派遣社員というものは、1年経ったら好きな時にすぐ辞められるというわけではないこと・・

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年ごと・・

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、自分の好きなタイミングで退職できるものではないと実際に転職を通じて感じました。私は新婚した後、生活が落ちついたあとできればすぐさま子供を持ちたかったので、子供ができる日が来るまでのあいだ、1年半~2年だけ今のそのまま仕事をしたいと思い、就職しました。派遣社員だったので、正社員よりも収入は少なかったのですが、仕方なく家庭の時間が得られるのでガマンしました。が、入社したあとで、一緒に働く人たちは多数のスタッフが派遣社員として10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。派遣であっても契約が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、ちょっと困っています。
  • 生まれてはじめて転職を行う場合、頭に入れておかなければいけない・・

  • 人生で初めて転職を行うにあたって、頭に入れておくべきなのはなぜ現在の仕事を去らなければいけないのかを頭の中で整理しておくことだといえます。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておく必要があります。その後問題を改善してくれそうな会社を決めていくのです。社会人の転職活動は、学生時の就職活動とは違って、今の仕事を行いながら就職活動を行っていくことから、時間と体力が必要でしょう。したがって明確な理由がないままに転職しようとした場合、途中でうまくいかなくなるおそれがあります。絶対に転職したい、現状に変化を加えたいという強い情熱がない場合は,転職活動をスタートするのはやめておくのが得策です。
  • 安定性を送りたいと正規の雇用社員として働くことを意識している人が…

  • より安定した生活基盤を送りたいと正規の雇用社員として働くことを意識している人が結構多いと思います。が、頑張っていても、中々正社員としての転職が叶えられないこともあります。派遣社員の求人があるのに正社員の求人情報以外を見ないで落ち着かない日々を過ごしている人は少なくないようです。なかなか、正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、派遣社員の求人募集にも目を通してみましょう。契約社員や派遣社員募集の企業の中には働き手の能力によって数年で非正規雇用から正規雇用にステップアップを狙える可能性もあるからです。ですので採用面接の際に、「正社員登用」の機会があるかどうかを尋ねておくと後々の役に立ちます。
  • 再就職の時にする面接では会社側からクールビズで良いと…

  • 再就職の時に行われる面接時に企業側からクールビズでお越しくださいと書かれていることもありますが、なかには、クールビズで伺うのは失礼に当たるのでは?とマイナスに考える人もいます。そのような思いを懐に抱え込んでしまっている方々に進言したいのは、クールビズOKだと言われた面接については書かれていることを素直に聞き入れたほうが確かです。迷ってしまい、汗をかく季節にクールビズでないのは相手側に暑苦しいと思われますから、企業側からクールビズ可と記載されていたらクールビズの格好をおすすめします。
  • 転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人…

  • 転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人に注意して欲しい点があります。まずはじめに派遣社員と聞くとデータの入力、電話対応などの雑務、雑用等をといった業務内容を考えた方がいるはずです。本音を言うと私も現在の職場に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したとき、「電話対応がメインです」と面接で派遣会社からも説明も受けてました。ところが、いざ働き始めると、まさか「電話対応」にプラスして、辞めた正社員の穴埋め役を頼まれました。とくに何をしていいのかもよくわからず、面接のときの説明と大きな食い違いがあるので日々非常に参っています。今はただ派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。
  • 得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている方は注意した方が良いです。

  • 趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいと考えている人は注意です。私が実際に体験したことなるのですが、私自身、もともと食べることが本当に好きで過去には、飲食の世界に勤めていたことがあります。その飲食店での業務は、そのレストランで担当していた業務内容は、シンプルな盛り付けやホール業務です。この業務内容については、不満もありませんでしたし楽しんで仕事ができていました。けれども、人間関係で嫌になってしまったのです。そのことが引き金となって職場を離れることにしたのですが、その影響で、大好きだった食べることやその飲食店で提供していた食べ物さえも嫌いになってしまい、その系列の飲食店には現在も行く勇気がありません。当時の店の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。この仕事を始めた頃は、大好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。得意なことや大好きなことを仕事にしたいと思うのは素敵なことです。しかし、あなたの「好き」のレベルはどの程度のものなのか、もう一度自分自身と向き合う必要があります。
  • 今の時代の企業の労働環境の慌ただしい変移をを、若者…

