私が仕事を探していた時期に何社かの人材紹介会社に登録していました。

自らが仕事を探していた時期にいくつかの人材紹介会社に登録していたのですが、…

  • 自分が求職中のころ割と多くの人材紹介会社に登録していました。その時に感じたこと、それは転職アドバイザーの質においても驚くほどまちまちでその多くは満足のいく対応をしてくれないアドバイザーばっかり。こちら側は人生かかっているのにもっと真摯に向き合ってほしいという考えが高まってしまいました。そのことが契機となってキャリアカウンセラーの資格を取得することにしました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取得するためにはお金がかかりました。また勉強面においてもとても大変ではありますが、求職中の方からあなたが担当者でよかったと言ってもらえる存在になるために頑張っています。

    新卒で入社した会社を去り、転職することについて会社を辞める前は・・

  • 新卒採用で入社した会社を退職し悩んだ結果、転職すると決意しました。会社を辞めた後は、とても不安で悩みました。会社をわずか数年で辞めて、多数の人が転職をしていることを転職活動中に理解し、いつの間にか前よりも気持ちが楽になりました。なにより転職をすると自然と考えも前向きになって、自分に適した仕事を探すことが出来て楽しくなっていきました。なかには「続けてこその仕事」という考えの方も、もちろんいますが、それが正しいとは限らないと思いました。私のケースでは転職を経験して良かったと思います。

    再就職の際に絶対に準備しなくてはいけない履歴書や職務経歴書などにおいては…

  • 転職をしようとする時に絶対に書かなければいけない履歴書や職務経歴書については、ほとんどは自筆ではなく、パソコンを使って作るのが一般的となっています。日本では履歴書はパソコンを用いず自筆で作成するのが当たり前だと思われることも多いですが、それは新卒に関する就活やアルバイトについてであって、実際には、転職においては履歴書は絶対に手書きでないといけないと言い切ることはできないのです。手書きの履歴書を高く評価するケースもありますけど、そうではない企業が徐々に多くなってきていますから、手書きの履歴書や職務経歴書でなくてもよろしい会社は多いのです。

    看護師という職の人の他の仕事に転職に至る理由は、その人によりけりです。

  • 看護師という職業の人の他の職業に転職を決断するキッカケは、一人ひとり違います。さまざまな理由がありますが、看護師が他の仕事への転職には「職場環境の人間関係にウンザリしている」「結婚してから配偶者のこともあって子育てさらに家族の介護など、身近な家庭環境の変化によってこれまでと同じような働き方ができなくなった」「給与とキャリアとのバランスに不満を感じている」といったような悩みがあるのでしょう。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職前に、「なぜ、転職しなくてはいけないのか?」と、頭を冷やして冷静に、現在の状況を客観的に見つめ直すことも忘れずにやっておきましょう。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考してから決断されることを強くお勧めします。

    転職の面接でいるスーツの色合いについては、新卒の人たちが就職活動・・

  • 転職の面接で必要となるビジネススーツの色に関しては、新卒の就職活動の際に身に付けている色が一般的です。ということは、紺や黒といった感じのような暗めの色になるわけです。再就職の面接でも、スーツの色味というのは新卒の就活の時のようなダークカラーが大多数を占めていて、黒色や紺色以外の色の転職者はほとんど見ることはありません。それ以外の色と言うと、ごくたまにグレー系を着用している方が若干いるくらいで、たいていの場合は紺や黒が圧倒的に多いのです。ですから、人事側からしても黒や紺色であるほうが当たり前であるかのように感じます。ですから、第一印象という観点ではそのようにする方が好ましいわけです。

    転職する際に行われる面接のときにつける腕時計に関して…

  • 転職をする際の面接につけていく腕時計についてですが、明らかに目立つようなものはやめた方が最善といえます。この場合の目立つという意味は高そうなデザインをしているとか、といった意味合いだけではなく反対に、明らかに完全に安物である腕時計の印象を与えるとか、そのような目立つという意味であって真逆の意味で目立つ、ということで考えておいてください。再就職の面接の際にするべき腕時計というのはスーツやネクタイと同じように、平凡なものをするほうが賢明です。しかし、歳にあった腕時計であるということも条件の1つで、新卒で受けた面接のときに準備したものよりは多少でも値段が高い腕時計にした方が間違いないと言えます。

