現在では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得を得たり・・

近年では、株式・不動産投資の不労所得、もしくは自営業や起業で頑張っている人も増えています。

近年では、株・不動産投資の不労所得、あるいは自営業や起業で頑張っている人も増えています。そういった変化に伴い、「自営業は不安定だし危険」といった見解も過去のものとなりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長の頃には、先の見えない個人事業という生き方よりも雇用されて働いているほうが安定していて、人生の正しい進路として、またそれが決まり切ったことであるかのように世の中に認知されてはいました。そのような社会全体が等しく成長する時代は過ぎ去り、今は、「成熟期」とも言い表されています。近い将来では、コンピューターの進化とともに、機械化・自動化がより進み、仕事で人が要らなくなる時代になっていく、とも言われます。

転職活動を成功させたい場合、企業そのものよりも、採用担当の面接官との…

転職活動のコツは希望する企業そのもの、というよりも人事や採用担当の面接係員との勝負が大半といえます。面接係員に良い印象を与えるために、まずは普段通りを意識して焦らずに対応することを心がけましょう。お見合いをする、といった気持ちでいる向かうと問題はありません。また面接では先ずあなたの中身をチェックされてしまうので悪い評価になるような言動は気をつけてぜったいに控えましょう。また社会人らしく綺麗に整った服装を意識してください。オーラを感じさせることができればいいです。企業にとって採用したい人材と思ってもらえれば、自然と良い結果も出やすくなるでしょう。

再就職を目指そうとしても、全部がうまく進行する確証はどこにもありません。

仮に転職活動をしたとしても、全てが順調にいくワケではありません。それはいつか、しようと考えているなら速やかに変えてしまった方が良いです。ほとんどの場合、20代の若いうちは有利に働きますが、残念なことに、30代後半~40代に入ってからの転職活動は、かなり厳しいといえます。もしもあなたが、重要な役職をすでに担当しているのなら、転職の意思が強くなっていても会社に残ることも選択肢から外さないほうが良いです。ようするに、会社を辞めてから転職活動を開始するよりも、現在の会社に残りつつ、転職活動されるのが良いでしょう。

2,3ヶ月まえに、転職したばかりなのに、慣れもしないあいだ…

このあいだ転職したばかりであるにもかかわらず、入ってすぐに辞めてしまうケースが結構多いといいます。何故そうなるのかと考えてみると私の考えではリフレッシュな気持ちで自分自身に合った仕事に飛び込んだものの、「自分自身の考えていたものとかなり違っていた」「おかしな慣習があってウンザリしている」ということがワケで退職を決意するのだとか。可能ならこういった、転職先選びで未然に防ぐためには、まずは前もっての情報集めは徹底する、に尽きます。徹底して行うべきなのです。通勤時間、給与体系、など多角的に前もってチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

あなたが転職をするとき、「Uターン」「Iターン」にお…

もしもあなたが転職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都会から郊外・地方に移住したうえで転職したい、と希望する人、実践する人が増えています。昔と違って求人情報サイトを見れば、地方の求人もカンタンにアクセスできるようになりました。ただ、地方での求人については、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある企業が少ないのがデメリットといえます。といった性質上の問題があるので、求人サイトを活用するのは当然ですが、求人情報サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」のサイトなども見逃さずに確認し、「地方自治体・商工会議所」といった機関が主催する就業サポートの情報もチェックすると良いでしょう。

再就職した会社で自身のこれまでのスキル・キャリア活かせられれば・・

新しく就いた勤め先で自身のこれまでのスキルを活かせられれば、即戦力として扱われ、すぐに仕事場にも馴染めるはずです。それはつまり雇い主としてもそのような人材は常に必要なので、時期さえあえば、難なく事が運ぶでしょう。それに加えて今までの仕事と似た業務内容なら転職自体、苦もなく叶えられるでしょう。とは言っても、そこそこ実力があるといっても大手企業の事務仕事や、公務員(国家・地方ともに)などは、いつの時代も、かなりの競争率になることを肝に銘じておきましょう。

『転職したい!』と思っている人のなかで、自分の意志が強いのであれば…

『転職をしたい!』と思っていて、その意志が本当に強いものであるなら、辞めたいということをすぐに上司にそのことを伝えるべきです。相談という形で話せば上司に言いくるめられるおそれがあるので要注意です。また、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、退職を引き伸ばされてしまい、最終的に、退職するまでに半年くらい掛かりました。退職することをはじめ、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、実際ではなぜか退職が認められたのは同年の11月です。本音は年度末を契機にやめようとおもったのに、思うようにはいきませんでした。やっぱり企業側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、社員のを希望を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、その会社に対しての職場に対してガッカリしました。

今後転職活動をされるなら、気になる求人を見つけたら・・

将来的に転職活動をするのなら、気になった求人(または業界)を見つけたときに絶対「〇〇業、ブラック」でネット検索でチェックしておきましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントから入ってくる言葉からは、その業界に関するマイナス面についてアドバイスはないものと思っていてください。もしも、ブラック案件が多い業種であれば、簡易的なネット検索によって瞬時に現実を知ることができます。そういった現実を知らずに入社すると、後々にしっぺ返しを食らう可能性が高いです。だいたいその求人募集が出ている理由が「内容がきつく、なかなか人が定着しない」ということも少なくないため、目に留まった業種や案件に関しては、しっかり調べた上で応募しましょう。

政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況について・・

最近の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。今の安倍内閣では「アベノミクス」「三本の矢」といった形で新たな経済政策が複数、展開されています。日銀による金融政策と相まって、財界や民間企業間でも新時代となる変化が現れ始めています。その変化を受け、一般の企業では今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人員不足」が社会的な問題として取り上げられています。なお、「外国人の労働者」の割合を現状よりも増やしていく、前提と現内閣は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こういった変化のなかで日本国内の雇用や転職といった事情にも、大きな影響を及ぼす事になるでしょう。