  • 今現在の雇用事情の慌ただしい変化について34歳ぐらいまでの若年層は鋭く感じ取って、多分、将来のキャリアアップのために、色々と考えているのでしょう。サラリーマンや労働者といった人たちの「流動化」が著しくなっているため、輪をかけて後々世代に関わらず転職についての関心が強くなるでしょう。そういったことから、転職することは当然のことと認識されていくでしょう。「終身雇用制度」が機能していた頃には「会社を辞めて転職」にはそのことだけで良くないイメージがつき実際に転職するのが難しい時代でもあったのです。しかしながら、社会が変化し現在の会社だけに執着する意味も必要性も無くなってきていると言われています。
  • たいていの場合は一流企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなの・・

  • 一般的に見て一流企業は「定期採用」がメインです。ですから、転職で入りたい人にはかなり厳しい条件といえます。それに、地方でとなると転職の見込みは容易ではないでしょう。しかし製造業の会社に関して言うと、地方の工業団地等に工場を置いている少なくありません。また、そのような地方の工場なら、事業分野の拡大などの節目に「途中採用」を積極的に行うので、このチャンスを利用するのが無難です。地方の工場に転職したいと考えているなら、希望する会社についての情報をあらかじめチェックしておきましょう。その企業のホームページをチェックし、求人の予定がないか、ちょこちょこチェックされることをお勧めします。
  • 転職活動において最後にクリアしなければいけない問題として・・

  • 転職活動をする際の最後の難問として、現在勤務している会社の退職があげられます。転職先の会社が決定したとしても、現在勤務している企業が退職を慰留することも珍しくありません。そのようなケースでは、困難に負けずに退職する、という強固な気持ちでいることを大事です。会社に残るように説得されて、残ったとしても一度辞めたい、と思った会社は長続きしないでしょう。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を書いておきましょう。そうして、決定権を持つ上司と相談し、退職を考え直すことは絶対にありませんと、正直に伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動には必要です。
  • 再就職において、重視されるのが「面接」なのは間違いありません。

  • 転職をするときにかなり要となるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。多くの場合面接の際は面接官が応募者に対し、転職を決めた理由や退職理由などいろんな質問が飛んできますが、そしてほぼ100%、面接が終盤を迎えるあたりで面接係員が転職者である面接者にたいして疑問点などを質問できるわけです。担当者から、「なにか弊社についての聞いておきたいことはありませんか?」と言ってくれるわけです。そういった質問をされたとき、面接者本人が対応できず、慌ててしまうこともあるかもしれません。そんなときのために、面接を受ける前に面接担当者からの質問に対し、聞きたいことを整理しておくのもいいかもしれません。実際に仕事を始める前の段階であっても、しっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。
  • 転職期間中は、「趣味」に没頭することに加え、体力づくりを意識してお・・

  • 転職期間では、自分の好きなことに打ち込むことに加え、体力を損なわない生活が良いです。再就職先が決まり、仕事を始めた際に、趣味に没頭していたことで、無意識のうちに集中する力が養われています。そしてまた、体力づくりも同時にできているため、他の社員さん以上にスタミナがあるということを自ずと認識することができます。ということで、退職したら好きなことに打ち込むことと、体力を低下させないようにしておくのがベストです。将来、その会社であなたと同じ趣味の方と出会えれば、友達になれるキッカケにもなるので、これまでしてこなかったことに挑戦してみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。
  • 最近、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじ…

  • 近年、ネット上では、「就職斡旋エージェント」や、「ヘッドハンティング」を専門に取り仕切る会社も増えています。特許権を取得した経験のある人は、彼ら(ヘッドハンティング会社)から電話が掛かってきやすいという話をご存知ですか?彼らは、特許出願を行った人だけでなく、研究開発で論文を書いた経験がある人や、TVで紹介されている人など、何かしらの「功績」を残した人をターゲットに、電話やメールを用いてコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。もしもあなたが、ヘッドハンティングの匂いがする連絡をもらったのなら、そういったことが無かったか思い出してみましょう。そんなにはないことですが、ヘッドハンディングだと思わせて、登録料を要求してくる会社もありますが、高い確率でサギであるので注意しておきましょう。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者が負担するものではありません。
  • もしも転職をするなら先に資格を取るとステップアップします。