    転職活動を現職と並立して進行させる人が多いです。

  • 転職活動と現職の同時進行を行っている人が多いです。ですが、仕事を続けつつ求人を調べながら、その応募手続きをしたり、面接を受けるのは精神的だけでなく肉体的にもかなり骨の折れる作業といえます。転職活動を行っている間は、現在の会社の同僚や上司に隠す必要があります。とりあえず応募する、という行動をとる人もいますが、書類選考をパスし、面接に呼ばれたあと「辞退」した場合に、面倒な事になるかもしれません。転職エージェントを介して応募していた場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、それとは異なり自身で直接、応募した場合も応募した会社から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。いずれにせよ自身の貴重な時間を捨てることにもなりかねないので、行くつもりのない企業は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と意識しておきましょう。

    転職先での面接では、やめておいたほうがよいのは良い印象を与えたいと露骨なまで…

  • 転職を成功させるための企業の面接に関して、勘違いしている人が多いのですが採用を勝ち取りたいあまり度を超えた猫をかぶることです。するとはっきり言って悪い結果につながります。そうならないためにその場を繕うのではなく面接時は、「有給取得率」などの、多数の人がかなり質問しづらい内容を勇気を出し率直に訊いておいた方が、結果的に確実に自身のためになります。信じられないかもしれませんが、「面接の段階でそういった内容を無神経に尋ねることで選考結果に不利になるのではないか」と懸念するかもしれません。しかしながら、意外なことに、悪い印象を持たれる可能性が高いといいます。こうしたお金・労働環境に関する内容は、実のところ、多くの人が気になっています。それなのに、多数の人が気を遣い普通は質問できません。けれど、あなたが一歩踏み込む勇気があれば「言うことはちゃんと言える人だな」と格好の自己アピールとなるのです。

    転職をする際に注視する求人というのは、通常のものとし・・

  • 転職をする際に見る募集事項については、一般的なものとして記載されている事も少なくありません。ですから、そこに掲載されている情報はすべて間違いのないものだと迂闊に信じないほうが最善でしょう。その中でも特に給与の額などにおいては、平均的な値なのか?最低額なのか?最高値なのか?というジャッジができないケースが多く、自分の勝手な判断で解釈してしまうと、後から悔いが残る事も少なくありません。という事で、嫌な思いをすることになる前に、募集要項に関しては、基準だと思って、そういったたいへん重要なことは直に確認を取るのが好ましいです。

    転職先を選ぶとき、仕事のやりがいのアップと共に手取りが増えるこ…

  • 転職先を選ぶ際、仕事のやりがいアップも重要だけど手取りのアップも大きなポイントですから「年収比較サイト」に登録して事前に研究しています。全く同じ会社でしかも一緒の職種、社歴なのに人によって広い幅があることも少なくなく、正直なところ面接の時質問したことがあります。面接官も同じサイトをよく見ていたみたいで「その高収入で書いているのは、書いた人物について誰かそこそこ予想できるのですが、おろらく格好をつけているのでしょう。低い方の給料だと覚悟しておいてください」とのことでした。

    将来に目を向け、楽しく転職活動ができれば、メンタルに重荷を感じることもないので、…

  • 楽しみながら再就職に向けての転職活動と向き合えれば、メンタル面での重荷が減るので、転職期間中の堕落も避けられるでしょう。またメンタルにも健やかな状態のままであれば、じきに転職先も見つかるはずです。そうするには、休職せずに新しい職場を見付けることが大事です。現在の会社に勤めながら、次の勤め先を見つけるのがベストだと思います。さらに、ブランクをつくらなければ現在の仕事を辞めてから、すぐに働けます。こうしていれば、職歴の空白期間をなくせるため、今後に響きません。すなわち、再就職の際に不利になることがないということです。今後のことを考えつつ、転職活動を進めてみましょう。

