安定的な人生を手に入れるべく「正社員」になりたいと思っている人は…

安定した人生を希望して「正社員」になりたいと思っている人・・

  • 安定的な生活を願い正規社員を狙っている人は少なくない、というのが現状です。けれども、役立つスキルを身に着けたりして相当に頑張っているのに正社員としての転身が難しいこともあります。準社員の求人情報があるのに正規雇用の求人募集以外はスルーしてエントリーしない人も多いでしょう。もしもあなたが、正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、契約社員に応募することも視野に入れてみてください。企業によっては、その人の手腕によって、2,3年で非正規雇用から正規雇用にステップアップできることもあるからです。ですから面接を受けた時に、「正社員登用」の可能性をヒアリングしておくと人生設計にも役立ちます。
  • 再就職の際の面接についてですが会社側からクールビズ・・

  • 転職の時にする面接ではクールビズでもOKとと記載されている場合もあるようですが、なかには、クールビズの格好は実際は減点対象になるのでは?とマイナスに考える人もいます。クールビズの悩みを懐に抱え込んでしまっている方に伝えたいのは、クールビズで良いとされた面接なのであれば、伝達事項をそのまま守った方が安心です。色々考えすぎてしまい、夏の真っ盛りの時期にしっかりとスーツを着用すると面接担当者にに不自然に思われますから、企業側からクールビズで良いと言われたらクールビズで構わないのです。
  • 転職の際、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている…

  • 転職を、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人にぜひ注意してもらいたいことが数点あります。まずはじめに派遣社員と聞くと電話対応、その他雑用等をといったものをなんとなく想像してしまう人が多いかと思います。私もまさにそう思っていました。今、勤めている職場に入るまでは「派遣社員」の求人に応募したとき、「電話対応がメインです」と直接派遣会社の担当者からも聞いていました。ですが、業務に掛かると、まさか「電話対応」にプラスして、欠員した正社員の穴埋め役を任されてしまいました。いつも毎回振り回されますし、入社前の説明とはかなり違っていたので困っています。現在は、「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。
  • 好き、を仕事にしたいと思っている人は注意です。

  • 趣味に通じることや好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている方は要注意です。これは、私の実体験なのですが、私自身、もともと食べることが趣味だったのですが、それが理由で飲食店(レストラン)で働いていたことがあります。そのお店での業務は、その飲食店で任されていた業務は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務でした。この仕事内容については、不満もありませんでしたし楽しんでいたのですが、人間関係のいざこざですごく嫌になりました。ということが引き金となって職場を離れることにしたのですが、それと同時に、食べること、そしてその店で扱われていた食べ物も嫌になり、類似の飲食店には現在も行くことができません。店のにおいを思い出すのも嫌です・・・。この仕事を始めた頃は、大好きだった店が嫌いになってしまいました。自分の得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいと夢見て、実現させることは素敵なことです。ですが、「好き」は、どのくらいすごいのか、もう一度自分自身と向き合ってから行動するべきです。
  • 最近の企業の雇用に対する考え方の変移において、全世代の中・・

  • このように現代の雇用形態が変化したことに際して、全世代の中で若者の世代ほど鋭く感じ取っているようです。先行きのキャリアアップを見据えているのでしょう。このため、働き手の「流動化」が著しくなっているため、より一層、今後、転職への関心が増加すると予想されます。「流動化」が背景にあることで、一つの会社に縛られない生き方はあなた自身も身近なこととして捉えるようになります。「終身雇用制度」が実在したしていた頃には「会社を辞めて転職」は、評価が下がりやすい傾向が強い、転職しようにもうまくいかない人もありました。しかしながら、時流が変わったせいもあり、現在の会社だけに執着する意味も必要性も無くなってきていると言われています。
  • 多くの場合大手企業では、「定期採用」で人材募集することが普通なの・・

