかしたら面接担当者に気に入らえるチャンスを作れます。ということで、これから転職は会社の「設立した年」で選択し、(ベンチャー系の)面接の際は私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。
  • 私は20代の時点で転職を2回し、そして現在、資格を取るべく…

  • これまで20代前半までに転職を数回で、いまは資格取得の勉強をしながら、派遣社員として企業で働いています。フルタイムでの勤務ではないため、どうしても給料が少なくなってしまいました。しかし、前よりも心と時間に余裕ができました。たまに、学生のときにいくつか資格を取得し、就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。きちんと資格を活かしている人を見ると私もこうなりたかったと見えたりもします。以前は、成功している人と自分との違いに落ち込むこともありました。今は結婚を契機に私の生活そのものが大きく変化し将来の目標も決まり、しあわせな生活を送れるようになりました。
  • 転職サイトは、一度登録したら、電話・メールで何回も連絡が入ります。

  • 転職サイトに一度登録すると、電話やメールで嫌になるぐらい連絡が入ってきます。初めて利用した人は結構びっくりする場合が多いです。「転職エージェント」は、転職を成功に導くことが役割だといえるので、本当に積極的な姿勢を見せます。中でも特に大手エージェントは、転職を成功させると企業から報酬がもらえるシステムであるといえるので、転職希望者の都合を考えるよりも企業の都合を優先させることが珍しくありません。彼らは、成約数を増加させたいがために、内定が出たすぐ後に、「入社されてはどうでしょうか?」と説得してくることも多いです。防御策として自身の気持ちをハッキリしておき、妥協した形の転職とならないように気をつけることが大事です。
  • この前新しい仕事先を見つけようと人材バンクに登録に出向きました。

  • 先日新しい仕事先を見つけようと人材紹介会社に登録に行きました。登録カウンセリングを行うために出てきた担当の方が見た感じ入社してから間もない新入社員のようで、私の話の3割もその社員は理解していないように見えました。しかも「キャリアデザインを考え直さなければいけません」とか「自分の強みは何なのか考えることが必要でしょう」とか、一丁前に偉そうに言い散らかすのでとても嫌な気持ちになりました。カウンセリング担当者はいくらか社会人の経験がある方にしてほしいと感じます。