    派遣という形で働く人が一昔前の規制緩和以降、増加する傾向にあります。

  • 派遣会社を介して仕事をする人が現在増加しています。もし、自分が派遣社員になるつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの金額(または比率)、自分に入ってくるかをなるべく面接の際に聞いておいた方がいいでしょう。派遣会社は、労働者を必要な企業に派遣してその見返りに手数料を徴収するシステムです。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースが多いです。5割以上の額を還元しているのであれば、比較的よいのですが、情報をひた隠しにする業者も多く、悪質な業者の場合、2割だけしか労働者に還元しないケースもあるのです。面接時、まともに回答してもらえない派遣業者は、隠ぺい体質であることが多いので、できることなら異なる派遣業者で登録されることを推奨します。

    転職活動を始めるにあたっては、事前にインターネット上で求人サイトを閲覧したりして…

  • 転職活動を行うにあたっては、最初に、ネット上の求人サイトを見たりして働きたい会社について調べるはずです。ところが、その会社が情報を公表する際には、コンサルタントが付くことが多いです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す特徴があります。たとえ公表したとしても遠回しな表現に徹します。そういった社員の声や社長のインタビューについては、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。仮に心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、「聞いていた話とまったく違う・・・」と気が付くことになることが多いです。たちの悪い会社は、素直な人間を取り込み、その後、あれこれと難癖をつけて退社させないように画策しています。この種のブラック企業には注意しましょう。

    昔から日本には「石の上にも三年」という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

  • 古来より”石の上にも3年”という人生において役に立つ教えがあります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」が崩壊に向かっている現在では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが身近なものとして捉えている人も多いはずです。そうではあるものの、「仕事を変えること」が珍しくなくなってきたとはいえ、簡単に転職を選択してしまうのは考え物です。実際に再就職しようと考える場合、時期を図る必要があります。ますはじめに、今やっている職場、仕事、職場に関して、何が不服なのか、何が不適なのかを5~10個ほど、探しておきましょう。この作業が、再就職を決断することです、そして、もし将来の進路が自身で見いだせたら、できるだけ素早く、今よりも良い仕事ができるよう、トライしてみましょう。

    今年中に転職される人で次の仕事をはじめるまでに期間がある場合・・

  • 今から転職活動を考えている人で、次までの仕事に期間がある方はできれば「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。失業手当は現在の会社できちんと「雇用保険」を払っているのなら、申請をすれば誰でも失業手当を受け取れます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行います。自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、会社都合の退職、または残業時間次第で日数をおかず即、受け取ることが出来たりもします。ちなみに、もらえる「失業手当」の金額については、最後に働いた月の近々の給料を基準に失業手当の金額を計算するので会社に繁忙期や閑散期がある方は「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

    派遣社員というものは、1年経ったら自身の好きなタイミングで辞められるワケではな…

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、契約期間を迎えたら自身の好きなタイミングで辞められるワケではないと転職を経験して思い知らされました。私は新婚した後、生活が落ちついたあとできればすぐに子供が欲しかったので、子供ができる日が来るまでのあいだ、1年半~2年ほど継続で仕事したいと思ったので、就職することにしました。常勤ではなく派遣社員ということもあり、正社員より年収は少なめでしたが、仕方なく家庭の時間が得られるのでガマンしました。でも、いざ入社したあとで、一緒に働く人たちは大半が派遣社員として10年~15年ほど勤務しているというのです。意外にも派遣であったとしても、すぐに辞められる雰囲気もないと知り、困ってしまいました。

    はじめて転職を行う場合、注意しなければいけないのはどうして現在の仕事を去らなければいけないの・・

  • 最初に転職をする場合、重要なのはなぜ今の仕事を辞めたいかを明確にしておくことだと考えられます。その理由の有無が転職の今後を決めるといっても過言ではありません。その上で問題を解決できるであろう企業を決定していってください。卒業してからの転職活動は、在学中の就職活動とは違い、現在の仕事を継続しながら就職活動をするので、時間と体力が必要だといえます。理由がはっきりしないまま転職活動をしてしまうと、途中で息切れしてしまう危険があります。どんな方法を使ってでも転職したい、現状に変化を加えたいといった強固な意志がないうちは、転職活動のスタートを切ることはやめましょう。