  • もしもあなたが転職をするなら資格を取得することで有利に事が運びます。とくに、職場に籍をおいているあいだに、資格取得をしておくのがお勧めです。転職活動でそれを生かせることができるので、次の仕事も見つけやすくなります。といったわけで、資格取得は、在職中であり、かつ転職活動前の段階が一番良いタイミングです。もしあなたが再就職を考えているなら、このあと役立つ資格を持っておくと、今の職場を離れたあとも後悔することなく前に進めるはずです。さらに、資格取得によって転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先での面接時に即戦力として扱われ今までより待遇アップも期待できます。
  • ある古物商の社員募集にて、書類選考をクリアしたため、…

  • ある古物商の会社で書類選考をクリアして相手方から面接の日時を指定してもらいました。けれど、当日、時間通りに行ってみると、行き違いがあったのか相手が面接準備を全くしていないことがわかりました。しばらく待たされたのち、所長らしき人物が面接担当をしてくれましたが、始終驚くほどやる気のなさそうな態度を見せて、かろうじて面接が終了しました。だが、予定日を過ぎているのに、まったく採用結果すらなく、もう待ちきれなくなり、私から問い合わせてみたところ、「郵送で本日送付してあります」と返答されました。心待ちにしていたのですが、結局、届きませんでした。そこで改めて電話をしたところ、なんと、「残念ですが不採用になりました」、とそう言われてすぐ、電話を切られてしまったのです。あまりのことに呆れすぎて言葉も出ませんでしたが、正直、採用されなくて良かったと痛感しています。
  • 自身のスキルや資格を活かして転職活動する場合、再就職がしやすい業界と…

  • 今あるスキルを有効活用しながら、就職活動をしていく場合、転職がしやすい業界と、比較的そのスキルが不必要な、転職が難しい業種がある事を理解しておきましょう。転職がカンタンといわれる業種は、慢性的に人材不足がいわれている医療や介護系の業種がとても有名ですね。医療・介護の分野では看護師や介護士資格が必要であるため、ハードルの高いジャンルといえます。現在、看護師や介護士として勤務している人が、とある事情によって異業種へ転職したいと思っているのなら、要注意です。「医療」「介護」以外の多数の業界は、働き手の流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。容易に考えないことが重要です。異業種への転職される場合は、他の業種では「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので気をつけましょう。
  • 再就職先を探している間は、ついつい時間が有り余っているため・・

  • 転職の間は、無意識のうちに時間があるため、緊張感のない、ダラダラとした生活になりやすいですよね。が、そんな風な過ごし方は危険です。なぜなら、緊張感のない、ダラけた生活が普通になると、「心」にも問題が出てくるからです。ですから、いつの間にか働く意欲がなくなり、お金が回らなくなって苦しくなり困ってしまいます。そんな状況になってしまうと、悪いサイクルがさらにつづき、転職をしたい会社を見付けることが難しくなってしまいます。転職先が決められなくなるのは、お金を一番に考えるようになるからです。給料を一番に考えざるを得なくなるとやりがいを求めて転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。そんなわけで、お金に縛られない生活を続けるためにも、だらけきった生活は、しないように常に意識を持ちましょう。
  • 長年接客業で勤め続けてきたのですが、年齢を重ねるにつ・・

  • 長いこと接客業で務めていたのですが、歳をとるにつれ立った仕事は体力的につらく、座って仕事ができるオフィスワークへの転職を目指して活動しました。事務が未経験だと少々難しく、そこで接客業の経験も活かすことができる受付兼医療事務になりたいと思い資格も合格して個人病院に転職することができました。周囲はベテランのパートさんだらけで人間関係に関しても難しい。夜間のシフトばっかりさせられて、接客業をしていた頃より帰宅も遅いわけですが、まずはキャリアを形成する時期だと腹をくくり頑張ります。