  • 大半は大きな会社の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから、転職で入る事は中々難しいものです。しかも都心以外だとその確率がとても少なくなります。しかし製造業に関して言うと、都市部でない地方の工業団地周辺に製造工場を構えていることがはずです。そういった工場に的を絞れば、事業分野の拡大などの節目に「中途採用」を積極的に行うので、そういった好機を見逃さないようにするのです。そのためには、地方の工場に転職したいなら、転職を希望する企業の情報をまえもって得ておきましょう。その会社のホームページを覗いて、求人予定の有無など、しっかりとチェックされることをお勧めします。
  • 転職活動における最後の難関として、現在の仕事を辞めることがあります。

  • 転職活動における最後の難関として、今勤めている企業からの退職があげられます。転職がうまくいっても、現在勤務している会社があなたを放出したくないとして慰留しようとするはずです。そういったケースでは、絶対に退職する、という強固な気持ちを維持することが求められます。もしも引き留められて留まった人でも、一度辞めたいと思った会社は、近い内に辞めることになるでしょう。スムーズに退職するためには、会社の規定をチェックしておき、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を記入しておきます。そのあとで、決定権を持つ上司と面と向かって話し合い、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」と遠慮せずに伝えましょう。「円満退社」をすることも転職活動の大事なポイントです。
  • 再就職では、重要なのが間違いなく「面接」になります。

  • 再就職する際、比較的重要となるのが間違いなく「面接」です。大半、面接の場合は面接官が当人に対して転職を決めた経緯や退職理由など色々な質問が飛んできます。そして、面接の終盤になると、今度は、転職希望者から、面接担当の人へ疑問点などを質問できるわけです。例えば、「何か我が社についての疑問や質問などはありますか・・?」と。と聞かれた際に答えを用意しておらず、質問を遠慮してしまうかもしれませんね。後で後悔しないためにも、前もって面接担当者からの問いに対する、答えを準備しておきましょう。具体的に知っているわけではありませんから、いくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、やってみてください。
  • 転職先を探している間は、自身の趣味に打ち込んだり、体力を損なわない様にすると…

  • 転職期間では、自身の趣味に打ち込んだり、体力を損なわない生活が良いでしょう。仕事を再始動したとき、趣味に夢中になっていたことで無意識の間に集中する力が上がります。さらに体力アップしているために、他の社員さん以上に疲れない体になっているということを認識します。というわけで、退職したら自分の趣味に没頭することと、体力を落とさないようにすることをしておくのがベストです。転職が決まり、職場で同じ趣味の方と知り合えたのなら、話題に花が咲きます。ですから、気になったことにとことん時間を費やすのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。
  • 現代、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでな…

  • 最近はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社をよく見かけるようになりました。もしもあなたが特許を出したことがあるなら、ヘッドハンティングされる可能性が高くなります。彼ら(ヘッドハンティング会社)は、特許以外にも、研究開発で論文を書いた経験がある人や、メディアによって注目を浴びた人など、何らかの実績も持つ人に狙いを定めて、電話やメールで連絡を取り、ヘッドハンティングのネタにしようと企んでいます。万が一、あなたがヘッドハンティングと推測される誘いを受けたなら、そのような心当たりを考えましょう。あまりないことですが、ヘッドハンディングと言いながら、「登録料」を要求してくる会社があるのですが、そういったものは言うまでもなくイカサマですから騙されないようにしましょう。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者がお金を支払う必要はありません。
  • もしあなたが転職をするなら資格を取るとステップアップします。

  • もし将来、転職したいと考えているなら、転職する前に考えておいて損をしないのが資格の取得です。また、仕事を続けているうちに、資格取得しておくのがお勧めです。転職活動の際でそれを生かせることができるので、選べる企業がぐっと増えます。ですから、在任期間中が資格取得においてのベストタイミングです。あなたが未来を考え、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、今の職場を離れたあとも悔やむことなく次に進めます。また、資格を取ることができれば、転職先の面接の際、面接担当者に「即戦力」と好意的に捉えられ、それまでの職場より待遇が良くなる可能性が高くなります。
  • ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考に受かりました。すぐに…

  • ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考に受かりました。すぐに先方から、面接予定日を連絡してもらいました。だが、当日、時間通りに指定場所まで行ってみると、なぜなのか相手の面接の準備が全くできていない状況だとわかりました。しばらく待っていると、所長らしい男性が面接に応じてくれたものの、終始面倒くさそうな態度を見せてひとまず面接は終わりました。けれど、予定日を過ぎているのに、まったく採用結果すらなく、もう待ちきれなくなり、自ら問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未達で仕方がないのでまた問い合わせたところ、どういうことなのか、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、と有無を言わせずに電話を切られてしまいました。あまりの対応に呆れ果てて絶句してしまったのですが、率直に、不採用で良かったと感謝しています。
  • 今あるスキルや資格が有利にはたらくように転職する際は、…

  • 自分のスキルを武器に再就職をするつもりなら、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすいジャンルと難しいものを知っておいてください。再就職がしやすい業界としては、人手不足が問題視されている医療や介護系のジャンルがとても有名ですね。医療や介護では、それぞれ看護師・介護士の資格が必要で、ハードルが高めなのも転職しやすさに起因しています。ただし、現在「医療・介護」の仕事をしていて、理由あって他の業界に再就職したいと考えているのなら、要注意です。「医療」「介護」以外の業界は、スタッフの流動性は「医療」「介護」よりも低いものと捉えておくべきです。ですので、安易に考えない事が必要です。再就職を本気で考えるのであれば、他の業種では「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので覚悟しておいたほうがよさそうです。
  • 転職期間中は、ついつい時間が有り余っているため、緊張感のない、ダラダラとした生活になりやすいですよね。

  • 転職先を探している間は、つい時間が有り余っている分、気が緩んでしまい、だれた生活になってしまいます。ですが、そのような生活に慣れてしまうのは危険です。人というのは、だらけてしまった生活を続けると、肉体的にだけでなく、「メンタル面」も不健全な状態になるからです。気が付くと、仕事をしようとする気力がわかず、お金に困る事態となりかねません。そうなると、負のサイクルができてしまい、転職先が見つからなくなります。再就職先を決められなくなるのは、給料を第一に考えるからです。給料を一番に考えざるを得なくなると仕事内容を重視して転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですので、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラダラした生活は、転職活動中にしないようにしましょう。
  • 長い間接客関係で勤めてきましたが、歳をとるにつれ立ったままの仕・・

  • 長年接客業で働いていたのですが、年のせいか座ることのできない仕事は体力的に難しくなったため、座り仕事である事務の仕事への転職を目指して活動しました。事務が未経験だと少々厳しくて、だから接客業の経験も活かせる受付兼医療事務をしようと資格も合格し個人のクリニックに転職しました。先輩のパートさんばかりに囲まれて人間関係に関しても複雑。夜間のシフトばかり押し付けられ、接客の仕事をしていた頃よりも帰宅も遅いわけですが、とにかく今はキャリアの形成時期だと観念して頑張ります。
  • 転職候補に挙がっている会社での見学に参加するとすごく参考になります。

  • 転職したいと考えている会社で会社見学しておけば、たいへん参考になります。そのなかでも「職人」さんがいる会社では、職人技を間近で見られるので楽しいものです。しかしながら残念ながら「職人」がいる会社見学では見学者には例外なく、実際の姿を見せてくることは少ないのです。例を挙げるとずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などのジャンルです。このジャンルでは、癖の強い人が多いので実際に働きだしてからでないと、本来の働き方が出ません。なので、見学だけの仕事だと思わないことがたいへん大切です。ましてや、会社見学時に仕事を体験させる会社は危険ですし、正直言って、言語道断です。雇用契約を結んでいない人間には、トラブルが発生しても保証も一切ないので、仮に、勧められたとしても丁寧に断りましょう。
  • 就職活動するときに気を付けるすべき求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高め…

  • 就職活動をする場合に注意が必要な募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高く、拘束される時間が長いというものです。こういった案件の場合、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれていることがたいへん多いです。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ30時間、45時間という感じで求人の内容に時間が併記されているものです。これは、月の中で残業が発生することが想定されるので最初から給料に残業代を組み込むというシステムになります。(ちなみに、これは合法です)例えば『みなし残業代25時間込』と記載があれば、「書かれた時間分の残業代を入れると、これだけの給料になります」という求人になるわけです。しかし、悪質な求人は、『みなし』を意図的に表記してない場合もありますのでよく気を付けてください。