派遣会社に登録をしています。サイト内で何の気なしに興味を引かれる仕事・・

今、私は派遣会社に登録をしています。

このところ私は派遣の会社に登録をしています。ウェブサイトを見ていて何の気なしに気になる仕事を発見して尋ねてみると「そのお仕事はすでに別の人の採用が内定しています」と答えられ瞬間的にウェブサイトから仕事の情報が見えなくなるのですが、なぜか次の日になると元通りに掲載されています。これって結局私ではダメだってことですよね。そういうことならば初めから変に隠さない程度ではっきりと伝えてくれるといいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。そうでなければひょっとして存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?

転職のための活動を行っていて面接のときに高い確率で聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動で面接において「志望動機」「転職理由」の2点は例外なく質問されます。これらのうち志望動機に限っては、思っていることをそのまま話してもかまいませんが、これとは違い転職理由について隠さずに伝えるのは賢明ではありません。たとえば給与の不満、上司とそりが合わないことなど、面接官に好印象を持ってもらえるものではありません。たぶん、自分にとってマイナスになると予想されることを何も考えずに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点に注目しやすいので、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。そしてさらに、この会社に入ってこんなことを実現したい、5年後、10年後はこんなことがしたい、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、志望動機に話をすり替えるのが正解です。

これはシフトの仕事に関する話なのですが、決まった曜日…

「シフト制」の勤務形態がある仕事についての話です。毎週、一定の曜日に入れる人を募集している求人を頻繁に見るのですが、休み方やシフトの出し方を面接の際に聞いておいたほうが良いでしょう。それはなぜかというと、前に私は産休で休む人の代わりに正社員の仕事をはじめたのですが、そこでは、「土日」固定のシフトで、新入社員の私以外だれも出てくれませんでした。前にいた女性が土曜、日曜は必ず出勤していたので、私自身もそう思われていたみたいです。ですから「土日」に休まざるを得なくなると、シフトを変わってもらうときは、同じ部署の先輩方に「日曜日に休みたいのです」と自ら依頼しなくてはいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?振り返ると本当によく我慢したな、と自分でも驚きです。

再就職のときに行われる面接というのは、中小企業であれば、…

再就職時の面接では、小企業だったら概ねその社内の「人事」担当が面接官ですが、それ以外の場合もあります。たとえば、これから一緒に仕事をする現場の担当者、一言でいえば役職クラスである部長や課長が面接場にいあわせることも決して少なくありません。また営業系や事務系といった部署に転職するのなら、資格による人を判断するのがむずかしいので、結局のところ自分という人物を売り込んでいくことが求められます。面接担当者たちから「この男はしっかり自己アピールするし、なかなかの戦力になりそう」と思わせ、覚えていてもらうことが大切です。

転職サイトは有名なサイトの方が掲載される企業も多いため…

転職サイトは大手のサイトであるほど掲載され案件の量も多くなるので、興味のある2つか3つの会社を、ウェブサイト登録しておき、勤務地・年収などにチェックマークを入れて、あとは自動で案件についての連絡が入るようにしておくと楽に情報を集めることが可能です。でも、最初だけは登録に苦労するのでサイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をきちんと作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。登録をする初回時は時間が少し掛かりますし、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、次回以降は、新着情報だけチェックすれば良いので、後々のためにも、初回の準備を抜かりなく行うことを推奨します。

転社を繰り返す日々を止めるための方法が一つだけあります。

転職を繰り返す日々を止めるためにすることはただ一つです。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、転職を繰り返さなくなります。インターネットでなんでも見られる今では精神面を強くする自己啓発系の情報はいつでも知ることができます。さらには、転職と異なる行動をする事もメンタル面は強化できます。たとえば「外国に行くこと」です。海外に旅行に行くと文化も言語も、日本とは大きく違うため、刺激をたくさん受けることができます。ですから、精神的成長を果たしたい人にはピッタリの修行といえます。日本に帰ってくると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、「世間の小ささ」というものをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま面接を行えば、これまでとは格段に違い自信満々に自己アピールができるはず。どうしても、退職して間もない頃は精神的にまいっている人も多いのでほどよく休むようにしましょう。