昔は看護婦と呼んでいた看護師というのは務めとして女性のかなり多…

看護婦と言われていた看護師という仕事は、女性の割合が高い職種です。しかも、気力や体力の大きく消耗する職場ともいえます。とうぜん職場環境での人間関係がうまくいかなかったり、自分の結婚や出産といったそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートとの両立がかなり難しい業種ともいえます。実際に、上記のような問題に行き詰まり、転職する人が多いのが現状です。過酷な労働環環境であるために、看護師は、人材不足な状態になっているのです。つねにどの医療機関も看護師が足りない「売り手市場」となっていて、さらに転職に拍車を掛ける状況となっています。

女性の再就職は、セクハラが社会的に問題になる前と、ここ最近とで・・

女性が再就職する場合、セクハラが社会的に問題になる前と今日とでは若干、状況に違いがあったりします。以前は面接の際に会社側から、結婚観や出産後の仕事などのことに関して、一般的なこととして質問されることが多々ありました。しかし、今ではこういったデリケートな内容は、「セクハラ」に該当しかねないために、質問をしない会社が当たり前になりつつあります。世間に名の知れた大きな会社ほど、NG質問として露骨に避けるようになっています。ただ、会社側としては、はい・いいえ、の2択でなく、その人の考え、結婚したあとどうするか、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを当然、知っておきたいとは思っている事でしょう。自分自身の人生設計を知ってもらうためにも、志望した動機や自己PRの中に織り交ぜながら言い表すことで、面接官も考えがわかり、判断してもらいやすくなると思うのです。なので、たとえ、聞かれていない内容でも、こちらが先んじて気遣いつつ、答えておくのが良いです。

転職活動をスムーズに行いたい場合、相応の準備が必要です。

転職活動には、然るべき準備は必要不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、そのなかでも、「ファッション」を重視してしまう部分だと思います。けれども、最近の面接に関しては、形式ばらない服装を許可しているところもあるので、きっちりビジネススーツを着て面接に出向かなくても良いでしょう。会社の創立間もない会社などは、フレクシブルな考えをしていることが多く、がちがちの服装で行くよりも相手に良い印象を与えられます。また、正装ではないので、フランクに話ができるのも魅力のひとつです。そうして、私服ですと面接の際に、服装について、盛り上がる可能性もありますから、もしかしたら面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということで、転職する際は、企業の「創立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系などの)面接の際は私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

20代のうちに転職を2回経験し、現在、資格を取るべ…

私はこれまでに20代で転職を2回経験し、いまは資格を取る目的で「派遣社員」を選択しました。フルタイム勤務を選択しなかったのでどうしても給料が少なくなってしまいました。ですがその分、以前より心と時間に余裕ができました。思い返すと、学生時代にいくつか取った資格を生かして仕事を続けるという方は本当に稀です。また、そのような方たちを無性に羨ましく思ってしまいます。昔の私は、自分と比べてしまうことがガッカリする毎日でしたが、しかし現在では、結婚を経験し、随分と生活環境が大きく変わり、前よりも明確にやりたいことを見つけたので毎日が充実しています。

「転職エージェント」は、一度登録すると、執拗に電話やメールをしてきます。

転職エージェントに一旦登録すると、電話やメールで執拗に連絡が入ってきます。これに関して初めて利用した人はとてもびっくりすることが多いです。転職エージェントは転職を後押しすることが業務なため、非常に積極的です。その中でも大手エージェントは、転職を完了させることで企業側からお金が支払われる仕組みであるといえるので、転職希望者の都合うんぬんよりも企業の都合を優先させることが多々あります。その上彼らは、成約数を増やしたいがために内定がでた瞬間に、入社するよう後押ししてくることが多いです。対抗策として自身の希望や意思を明確にしておき、転職にしくじらないように心がけるようにしましょう。

3日ほど前仕事を探すために人材紹介会社へと登録に行きました。

この前仕事を探すために人材紹介会社へ登録に出向きました。登録するときのカウンセリングの際に現れた担当者の雰囲気がどうも若い社員のようで、こちら側が説明している話の3割も彼はわかっていない様子。そのくせ「キャリアデザインを考え直さなければいけません」とか「きちんと自分の強みと弱みをはっきりさせておくことが必要です」とか、何もかもわかっているかのように横柄に言い散らかすので大変嫌な気持ちになりました。カウンセリングを担当する人はそこそこ社会人の経験がある人にしてほしいです。

派遣会社に登録をしています。ウェブサイト内で気の向くま・・

このところ私は派遣の会社に入っています。ウェブサイト内でなんとなく自分に向いていそうな仕事を発見して問い合わせをしてみると「その仕事はすでに他の人が採用されました」と断られて一瞬サイト上からも仕事の情報が見えなくなるのですが、その翌日に閲覧すると再び載っています。それって結局私ではダメだっていう意味ですよね。そうであればカドが立たない程で正直に伝えてくれれば助かるのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。あるいはまたひょっとしてダミーの仕事なのでしょうか?

転職活動をしていれば、面接時に高い確率で質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職のための活動を行っていて必ず「志望動機」「転職理由」の2項目の質問をされます。これらのうち志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま話しても問題ありませんが、これとは異なり転職理由について正直に伝えるのは問題です。転職理由でよくある収入に対する不満、同僚・上司との人間関係など、採用担当者に悪いイメージを持たれやすいものです。とはいっても、そのままお話しする人はいませんが、採用担当者はそのような部分に関心を持ちやすいので、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。現職の不満を回答しないためには、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。加えて、この会社に入社してこんなことをしたい、3年後にはこうなっていたい、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、話をすり替えてポジティブな印象を与えるのです。