転職サイトあるいは転職エージェントを通じて、転職活動をする人はますます増えています。

転職サイトや転職エージェントなどを活用し、転職活動する人は少なくありません。としても、並行して転職フェアに参加することをおすすめします。多くの企業が一堂に会することから、一度足を運べばいろんな企業について知ることができますし、それに加え、その場で説明してくれるスタッフから、その企業の社風を感じる事が出来る事も少なくありません。今後、転職フェアに参加しようと思うなら、1次面接に臨むつもりで自分をアピールする準備をしておきましょう。もしもフェアに参加している間に、企業から興味を持ってもらえたら、後に応募して面接等に進む時にアドバンテージになるはずです。

将来的に、シンプルな作業は機械化によって明らかに必…

今後、労働力という観点においてより一層思考を必要としない労働は機械化が進行し、そして、そういう仕事をする人手はどうしても減少していきます。なぜなら、短絡的な仕事は人間より機械で作業するほうが数段に分があるからです。例えば、数をカウントしたり、同一の作業を延々と反復したりすることは機械にとってはへっちゃらです。もちろん人間とは違って言い訳もしないし、疲れ知らず、適当にすることもないし、正確だし均一化できる強みもあります。おまけに給与を渡す必要もありません。ですので、労働力として人を使う理由が無いため、機械化されるのは必然ともいえますね。

もし、現職からの転身を決断したなら、あくまで会社には…

例えば、転業を決めたのなら、完全に周りの人間にはこっそりとその気持ちを言わないように、首尾よく転職活動を進めていき、転身先が決まっていない間は、可能な限り周囲に知られないように平常通りに振舞うのがいいです。転職先が決まっていない間、その点を自覚しておくと、万が一希望に沿う転職先を見付けることができなくても、転身の予定を遅らせながら、現職をそのまま続けても何ら問題がありません。そうではなくて、「転職するつもりでいる」としゃべってしまうと、社内の人は、その言葉に合わせた態度を態度をし出します。しかも周囲に「辞めるつもりです」と一言でもいえば、周囲からは「あの人は退職する予定の人」と確定します。その後で転職したい思いが薄れ、「やっぱり退職しないことにしました」と釈明しても、会社内の人間は、「一度は辞めようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、身の置き所がない思いををするしてしまうことになるかもしれません。

転職によって職場を一新するということは、自身に見合っ…

転職によって仕事先を新しく替えるということは、自身に見合った新たな就職先に就職したいものです。仕事を変えれば、適職にありつくことができるかもしれません。ただ、実際に行動するともなると、相応の努力を持っていないと、転職自体がままなりません。言い換えると、あなたの人材的な価値が上がるほど、天職に就くことができるチャンスがある、ということです。近年は、職業選択の自由が普通に常識として受け入れられているので、勤め先を変えてもトラブルも生じないでしょう。終身雇用制度がなくなりつつある現在は「役に立つ人材が欲しい」と希望する企業も多くなっているので、今の良い時期に転職を考えてみるのもアリだと思います。

これは兄の知人の話です。始めに新卒の際に絶対に入社したかっ…

知り合いからの話です。学生時の就職活動でなにがなんでも入社したかった憧れの対象であるA社の入社試験で、最後の役員面接までいきながら内定を得ることができず、それから先仕方なく違う会社に就職しました。それから3年経過した頃に派遣の求人のサイトの中でA社の紹介予定派遣の仕事を見つけて、じっとしていられなくなり当時働いていた会社をすぐに退職し、A社での派遣勤務を開始、懸命に頑張ってその後計画通りにA社で正社員として働くことができ、現在ではやりがいを持ちつつ楽しく勤めています。

そのうちでも転職することを希望しているのなら、今の業務や・・

明日からでも転職を予定しているのなら、現状の仕事や業務で感じている不満点をリストアップしてみましょう。これは当然できていると思われますが、意外とできてないです。元々不平があるからこそ、転職しようと思っているはずです。しかし「現在の業務の客観的に考えた不満点を列挙する」ことをほとんどの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでのミスを防げます。そして、転職を叶えたとしたら、「今よりも不便になること」を明確にイメージしてみましょう。すべての問題が解決するとは限りません。こうした整理をする事で、転職の失敗は防ぐことが可能なはずです。

近頃はスマートフォンを使えばネットの世界では、今・・

この頃はPCで調べればネットのエリアには、いわゆる「転職のためのサイト」と呼ばれるものが数限りなく点在しています。その相当な数のサイトから自分の目的にあった転職先を見いだすにはとりあえず情報が大事ですから収集をしましょう。このようなサイトをきっちり使うことで、効率的に転職が叶えられるはずです。更新頻度が高く、さらには客観性と正確性を持ち合わせた有益な「転職サイト」がある一方、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。まずは、信用に値するサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますから類似サイトと比較しながら確かめてみましょう。

派遣として働く会社が決まりました。

派遣先の会社が決定しました。就業の初日に営業担当者と就業場所付近のコンビニエンスストアで落ち合うことになっていたところ、担当者がどうしたことかコンビニの前にいないので店内にいるのかもしれないと思って店の中に入ってみたところ、あろうことか雑誌コーナーのところで座り女性の裸が載ったグラビアページを開いて見ているところを発見しました。こんな担当者のお仕事なんて勘弁してと考えて、そこで声をかけずにこっそりとコンビニから出て即座に派遣会社に辞退すると連絡をしました。

転職時の面接は、正直に答えれば良いというものではありません。

転職時の面接の際に面接担当者から「転職の理由は何ですか?」という風に、ほぼ質問されます。こういった場合、どんなに正論だと思っても、「人間関係」「労働環境」に関しての不満ともとれる返事などは、出来るだけ口にしないようにしましょう。なぜなら、こういった話をしてしまうと、あなたにマイナスのイメージが付き、チャンスを無駄にしてしまうことになります。そのため面接時は、「ポジティブ」な内容に徹底することがかなり重要です。実際の理由とは違っていても、「新しい職場では自身のキャリアをしっかり生かし、会社にも充分に貢献していこうと思います。」のように仕事に対して前向きな受け答えが必要とされます。

失業保険の給付を受けたことがない人は、何もしなくても給付されると考えている・・

生涯初の失業保険をもらう場合、じっとしていれば給付されると考えている人が大部分ですが、それは間違いです。実のところ、きちんと受け取り続けるためには、仕事探しを行っている必要があり、毎月一回はハローワークに通う必要がある。毎月職員に求職活動の状況をきちんと説明して真面目に仕事を探していることを信じてもらえれば翌月、保険が給付されるという仕組みになっています。対称的に、真剣に就職活動に取り組んでいないとみなされたり、毎月のスタッフとの面談に参加しない場合は、決まりとして給付を一時的に止められたり、ときにはその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそれを防ぐために充分に気をつけてください。

転職の時の面接などの際にもし名刺を手渡されとしたら、…

転職での面接などの時にもし担当者に名刺を手渡されたら、こちらも名刺を相手に渡した方が良いのか?と対応の仕方に悩んだときは、ほとんどは差し出さなくても良いと理解しておくと良いですね。転職のための面接とは仕事の一部ではなく、職を得るための就職活動内のことになるので、ほとんどの場合は名刺を交換する時間ではないのです。かつ、あなたは会社の人として出向いているのではなく、あなたのことでそこにいるわけです。要するに、もしも相手の方から名刺を渡された時でも、あなたはもらうだけで大丈夫で、面接担当者に相手にあげることはまったくないと推測できるのです。